鬼和尚 2021/12/07(火)

鬼和尚に聞いてみるスレ part19
https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1627742187/

520:避難民のマジレスさん[]:2021/12/07(火) 06:42:37 ID:idQKiClY0 [1/2]
>>519
問答12

問:心を静かにする他の方法はないのでしょうか?

答:探究以外に適切な方法はない。
他の方法で心を静めても、心は制御されたように見えるだけで、再び勢いを増して現れるだろう。
呼吸の制御によっても心は静められるが、それは呼吸が制御されている間だけのことであり、呼吸が元に戻れば心もまた活動を始め、潜在する印象に駆りたてられてさ迷いだすだろう。
心も呼吸も、その源は同じである。
想念とは、実は心の本性である。「私」という想念が心の最初の想念であり、それが自我性である。
自我が生まれ出る同じ場所から呼吸も生まれる。
そのため、心が静かになれば呼吸も制御され、呼吸が制御されれば心も静かになる。
けれども深い眠りのなかでは、心は静かでありながら、呼吸は止まっていない。
これは、身体が維持されるように、そして死んでしまったと他の人びとが思わないようにとの神の意志によるものである。
目覚めの状態とサマーディにあっては、心が静まっていれば呼吸は制御されている。
呼吸は心の粗大な姿である。死の時までは、心は身体のなかに呼吸を保っている。
身体が死ぬと、心は呼吸とともに出ていく。
それゆえ、呼吸を制御する修練は心を静める(マノニグラハ)助けにすぎず、心の消滅(マノナーシャ)をもたらすことはない。

呼吸を制御する修練と同じように、神の姿に瞑想することや、マントラの復唱、断食などの修練も、心を静める助けにすぎない。

神の姿に瞑想することや、マントラの復唱を通して、心は一点に集中される。
心はつねにさ迷いつづけるだろう。
鼻を鎖でつながれた象が、他の何もつかまえられないように、心も神の御名や姿に満たされていれば、他の対象をとらえることはないだろう。
心が無数の想念へと拡散しているとき、そのひとつひとつの想念は弱いものとなる。
だが、想念が決意を固めて一点に集中すれば、強いものとなる。
そのような心にとって、真我を探究することは容易になるだろう。
すべての規則制限のなかでも、適度な量の清らか(サートヴィック)な食事を取るという方法が最上のものである。
これを守ることによって、心の清らかさは増し、真我の探究の助けとなるだろう。

521:避難民のマジレスさん[]:2021/12/07(火) 06:49:25 ID:idQKiClY0 [2/2]
Q:Are there no other means for making the mind quiescent?

A:Other than inquiry, there are no adequate means.
If through other means it is sought to control the mind, the mind will appear to be controlled, but will again go forth.
Through the control of breath also, the mind will become quiescent; but it will be quiescent only so long as the breath remains controlled, and when the breath resumes the mind also will again start moving and will wander as impelled by residual impressions.
The source is the same for both mind and breath.
Thought, indeed, is the nature of the mind.
The thought ‘I’ is the first thought of the mind; and that is egoity.
It is fromthat whence egoity originates that breath also originates.
Therefore, when the mind becomes quiescent, the breath is controlled, and when the breath is controlled the mind becomes quiescent.
But in deep sleep, although the mind becomes quiescent, the breath does not stop.
This is because of the will of God, so that the body may be preserved and other people may not be under the impression that it is dead.
In the state of waking and in samadhi, when the mind becomes quiescent the breath is controlled.
Breath is the gross form of mind.
Till the time of death, the mind keeps breath in the body; and when the body dies, the mind takes the breath along with it.
Therefore, the exercise of breath control is only an aid for rendering the mind quiescent (manonigraha); it will not destroy the mind (manonasa).

Like the practice of breath control, meditation on the forms of God, repetition of mantras, restriction on food, etc., are but aids for rendering the mind quiescent.

Through meditation on the forms of God and through repetition of mantras, the mind becomes one-pointed.
The mind will always be wandering.
Just as when a chain is given to an elephant to hold in its trunk it will go along grasping the chain and nothing else, so also when the mind is occupied with a name or form it will grasp that alone.
When the mind expands in the form of countless thoughts, each thought 24becomes weak;
but as thoughts get resolved the mind becomes one-pointed and strong;
for such a mind Self-inquiry will become easy.
Of all the restrictive rules, that relating to the taking of sattvic food in moderate quantities is the best;
by observing this rule, the sattvic quality of mind will increase, and that will be helpful to Self-inquiry.

522:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2021/12/07(火) 23:35:11 ID:1d4drIFg0 [160/160]
集中の瞑想は観察のための助けになる方法に過ぎないのじゃ。
それによって得られる仮の心の静けさによって、観察を容易にするだけなのじゃ。
心の真の静けさは自らの主体を見ることによって訪れるのじゃ。
それによって真の大悟徹底もできるようになるのじゃ。

【相談】悟りを開いた人に聞くスレ【仏教】  33 
https://medaka.5ch.net/test/read.cgi/kankon/1597157592/

558:おさかなくわえた名無しさん[]:2021/12/07(火) 12:13:34.37 ID:D8SKlG+P
鬼和尚はコロナの死体役をしながらタバコ吸ってた
おっさんは後でコッテリ叱られたと思いますか?

560:鬼和尚 ◆v4C6SeeabHj8 [sage]:2021/12/07(火) 23:41:31.83 ID:95SeAZZh
>>558 もっさり叱られたかもしれん。

【相談】悟りを開いた人に聞くスレ【仏教】 54 
https://medaka.5ch.net/test/read.cgi/kankon/1619894557/

726:おさかなくわえた名無しさん[]:2021/12/07(火) 03:57:11.48 ID:icNSibIh
鬼和尚、悪夢を見ました。
悪い事をしたわけではなく、ただ、後悔をしている夢です。
子供の頃、遊びで多くの生き物を殺したためでしょうか?

727:おさかなくわえた名無しさん[sage]:2021/12/07(火) 19:40:06.44 ID:169BaMCG
核戦争や隕石衝突でも何でもいいですが、なにかが起きて人類が滅亡したとします。
その後、かなりの時間が経てばまた地球に人類が現れるんでしょうか?
そしてまた同じ歴史を繰り返すのでしょうか?
実は過去にも人類は何度も滅亡していたとか。

729:鬼和尚 ◆v4C6SeeabHj8 [sage]:2021/12/07(火) 23:38:09.08 ID:95SeAZZh
>>726 そうかもしれん。
 一つ一つの行為は覚えていなくとも、多くの生き物を殺したから反省して二度としないと懺悔告白すると善いのじゃ。
 そうすれば許されるのじゃ。

>>727 似たような生き物は現われるじゃろう。
 同じではないのじゃ。
 もっと賢いかもしれん。
 或いは愚かであるかもしれん。
 いろいろいたのじゃ。
 調べてみると善いのじゃ。

悟りを開いた人に聞いてみるスレ【人生相談】 78 
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/jinsei/1618136809/

923:マジレスさん[sage]:2021/12/07(火) 00:15:44.32 ID:zVjJsZuB
あれ?栄進軍曹、いつの間にか鬼和尚のアンチになったんですか?

924:栄進軍曹 ◆KBl5hH0VXM []:2021/12/07(火) 06:32:15.35 ID:+ZP+kcRt [1/2]
>>922

ありがとうございます!

925:栄進軍曹 ◆KBl5hH0VXM []:2021/12/07(火) 06:33:34.65 ID:+ZP+kcRt [2/2]
>>923

師匠を超える気概が弟子にないと、鬼和尚様も歯応えなかろう

926:マジレスさん[sage]:2021/12/07(火) 14:50:43.52 ID:x2T8vpD1
へえ・・・
なんか世渡り上手そうで羨ましいな

927:マジレスさん[sage]:2021/12/07(火) 15:15:54.94 ID:U5LRlwdq [1/4]
>>922
鬼和尚!
更にこんな事を言われてますよ?!



429 鹿野園 ◆ZTfV4x.y4wpe [] 2021/12/07(火) 03:53:48.21 ID:Oaxl2eRX
なんかあれだね。

鬼和尚って、辻元とか石原とか過去に有名だった落選議員のイメージと被るね。
または、石破とか小沢とかの凋落した過去の人って感じ。

或いは昭和に一発芸で売れたけど、令和の今もいまだその芸を場末の演芸ホールとかヘルスセンターでボソボソとやってる過去の芸人って感じ。

まだ居たの?
まだやってんの?
もう過去の人でしょ?
もういい加減にやめたら?

なんかその過去にしがみ付いてる姿からは、嫌悪感しか感じられないな。

928:マジレスさん[sage]:2021/12/07(火) 15:16:26.28 ID:U5LRlwdq [2/4]
430 鹿野園 ◆ZTfV4x.y4wpe [] 2021/12/07(火) 04:02:22.50 ID:Oaxl2eRX
そう、過去に一発芸で売れた芸人が、「あの人は今」みたいな番組に出たからって、調子をこいてゴールデンタイムのテレビ番組に復帰をしようとゴリ押ししてるみたいな感じ。

で、ディレクターから「いや、もうそんな芸は令和に通用しませんからw」ってあっさりと一蹴されてるのに、全盛期みたいな調子をこいて執拗に復帰をはかり、周囲から白い目と嘲笑を浴びてるイメージ。

929:マジレスさん[sage]:2021/12/07(火) 15:17:32.21 ID:U5LRlwdq [3/4]
431 鹿野園 ◆ZTfV4x.y4wpe [] 2021/12/07(火) 04:04:52.29 ID:Oaxl2eRX
嫌悪とか醜悪しか感じ取れない過去のキャラクターだな。

930:マジレスさん[sage]:2021/12/07(火) 22:38:27.44 ID:U5LRlwdq [4/4]
以下、統失おじさんの妄想が始まります。

 ↓

931:鬼和尚 ◆v4C6SeeabHj8 [sage]:2021/12/07(火) 23:32:16.19 ID:zntvKHlx
>>924 そうじゃ、どんどんやるとよいのじゃ。
 実践あるのみなのじゃ。

>>927 やはりジャンキーも天龍寺派が憎いのじゃな。
 むりやりはげ頭にされて座らされて狂わされた恨みで天龍寺派の評判を落とそうとしているのじゃな。
 これから天龍寺派の一人一人を転向させることじゃろう。

鬼和尚の仏教勉強会 講読ゼミ 6 –  したらば
https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1592867699/

465:避難民のマジレスさん[]:2021/12/07(火) 07:07:55 ID:VDH662kQ0
34.
「真理のみ」 (原題 「THE TRUTH IS」)~SRI H.W.L.POONJA
第6章 真我探求:私は誰か? ☆Part6-b①
獲得することで失う啓示

Q:多くの探求者達がラクナウにやって来て、この状態を経験して西洋に帰ると、その経験が落ちて
しまうのはなぜですか?

 それは決して起こるはずがない。それは決して起こりえない。自分自身を知った人が、どうして自
分自身を忘れることができるのかね。それは不可能だ。それは真実ではない。
 海に流れこんだ河は河としての名前と形態に戻ることはできない。それは終わりだ。そのように、
マインドを源泉に解き放したら、マインドはもはやマインドではない。それは「それ」そのものだ。
マインドになることはできない。それはノーマインドと呼ばれる。これを明確にしなさい。
 多くの人が西洋に帰るとそれを失くすと言うが、私はこれを信じない。その人達は「それ」を手に
入れなかったのだ。だから、彼らは「それ」を失くしたと考えるのだ。
 しかし、あなたの手が空っぽなら損も得もない。何も得なかったのなら何も失うこともない。だか
ら、すべての欲望をマインドから取り除きなさい。一度空になったら、それは再び満たされることは
ない。
 その人達はラクナウで以前には手にしたことがない、何か新しいものを手に入れたと考えている。
だから失うことになるのだ。
 何かを獲得するのでも失うのでもない、あなたはすでに自由で悟っているのだと理解することだと
私は言っているのだ。
 すでに悟っているのなら、モスクワでも、ワシントンでもラクナウでもすでに悟っているのだ。ど
のようにして何かをどこかで失うことができるのか?
これが私が話していることだ。何かを獲得しようとしないこと。むしろ、今までに得たものをすべ
て失くすことだ。読んだり聞いたりしたことをすべて後にすることだ。残されたものがあなたの真我
として、姿を現すだろう。これを知ったとき、それを失くすことはできない。
 どんな獲得も失われる。獲得しなかったものを失くすことはない。ラクナウであなたのポケットが
空っぽなら、ニューヨークでも又空っぽだ。だからいつもポケットを空にしておきなさい。空っぽの
手の中にすべてがやって来るのだ。いつも何かを掴んでいると受け入れる許容性がない。手を空っぽ
にしなさい。そうすると再びすべてがやって来る。
 だから宇宙の皇帝は空っぽのマインドだ。空っぽのマインドと空っぽの手という意味は思考がない
ということだ。思考を持たない人が領国の王だ。試してみなさい!
 マインドを空にしてあなたは誰か感じなさい。これが平和とも、悟りとも、自由とも呼ばれる。し
かし、マインドに何の思考も保たないことだ。

Q:大変祝福された至福の状態を経験しましたが、失くしてしまうのではないかという恐れが忍び込
んできました。

 この美しさをほんの瞬間見ただけでも、最愛の人はあなたを一人にしない。恐れと緊張を運んで来
るのはマインドだ。しかし、心配することはない。「それ」が、あなたを永久に捕まえるだろう。
 あなたは「それ」を失くすかもしれないと考えているが、「それ」を失くすことはできない。ほん
の一瞬でもこの一瞥を持ったなら、それで終わりだ。
 しかし、その一瞥に執着するとそこにあっても「それ」を見ることはできない。

    真我はいつも現存している、
   至福はいつも現存している。
 それを獲得しようと努力する必要はない。
 「それ」を見ることを妨げている障害をただ取り除くだけでよい。
 障害は一つ、過去に対する執着だ。
  (´・(ェ)・`)
 (つづく)

山居 二首 2/2
狂雲眞是大燈孫 狂雲真にこれ大燈の孫
鬼窟黒山何稱尊 きくつこくざん なんぞそんと称せん
憶昔簫歌雲雨夕 おもふ昔しょうかうんうの夕べ
風流年少倒金樽 風流の少年きんそんを倒せしことを

狂雲、本当は大燈国師の孫弟子なのである。
なのに、鬼の棲家のような暗い山奥に住むことの何が尊いものか。
昔は笛を奏で、歌って、ニャンニャンしてたのだ。(最近の表現を知らぬくまである)
風流な若者と、浴びるほど飲んで、酒樽をころがして楽しんだのだ。

*山居した山とは、49歳頃に住んだ、尸陀寺(じだじ)(大阪府高槻市と京都市との境の山間部)の
ことだとすれば、グーグルマップで見ると、大徳寺から30kmくらい、歩いて6時間くらいの山の中であ
る。この時は1年も辛抱できずに、都会へ戻ったのである。しかし、この5年後に再びここに戻り、
人生2回目の断食自殺をはかったが、勅命で中止させられたのである。原因は大徳寺内、僧侶数人の
投獄、自殺者まで出たこと、堕落した僧界に失望したことらしい。
(´・(ェ)・`)b

466:避難民のマジレスさん[]:2021/12/07(火) 09:46:31 ID:E2QJIuaY0
34.
「真理のみ」 (原題 「THE TRUTH IS」)~SRI H.W.L.POONJA
第6章 真我探求:私は誰か? ☆Part6-b①
獲得することで失う啓示

Q:多くの探求者達がラクナウにやって来て、この状態を経験して西洋に帰ると、その経験が落ちて
しまうのはなぜですか?

 それは決して起こるはずがない。それは決して起こりえない。自分自身を知った人が、どうして自
分自身を忘れることができるのかね。それは不可能だ。それは真実ではない。
 海に流れこんだ河は河としての名前と形態に戻ることはできない。それは終わりだ。そのように、
マインドを源泉に解き放したら、マインドはもはやマインドではない。それは「それ」そのものだ。
マインドになることはできない。それはノーマインドと呼ばれる。これを明確にしなさい。
 多くの人が西洋に帰るとそれを失くすと言うが、私はこれを信じない。その人達は「それ」を手に
入れなかったのだ。だから、彼らは「それ」を失くしたと考えるのだ。
 しかし、あなたの手が空っぽなら損も得もない。何も得なかったのなら何も失うこともない。だか
ら、すべての欲望をマインドから取り除きなさい。一度空になったら、それは再び満たされることは
ない。
 その人達はラクナウで以前には手にしたことがない、何か新しいものを手に入れたと考えている。
だから失うことになるのだ。
 何かを獲得するのでも失うのでもない、あなたはすでに自由で悟っているのだと理解することだと
私は言っているのだ。
 すでに悟っているのなら、モスクワでも、ワシントンでもラクナウでもすでに悟っているのだ。ど
のようにして何かをどこかで失うことができるのか?
これが私が話していることだ。何かを獲得しようとしないこと。むしろ、今までに得たものをすべ
て失くすことだ。読んだり聞いたりしたことをすべて後にすることだ。残されたものがあなたの真我
として、姿を現すだろう。これを知ったとき、それを失くすことはできない。
 どんな獲得も失われる。獲得しなかったものを失くすことはない。ラクナウであなたのポケットが
空っぽなら、ニューヨークでも又空っぽだ。だからいつもポケットを空にしておきなさい。空っぽの
手の中にすべてがやって来るのだ。いつも何かを掴んでいると受け入れる許容性がない。手を空っぽ
にしなさい。そうすると再びすべてがやって来る。
 だから宇宙の皇帝は空っぽのマインドだ。空っぽのマインドと空っぽの手という意味は思考がない
ということだ。思考を持たない人が領国の王だ。試してみなさい!
 マインドを空にしてあなたは誰か感じなさい。これが平和とも、悟りとも、自由とも呼ばれる。し
かし、マインドに何の思考も保たないことだ。

Q:大変祝福された至福の状態を経験しましたが、失くしてしまうのではないかという恐れが忍び込
んできました。

 この美しさをほんの瞬間見ただけでも、最愛の人はあなたを一人にしない。恐れと緊張を運んで来
るのはマインドだ。しかし、心配することはない。「それ」が、あなたを永久に捕まえるだろう。
 あなたは「それ」を失くすかもしれないと考えているが、「それ」を失くすことはできない。ほん
の一瞬でもこの一瞥を持ったなら、それで終わりだ。
 しかし、その一瞥に執着するとそこにあっても「それ」を見ることはできない。

    真我はいつも現存している、
   至福はいつも現存している。
 それを獲得しようと努力する必要はない。
 「それ」を見ることを妨げている障害をただ取り除くだけでよい。
 障害は一つ、過去に対する執着だ。
  (´・(ェ)・`)
 (つづく)

山居 二首 2/2
狂雲眞是大燈孫 狂雲真にこれ大燈の孫
鬼窟黒山何稱尊 きくつこくざん なんぞそんと称せん
憶昔簫歌雲雨夕 おもふ昔しょうかうんうの夕べ
風流年少倒金樽 風流の少年きんそんを倒せしことを

狂雲、本当は大燈国師の孫弟子なのである。
なのに、鬼の棲家のような暗い山奥に住むことの何が尊いものか。
昔は笛を奏で、歌って、ニャンニャンしてたのだ。(最近の表現を知らぬくまである)
風流な若者と、浴びるほど飲んで、酒樽をころがして楽しんだのだ。

*山居した山とは、49歳頃に住んだ、尸陀寺(じだじ)(大阪府高槻市と京都市との境の山間部)の
ことだとすれば、グーグルマップで見ると、大徳寺から30kmくらい、歩いて6時間くらいの山の中であ
る。この時は1年も辛抱できずに、都会へ戻ったのである。しかし、この5年後に再びここに戻り、
人生2回目の断食自殺をはかったが、勅命で中止させられたのである。原因は大徳寺内、僧侶数人の
投獄、自殺者まで出たこと、堕落した僧界に失望したことらしい。
(´・(ェ)・`)b

467:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM[sage]:2021/12/07(火) 23:53:46 ID:1d4drIFg0 [178/179]
本当に主体に気付いたならば、その経験がおちると言う事は無いのじゃ。
道に落ちている縄が蛇ではないと気付いた者が、再びそれを蛇であるとは思わないようにのう。
真実に気付いたならば、それが落ちるはずも無いのじゃ。
落ちてしまうならばそれは真実ではなかったのじゃ。

468:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM[sage]:2021/12/07(火) 23:57:48 ID:1d4drIFg0 [179/179]
それでよいのじゃ。

 山居の二なのじゃ。

 狂雲の一休は真に大燈の孫なのじゃ。
 鬼窟や黒山の何が尊いというのじゃろうか。
 昔を思えば夕べには歌い踊って色事をしたものじゃ。
 年少でも風流に樽飲みしていたのじゃ。

【天空時】悟りをひらいた人のスレ630【鬼・和尚】 
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/psy/1629215086/

429:鹿野園 ◆ZTfV4x.y4wpe []:2021/12/07(火) 03:53:48.21 ID:Oaxl2eRX [1/3]
なんかあれだね。

鬼和尚って、辻元とか石原とか過去に有名だった落選議員のイメージと被るね。
または、石破とか小沢とかの凋落した過去の人って感じ。

或いは昭和に一発芸で売れたけど、令和の今もいまだその芸を場末の演芸ホールとかヘルスセンターでボソボソとやってる過去の芸人って感じ。

まだ居たの?
まだやってんの?
もう過去の人でしょ?
もういい加減にやめたら?

なんかその過去にしがみ付いてる姿からは、嫌悪感しか感じられないな。

432:神も仏も名無しさん[sage]:2021/12/07(火) 04:25:19.77 ID:t7omh+lU [1/14]
>>427

>
> >>416 屁理屈に負けるおぬしは屁以下じゃな。
>
お前誰にも勝ててないぞ?
 
>  おぬしは陀羅尼を知らなかったのじゃな。
>  どごても熱心な信者は唱えているのじゃ。
>  知ったかぶりばかりじゃな。
>
陀羅尼と真言の定義の違いをはよ答えろよ

>  オーム・マニ・パドマ・フームという音はインドのものなのじゃ。
>  チベットでは音が違うのじゃ。
>  何も知らずに知ったかぶりをしているだけじゃな。
>
オン マニ ベメ フンを知っててそれが伝わってない真言宗に混ぜ込んだというのならかなり悪質だぞ
 詐欺ばっかやな?

> >>417 お釈迦様は自分で無師独悟であると宣言しているのじゃ。
>  もはや仏教の基本すらも知らないのがばればれなのじゃ。 

ではそれを最古層のスッタニパータ第4、5章かダンマパダから出してみ?
>
> >>418 わっはっはっはっはっはっは。
>  インドのマントラを唱えるのにチベットのダライラマの許可がいるとはのう。
>  もはや宗教ですらもない漫談じゃな。
>  知ったかぶりを瞬殺で見破られるとは、駅前で裸踊りをするより恥ずかしいことであるのに気付かないのじゃな。
>  

インド密教はとっくに滅んで それを丸ごと移植したのがチベット密教なんだよ 馬鹿

日本密教でもチベット密教でも真言は本来許可潅頂と三摩耶戒が必要だし それを決めたのがインド仏教なんだが 何にも知らない上に頭が狂ってるな?

許可は僧侶じゃなくて神仏から得る者だから それを勝手にやらせた罰は覚悟しとけよ

まあお前は唱えようが唱えまいが正法誹謗の罪で報いを受けるからどうでもいいが他人迄巻き込むと更に悪い所に堕ちるとされてるから嘘だと思うなら生涯悪業を積み続けろよ

436:福音伝道[]:2021/12/07(火) 07:59:23.75 ID:jmuPDKps [1/5]
鬼和尚・・・「オーム・マニ・パドマ・フーム」
くぐると
チベット・・・「オム・マニ・ペメ・フム」(Om・Mani・Padme・Hum)
ダライ・ラマ14世・・・「オーム・マニ・パドメー・フーン」oṃ maṇipadme hūṃ

蓮華はパドマだが、パドメ―とすると呼格となる。
鬼和尚を訳すると「蓮華の上におわす宝珠よ」
ダライラマだと「宝の蓮華を持つ者よ」という意味なるがダライラマは
「オームというからだとマニという心がパドメーといういのちがフーンで
一つである」解釈している。ほぼテキトーである

478:鬼和尚 ◆v4C6SeeabHj8 [sage]:2021/12/07(火) 23:26:29.63 ID:uAaC/kLp [3/4]
>>429 おぬしは本当は天龍寺派が憎いのじゃな。
 むりやり坊主にされて座らされて頭を狂わされた恨みが在るのじゃな。
 それで天龍寺派の評判をさげるための言動をしているのじゃな。
 これからは憎い天龍寺派の一人一人を転向させるとよいのじゃ。

>>432 おぬしの名前はしったかぶりのシッタカじゃ。
 シッタカよ、反論できていないおぬしは既に論敗しているのじゃ。
 それに気づくのじゃ。

 シッタカよ、わしは既に説いたのであるからおぬしがそれに反論するとか、異論を説くとかしなければならないのじゃ。
 できなければ既に論敗しているのじゃ。
 
 シッタカよ、しったかぶりがばれて動揺しているのじゃな。
 何の反論にもなっていないのじゃ。
 既に論敗しているのじゃ。
 
 シッタカよ、自ら検索も出来ないならばジャンキー以下なのじゃ。
 既に論敗しているのじゃ。

 シッタカよ、しったかぶりがばれてもはや支離滅裂じゃな。
 本当に神仏の許可がいるならば、真の仏陀であるわしが授ければよいということになるのじゃ。
 更にわしが説いた法華経の概要が理解できていないのじゃ。
 そんなものが要らないのが法華経の意義であるというのにのう。

 シッタカよ、知ったかぶりを改めないと永遠に孤独地獄に陥るのじゃ。
 わしはおぬしが哀れであるから慈悲によってレスをしたが、他の誰にも相手にされない自分を省みるのじゃ。
 おぬしの浅薄な知識に騙される者は誰も居ないのじゃ。
 わしももはや教えたからスルーなのじゃ。

479:鬼和尚 ◆v4C6SeeabHj8 [sage]:2021/12/07(火) 23:39:37.54 ID:uAaC/kLp [4/4]
>>436 適当じゃな。
 集中の道具であるから適当で善いのじゃ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました