鬼和尚 2022/05/04(水)

鬼和尚に聞いてみるスレ part20
https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1649249411/

108:避難民のマジレスさん[]:2022/05/04(水) 14:20:06 ID:btlCufyY0 [3/4]
>>107

ありがとうございます。
ほぼ毎日、半日断食を行ってるので、このまま続けようと思います。
家族にも勧めてみます。

109:避難民のマジレスさん[]:2022/05/04(水) 19:10:23 ID:ehQV/BTA0 [20/21]
呼吸に意識を合わせる座禅をしています。
中々瞑想状態に入れないのですが15分くらいずっと呼吸に意識を合わせているとずっと同じ感覚(呼吸)に意識を合わせているせいで注意散漫になり集中できません。

どうしたらいいでしょうか?

111:避難民のマジレスさん[]:2022/05/04(水) 21:28:37 ID:ehQV/BTA0 [21/21]
いつも吐く呼吸に意識を合わせているんですが、吸う息に意識を合わせることが難しいです。

それゆえに息を吐いてる時だけ吐く呼吸に意識を合わせているんですが

吐く→吸う(ここでせっかくの集中が途切れてしまいます。)

どうしたらいいでしょうか?

112:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2022/05/05(木) 00:12:33 ID:1d4drIFg0 [33/34]
>>108 そうじゃ、どんどん続けるとよいのじゃ。
 またおいでなさい。

>>109>>111 そのように数息観が難しいと思うならば、他の集中をするとよいのじゃ。
 眉間とか、心臓とか、丹田に集中するとかするとよいのじゃ。
 集中力が身につけばよいのであるから、呼吸に拘らなくて善いのじゃ。
 実践あるのみなのじゃ。

110:避難民のマジレスさん[]:2022/05/04(水) 20:32:44 ID:btlCufyY0 [4/4]
>>107
ありがとうございます。

今までは家族に、悟りを目指してることは内緒にしてたのですが、打ち明け、修行にはげもうと思います。
4才の子どもに、鬼和尚さまの本を読んであげるのはまだ早いでしょうか?

鬼和尚さまは、お釈迦様の弟子だった時に、善事を積み、天国に行けると確信していたと、前に読んだのですが、どれほどの善事を積んだら天国に行けるのでしょうか?
家族には、悟れずとも天国に行ってもらいたいです。

私は、毎月千円の募金を9年くらい続けています。自分では、悪行はしていないと思ってます。この程度では天国には行けないでしょうか?

自分への善事というのも大事なのですか?自分への善事とは例えばどんなことをしたら良いのでしょうか?

113:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2022/05/05(木) 00:25:48 ID:1d4drIFg0 [34/34]
>>110 まだ早いじゃろう。
 自分は悟りを求めて修行しているとかいうとよいじゃろう。
 
 それは今自分がいる環境が天国だと感じるならば、生まれかわっても天に行けるのじゃ。
 心が清浄であれば、天国のような福楽はやってくるのであるからのう。

 それ位でも慈悲の心があればいけるのじゃ。
 心が大事なのじゃ。

 それも大事なのじゃ。
 修行も善事といえるじゃろう。
 自分を最も安楽な境地に導くのであるからのう。

 自分にも優しい言葉とかをかけるとよいのじゃ。
 自分を誉めるのもよいのじゃ。
 愛するものと同じように自分も大慈にするとよいのじゃ。
 実践在るのみなのじゃ。

鬼和尚の仏教勉強会 講読ゼミ 6 –  したらば
https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1592867699/

820:避難民のマジレスさん[]:2022/05/04(水) 10:11:01 ID:T7iCrEFQ0 [1/3]
ラマナ・マハルシとの対話 317

パルキ氏
 ここに来る多くの人が、あなたからビジョンや思念伝達を受けたと言っています。
 私はここ1ヶ月半ほどここにいますが、まだほんの少しもそのような体験はありません。
 それは私があなたの恩寵を受けるに値しないからでしょうか?
 もしそうなら、私はヴァシシュタクロートパンナ(ヴァシシュタの系譜)でありながら、あなたの恩寵を受けられず、遠く離れた外国人たちが受けているのは恥ずべきことだと感じています。
 この不名誉を取り除くために、何かプラーヤシュチッタ(贖罪の方法)を伝授していただけないでしょうか?

マハルシ
 ビジョンと思念伝達は、心の状態によってもたらされます。
 それは個人に依存し、普遍的な存在に依存するものではありません。
 さらに、それらは取るに足らないものです。
 重要なのは、心の平安です。

質問者
 心の平安はトランス状態の結果です。
 トランス状態はどのようにして得られるのでしょうか?

マハルシ
 トランス状態とは、ただ想念がないだけの状態です。
 その状態は眠りの中に存在しています。
 それによって、あなたは永続的な心の平安を得るのでしょうか?

質問者
 アーシュラマムの刊行物に、トランス状態が必要だと書かれていますね。

マハルシ
 トランス状態は、新しく手に入れるべき別のものではありません。
 あなたの自然な状態が、トランス状態です。

質問者
 しかし、私はそれを感じないのです。

マハルシ
 あなたが正反対の信念を持っているということが妨げなのです。

質問者
 私は真我を実現していないので、自分の永続的なトランス状態を理解していないのです。

マハルシ
 これは繰り返しに過ぎません。
 それが障害となっているのです。
 これは、あなたが非真我を自分だと思うから生じるのです。
 それが間違いです。
 非真我を真我とみなしてはいけません。
 そうすれば、真我はあなたに明らかになります。

質問者
 私は理論的には理解していますが、現実的には理解できません。

マハルシ
  自己の非実現を語る自己という、2つの自己は存在しません。

質問者
 私にとっては、それはまだ理論的です。
 どうしたらトランス状態になれるのでしょうか。

マハルシ
 トランス状態は、その効果が一時的なものにすぎません。
 それが続く限り、幸福があります。
 それから覚めると、古いヴァーサナが戻ってきます。
 サハジャ・サマーディ(努力のない三昧)でヴァーサナが破壊されない限り、トランス状態になんの益もありません。

質問者
 しかし、トランス状態はサハジャ・サマーディに先行しなければならないのではありませんか?

マハルシ
 トランス状態は、自然な状態です。
 行為や現象はありますが、それらはトランス状態に影響を与えません。
 もし、それらが真我から離れたものではないと気づけば、真我が実現されます。
 トランス状態が永続的な心の平安をもたらすのでなければ、トランス状態に何の用があるでしょうか?
 今でさえ、何が起ころうとも、あなたはトランス状態にあることを知りなさい。
 それがすべてです。

質問者
 しかし、私はどのようにすればよいのでしょうか?

821:避難民のマジレスさん[]:2022/05/04(水) 10:12:41 ID:T7iCrEFQ0 [2/3]
ある学者が述べた。
 ヤトー・ヴァーチョー・ニヴァルタンテー・アプラーピャ・マサナー・サハ(心とともに、言葉も届かないところ)。

質問者は反論した。
 マナサイヴァ・アープタッヴャン(ただ心をもってして実現される)とも言われています。

マハルシ
 そうです。
 純粋な心、すなわち、想念から解放された心こそが、真我なのです。
 純粋な心は、不純な心を超えています。

質問者
 精妙な見る者の、最も精妙な知性で見られるのです。

マハルシ
 心について述べられたことは、これにも当てはまります。

質問者
 もしトランス状態が私の生得の状態だとしたら、なぜトランス状態は実現の前に得られる必要があると言われるのでしょうか?

マハルシ
 それは、人は自分の永遠のトランス状態に気づくべきだということです。
 それに対する不注意が無知です。
 プラマードー・ヴァーイ・ムリティユ(不注意は死そのものである)。

質問者
 事前にトランス状態を得ずに、どうして注意深くあることができるでしょうか?

マハルシ
 よく分かりました。
 もしあなたがそんなにトランス状態を得たいと強く願うなら、どんな麻薬でも役に立つでしょう。
 薬物中毒がその結果であり、解脱ではありません。
 トランス状態にさえ、潜在状態のヴァーサナがあります。
 そのヴァーサナが破壊されなければなりません。

別の信奉者
 ヴァーサナが完全に破壊される前に、真我実現はありうるのでしょうか?

マハルシ
 ヴァーサナには2種類あります。
 1. 無知な者に束縛をもたらすバンダ・ヘートゥと、2. 賢明な者に楽しみを与えるボーガ・ヘートゥです。
 後者は、実現を妨げることはありません。

質問者
 例えば、ヴァーマデーヴァ、ジャダ・バラタなどの、真我を実現した人は生まれ変わるのですか?
 
マハルシ
 実現した人が生まれ変わることはありえません。
 再誕は、縛り付けるヴァーサナによるものです。
 しかし、これらは真我実現の状態において破壊されます。

質問者
 彼らはケーヴァラ・ニルヴィカルパの段階には達しましたが、サハジャ・ニルヴィカルパではなかったということでしょうか?

マハルシ
 そうです。

質問者
 もし享受のためのヴァーサナだけが実現の状態を妨げず、そしてもし至福の状態を妨げられずに世界の出来事を見ることができるのなら、執着だけが束縛であるということになります。
 合っていますか?

マハルシ
 はい、その通りです。
 執着が束縛なのです。
 執着は、自我を滅すれば消えます。

質問者
 実現は、グルの恩寵によって助けられると言われています。

マハルシ
 グルは、真我にほかなりません。

質問者
 クリシュナはサーンディーピニを師に持ち、ラーマはヴァシシュタを持ちました。

マハルシ
 グルは、求道者にとって外的なものだと言われています。
 心の内向はグルによってもたらされます。
 求道者は外向性を有しているため、グルから学ぶようにと勧められるのです。
 やがて彼は、グルが真我であることを見出すことになります。

822:避難民のマジレスさん[]:2022/05/04(水) 10:13:24 ID:T7iCrEFQ0 [3/3]
質問者
 私にグルの恩寵をいただけますか?

マハルシ
 恩寵はいつもそこにあります。

質問者
 しかし、私はそれを感じません。

マハルシ
 明け渡しが、人に恩寵を理解させるのです。

質問者
 私は、心と魂を明け渡しました。
 自分の心の一番の審判は私です。
 それでも、私は恩寵を感じないのです。

マハルシ
 もしあなたが明け渡していたら、疑問は生じなかったでしょう。

質問者
 私は明け渡しました。
 それでも疑問が湧いてきます。

マハルシ
 恩寵は不変です。
 あなたの判断は変わります。
 それ以外に、どこに落ち度があるというのでしょうか?

質問者
 私は、自分自身を明け渡せるようにならなければなりません。

マハルシ
 ターユマーナヴァルは言いました。
 「私にこれほどまでに議論させ、これほどまでにあなたの言葉に従うことを可能にしたあなたに栄光あれ!」。

823:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM[sage]:2022/05/04(水) 23:10:09 ID:1d4drIFg0 [372/372]

 恩寵とかトランスとかの変異を欲しがっているならば、それは世間の金や権力や名声を欲しがっているのと変わりないのじゃ。
 自分の欲を出しているのであるからのう。
 自分の欲があるならば明け渡しても居ないのじゃ。
 全ては今ここにいる自分に最初から備わっているものじゃ。
 さらに何かをほしがる必要は無いのじゃ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました