鬼和尚 2022/04/11(月)

鬼和尚に聞いてみるスレ part20
https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1649249411/

24:避難民のマジレスさん[]:2022/04/11(月) 06:07:48 ID:KC7wU8H60
5ちゃんから鬼和尚に会いにきますた。よろしくお願いします。

25:避難民のマジレスさん[]:2022/04/11(月) 11:38:27 ID:Ecwsxc7k0
心にとって自他の区別はないと教えて頂きましたが、
そうすると、自分と相手の2人の人間がいるとして、
以下の状況は善行や罪としては同じものになるのでしょうか?

•自分を大事にして相手を蔑ろにする
•相手を大事にして自分を蔑ろにする

•相手を傷つけたり殺す事
•自分を傷つけたり殺す事


他人を大事にして自分を大事にしないのも罪になりますか?

世の中には自分を優先しすぎる人と、逆に自分を苦しめても他人を優先してしまう人もいますが、それはどちらにしても同じような状況なのでしょうか?
後者の方がなんとなく他人に良いことをしているような気もしてしまいますが、実際は、自分を苦しめていたらそれは同時に罪になっているのでしょうか?

なんというか、自分と他人の重さは、心にとっては同じなのですか?
それであれば、他人のことは自分のように思うのと同時に、
自分のことも、他人のように気を使い大事にしなければならないのでしょうか?

26:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2022/04/11(月) 23:17:03 ID:1d4drIFg0 [7/9]

 そうじゃ、同じなのじゃ。
 自他は一つであるからのう。

 自分も大事にすべきなのじゃ。
 他人ために自分を苦しめていたら罪になるじゃろう。
 それは他人を苦しめるのと同じであるからのう。

 自分も大事にするべきなのじゃ。
 他人だけを大事にして優先するべきだというのも、間違った観念なのじゃ。

 お釈迦様も自分の修行を優先するようにと説いているのじゃ。
 正しい知識をもって自分を大事にすると善いのじゃ。

オショーのSadhana Pathを読んで実践する
https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1605702581/

329:避難民のマジレスさん[]:2022/04/10(日) 23:48:38 ID:JBVywH4Y0
24.
大乗起信論 : 漢和両訳(漢訳)(コマ番号25-26)国訳大藏経. 論部 第5巻(和訳)(コマ番号46-48)
*漢文、章割は漢和両訳に従い、和文、段落分けは国訳大藏経に従った。
*テキストに依って表記の異なる箇所には*印を付した

▲第七 眞如ノ用
     
 復次眞如用者。所謂諸佛如來。本在因地發大慈悲。修諸波羅蜜。攝化衆生。立大誓願。盡欲度脱等衆生界。亦不限劫數盡於未來。以取一切衆生如巳身故。而亦不取衆生相。此以何義
 謂如實知一切衆生。及與巳身。眞如平等無別異故。
 以有如是大方便智。除滅無明見本法身。自然而有不思議業種種之用。即與眞如等?衆一切處。又亦無有用相可得。
 何以故
 謂諸佛如來唯是法身智相之身。第一義諦無有世諦境界。離於施作。但随衆生見聞得益故説爲用

     復次に眞如の用(ゆう)とは、所謂、諸佛如來、本因地に在って、大慈悲を發(おこ)し、諸の
    波羅蜜を修し、衆生攝化(せふけ)す。大誓願を立て、等しく衆生界を度脱せんと欲し、亦劫數 
    (ごふしゅ)を限らず、未來を盡くす。一切衆生を取ること、巳身の如くなるを以ての故に、而
    も亦衆生の相を取らず。此れ何の義を以てぞ。
     謂はく、實に一切衆生と及び巳身とは、眞如平等にして、別異無しと知るが故なり。
     是くの如き大方便、智有るを以て、無明を除滅して、本法身(ほっしん)を見るに、自然にし
    て不思議の業。種種の用有り、卽ち眞如と等しく、一切處に?衆ず。又亦用(ゆう)相の得(う)べ
    き有ること無し。
     何を以っての故に。
     謂はく、諸佛如來は、唯是れ法身智相の身(しん)、第一義諦(たい)にして、世諦の境界有る
    こと無く、施作(せさ)を離る。但衆生の、見聞(けんもん)して益(やく)を得(う)るに随ふが故 
    に、説いて用(ゆう)と爲す。 
    
 此用有二種云何爲二。
 一者依分別事識。凡夫二乘心所見者名爲應身。
 以不知轉識現故。見從外來取色分齊。不能盡知故

     此の用に二種有り。云何が二戸爲す。
     一には、分別事識に依る。凡夫・二乘の心の所見は、名づけて應身(じん)と爲す。
     轉識の現〔ずる所〕なるを知らざるを以ての故に、外(げ)より來ると見、色の分齊(ざい)を 
    取り、盡く知ること能はざるが故に。

 二者依於業識。謂諸菩薩從初發意。乃至菩薩究竟地心所見者。名爲報身。
 身有無量色。色有無量相。相有無量好。所住依果亦有無量種種荘嚴。随所示現即無有邊。不可窮盡。離分齊相。随其所應。常能住持。不毀不失
 如是功徳皆因諸波羅蜜等無漏行薫。及不思議薫之所成就。具足無量樂相故説説爲報身

     二には、業識に依る。謂はく、諸の菩薩、初護意より、乃至菩薩究竟地(くきゃうぢ)の心の 
    所見を、名づけて報身と爲す。
     身に無量の色有り、色に無量の相有り、相に無量の好有り。所住の依果も、亦無量種種の
    荘嚴(しゃうごん)有り、示現する所に随って、卽ち邊有ること無く、窮盡(ぐうじん)すべから 
    ず、分齊の相を離る。〔而かも〕其の所應に随って、常に能く住持して、毀(き)せず、失せず。

 如是功徳皆因諸波羅蜜等無漏行薫。及不思議薫之所成就。具足無量樂相故説説爲報身
 
     是くの如きの功徳は、皆諸の波羅蜜等の、無漏行薫と、及び不思議薫との、成就する所に 
    因って、無量の樂相を具足す。故に説いて報身と爲す。

(´・(ェ)・`)b

330:避難民のマジレスさん[sage]:2022/04/11(月) 16:55:35 ID:wAVU2rfc0
鬼和尚、くまさん失礼します。
購読ゼミのスレのパパジとの対話と解説、お疲れさまでした。
次の予定が入っていなければ、以前途中で中断していたラマナ・マハルシとの対話を
そちらのスレをお借りして再開してもよろしいでしょうか?
もしOKでしたら明日から掲載していこうと思っています。

331:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2022/04/11(月) 23:17:31 ID:1d4drIFg0 [172/174]
↑よいのじゃ。
 どんどんするとよいのじゃ。
 実践あるのみなのじゃ。

332:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2022/04/11(月) 23:34:55 ID:1d4drIFg0 [173/174]

 また次に真如の用とは、いわゆる諸仏、如来達は本因地にあって、大慈悲を起こし、
 諸々の波羅蜜を修め、衆生を集めて解脱させるのじゃ。

 大誓願をたてて、等しく衆生界を度脱しようとして、年月を限らず、未来永劫に実践するのじゃ。
 一切衆生を見ること、己の身と同じと見るからなのじゃ。
 しかもまたそれは衆生があるという観念がないのじゃ。

 これはどのような意味であるか。
 いわく、実に一切衆生と自分の身とは真如平等であり、別とか異なることはないと知っているからなのじゃ。
 
 このような大方便、智恵あるから無明を除き滅して、本法身をみると自然にして不思議の業にいろいろな用があるのじゃ。
 すなわち真如と等しく、全ての場所に遍く現われるのじゃ。
 またまたそれであっても観念はないのじゃ。

 なぜであるかといえば、

 諸仏如来はただこれ法身智相の身であり、第一の真理であり、世間のことわりでの境界はなく、俗世の用を離れているのじゃ。
 ただ衆生が見聞きして利益を得られるようにするために、法を説いて利用させるのじゃ。

333:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2022/04/11(月) 23:50:18 ID:1d4drIFg0 [174/174]

 この用にも二種在るのじゃ。

 一つ目は分別事識によるものじゃ。
 凡夫や二乗の心の所見は、名づけて応身とするのじゃ。
 仏の身を転識の表れであることを知らないから、外より来たと見るのじゃ。
 肉体の差別に囚われて、仏の智恵を全て知ることが出来ないのじゃ。

 二つ目は業識によるものじゃ。

 諸々の菩薩は初発意から究境地の心の所見を報身とするのじゃ。
 身には無量の色があり、色にも無量の相があり、相にも無量の好みが在るのじゃ。
 
 住む所もまた無量の飾りが在るのじゃ。
 現われた所にしたがって、辺もなく究めつくすこともできず、境界も無いのじゃ。
 しかもその所に応じて、常によく保って、壊れも失くしもしないのじゃ。
 
 このような功徳は皆もろもろの波羅蜜等の無漏の修行の実践と、不思議なる実践が
 成就したことに因って、無量の安楽のありさまを具えたのじゃ。
 ゆえに説いて報身とするのじゃ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました