鬼和尚 2022/04/24(日)

鬼和尚に聞いてみるスレ part20
https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1649249411/

76:避難民のマジレスさん[sage]:2022/04/24(日) 15:08:59 ID:Dwlq9wAc0
人間は動物には転生しないと言う人も
イルカとクジラにはフォーマットが同じなので人間から転生すると言います。

ある地方では死後にイルカに生まれ変わるという信仰ももつ人々もいます。
私もかなり昔、コイツの前世はイルカじゃやねーのか?と思える性格の人間に会った事があります。
また、動画等を見ると彼らの知性は人の子供並みに有るのを感じます。

悟った方から観てクジラやイルカは人間なのでしょうか?

77:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2022/04/24(日) 22:32:17 ID:1d4drIFg0 [22/23]
↑人間ではないのじゃ。
 畜生なのじゃ。
 人間とは違うものじゃ。

 悪いことをしていれば動物にも虫にも生まれかわるじゃろう。
 善事を積めば天にも人間にも生まれかわるのじゃ。
 善事を積むとよいのじゃ。

鬼和尚の仏教勉強会 講読ゼミ 6 –  したらば
https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1592867699/

797:避難民のマジレスさん[]:2022/04/24(日) 07:42:21 ID:qd1MKDrg0
ラマナ・マハルシとの対話 307

1936年12月27日

マイソールから来たシャマンナ氏がシュリ・バガヴァンに尋ねた。

質問者
 どうかアハム・スプラナ(「私-私」の光)について説明してください。

マハルシ
 「私」は眠っている時には知られません。
 目が覚めると、通常、「私」は肉体や世界、そして非真我と結び付いて知覚されます。
 そのように結び付けられた「私」がアハム・ヴリッティです。
 アハムが真我だけを表すとき、それはアハム・スプラナです。
 これはジュナーニにとって自然なもので、これそのものがジュナーニによってジュナーナと呼ばれ、バクタによってバクティと呼ばれているのです。
 それは睡眠中も含めて常に存在するにもかかわらず、知覚されません。
 それは睡眠中に一度に知ることはできません。
 それは、まず起きている状態で認識されなければなりません。
 なぜならそれは、3つの状態すべての根底にある私たちの真の本性だからです。
 努力はジャーグラト(目覚め)の状態でのみ行われ、真我は今ここで実現されなければなりません。
 それはその後、ジャーグラト、スワプナ、スシュプティに中断されない、連続した真我であると理解され、実現されるでしょう。
 このように、それはアハンダーカーラ・ヴリッティ(途切れることのない経験)です。
 ヴリッティは、より良い表現がないために使われています。
 文字通りのヴリッティであると理解してはなりません。
 その場合、ヴリッティは「海のような川」と同様ですが、それは不合理です。
 ヴリッティは持続時間が短いものです。
 それは限定された、方向づけられた意識です。
 あるいは、想念や感覚などの認識によって分断された絶対的な意識です。
 ヴリッティは心の機能であるのに対し、継続的な意識は心を超越します。
 これが、ジュニャーニや解脱した存在の自然で原初の状態です。
 それは途切れることのない経験です。
 それは、相対的な意識が収まったときに、自分自身を顕わにします。
 アハム・ヴリッティ(「私」-想念)は途切れますが、アハム・スプラナ(「私-私」の光)は途切れることなく、継続します。
 想念が収まった後、その光は輝きを放つのです。

798:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM[sage]:2022/04/24(日) 22:34:39 ID:1d4drIFg0 [362/362]

 アハム・ヴリッティは五体や知覚に投射された自己観念といえるじゃろう。
 その働きがないものがアハム・スプラナなのじゃ。
 無我の状態といえるのじゃ。
 それもまた言葉通りのものではないがのう。
 言葉を超えたものは、自ら体験して確かめるしかないのじゃ。

オショーのSadhana Pathを読んで実践する
https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1605702581/

368:避難民のマジレスさん[]:2022/04/24(日) 07:48:58 ID:N9PuVr0M0
37.
大乗起信論 : 漢和両訳(漢訳)(コマ番号37-38)国訳大藏経. 論部 第5巻(和訳)(コマ番号57-58)
*漢文、章割は漢和両訳に従い、和文、段落分けは国訳大藏経に従った。

▲第一 施門  

 云何修行施門。
 若見一切來求索者。所有財物随力施與。以自捨慳貪。令彼歡喜。若見厄難恐怖危逼随巳堪任施與無畏。若有衆生來求法者。随巳能解方便。爲説不應貪求名利恭敬唯念自利利他廻向菩提故

     云何が、施門を修行するや。
     若し一切の、來って求索(ぐさく)する者を見ば、有らゆる財物、力に随って施與(せよ)し、自ら慳貪(けんどん)を
捨つるを以て、彼をして歡喜せしめ、若し厄難(やくなん)・恐怖(くふ)・危逼(きひつ)を見ば、己が堪任するに随っ
て、無畏(むゐ)を施與(せよ)す。若し衆生、來って法を求むる有らば、己が能く解するに随って方便して、爲めに
説いて、應(まさ)に名利恭敬(くぎゃう)を貪求すべからず。唯自利利他を念じ、菩提に廻向(ゑかう)するが故に。

▲第二 戒門  

 云何修行戒門。
 所謂不殺。不盗。不婬。不兩舌。不悪口。不妄言。不綺語。遠離貪嫉欺詐諂曲瞋恚邪見。若出家者。爲折伏煩悩故。亦應遠離?鍾閙常處寂静修習少欲知足。頭陀等行。乃至小罪心生怖畏慚愧悔不得輕於如來所制禁戒。當護機嫌。不令衆生妄起過罪故

     云何が、戒門を修行するや。
     所謂、殺せず、盗せず、婬せず、兩舌せず、悪口(あくく)せず、妄語せず、綺語せず、遠離貪嫉(とんしつ)・欺
詐・諂曲(てんこく)・瞋恚(しんい)・邪見を遠離す。若し出家の者は、煩悩を折伏(しゃくぶく)せん爲の故に、亦應
(まさ)に?鍾閙(くわいねう(にょう))をし、常に寂静に處して、少欲知足、頭陀等の業を修習(しゅじふ)し、乃至小
罪にも、心怖畏を生じ、慚愧し、改悔(かいげ)して、如來の制する〔したまふ〕所の禁戒(ごんかい)を輕んずるを
得ざるべし。當(まさ)に機嫌を護って、衆生をして、妄(みだり)に罪過を起こさしめざるべき故に。

▲第三 忍門  

 云何修行忍門。
 所謂應忍他人之惱心不懷報。亦當忍於利衰毀譽稱譏苦樂等法故

     云何が、忍門を修行するや。
     所謂、應(まさ)に他人の惱(なやま)すを忍んで、心に報を懷(いだ)かざるべし。亦當に利衰・毀譽・稱譏(しょう
き)・苦樂等の法を忍ぶべき故に。

▲第四 進門  

 云何修行進門。所謂於諸善事。心不懈退。立志慳強。遠離怯弱。當念過去久遠己來虚受一切身心大苦。無有利益 。是故應勤修諸功徳自利利他遠離修苦

     云何が進門を修行するや。
     所謂、諸の善事に於て、心、懈退せず、志を立つること慳強(けんがう)にして、怯弱(こにゃく)を遠離し、當に過
去久遠己來、虚しく一切身心の大善を受けて、利益有ること無きを念ずべし。是の故に、應に勤めて、諸の功
徳を修め、自利利他して、遠かに衆苦を離るべし。
(´・(ェ)・`)b

369:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2022/04/24(日) 23:47:57 ID:1d4drIFg0 [195/195]

第一の施門なのじゃ。

 どのように修行するのか。

 もし衆生が法を求めてきたならば、あらゆる財物を力の限り施して自分が貪欲を捨てることで喜ばせるのじゃ。
 もし衆生が厄難、恐怖、危険が逼迫しているところを見たら、自分が出来る限りのことをして、恐れがない状態を施すのじゃ。

 もし衆生が法を求めてきたならば、自分が理解している限りのことを方便して説いて、名利や尊敬されることを求めてはいかんのじゃ。
 ただ自他の利益のために説いて、悟りの道に回向するためなのじゃ。

 第二の戒門なのじゃ。

 どのように修行するのか。

 いわゆる殺さず、盗まず、婬せず、両舌せず、悪口をせず、妄語をせず、綺語をしないことを守るのじゃ。
 貪欲、嫉妬、詐欺、怒りや邪見を遠離するのじゃ。
 もし出家の者であれば、煩悩を折伏するために、騒がしい街中から遠ざかり、常に静かな所に定住して、小欲知足をで貪欲を厭離するのじゃ。
 
 小さな罪にも心から恐れ、慙愧して、後悔して、如来が制定した禁戒を重んじるのじゃ。
 まさに他人の悪心を起こさないようにして、妄りに罪過を作らせないようにするのじゃ。

 第三の忍門なのじゃ。

 どのように修行するのか。

 いわゆるまさに他人から悩まされることを忍んで、報復したいという思いを心から遠ざけるのじゃ。
 また正に利衰、毀誉褒貶、苦楽等の法を忍ぶべきであるからなのじゃ。

 第四の進門なのじゃ。

 どのように修行するのか。

 もろもろの善事を心が怠けずに実践して、堅く強く志を立て、怯弱を遠離するのじゃ。
 久遠の過去からの大善を実践しても、その利益を願わないようにするのじゃ。
 正に勤めてもろもろの功徳を修めて、衆苦がないようにするのじゃ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました