鬼和尚 2022/08/07(日)

鬼和尚に聞いてみるスレ part20
https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1649249411/

385:避難民のマジレスさん[]:2022/08/06(土) 23:03:14 ID:/E.6Jbwo0 [19/19]
>>384 ご回答ありがとうございます。観察に励みます。

386:避難民のマジレスさん[sage]:2022/08/07(日) 18:44:23 ID:czRftzgI0 [3/3]
疫病、戦争、災害諸々、この世界の審判が早くなってきている感がします

387:避難民のマジレスさん[]:2022/08/07(日) 20:55:26 ID:M/Ch4a1s0 [4/4]
ユングの8つの心理機能がどうのとかそれを利用したmbtiの性格診断に最近興味を持ったのですが、仏教的にもまあまあ的をいたものなのでしょうか?

388:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2022/08/07(日) 22:51:03 ID:AtgM3b4U0
>>385 そうじゃ、実践あるのみなのじゃ。
 またおいでなさい。

>>386 近づいているじゃろう。
 世界はおぬしの死と共に終わるのであるからのう。
 命があるうちに修行に励むとよいのじゃ。

>>387 的を射ていないのじゃ。
 止観とは違うからのう。

 それが合っている者には自分を知る役に立つかもしれんのじゃ。
 試してみるとよいのじゃ。

【相談】悟りを開いた人に聞くスレ【仏教】 55
https://medaka.5ch.net/test/read.cgi/kankon/1643336428/

848:おさかなくわえた名無しさん[]:2022/08/07(日) 07:26:34.78 ID:MRFAzJ+6
教えてください

850:おさかなくわえた名無しさん[]:2022/08/07(日) 15:01:47.76 ID:xQtf/TTm
鬼和尚は
どちらを座右の銘に選びますか?

俺がやらずに誰がやる
俺がやらずに誰かやる

851:おさかなくわえた名無しさん[sage]:2022/08/07(日) 19:10:59.51 ID:/rsmGYW+
過去の記憶を美化して手前勝手によい思い出にしてしまうのは、どういう心理が働いているからでしょうか?

ほんの少しの間だけ付き合ったことのある相手を「あれは運命だった」とか言ってロマンチックな思い出にしてしまう。
しかし相手からすれば、たくさん付き合った異性の一人にすぎない。
こういった認識の違いによって温度差が生まれて、それぞれの視点からは全く違った景色が見えている感じです。

記憶に甘美な味付けやロマンな解釈を加えるのは、なにかしらの自己憐憫の感情が隠れているからでしょうか?
小説などを書きたいなら、そういうのもネタにはなるかもですが。

しかし記憶が単なる幻想であるなら、「美しく、よい思い出」など早々に捨て去るほうが楽になれるでしょうか?
昔の恋人や友達などはただ自分の人生を通り過ぎていっただけの存在で、運命や友情などは何の関係もない、と。

854:鬼和尚 ◆v4C6SeeabHj8 [sage]:2022/08/07(日) 23:41:51.23 ID:azzTLmY3
>>848 自分の心に聞くのじゃ。

>>850 わしがやらずにおぬしがやる、じゃな。

>>851 自分のイメージを良くするためじゃな。
 自己イメージを美化するために思い出も美化するのじゃ。
 捨てたほうが良いのじゃ。
 自分への執着になるからのう。
 存在するのは今ここだけなのじゃ。
 囚われずに進むのじゃ。

悟りを開いた人に聞いてみるスレ【人生相談】 
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/jinsei/1656425706/

58:マジレスさん (アウアウウー Sadb-7t02 [106.130.102.191])[sage]:2022/08/06(土) 14:30:39.63 ID:cPESVx+Qa
大乗仏教で、煩悩持ったままで救われるとか、煩悩即菩提とかいいますよね。
悟るまでは精神論でしかなく、悟れば意味が分かるんだろうと思ってました。
ウサは最近、あれは精神論じゃなくて、ホントに現実的に煩悩もったままで救われてるように思えてきました。

例えば、ワクチンはコロナの現状に合ってないし、免疫不全の仮説もあり、なんで政府や有名人は未だに煽ってるのだ、何回も打ってる人はアホなのかと思ってたんです。
しかし、そのうち政府メディア有名人は悪意を持ってるのではなく、なにか別の高い理想と目的があり、現状と合ってないのは承知の上で煽ってるのだと、ウサにはそう世の中が見えてきたんです。

そのうちに、これは仮説ですが、日本人が殆どが(実態はどうであれ)ワクチンで健康不良になったしまった!とメディア使って思い込ませれば、世界のドンパチに参加しなくて良い言い訳にするんじゃ思えてきました。

そしたら、打った人も嘘ついて煽ってる人も、それに怒ってる人も、個々の意識はバラバラでも、みんなドンパチに参加しないという、いつの間にか素晴らしい目標に一致団結してるように思えたんです。
そしたらホントにすでにどの人もみんな現実的に救われてますよね。ドンパチに参加したらどんなカルマを負い子孫に返ってくるかわかりません。
まあその世界のドンパチも既に作り話みたいなものなんですが。

ウサはまだ全部が救われてる理由をみんなに説明はできないですが、
こういう感じで精神論だけじゃなくて、現実的にも、みんな煩悩の行動のままでもすべてが実は善行になっているのがホントの世界なんですよね?

※曖昧な表現ですみません。単語の組み合わせのせいか、直接的表現したら弾かれるんです。

60:マジレスさん (ワッチョイ 6f93-CAJO [14.10.59.64])[sage]:2022/08/07(日) 19:27:33.06 ID:dVcgrwJP0
すぐ簡単に他人を称賛するのは危うい行為でしょうか?
特に芸能人、タレント、有名人の言動に感化されて称賛の声をあげる人が多いように見えます。
批判や文句よりはマシかなと思いますが、言うほど健全なのかな?という疑問もあります。

61:鬼和尚 ◆v4C6SeeabHj8  (ワッチョイ f767-c3AI [60.87.211.75])[sage]:2022/08/07(日) 23:37:47.28 ID:6OCNR+He0
>>58 煩悩即菩提とは煩悩による心の働きが、実は悟りによる心の働きと同じというような意味じゃな。
 自らの心を見極めればそれも実感として理解できるのじゃ。
 幻想に囚われずどこまでも自分の心を観るのじゃ。
 実践あるのみなのじゃ。

>>60 そうじゃ、自分をみていないからのう。
 よいことでもわるいことでも他人を観ずに自分を観るとよいのじゃ。
 実践あるのみなのじゃ。

オショーのSadhana Pathを読んで実践する
https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1605702581/

489:避難民のマジレスさん[]:2022/08/07(日) 02:34:30 ID:AhtPDg9.0
(つづき)   p259
  [答論][以上のような反対主張を]想定して、[師シャンカラは]答えて言う。しか し聖典に基づく[日常的経験]に関して言えばと。[ここで]しかしという語は、聖典に基づく[日常的経験]が直接知覚等の日常的経験とは異なることを言っているので ある。実に、[「天界を望む者はジュヨーティシュトーマ祭を執行すべきである」とい う、祭式を執行する]資格について[述べている]聖典は、天界を望む者が他界(天 界)と関係していなければ成り立たないということを暗に意味しているだけであって、 これ(天界を望む者)が輪廻の主体ではないということを[も暗に意味しているわけ では]ない。というのは、それ(輪廻の主体ではないという性質)は、[祭式を執行す る]資格と合わないからである172。また、ウパニシャッドの説くプルシャ(=アートマン)は、行為の主体でも経験の主体で古をい[ので、祭式を執行する]資格と矛盾するからである。何故なら、行為(祭式)を執行する資格のある人、すなわち[行為の]主とは、行為を行う人(prayoktr)、行為から生じた果報の享受を経験する人のことだ からである。この場合、行為の主体でない者が、どうして、行為を行う人であったりしようか。また、経験主体でない者が、どうして、行為から生じた果報の享受を経験したりしようか。それ故、儀軌と禁令を扱う聖典は、[自分を]行為主体、経験主体、バラ モン等一これらの性質は無始の無明から生ずる一だと思い込んでいる人を対象と して、開始されているのである。同様に諸ウパニシャッドも、無明を持つ者だけを対象としている。というのは、認識識主体[・認識対象]等の区別が存在しなければ、そ れ(諸ウパニシャッド)の意味が理解されることはないからである。ただし、それら (諸ウパニシャッド)は、無明を持つ者を教え導いて、無明をすべて拭い去り、その者 を本来の姿に立ちもどらせる。この点だけは、それら(諸ウパニシャッド)が[儀軌と 禁令を扱う聖典とは]異なるところである。従って、諸聖典は無明を持つ者に関係し ているのである、と確定した。

脚注
172 先にミーマーンサー側は、身体は死後灰と化すから、天界に達することはできず、従って、天界で果報を享受する者、すなわち天界を望んで祭式を行なう資格のある者は、アートマンであるはずであるとし ていたが、シャンカラ及ぴBh?・mat?・に言わせれば、天界で果報を享受する者は、その果報が尽きればま たこの世に戻ってくるわけだから、輪廻の主体であり、一方、アートマンは、輪廻の主体ではないのだから、天界で果報を享受する者、すなわち天界を望んで祭式を行なう資格のある者ではありえない。
173「ヴェーダを学習すべきである」(sv?・dhy?・yo adhyetavyah,Taittr?・ iya ?・ranyaka Ⅱ.15.7)という 儀軌に従って、ヴェーダの一部であるウパニシャッドを学習すれば、行為主体でも経験主体でもない人 (purusa)が理解される。だが、この人(pumsa)は、行為主体でも経験主体でもないわけであるから、祭式を執行する資格を妨げることになり、しいては、先のヴェーダの学習を命ずる儀軌が祭式の執行を命ずる儀軌を妨げることになってしまう。
174このように、ヴェーダの学習を命じる儀軌と祭式の執行を命ずる儀軌という二つのヴェーダの個々の部分が互いに意味を損ないあうとすると、ヴェーダは整合性のないものになるから、正しい認識根拠としての妥当性を失うことになるのである。
(´・(ェ)・`)
(つづく)

490:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2022/08/08(月) 00:02:36 ID:AtgM3b4U0

 答えたのじゃ。

 そのような祭式を執行する資格について述べている聖典は、天界を望む者が天 界と関係していなければ成り立たないということを暗に意味しているだけというのじゃ。
 天界を望む者が輪廻の主体ではないということを意味していないのじゃ。
 輪廻の主体ではないという性質は、祭式を執行する資格と合わないからというのじゃ。
 
 アートマンは、行為の主体でも経験の主体でもないから、祭式を執行する資格と矛盾するのじゃ。
 何故ならば祭式という行為を執行する資格のある者、行為の主とは、行為から生じた果報の享受を経験する者であるからなのじゃ。
 認識の主体であるアートマンは、行為の主体ではないからなのじゃ。

 そうであるから儀軌と禁令を扱う聖典は、無明によって自分を行為主体、経験主体、バラ モン等と思い込んでいる人を対象と しているのじゃ。
 同じように諸ウパニシャッドも、無明を持つ者だけを対象としているというのじゃ。
 認識識主体や認識対象等の区別がなければ、諸ウパニシャッドの意味が理解されることはないからなのじゃ。
 諸聖典は無明を持つ者に関係しているのである、と確定したのじゃ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました