鬼和尚 2022/05/01(日)

鬼和尚に聞いてみるスレ part20
https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1649249411/

99:避難民のマジレスさん[]:2022/04/30(土) 23:29:16 ID:YlWLof520 [3/6]
衆生は輪廻主体がなくても、死後も業や記憶の相続という自然現象は起きていますよね?
輪廻を、主体無き業相続とみた場合、釈迦の見解だと人間の母体に業と記憶が相続するという現象
がもうおこらないということですよね。
確か「もう母体に入らない」みたいなことを言っていたはずです。
それはなぜわかるのでしょうか?

100:避難民のマジレスさん[]:2022/05/01(日) 00:36:32 ID:YlWLof520 [4/6]
スマナサーラ長老はラマナマハルシは悟っていなく、煩悩だらけと言っていたのですが、
過去の聖者でも誹謗したら大きな悪業になるのでしょうか?

101:避難民のマジレスさん[]:2022/05/01(日) 01:15:19 ID:YlWLof520 [5/6]
四禅以降は呼吸をしなくても死なないんでしょうか?

102:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2022/05/01(日) 22:34:54 ID:1d4drIFg0 [30/32]
>>99 それらも個我があるちいう幻想から起こる観念なのじゃ。
 自分があるから、自分の業とか記憶の相続があると思うのじゃ。
 それらも幻想と知れば、もはや生まれることもないとわかるのじゃ。

>>100 それは無知から起こった言動であるから、そんなに大きな悪業ではないのじゃ。
 子供が聖者にあくたいをついても大きな悪業にはならないようなものじゃ。
 無知や無能は罪ではないのじゃ。
 信じる者には災いになるがのう。

>>101 肉体がある間は呼吸をしなくては死ぬじゃろう。
 
 肉体がなくなれば呼吸もいつまでもなくてもしなないのじゃ。

鬼和尚の仏教勉強会 講読ゼミ 6 –  したらば
https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1592867699/

813:避難民のマジレスさん[]:2022/05/01(日) 15:13:36 ID:hWvCue/c0 [1/2]
ラマナ・マハルシとの対話 314

1937年1月3日

甘露の滴

昨日の答えの中で、シュリ・バガヴァンは、真我は深い眠りの中の純粋な意識であると言い、また、実現の理想として、眠りから目覚めた状態へ移行する真我を示した。

このことを説明するようにと請われた。

シュリ・バガヴァンは快く答えた。

マハルシ
 真我は眠りの中の純粋な意識です。
 それは、移行期にはイダム(「これ」)を含まないアハム(「私」)として展開し、目覚めた状態では、アハム(私)とイダム(これ)として現れます。
 個人の体験は、アハム(「私」)のみを用いて行われます。
 ですので、示された方法で(つまり、移行期の「私」を用いて)実現を目指さなければなりません。
 そうでなければ、睡眠体験は彼にとって重要ではありません。
 もし移行期の「私」が認識されれば、基体が発見され、それが目標につながるのです。

 また、睡眠はアジニャーナ(無知)であると言われています。
 それは、起きている状態で蔓延している間違ったジニャーナ(知識)との関係においてのみです。
 起きている状態が本当はアジニャーナ(無知)であり、眠っている状態はプラジニャーナ(完全な知識)なのです。
 プラジニャーナとはブラフマンのことである、とシュルティ(聖典)は言っています。
 ブラフマンは永遠です。
 睡眠を体験する者はプラージニャと呼ばれます。
 彼は3つの状態すべてでプラジニャーナムです。
 睡眠状態の特別な重要性は、彼が知識に満ちている(プラジニャーナガナ)ことです。
 ガナとは何でしょうか?
 ジニャーナとヴィジニャーナがあります。
 両方ともに、すべての知覚の中で作用します。
 ジャーグラトにおけるヴィジニャーナは、ヴィパリータ・ジニャーナ(間違った知識)、すなわちアジニャーナ(無知)です。
 それは常に個人と共存しています。
 これがヴィスパシュタ・ジニャーナ(明確な知識)になると、それがブラフマンです。
 睡眠中のように、間違った知識が完全に存在しないとき、彼はただ純粋なプラジニャーナのままです。
 それがプラジニャーナガナです。
 アイタレーヤ・ウパニシャッドはプラジニャーナ、ヴィジニャーナ、アジニャーナ、サンジニャーナはすべてブラフマンの名前であると言っています。
 知識だけで構成されているなら、彼はどのように体験されるのでしょうか?
 体験は常にヴィジニャーナを伴います。
 したがって、プラジニャーナガナの体験のためには、移行期の純粋な「私」を保持しなければならないのです。
 覚醒状態の「私」は不純であり、そのような体験には役立ちません。
 それゆえ、移行期の「私」、あるいは純粋な「私」を使うのです。
 この純粋な「私」はどのようにして認識されるのでしょう?
 ヴィヴェーカ・チューダーマニは、「ヴィジュニャーナ・コーシェー・ヴィラサティヤジャスラム(彼は常に知的な鞘、ヴィジュニャーナ・コーシャの中で輝いている)」と言っています。
 トリプラ・ラハスャや他の著作は、連続する2つのサンカルパ(観念や思考)の合間が、純粋なアハム(「私」)を表していると指摘しています。
 したがって、純粋な「私」をとらえながら、プラジニャーナガナを有することを目的とすべきであり、そしてその試みの中にヴリッティが存在するのです。
 これらはすべて、しかるべき各々の場と役割があると同時に、実現につながるのです。

814:避難民のマジレスさん[]:2022/05/01(日) 15:14:33 ID:hWvCue/c0 [2/2]
 ヴィヴェーカ・チューダーマニでは、純粋な真我はアサットを超えている、つまりアサットとは異なると説明されています。
 ここでいうアサットとは、汚染された目覚めの「私」のことです。
 アサッドヴィラクシャナは、サット、すなわち眠りの真我を意味します。
 彼はまた、サットとアサットとは異なると説明されています。
 どちらも同じ意味です。
 彼はまた、アシェーシャ・サークシー(すべてを見る観照者)でもあります。

 もし純粋なら、不純な「私」を用いて、どのように彼を体験することができるでしょうか?
 ある人が「私は幸福に眠った」と言います。
 幸せは彼の体験でした。
 もしそうでなければ、どうして体験しなかったことについて話すことができるでしょうか?
 もし真我が純粋であるなら、彼はどうやって睡眠中の幸福を体験したのでしょうか?
 今、その体験を語るのは誰でしょうか?
 その話し手はヴィジニャーナートマン(無知な自己)であり、プラジニャーナートマン(純粋な自己)について話しています。
 どうしてそのようなことができるのでしょう?
 このヴィジニャーナートマンは眠りの中に存在していたのでしょうか?
 睡眠中に幸福を体験したという彼の言葉は、彼が睡眠中に存在したことを推測させます。
 では、どのように彼はとどまっていたのでしょうか?
 確実に、目覚めているときの状態と同じではありません。
 彼はそこでは非常に微妙な存在だったのです。
 非常に微妙なヴィジニャーナートマンは、マーヤーの様態を用いて、幸せなプラジニャーナートマンを体験します。
 それは、木の枝や小枝や葉の下で見られる月の光のようなものです。

 微妙なヴィジニャーナートマンは、今この瞬間の明白なヴィジニャーナートマンとは明らかに無縁の存在に見えます。
 なぜ、私たちは睡眠中に彼の存在を推測しなければならないのでしょうか?
 その幸福の体験を否定して、この推論を終わらせるべきではないのでしょうか?
 いいえ。
 誰もが睡眠を求め、熟睡を楽しむために良いベッドを用意するのですから、幸福の体験の事実を否定することはできません。

 このことから、認識するもの、認識、認識されるものは、各々微妙な差異こそあれ、3つの状態のすべてに存在するという結論に達します。
 移行期では、イダム(「これ」)が抑制されているため、アハム(「私」)はスッダ(純粋)です。
 アハム(「私」)が優位を占めます。

 なぜ、その純粋な「私」が今、認識されないのでしょうか、あるいは、記憶にすら残らないのでしょうか?
 それは、面識(パリチャイ)が欠けているためです。
 それは意識的に成し遂げられた場合にのみ認識することができます。
 したがって、努力して意識的に獲得してください。

815:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM[sage]:2022/05/01(日) 22:50:14 ID:1d4drIFg0 [369/369]

 マハリシは悟りを得てない者は起きている時が無知であり、むしろ寝ている時が完全な智恵があるというのじゃ。
 起きている時には自我があり、観念があるから夢幻の中にいるようなものなのじゃ。
 寝ていれば忘我になるから、少しは真我に近いといえるのじゃ。
 眠りの中で意識的にそれが見られれば、起きている時にも覚えていられるのじゃ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました