鬼和尚 2022/05/31(火)

鬼和尚の仏教勉強会 講読ゼミ 6 –  したらば
https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1592867699/

890:避難民のマジレスさん[]:2022/05/31(火) 20:18:29 ID:cILxtfkc0
ラマナ・マハルシとの対話 344

質問者
 ヴィチャーラ・サーガラは、真我実現への4つの障害について述べています。

マハルシ
 なぜ4つだけなのですか?
 9つあるという人もいます。
 眠りはそのうちの1つです。
 眠りとは何でしょう?
 それは目覚めの裏返しでしかありません。
 それは目覚めから独立することはできません。
 眠りは純粋な真我です。
 自分が目覚めていると考えてはいけません。
 眠りはあり得ませんし、3つの状態もあり得ません。
 ただ真我を忘れているために、あなたは夢を見たというのです。
 真我が不在の状態で、何かが存在できるでしょうか?
 なぜ、あなたは真我を捨てて、非真我を保持するのでしょうか?

 心が外に出ようとするとき、その場で直ちに心を内側に向けなさい。
 心は、自身の外側に幸福を求める習慣があるために、外に出てしまいますが、外側のものが幸福の原因ではないという知識が、それを抑制してくれます。
 これがヴァイラーギャ、あるいは無執着です。
 完璧なヴァイラーギャの後でのみ、心は安定します。

 心は、知識と無知、あるいは睡眠と覚醒の混合物に過ぎません。
 それは5つの状態で機能します。

 クシプタ(活発な)
 ムーダ(鈍い)
 ヴィクシプタ(混乱した)
 カシャーヤ(潜在的な)、そして
 エーカーグリャ(一点集中した)です

 このうちカシャーヤは、傾向の潜在的なものでしかなく、執着や反感などの傾向そのものではありません。

 あなた自身がアーナンダ(至福)であるのに、どうしてあなたは「ああ!なんという至福だ!」と言ってそれを楽しむのでしょうか?
 これがラサースワーダ(至福の味)です。

 結婚式の間、処女は、男性に抱擁された経験がないのに花嫁として幸せを感じます。
 これがラサースワーダです。

質問者
 ジーヴァン・ムクティ(存命中の解脱)そのものがアーナンダである……

シュリ・バガヴァンが口を挟んだ。

マハルシ
 シャーストラ(聖典)を当てにしてはいけません。
 ジーヴァン・ムクティとは何でしょうか?
 アーナンダとは何でしょうか?
 解脱そのものが疑わしいのです。
 これらすべての言葉は何なのでしょうか?
 それらは真我から独立していることができるのでしょうか?

質問者
 私たちはこれらすべてを経験したことがないのです。

マハルシ
 ないものは常に失われ、あるものは、今ここに常に存在しています。
 これが万物の永遠の理法なのです。

(例:首の周りのネックレス)

891:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2022/05/31(火) 22:24:34 ID:1d4drIFg0 [401/401]

 聖典の言葉は全て実践のための手引きに過ぎないのじゃ。
 それを覚える打では、何の意味もないのじゃ。
 実践の妨げになるならば、有害にさえなるものじゃ。
 実践して聖典の意味を知ったならば、初めて役に立ったと言えるのじゃ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました