鬼和尚 2021/12/20(月)

鬼和尚に聞いてみるスレ part19
https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1627742187/

565:避難民のマジレスさん[]:2021/12/20(月) 12:42:30 ID:aGDaQz8I0
>>562
問答24

問:幸福とは何でしょうか?

答:幸福とは真我の本性そのものである。
幸福と真我は別のものではない。
世界のいかなるものごとのなかにも幸福はない。
われわれは無知ゆえに、ものごとから幸福を得るものだと思っている。
心が外へ出ていくと、不幸を体験する。
心の願いが満たされたとき、実は、心は自己本来の場所に戻っており、真我である幸福を楽しむのである。
同じように、眠りの状態、サマーディ、失神状態、あるいは、得たいと願っていたものが得られたり、嫌っていたものが消え去ったりしたときには、心は内面に向かい、純粋な真我-幸福を楽しむのである。
このように心は休むことなく動きまわり、真我からさ迷いでては、また戻ってくるということを繰り返している。
木陰は気持ちいいが、外では太陽が焼けつくようだ。
灼熱の太陽のなかを歩いてきた人が木陰にたどり着けば涼しいと感じる。
木陰からわざわざ出て猛暑のなかを行き、それからまた木陰に戻ってくるのは愚かなことである。
賢い人はずっと木陰にとどまっているだろう。
同じように、真理を知る人の心は、ブラフマンを離れることはない。
その反対に、無知な人の心は、悲惨を味わいながら世界をさ迷い歩き、つかの間の幸福を味わうためにブラフマンに戻ってくる。
実際には、世界と呼ばれているものはただの想念にすぎない。
世界が消え去ったとき、つまり想念が存在しないとき、心は幸福を体験する。
世界が現れると、不幸を味わうのである。

Q:What is happiness?

A:Happiness is the very nature of the Self;
happiness and the Self are not different.
There is no happiness in any object of the world.
We imagine through our ignorance that we derive happiness from objects.
When the mind goes out, it experiences misery.
In truth, when its desires are fulfilled, it returns to its own place and enjoys the happiness that is the Self.
Similarly, in the states of sleep, samadhi and fainting, and when the object desired is obtained or the object disliked is removed, the mind becomes inward-turned, and enjoys pure Self-Happiness.
Thus the mind moves without rest alternately going out of the Self and returning to it.
Under the tree the shade is pleasant; out in the open the heat is scorching.
A person who has been going about in the sun feels cool when he reaches the shade.
Someone who keeps on going from the shade into the sun and then back into the shade is a fool.
A wise man stays permanently in the shade.
Similarly, the mind of the one who knows the truth does not leave Brahman.
The mind of the ignorant, on the contrary, revolves in the world, feeling miserable, and for a little time returns to Brahman to experience happiness.
In fact, what is called the world is only thought.
When the world disappears, i.e., when there is no thought, the mind experiences happiness;
and when the world appears, it goes through misery.

566:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2021/12/20(月) 21:27:24 ID:1d4drIFg0 [178/178]
本当の幸福は悟りを得る以外に無いのじゃ。
この世では一時の幸福も、苦しみから眼をそらすためだけのものなのじゃ。
一時期快楽を味わってもすぐに苦が戻ってくるものじゃ。
全ての観念がないとき、真の幸福があるのみなのじゃ。

【相談】悟りを開いた人に聞くスレ【仏教】  33 
https://medaka.5ch.net/test/read.cgi/kankon/1597157592/

622:おさかなくわえた名無しさん[]:2021/12/20(月) 09:47:09.23 ID:UdxaQ3dG
鬼和尚はなぜ百万円を皆に配らないのですか?

624:おさかなくわえた名無しさん[]:2021/12/20(月) 14:14:45.21 ID:zl7Nz0CH
鬼和尚様、いつも尊い御言葉をありがとうございます。
福音伝道なる者が鬼和尚様に失礼を致しましたので、懲らしめて置きました。
今後とも宗教板でのご活躍を祈ってます。

626:おさかなくわえた名無しさん[]:2021/12/20(月) 18:58:19.85 ID:MFBeKvvm
鬼和尚、神田沙也加さんは何を苦に命を絶ったのでしょうか?
霊視をお願いします。

627:鬼和尚 ◆v4C6SeeabHj8 [sage]:2021/12/20(月) 21:24:52.66 ID:/+1MprGr
>>622 おぬしが一億円くれれば配るじゃろう。
 
>>624 しなくてよいのじゃ。
 
>>626 うつだったようじゃ。
 中年期うつ病というやつじゃな。
 特に冬で寒くなると、血行が悪くなって落ち込むのじゃ。
 血行をよくすればよくなったのにのう。
 残念なことじゃ。

悟りを開いた人に聞いてみるスレ【人生相談】 80 
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/jinsei/1613875666/

711:マジレスさん[sage]:2021/12/20(月) 16:16:46.19 ID:ZyzAmb8m [1/2]
人生の生きる意味は犬でもいいのですか?

712:鬼和尚 ◆v4C6SeeabHj8 [sage]:2021/12/20(月) 21:21:24.95 ID:gA4Nzkvb
>>711 いかんじゃろう。
 犬が死ねば生きる意味が無くなるじゃろう。
 悟りを得るために実践あるのみなのじゃ。

鬼和尚の仏教勉強会 講読ゼミ 6 –  したらば
https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1592867699/

497:避難民のマジレスさん[]:2021/12/20(月) 13:12:55 ID:SLcH6Now0
44.
「真理のみ」 (原題 「THE TRUTH IS」)~SRI H.W.L.POONJA
第6章 真我探求:私は誰か? ☆Part6-d③
獲得することで失う啓示

Q:初めて戻って来た時、肉体に戻るのを拒否したかった。元に戻るという考えは再び限界づけられ
るという感じうことです。

 やって来るすべてを、実在すると受け入れなければならない。

Q:他のどこでもなく、そこに居たいという強い願望があります。ただ「それ」の中で漂っていて、
決して肉体に戻りたくない。私が戻って来るといつも「ああ、だめだ。戻ってしまった!」。

 この観念もまた捨てなければいけない。どこから戻ってきたのかね? 戻ることも行くこともない。
これらはすべて観念だ。あなたはどこにも行かなかった。どこに行ってどこに帰ってくるのかね?
 あなたはあなたが居るところにいる。あなたはあなたが常にあり続けたものだ。今ここにないもの
を切望しないことだ。後で何かを達成しようと努力しないことだ。
 すべてが「ここ」にある、それが真理であるべきだ。ここにあるものが実在で、ここにあるものが
自由だ。他に何も必要ない。
 今この瞬間、あなたの前に、「ここ」にあるものは何か見つけ出しなさい。何かを獲得しようとい
う意図もなく何も拒絶することもなく、今この瞬間に見つけ出しなさい。

Q:5年前、悟りのすべての徴候が自発的に私の中で起こりました。何が起こっているのか全く分か
りませんでした。それで私があなたの言っていることを読んだとき、救われたような気がしました。
それは、体験から恐怖を取り除きました。これについて何か洞察がありますか?

 もしあなたがグルと一緒に居たなら、恐れることはなかっただろう。経験した時はいつでもグルの
ところに走っていて何が起こったのか見極めなさい。彼の説明が助けになる。だからすぐにグルの所
に行くことだ。

  マインドの平和は自由の歩哨だ。
満足がもう一つの歩哨。
これらの歩哨と一緒に待ちなさい。
ドアーはひとりでに開いて、あなたは内に呼ばれる。

Q:この「誰でもない」ことをどのように喜ぶべきでしょうか?

 すでに姿のないその人と一緒に喜びなさい。その人が三界の中で唯一完璧で永遠の愛をあなたに与
える人だ。永遠の愛は姿のない人と一緒に居る。
 姿のない人があなたを呼ぶのを待ちなさい。待っている間,この愛と同じ性質の愛になりなさい、
そうすると同じ愛があなたに魅せられる。まず名前と形態を捨てなさい。そうするとこの愛があなた
と恋に落ちる。形態と形態の間に愛はない。恋すると愛がある。

    動かないで、動かないでいなさい。心を動かさないでいなさい。
    ただそれだけだ。
    静かにしていることが最高のタパスで、最大のヨーガ、
    最も美しい神への愛だ。
    これが在ることだ。 

    OM

第6章 真我探求:私は誰か? 終了
  (´・(ェ)・`)
 (おわり) 



如何是雲門宗  いかなるかこれ雲門宗。
演日紅旗閃爍  演いわくこうきせんじゃく
華旗風暖動春臺 くわき風暖かにして春台に動く
八十餘員師席開 八十餘員師席を開く
一字關兮三句體 一字関 三句体
幾人眼裏着紅埃 いくばくひとか眼りにこうあいつく

いかなるかこれ 雲門宗。
法演がいうには、、鋭い弁舌、峻厳な宗風のであったそうだ。
かつては鮮やかな旗を、春台のにたなびかせ、
八十余人の師家を輩出した。
雲門の一字関、雲門の三句の指導法について、
雲門宗のことについて、今や何人が少しでも覚えているであろうか。
(´・(ェ)・`)b

498:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM[sage]:2021/12/20(月) 23:46:03 ID:1d4drIFg0 [198/199]
誰もがどこかにいくことはないのじゃ。
ただ今ここにあるだけなのじゃ。
個体や個我の観念から自分と違う場所があり、そこここの空間があると妄想するのじゃ。
そこから離れた無為に居れば喜びは永遠にあり続けるのじゃ。

499:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM[sage]:2021/12/20(月) 23:53:28 ID:1d4drIFg0 [199/199]

 それでよいのじゃ。

 雲門宗とはいかなるものであったのかなのじゃ。
 
 法演は赤い旗が閃き輝くようであったというのじゃ。
 華の旗が春台にて暖かな風に動いているようじゃっとい。
 八十余人の師家に席を開いたのじゃ。
 一字の関、三句の体で導いたのじゃ。
 今は何人がその眼の裏に紅埃がつくように知っているじゃろうか。

【天空時】悟りをひらいた人のスレ632【鬼・和尚】 
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/psy/1639472221/

1:神も仏も名無しさん[]:2021/12/14(火) 17:57:01.01 ID:aXFHwXQV [1/2]
罵倒、批判だけのレスはスルー。
 悟ったと思う者は、体験、技術、見解などを書く事。
 否定されても発狂しない。
 修行もする事。(任意)
 >>970が次スレを立てる。無理なら以降の有志にお願い。

※前スレ
https://rio2016.2ch.net/test/read.cgi/psy/1639295737/

2:神も仏も名無しさん[sage]:2021/12/14(火) 17:58:13.09 ID:aXFHwXQV [2/2]
数息観のコピペじゃ。みんな修行に励むのじゃ。

 先ず静かな所に座り、鼻の頭に軽く意識を掛け、普通に息を吸って、ゆっくり長く息を吐いていくのじゃ。
 息を吐く時に、頭の中で一と数える。
 又、普通に息を吸い、ゆっくり長く息を吐いてニと数えるのじゃ。
 このようにして十まで数え、十まで行ったら今度は十から数を減らして行って、一に戻るんじゃよ。
 たまに長時間行うより、一日に五分でもよいから、毎日続けると不動心が身に付くのじゃ。
 夜の寝る前などに行うと、安らかに眠れるようにもなるじゃろう。
 
 初めて数息観などをする者は、とにかくイライラして止めたくなったりするじゃろう。
 そんな時は一度、中断してストレス解消の運動でもするといい。すっきりしたら又続けるのじゃ。
 暫く修行をすると、今度は雑念に悩まされるようになるかも知れん。
 そのような時は無視して呼吸に意識を集中しなおす。暫くすると、雑念は消えていくじゃろう。

 更に修行を重ねれば、雑念と集中する意識を二つとも、意識出来るようになる。行が深まり、潜在意識が見えてくるようになったのじゃ。
 そのような時も、雑念を無視しておれば、やがて雑念は消え去り、深い無念無想の状態に入れる。
 もっと行が深まれば、意識は二つだけでなく、同時に幾つもの雑念があることに気付くじゃろう。
 人間はもともと同時に幾つもの事を考えておる。

 例えば誰でも歩きながらタバコを吸い、同時に尻を掻くという事が普通に出来るように、人間は同時に幾つもの事を考えているが、潜在意識まで見る事の出来ない者には、判らないのじゃ。
 潜在意識まで見る事が出来、全ての雑念が静まり、もはや心に何の考えも浮かばなくなれば、止の行は完成じゃ。

11:鬼和尚 ◆v4C6SeeabHj8 [sage]:2021/12/15(水) 23:21:33.72 ID:TBbY49EZ
>>1 ご苦労さんなのじゃ。
 みんな>>2からよんで実践あるのみなのじゃ。

20:鬼和尚 ◆v4C6SeeabHj8 [sage]:2021/12/17(金) 21:57:08.33 ID:GBRRuT82
  今回は浄土三部経について話すのじゃ。
 浄土三部経とは「無量寿経」「観無量寿経」「阿弥陀経」の三つの大乗経典を指していうのじゃ。
 三つとも阿弥陀如来と、その仏国土である安楽国、いわゆる極楽浄土の話であるから同じ教えとしてまとめるのじゃ。

 この三つの経典が浄土宗や浄土真宗では根本経典として奉じられているのじゃ。
 お釈迦様が西方の阿弥陀如来について説いたというのじゃ。
 しかし、実際には後世に作られた偽典なのじゃ。

 お釈迦様はこの三部経を説いていないのじゃ。
 お釈迦様の縁起の観察はないのじゃ。
 大乗仏典には大抵載っている空の法さえも説かれていないのじゃ。
 ただひたすらに阿弥陀如来と浄土の話だけなのじゃ。

 そうであるから法として使えないということもないのじゃ。
 極楽浄土と阿弥陀如来を観想する法として実用性があると言えるのじゃ。
 それは集中の役に立つのじゃ。

 密教で行われる神仏の観想と同じなのじゃ。
 ただひたすらに阿弥陀如来と浄土をイメージすることで集中し、サマーディに入るための法なのじゃ。
 密教に近い法なのじゃ。

 実際に日本でも覚鑁が密教に組み入れたりしたのじゃ。
 チベット密教でも阿弥陀如来の極楽浄土を観想する法が在るのじゃ。
 密教的な法の教えといえるのじゃ。

 特に「観無量寿経」では実際に観想する手順も説かれているのじゃ。
 最初は夕日を観想して、ありありと見えるようになったら浄土を観想するようにと、詳しく説明されているのじゃ。
 無量寿経、阿弥陀経もそのための解説といえるのじゃ。
 
 この三部経によって日々実践に勤めるならば、サマーディも訪れるじゃろう。
 それがこの三部経の存在理由であり、正しい使い方といえるのじゃ。

171:鬼和尚 ◆v4C6SeeabHj8 [sage]:2021/12/20(月) 21:54:07.57 ID:xb+qmV8S
 次は観無量寿経なのじゃ。
 題名どおり無量寿仏の観想と、極楽浄土や菩薩の観想を教える経なのじゃ。
 観想とは今の言葉で言えば、イメージすることなのじゃ。
 
 阿弥陀如来や菩薩や極楽浄土をイメージすることでサマーディを目指すのじゃ。 

 最初は日輪のイメージを目の前にありありと見えるぐらいに思い浮かべるのじゃ。
 それから浄土の地面、川や池、宝樹をイメージするのじゃ。
 そして菩薩や阿弥陀如来をイメージするのじゃ。

 この順序で行うことでイメージもし易くなるのじゃ。
 それは他の修業の神仏のイメージと同じなのじゃ。
 先に神仏の周辺にある環境からイメージしていくのじゃ。

 そうすることで集中力も増してイメージができるようになるのじゃ。
 それはヨーガとかカバラのメルカバの技と同じ人類共通の知恵なのじゃ。

 このように観想を続けていけば、念仏三昧に入れるというのじゃ。
 それこそがこの経の目的なのじゃ。
 信仰を理由にしてサマーディに入らせる方便なのじゃ。

 サマーディへの道は長く困難なものじゃ。
 途中で飽きてしまうものが大半なのじゃ。
 このように阿弥陀如来への信仰と、極楽に生まれかわれるという褒美を示すことでサマーディへの道を全うさせるのじゃ。
 
 他に臨終の時に阿弥陀如来が迎えに来る情景を載せて在るのじゃ。
 それもまた観想してサマーディに入らせるために書いてあるだけなのじゃ。
 実際には居ない者は臨終にも来ないのじゃ。
 惑わされずにただひたすらサマーディを目指すのじゃ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました