鬼和尚 2022/06/24(金)

鬼和尚に聞いてみるスレ part20
https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1649249411/

298:避難民のマジレスさん[sage]:2022/06/23(木) 23:23:06 ID:b8HsJr660
>>292
291ですが、確かめたら捨てられない欲望がいくつかありました。
三昧に入れるようになれば、又は快でも湧けばゴミは自然に要らなくなり手放せる、卒業できる筈です。

299:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2022/06/24(金) 23:26:05 ID:1d4drIFg0 [91/91]
>>298 それがあまり強いと手放せなかったりするのじゃ。
 原因から観察すればすぐに消えるのじゃ。
 実践してみるとよいのじゃ。

【相談】悟りを開いた人に聞くスレ【仏教】 55
https://medaka.5ch.net/test/read.cgi/kankon/1643336428/

531:おさかなくわえた名無しさん[sage]:2022/06/23(木) 22:59:51.22 ID:b/rlBdud
いろいろな神通力を持つヨーギなどは死後どこへ行くのでしょうか?
修行が進んでいることが、天などに転生することにつながりますか?

ニーム・カロリ・ババなど今どうしているのでしょうか。

532:おさかなくわえた名無しさん[]:2022/06/24(金) 06:37:22.48 ID:zwvw3Rqp
鬼和尚、空海は生まれ変わっていますか?

533:おさかなくわえた名無しさん[sage]:2022/06/24(金) 08:33:36.37 ID:9zkQSYXF [1/2]
悟りを開いた者の義務として
マスクに囚われた愚か者の目を覚まさせる
というのがありますか?

534:おさかなくわえた名無しさん[sage]:2022/06/24(金) 14:22:46.65 ID:9zkQSYXF [2/2]
鬼和尚はなぜ日本人は細木数子やマツコデラックスのよーな
デブ女が好きなのかわかりますか?

538:鬼和尚 ◆v4C6SeeabHj8 [sage]:2022/06/24(金) 23:29:01.84 ID:QxwMyxTW [1/2]
>>531 肉体の外にまででられるならば、無色界に生まれるのじゃ。
 そこまで到達していなければ、行いの報いでいろいろな世界にうまれるのじゃ。
 
 天にいるようじゃ。

>>532 生まれ変わっているのじゃ。

>>533 無じゃ。

>>534 おぬしがデブ専だからじゃろう

536:528[sage]:2022/06/24(金) 15:46:18.29 ID:IHF5lz/E
>>529
ああ、なるほど。わかるようなわからないような……。
とりあえずありがとうございます。

>>530
ありがとうございます。
自分の死を考えると怖くなって何も楽しめなくなるのですが、
恐怖なく楽しめるままで死を意識するには
どうしたらよいでしょうか?

537:おさかなくわえた名無しさん[sage]:2022/06/24(金) 17:25:46.64 ID:iRsVLRNB
鬼和尚様
ダニエル書やヨハネの黙示録などはいろいろ解釈されていますが実際のところどういうものなのでしょうか?
未来に起こる予言ですか?
信仰心を起こさせ民衆に教えを守らせるための寓話ですか?
当時の信徒が見たただの幻覚ですか?

ああいった黙示文学から修行者が何か学べることはあるのでしょうか?
あるとしたら何でしょうか

539:鬼和尚 ◆v4C6SeeabHj8 [sage]:2022/06/24(金) 23:58:11.63 ID:QxwMyxTW [2/2]
>>536 死というものを本当に観察できたら、恐れもなくなるじゃろう。
 
 何が原因で死を恐れるのか、心の中を観察して探すのじゃ。
 その原因から死を恐れる過程を観察するのじゃ。
 実践あるのみなのじゃ。

>>537 信仰のための寓話と言えるじゃろう。
 
 何もないのじゃ。
 ただの観念妄想なのじゃ。

オショーのSadhana Pathを読んで実践する
https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1605702581/

390:避難民のマジレスさん[]:2022/06/23(木) 23:52:11 ID:sirSeXnI0
『パーマティー』序論  
1.『註解』冒頭文の趣旨説明
1.1。ブラフマンは考察の対象に価しないという反対主張  p201-202  

  [反対主張]疑問の余地のないものや無意昧なものは、賢者の考察の対象[に価し] ない。[疑問の余地のないものとは]、たとえば、思考器官(manas)と結合した感覚 器官が、明るい光のもとで接触した壷12である。また[無意昧なものとは]、たとえば、 烏の歯である。そして、[もし、ウパニシャッドに説かれているように、ブラフマンが アートマンと同一なら]、このブラフマンも、[疑問の余地がなく無意昧なものであると いう点では、壷や烏の歯と]同様である13。従って、[ブラフマンには]、領域を覆うもの(vy?・paka)[である疑問の余地があり意味のあるものであるという性質]14とは相反する[領域に存在する性質、すなわち、疑問の余地がなく無音味なものであるという性質]が認められる。[従って、ブラフマンは考察の対象に価しないのである。]
  詳論すれば以下の通りである。[ウパニシャッドでは、アートマンとブラフマンの同一 性が次のように説かれている]。すなわち、[アートマンだけが]偉大であり(brhatva)、 [身体等を]成長させる[存在]である(brmhatva)。従って、アートマンだけがブラフマンと呼ばれるのである」15と。身体・器官・統覚機能(buddhi)・思考器官16ー [それらは]、「これ」という語(経験)の対象の対象(idamk?・r?・spada)17である一とは異なり、こ[のアートマン]は、「私」という直接経験(aparokus?・ubhava)一[それは]疑いの余地がなく錯倒することのない[経験]である一によって、虫や蛾から神々や聖仙に至るあらゆる生命体に広く知られている。それ故、[アートマンは]考察の対象[に価し]ない。というのは、この世の中に、「私は存在しているのかいないのか」と疑う者は誰もいないし、「私は存在しない」と錯倒した[考えを抱く]者はいないからである。

脚注
12ニヤーヤ学派の知覚論では、直接知覚は、対象一感覚器官一思考器官一アートマンが結合した時に得られるとされている。この種の結合が存在しかつその時に外界の光が不足していなければ、常に正しい知覚が得られるのである。
13『ブラフマ・スートラ』は、冒頭のスートラⅠ.1.1で、その書の考察の対象がブラフマンであることを述べ、スートラI.1.3では、そのブラフマンが、聖典すなわちウパニシャッドから知られることを述べている。この立場は、ヴェーダーンタ学派の基本的立場であり、『ブラフマ・スートラ註解』も複註『パーマティー』もそれを受けついでいる。ここで反対主張が提示しているのは、この立場に対する疑問である。
14領域を覆うもの(vy?・paka)とか領域を覆われるもの(vy?・pya)とは、推論において用いられる概念で、・・・丁寧な脚注がつづくが、長いので省略する。
I5ここでは・Brahmanの語義を/brh(増大する)、/brmh(成長させる)という語源から説明しているのである。
16個人存在は、アートマンとその添性を構成する五種の構成要素よりなる。すなわち、(1)粗大な身体と微細な身体、(2)主要生気、(3)語・手・足’排便器官・生殖器官の五種の行動器官、(4)視覚・聴覚・臭覚・味覚、触覚の五種の感覚器官(5)統覚機能・思考器官という内官からなる。
17「これという語(経験)と訳したidamk?・raという語は、私という語(経験)と訳(し)たahamk?・raという語と対をなしており、ahamk?・raという語か、ahampratyaya(私という観念)やahamanubhava (私という経験)と同義であるということに見られるように、語レベルと観念や経験レベルのものの両者を含み込んだ語である。
(´・(ェ)・`)つ
鬼和尚、いつもありがとうであります。

391:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2022/06/24(金) 23:15:08 ID:1d4drIFg0 [208/209]

 ↑どういたしまして、またおいでなさい。

392:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2022/06/24(金) 23:24:51 ID:1d4drIFg0 [209/209]

 これはバーチャスパティミシュラが書いたバーマティーの主要部分の抜粋なのじゃ。
 シャンカラが書いたブラフマ・スートラの注解をさらに注解したのじゃ。

 最初にブラフマンとアートマンが一つであり、自己を疑うものはいないから、考察するべきではないという反対意見が出されたのじゃ。
 想定問答なのじゃ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました