鬼和尚 2022/04/28(木)

鬼和尚の仏教勉強会 講読ゼミ 6 –  したらば
https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1592867699/

805:避難民のマジレスさん[]:2022/04/28(木) 07:37:13 ID:egdLjUPU0 [1/2]
ラマナ・マハルシとの対話 311

1937年1月2日

マハルシ
 立ち昇る「私」はまた、沈みます。
 それは個の「私」あるいは「私」という観念です。
 立ち昇らないものは、沈むことはありません。
 それは在り、永遠に在り続けます。
 それが普遍的な「私」、完全な「私」、すなわち真我の実現です。

午後5時30分、スイス人の女性がシュリ・バガヴァンに、瞑想をしばらく続けると頭が痛くなると訴えた。

マハルシ
 もし、瞑想者と瞑想が同じものだと理解されれば、頭痛や同様の訴えはなくなるでしょう。

質問者
 しかし、それらは異なっています。
 どうして同じものだと考えられるでしょうか?

マハルシ
 それは、あなたの視点のためです。
 ただ一つしかなく、違いはないのです。
 瞑想すれば、相対的な意識は消え去ります。
 それが全滅ではないのは、絶対的な意識が生じるからです。
 聖書には、「天の国はあなたの内にある」と書かれています。
 もし、あなたが自分自身を身体だとみなしているなら、この言葉を理解するのは難しいでしょう。
 一方、あなたが本当の自分を知っているなら、天の国もすべても、あなたの真我に含まれています。
 それらは、自我が発生した後に生じた概念です。
 ドリシュティン・ジニャーナマイーン・クリトヴァ・パシュエード・ブラフママヤン・ジャガト(あなたの目を内に向け、それを絶対化しなさい)。
 その絶対的な自覚を実現した上で、外を見れば、宇宙は実現された絶対なるものと不可分であることに気づくでしょう。

 あなたの視点は外に向けられているので、あなたは「外」のことを話します。
 その状態であるために、あなたは「内」を見ることを勧められているのです。
 この「内」は、あなたが求めている「外」に対して相対的なものです。
 実際は、真我は外でも内でもありません。

 天について語るとき、人は天を上か下か、内か外かのように考えますが、それは人が相対的な知識に慣れているからです。
 人は客観的な知識だけを求めているので、このような考えになってしまうのです。

 現実的に言えば、上も下もなく、内も外もないのです。
 もしそれらが実在するならば、夢のない眠りの中にも存在するはずです。
 なぜなら、実在するものは、連続的で永久的でなければならないからです。
 睡眠中に「内」や「外」を感じたでしょうか?
 もちろん違います。

質問者
 私は覚えていません。

マハルシ
 もしそこに何かがあれば、それは思い出されるでしょう。
 しかし、あなたはそのときの自分の存在を認めています。
 同じ真我が今話しているのです。
 眠っているときには未分化だった真我が、現在の状態では分化しており、多様性を見ているのです。
 真の実在とは、客観的な知識を欠いた唯一のものです。
 それが絶対意識です。
 それこそが、私たち全員が認める幸福の状態です。
 その状態は、この起きている状態においてさえももたらされなければなりません。
 それはジャーグラト・スシュプティと呼ばれます。
 それがムクティです。

806:避難民のマジレスさん[]:2022/04/28(木) 07:38:09 ID:egdLjUPU0 [2/2]
質問者
 自我が、輪廻転生するものです。

マハルシ
 そうです。
 しかし、輪廻転生とは何でしょうか?
 自我は同じままです。
 新しい身体が現れて、それを保持します。
 自我は変わりません。
 それが一つの身体を離れ、別の身体を探して見つけることはありません。
 あなたの粗大な身体にさえも何が起こるのか見てみましょう。
 あなたがロンドンに行くとします。
 どうやって行きますか?
 乗物を使って波止場に行き、汽船に乗り込み、数日でロンドンに到着します。
 何が起こったのでしょうか?
 乗物は動きましたが、あなたの身体は動きませんでした。
 それでもあなたは、地球のある部分から別の部分へと旅したと言います。
 乗物の動きがあなたの身体に重ねられているのです。
 あなたの自我についても同様です。
 輪廻転生は、重ね合わせです。
 例えば、夢の中で何が起こるのでしょうか?
 あなたは夢の世界へ行くのでしょうか、それともそれはあなたの中で起こるのでしょうか?
 間違いなく後者でしょう。
 ちょうど転生と同じです。
 自我はずっと変化しないままです。

 繰り返しになりますが、あなたの眠りの中には時間も空間もありません。
 それらは「私」という想念が生じた後に生じる観念です。
 「私」という想念が立ち昇る前には、観念は存在しません。
 ですから、あなたは時間も空間も超えているのです。
 「私」という想念は限定された「私」に過ぎません。
 真の「私」は無限で、普遍的で、時間も空間も超えています。
 観念は眠っているときは存在しません。
 ちょうど眠りから覚め、外の世界を見る前に、あなたの純粋な真我である自覚の状態が存在します。
 それが知られなければなりません。

質問者
 しかし、私はそれがわかりません。

マハルシ
 それは、理解の対象ではありません。
 あなたがそれです。
 いったい誰が、そして何を理解するというのでしょうか?

807:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM[sage]:2022/04/28(木) 23:05:27 ID:1d4drIFg0 [366/366]

 瞑想をして思考や雑念が消えたならば、それでも消えない意識が在るとわかるじゃろう。
 意識は常にあり、滅することはないのじゃ。
 それは肉体に縛られたものでもないのじゃ。
 常にあり続け変ることはないのじゃ。

オショーのSadhana Pathを読んで実践する
https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1605702581/

381:避難民のマジレスさん[]:2022/04/28(木) 12:40:04 ID:D5cVyf3c0
42.
大乗起信論 : 漢和両訳(漢訳)(コマ番号44-45)国訳大藏経. 論部 第5巻(和訳)(コマ番号62-63)
*漢文、章割は漢和両訳に従い、和文、段落分けは国訳大藏経に従った。

▲防退方法勸生浄土文  

 復次衆生初學是法欲求正信其信怯弱以住於娑婆世界自畏不能常値諸佛親承供養懼謂信心難可成就意欲退者當知如來有勝方便攝護信心謂以專意念佛因緣随願得生他方佛土常見於佛。永離悪道如

     復(また)次に、衆生、初めて是の法を學(がく)し、正信(しゃうしん)を欲求(よくぐ)するに、其の信怯弱(こにゃく)に
    て、此の娑婆世界に住するを以て、自ら常に諸佛に値(あ)って、親承し、供養すること能(あた)はざるを畏(おそ)る。
    懼(おそら)くは、信心成就すべきこと難(かた)し謂(おも)ひ、意に退せんと欲する者は、當(まさ)に知るべし、如來に
    勝方便有りて、信心を攝護す。謂(い)はく、專意念佛の因緣を以て、願に随って、他方の佛土に生ずるを得(う)、
    常に佛を見て、永く悪道を離る。

 修多羅説 若人專念西方極楽世界阿彌陀佛。所修善根廻向願求生彼世界即得住生 
 常見佛故終無有退。若觀彼佛眞如法身常勤修習畢竟得生住正定故

     修多羅に、若し人、專(もっぱ)ら西(さい)方極楽世界の阿彌陀佛を念じ、修する所の善根を廻向(ゑかう)して、
    彼(か)の世界に生ぜんと願求(ぐわんぐ)すれば、卽ち住生することを得と。
     常に佛を見るが故に、終(つひ)に退すること有ること無し。若し彼の佛の眞如法身を觀じ、常に勤めて修習(しゅ
    じふ)すれば、畢竟して生ずることを得。正定(しゃうぢゃう)に住するが故に。

▲正宗五分ノ第五(テキストは表記は四) 勸修利益分  

 已説修行信心分。次説勸修利益分。
 如是摩訶衍諸佛秘藏。我已總説
 若有衆生欲於如來甚深境界得生正信。遠離誹謗。入大乘道當持此論思量修習究竟能至無上之道。
 若人聞是法已。不生怯弱當知此人定紹佛種必爲諸佛所授記
 假使有人能化三千大千世界。滿中衆生令行十善。不如有人於一食頃正思此法過前功徳不可爲喩

     已(すで)に、修行信心分を説けり。次に勸修利益分を説かん。
     是くの如きの摩訶衍(ゑん)は、諸佛の秘藏なり。我已に總じて説く。
     若し衆生有って、如來甚深(じんじん)の境界に於て、正信を生ずることを得て、誹謗をし、大乘の道(だう)に入
    らんと欲せば、當(まさ)に、此の論を持して、思量し修習し究竟(くきゃう)し、能く無上の道(だう)に至るべし。
     若し人、是の法を聞き已(おは)って、怯弱(こにゃく)を生ぜざれば、當に知るべし、此の人は定(さだ)んで佛種を
    紹(つ)ぎ、必ず諸佛の爲に授記せられん。
     假使(たとひ)人有って、能く三千大千世界の中(うち)に滿てる衆生を化(け)して、十善を行ぜしめんも、人有っ
    て、一食頃に於て、正しく此の法を思はんには如かじ。前の功徳に過(く)ぐること、喩(たとへ)と爲すべからず。
(´・(ェ)・`)b

382:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2022/04/28(木) 23:33:01 ID:1d4drIFg0 [203/203]
 又次に衆生が初めてこの法を学んで、正信を欲求する時、その心が怯弱でこの娑婆世界に居るから諸仏に会って親しく供養できないことを恐れたりするかもしれん。
 恐らくは信心が成就することは難しいと思って、やめてしまうかもしれんのじゃ。
 そのような者達は如来に勝れた方便があって、信心の者達を擁護することを知るべきなのじゃ。

 いわく専らに念仏すれば、その因縁で願うとおりに、他の仏土に生まれることができるのじゃ。
 そこで常に仏陀を見て、永久に悪道を離れられるのじゃ。

 経典にはもし人が専らに西方浄土の阿弥陀如来を念じて、修めるところの善根を回向して、その世界に生まれたいと願うならばいそこに生まれると説いているのじゃ。
 そこで常に仏陀を見ているのであるから退転することはないのじゃ。
 もしその阿弥陀如来の真如法身を観じ、常に勤めて修行すれば、最終的には西方に行けるのじゃ。
 それが正しい定であるからなのじゃ。

 既に修行信心分を説いたのじゃ。
 次は勤修利益分を説くのじゃ。

 このような大乗は諸仏の秘蔵なのじゃ。
 我はそれを総じて説いたのじゃ。

 もし衆生が如来の甚だ深い境界を信じて、誹謗を遠離して、大乗の道に入ろうと思うならば、正にこの論をもって、思量して、実践を究めれば無上の道に入れるのじゃ。
 もしこの法を聞き終えて怯弱を生じない者がいるならば、そのような者は仏陀の世継ぎとなり、必ず諸仏に悟れると予言されるのじゃ。
 たとえ三千世界に満ちるほどの人を教化して十善を実践させても、その功徳は食事の時間ほどの間でもこの法を思うことで起こった功徳にはかなわんのじゃ。
 その功徳は比べることも出来ないほどなのじゃ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました