鬼和尚 2022/04/02(土)

鬼和尚に聞いてみるスレ part19
https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1627742187/

987:避難民のマジレスさん[sage]:2022/04/02(土) 00:41:04 ID:.tofT0a20 [19/19]
よく一緒に仕事をする人がいるのですが、私が怒っているとその人は気分が沈んだ感じになり、私が楽しんでいるとその人も楽しそうになり、私が落ち着いているとその人も落ち着いていると観察しました
正に物事は心に基づいています

これは私の勘違いではないですよね

988:避難民のマジレスさん[]:2022/04/02(土) 10:11:49 ID:ehQV/BTA0 [13/14]
ありがとうございました。

989:避難民のマジレスさん[]:2022/04/02(土) 17:37:06 ID:rlAecqNg0 [27/27]
鬼和尚様

昨日も私の質問に答えていただき本当にありがとうございます。命の母ホワイトは継続して精神科の薬を減らせるようにがんばります。

990:避難民のマジレスさん[]:2022/04/02(土) 21:17:51 ID:ehQV/BTA0 [14/14]
鬼和尚は眠くても禅定に入れるんですか?

991:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2022/04/02(土) 21:38:27 ID:1d4drIFg0 [309/309]
>>987 そうじゃ、勘違いではないのじゃ。
 おぬしの心と同調しているのじゃ。
 平常心でいるとよいのじゃ。

>>988 どういたしまして、またおいでなさい。

>>989 そうじゃ、実践あるのみなのじゃ。
 またおいでなさい。

>>990 あまり酷くなければ入れるのじゃ。
 眠すぎると入れないのじゃ。
 集中していない状態になるのじゃ。
 寝てから再開するとよいのじゃ。

【相談】悟りを開いた人に聞くスレ【仏教】 55
https://medaka.5ch.net/test/read.cgi/kankon/1643336428/

235:おさかなくわえた名無しさん[sage]:2022/04/01(金) 11:45:05.78 ID:BpHCdYXx
鬼和尚に映像が見えるなら
名前を書いている場面を見て
前世の名前を知ることはできますか?

236:おさかなくわえた名無しさん[]:2022/04/02(土) 11:28:42.49 ID:I3JgoVWV
鬼和尚さん、お母様はお元気ですか?
まだ、運送業を続けているのですか?

237:おさかなくわえた名無しさん[]:2022/04/02(土) 16:46:54.06 ID:XIqw20yA
淫らな性欲を克服したいのですが、どうするのが1番良い方法でしょうか?
僕が実践している方法は、衝動が来ると嫌でも支配されるのでその間は反芻思考をやめて、音楽を聴いたり瞑想などをして落ち着くのを待っているのですが 1番最適解な方法教えてくれる人いたらお願いします!

239:鬼和尚 ◆v4C6SeeabHj8 [sage]:2022/04/02(土) 21:41:00.77 ID:MyLUfL4e [1/2]
>>235 たまたま見えればできるじゃろう。
 
>>236 元気なのじゃ。
 食べすぎなのじゃ。

 続けているのじゃ。
 
>>237 食事を減らすのじゃ。
 五分ぐらいにするのじゃ。
 コンニャクとか、しいたけとか、かんぴょうとか、くわいを食べるのじゃ。
 腰に水をかけるのじゃ。
 健康長寿にもなるじゃろう。

238:おさかなくわえた名無しさん[sage]:2022/04/02(土) 19:26:45.67 ID:O96bu9eu
パパ活女子を買ったり金持ちが愛人遊びをするのは邪淫ですか?
運よくバレずに済んだり病気を移されなかったりしても、やっぱり何かしら罰?のようなものが起こるんでしょうか?

240:鬼和尚 ◆v4C6SeeabHj8 [sage]:2022/04/02(土) 21:41:48.40 ID:MyLUfL4e [2/2]
>>238 邪淫といえるじゃろう。
 起こるじゃろう。
 孤独地獄とかになるじゃろう。
 やめるとよいのじゃ。

悟りを開いた人に聞いてみるスレ【人生相談】 80 
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/jinsei/1613875666/

868:マジレスさん[sage]:2022/04/02(土) 18:58:50.39 ID:UCpPZgse
街の弁当屋さんの手作りホカ弁も、あんまり栄養は期待できませんか?
とりあえず食えば腹はふくれますが。
毎日食べてたら栄養失調になるでしょうか?

869:鬼和尚 ◆v4C6SeeabHj8 [sage]:2022/04/02(土) 21:35:07.50 ID:HNZ2o0ux
↑そうじゃ、期待は出来ないのじゃ。
 栄養失調になることもあるじゃろう。
 あきらかに野菜がたりないのじゃ。
 たまに食べるぐらいならばよいのじゃ。

鬼和尚の仏教勉強会 講読ゼミ 6 –  したらば
https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1592867699/

761:避難民のマジレスさん[]:2022/04/01(金) 23:51:56 ID:PAc1Nte.0
146.
「真理のみ」 (原題 「THE TRUTH IS」)~SRI H.W.L.POONJA
第13章 自由 ☆Part3①

愛:彼方から彼方へ

自由とは誰も知らない何かが始まるということだ。
サットサンガには終りがない。
測り知れない至福が常に湧き上がってくる。

「私は存在―意識―至福だ」という揺るぎない確信を得ることが教えの終焉だ。
しかしこの彼方に神聖な秘密がある。
この神聖な秘密は密かに尋ねられ
神々しくそれに従わねばならない。

絶え間なく源泉に行き続けなさい。
源泉にさえ着地しないことだ。
まだ彼方がある、
限りなく深みに進みなさい。

平和ー気づき-至福から最後の半歩を踏み出しなさい、
そこにはマインドの彼方に息づく神秘が・・・。

Q:発展の最後のステージいるあなたにとってまだ進歩がありますか?

 これは非常に良い質問だ。「これが最後のステージで全てが終わった。これ以降は経験すべき発展も進歩もない」これが多くの悟った人が述べたことだ。

 どの本にも書かれていないが、私はこの方面でまだ何か展開すべきことがあると信じている。理解には終りがない。完璧に最終の実現をした後でも純粋な意図がある限り、まだ成されるべき何かがある。

 それについて話したことはないし今も話さないが。それは知的な把握を超えているので、それを知っている人は表現することは出来ない。私はそれが何か言いたいのだ。

 クリシュナがアルジュナに言ったようにそれは神聖な秘密だ。

 「あなたに授けるこの知識は神聖な知識だ。他の誰かに告げられるべきものではない。」

 私には神秘が非常に神聖で秘密だということが分かる。それは言葉では言い表せない。私はそれを隠しているのではない、ただ話せないのだ。おそらく話すときが来るかもしれない。たとえその時が来ても誰も理解することはできないだろう。

Q:神秘について何か話していただけますか?

 神秘について話すことができたとしたらそれは神秘であるはずがない。それはミステリーではなくヒストリーだ。この叡智は何か誰も知らない。そこに行った人々は二度と戻ってこないからだ。

Q:神秘は真我を超えているのですか?

そうだ。
  (´・(ェ)・`)
 (つづく)

762:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM[sage]:2022/04/02(土) 21:44:43 ID:1d4drIFg0 [346/346]

 真我は法として人を導くためのものじゃ。
 それはまだ言葉にして語れるものじゃ。
 神秘はもはや言葉にはできないのじゃ。
 言葉にしてしまえば全ては嘘になるのじゃ。
 実践によって自ら達するしかないのじゃ。

オショーのSadhana Pathを読んで実践する
https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1605702581/

305:避難民のマジレスさん[]:2022/04/02(土) 09:10:56 ID:2onbSBYc0
15.
大乗起信論 : 漢和両訳(漢訳)(コマ番号15-16)国訳大藏経. 論部 第5巻(和訳)(コマ番号38-39)
*漢文、章割は漢和両訳に従い、和文、段落分けは国訳大藏経に従った。
*テキストに依って表記の異なる箇所には*印を付した

 此義云何。
 以一切法皆從心起。妄念而生。一切分別則分別自心。心不見心無相可得 
 當知世間一切境界。皆依衆生*妄心而得住持。是故一切法如鏡中像無體可得。唯心虚妄。以心生則種種法生。心滅則種種法滅故。

     此の義云何(いかん)。
     一切の法は、皆心より起り、妄念より生ずるを以て、一切の分別は卽ち自心を分別す。心を見ざれば、相とし
    て得べき無し。
     まさに知るべし、世間一切の境界は、皆衆生の*無明妄心に依って、住持することを得。是の故に、一切の法
    は、鏡中の像の、體の得べきこと無きが如く、唯心にして虚妄(こもう)なり。心生ずれば、則ち種種の法生じ、心 
    滅すれば、則ち種種の法滅するを以ての故に。

 復次言意識者。*即此相續識。依諸凡夫取着轉深。計我我所。種種妄執隨事攀緣。分別六塵名爲意識。亦名分離識。又復説名分別事識。此識依見愛煩悩増長義故。
      
     また次に、意識と言うは、*卽ち此れ相續識なり。諸(もろもろ)の凡夫、取着(しゅぢゃく)轉(うた)た深きに依って、 
    我(が)と我所(わがしょ)とを計し、種種に妄執し、事に随って攀緣(はんえん)し、六塵を分別す、名づけて意識と 
    爲す。亦分離識と名づく。又復(またまた)説いて分別事識と名づく。此の識は見愛煩悩に依って増長する義の 
    故に。

 依無明薫習所起識者。非凡夫能知。亦非二乘智慧所覺。謂依菩薩。從初正信發心觀察。若證法身得少分知。乃至菩薩究竟地不能盡知。唯佛窮了。
 何以故。
 是心從本己來自性清浄。而有無明爲無明所染有其染心。雖有染心而常恒不變。是故此義唯佛能知。   

     無明薫習に依って起す所の識は、凡夫の能く知る所に非ず。亦二乘の智慧の覺する所に非ず。謂はく、菩薩
    に依るに、初めの正信より發心(はつしん)觀察し、若し法身(ほつしん)を証 すれば、少分の知を得、乃至菩薩
    究竟地(ぢ)も、盡(ことごと)く知るあたわず、唯佛のみ窮了(ぐうれう)す。
     何を以ての故に。
     是心の本より己來(このかた)、自性(じしゃう)清浄なり、而も無明有り、無明の爲に染(ぜん)せられて、其の染
    心有り、染心有りと雖も、而も常恒(じゃうごう)不變なり。是の故に、此の義は唯佛のみ能く知る。

 所謂心性常無念故名爲不變以不達*一法界故。心不相應忽然念起。名爲無明。

     所謂(いはゆる)、心性は常に念無し、故に名づけて不變と爲す。*一切法界に達せざるを以ての故に。心相應
    せず、忽然(こちねん)として念起るを名づけて無明と爲す。

(´・(ェ)・`)b

306:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2022/04/02(土) 22:03:42 ID:1d4drIFg0 [158/158]

 この意味は、一切の法は皆心より起こり、妄念より生じて、一切の分別は自らの心を分別しているからなのじゃ。
 心を見なければ、何か見るべき心象もないのじゃ。
 世間の一切の境界は、皆衆生の無明妄心に依って、あり続けることを知るべきなのじゃ。
 この故に一切の法は、鏡の中の象が本体がないように、ただ心から創られた虚妄なのじゃ。
 心が生じれば、即ちいろいろな法も生じ、心が滅すれば即ちいろいろな法も滅するのじゃ。


 次に意識と言うのは、すなわち相続識のことなのじゃ。
 凡夫は皆、執着がとても深いから、我という観念や我が物という観念を計り、
 いろいろに妄想し、いろいろに妄執し、事に随って囚われ、六塵を分別するのじゃ。
 それらの働きを名づけて意識というのじゃ。
 またまた説いて分別事識と名づけるのじゃ。
  この識は見愛煩悩に依って増長するという意味からなのじゃ。

 無明薫習によって起こる識は凡夫がしることの出来ないものじゃ。
 また二乗の智恵で覚れるものでもないのじゃ。
 菩薩でも初正信より発心観察し、もし法身を証すれば、少しはわかるのじゃ。
 しかし菩薩の究境地でも総てしることはできないのじゃ。
 ただ仏陀だけが知り尽くすことができるのじゃ。

 なぜならばこの心はもとよりこのかた、自性は清浄であるからなのじゃ。
 無明のために染められて、染心があるのじゃ。
 染心があってもしかも常恒不変なのじゃ。
 それ故にこの意味はただ仏陀だけが知りえるのじゃ。

 いわゆる心性は常に念がないのじゃ。
 故に名付けて不変とするのじゃ。
 一切の法界に達していないからなのじゃ。
 心相応せず、忽然として念が起こるのを無明とするのじゃ。

【天空寺】悟りをひらいた人のスレ647【仏教】 
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/psy/1638616972/

674:鬼和尚 ◆v4C6SeeabHj8 [sage]:2022/04/02(土) 22:04:18.33 ID:eAUQzDj3 [2/2]
 この意味は、一切の法は皆心より起こり、妄念より生じて、一切の分別は自らの心を分別しているからなのじゃ。
 心を見なければ、何か見るべき心象もないのじゃ。
 世間の一切の境界は、皆衆生の無明妄心に依って、あり続けることを知るべきなのじゃ。
 この故に一切の法は、鏡の中の象が本体がないように、ただ心から創られた虚妄なのじゃ。
 心が生じれば、即ちいろいろな法も生じ、心が滅すれば即ちいろいろな法も滅するのじゃ。


 次に意識と言うのは、すなわち相続識のことなのじゃ。
 凡夫は皆、執着がとても深いから、我という観念や我が物という観念を計り、
 いろいろに妄想し、いろいろに妄執し、事に随って囚われ、六塵を分別するのじゃ。
 それらの働きを名づけて意識というのじゃ。
 またまた説いて分別事識と名づけるのじゃ。
  この識は見愛煩悩に依って増長するという意味からなのじゃ。

 無明薫習によって起こる識は凡夫がしることの出来ないものじゃ。
 また二乗の智恵で覚れるものでもないのじゃ。
 菩薩でも初正信より発心観察し、もし法身を証すれば、少しはわかるのじゃ。
 しかし菩薩の究境地でも総てしることはできないのじゃ。
 ただ仏陀だけが知り尽くすことができるのじゃ。

 なぜならばこの心はもとよりこのかた、自性は清浄であるからなのじゃ。
 無明のために染められて、染心があるのじゃ。
 染心があってもしかも常恒不変なのじゃ。
 それ故にこの意味はただ仏陀だけが知りえるのじゃ。

 いわゆる心性は常に念がないのじゃ。
 故に名付けて不変とするのじゃ。
 一切の法界に達していないからなのじゃ。
 心相応せず、忽然として念が起こるのを無明とするのじゃ。
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました