鬼和尚 2022/06/25(土)

鬼和尚に聞いてみるスレ part20
https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1649249411/

300:避難民のマジレスさん[]:2022/06/25(土) 14:41:48 ID:2EeJt5/Y0
和尚さまこんにちは
質問させていただきます。
人が生まれ、多少の楽しみと、多くの苦しみを味わいながら、最終的に必ず死んでいく人生というものには、一体どんな意味があるのでしょうか?
よろしくお願いします。

301:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2022/06/25(土) 22:20:07 ID:1d4drIFg0 [92/92]
>>300 それは悟りを得るためにあるという意味があるのじゃ。
 それも間違いを直し、正しい認識をえるだけでよいのじゃ。
 あやまちを直すという大儀のめに実践するとよいのじゃ。

【相談】悟りを開いた人に聞くスレ【仏教】 55
https://medaka.5ch.net/test/read.cgi/kankon/1643336428/

540:おさかなくわえた名無しさん[]:2022/06/25(土) 04:16:22.55 ID:rbbH5cc3
鬼和尚、空海が生まれ変わったなら、かなりの人物になったと思いますが、誰になったか
わかりますか?

541:528[sage]:2022/06/25(土) 09:11:35.80 ID:CBMM1EoS
>>539
恐らく自分は、死は永遠の無になることだと思っていて
そうなると快楽・快感、幸福感、安心感といった心地良いものと
永久におさらばしなければならないということが恐怖の原因の一つだと思います。
更に観察してみます、ありがとうございました。

542:おさかなくわえた名無しさん[sage]:2022/06/25(土) 13:37:04.68 ID:vQNtsTH8 [1/2]
>>538
肉体の外に出るというのは、想像力による幽体離脱などのことでしょうか。
それとも文字通り肉体の外に出るのでしょうか。

545:鬼和尚 ◆v4C6SeeabHj8 [sage]:2022/06/25(土) 22:40:26.13 ID:Pw7JwNPv [1/2]
>>540 名前は分からんのじゃ。
 また坊主じゃな。

>>541 よい気づきなのじゃ。
 さらに精進あるのみなのじゃ。
 またおいでなさい。

>>542 意識が肉体の外にもあることを感じるのじゃ。
 肉体にとらわれなくなるのじゃ。
 そのようであれば死後も肉体を持たないところにいけるのじゃ。

543:おさかなくわえた名無しさん[sage]:2022/06/25(土) 19:25:31.29 ID:6L67dxMj
悪を為すもの者と付き合うな、というのはわかりますが
発達障害や自閉症などの精神病を患っている者とはそれほど付き合いを禁止するほどでもないんでしょうか?

精神病の者と一緒にいたら、本当に自分も精神病になるんでしょうか?
もしそうだとしたら一緒にいないほうがいい事になりますが、変にかわいそうとか同情などしないほうがいいですか?

546:鬼和尚 ◆v4C6SeeabHj8 [sage]:2022/06/25(土) 22:43:29.58 ID:Pw7JwNPv [2/2]
>>543 禁止はしていないのじゃ。
 しかし、肉体の病人と付き合うのは、医者でもなければ無意味であるようにあまり意味がないのじゃ。

 観念が破壊されたら自分もかかることがあるのじゃ。
 しっかりしていれば平気なのじゃ。

 付き合い方をしらないならば、一緒にいないほうがよいのじゃ。

悟りを開いた人に聞いてみるスレ【人生相談】 80 
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/jinsei/1613875666/

947:マジレスさん[sage]:2022/06/25(土) 18:44:14.73 ID:i+MQp+iE
極貧生活や社畜生活、一向にモテない独身生活など自身のマイナス面を公開するYouTube番組が結構人気です。
これは同じ境遇の人が共感したいから見てるのでしょうか?
番組を作ってる側も大概は収益とか承認欲求とかでやってる感じでしょうか?

社畜になりたくない者は見ないほうがいいですか?
他人事として見れば単純に面白いですが、同じような境遇になるのは嫌だなと。

948:鬼和尚 ◆v4C6SeeabHj8 [sage]:2022/06/25(土) 22:30:11.77 ID:YS8GMCKw
>>947 そうじゃろう。
 共感じゃな。
 
 そうじゃ、金と名声が目当てじゃな。
 
 見ないほうがよいのじゃ。
 影響されてしまうからのう。
 下を見れば安心してしまうのじゃ。

 常に上を見て、上を目指すとよいのじゃ。

オショーのSadhana Pathを読んで実践する
https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1605702581/

393:避難民のマジレスさん[]:2022/06/24(金) 23:51:41 ID:IwvwqAX.0
つづき    p202-203
  「『私はやせている。私は太っている。私は行く云々』という表現(経験)に見られ るように、私という語は、身体の属性[を表わす語]と同格関係(s?・m?・ny?・dhikarnya) 18にあるから、その対象が身体である」というのは誤りである。何故なら、[「私」とい う語(経験)の]対象がそれ(身体)であるとすると、「子供の頃、両親[と共に過ご した]経験を持つ同じ私が、老人となって、[今]、孫達[と共に過ごすこと]を楽しんでいる」という再認識(pratisamdh?・na)は存在し得ないことになるからである。と いうのは、子供の頃の身体と老人になった時の身体には、再認識の手がかりとなるもの一もし、そ[の手がかり]があれば、[両者の]同一性が確認しうるのだが が、 全く[認められ]ないからである。従って、変化してゆくものの中にあって変わるこ となく存在するものは、それら(変化してゆくもの)とは異なってい。たとえば、花 びら[を繋ぎとめている、花輪の]糸が、それら(花びら)とは異なっているように。 それと同じように、身体は、子供の頃[から老人になるまで]次々と変化していっても、「私」という語(経験)の対象の対象(アートマン)は、変化することなく[身体中に]存在している[ので、それは]それら(身体)とは異なっているのである。また、 夢の中で[人問の身体とは]別の神の身体を得て、そ[の神の身体]にふさわしい楽し みを味わい、目が醒めた時、自分の身体が人問のものであるのを見て、「私は神ではなかった。人間だったのだ」と、[夢の中の]神の身体を拒斥することがある、[その時]でも、「私」という語(経験)の対象は拒斥されない。[このことからも、「私」という
語(経験)の対象が]身体と異なることは明らかである。また、[聖者は]、ヨーガの力で虎となり、[人問の身体と]別の身体[を得て]も、アートマンに変わりがないことを体験している。それ故、「私」という語(経験)の対象の対象は、身体ではない。この[「私」という語(経験)の]対象が、器官ではないのも、同じ理由による。というの は、「私は、[以前、視覚を通して物を]見ていた。その同じ私が、今、[触覚を通して物に]触れている」という[経験に見られるように]、「私」という[語(経験)の]対象は、[用いられる]器官が異なっても、再認識されているからである。一方、こ[の 「私」という語(経験)の対象]が、外界の対象と異なることは、より一層明らかである。また、[「私」という語(経験)の対象は、統覚機能や思考器官ではない。というの は]、統覚機能や思考器官19は、[行為する時に用いられる]手段[であるから]、「私は行為主体である」という形で行為主体を表す表現[に用いられる「私」という語]の対 象ではありえないからである。従って、[「私」という語(経験)の対象が身体等と]同じでなくても、「私はやせている。私は盲目である」等の用法は、「ベッドが叫んでいる」など[の表現]と同じように、ある種の比喩的用法(aupac?・rik?・)だと[考えるの が]正しいのだ、と我々は思っているのである。

脚注
18 同格関係は、語レベルでは、複数の語の示す対象が同一であることを示し、存 在レベルでは、複数の属性が同じ基体に存在することを示す語である。
ここでは前者の意味で、「私」という語は「太っている」という語と同格関係にあり、「太っている」とい う語の示す対象は身体であるから、「私」という語の対象も身体ということになる。
19ヴェーダーンタ学派では、統覚機能も思考器官も意識のない物質的なものであって精神的なものでは ないと考えられている。また、統覚機能は決定、を本質とし、 思考器官は疑惑を本質とするという点が違うとされている。
(´・(ェ)・`)
(つづく)

394:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2022/06/25(土) 22:53:08 ID:1d4drIFg0 [210/210]

 ここでは私という主体が肉体ではないと説かれるのじゃ。
 さらに意思決定のための器官や思考のため器官も私ではないと説かれるのじゃ。
 それらは主体によって用いられる手段に過ぎないからというのじゃ。
 言葉によって私が行為するとか、決定するとか、思考するというのは比喩として用いられるだけなのじゃ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました