鬼和尚 2021/11/28(日)

鬼和尚に聞いてみるスレ part19
https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1627742187/

481:避難民のマジレスさん[sage]:2021/11/27(土) 23:09:44 ID:DDnig7ss0 [13/13]
>>480
思考では到達できないものであることがよくわかりました。
教えていただきありがとうございました。

482:避難民のマジレスさん[]:2021/11/28(日) 00:17:05 ID:uzLkGRNQ0
>>480

問:覚醒の本性とは何でしょうか?

答:覚醒の本性は、存在―意識―至福である。

Q:What is the nature of Awareness?

A:The nature of Awareness is existence-consciousness-bliss.

483:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2021/11/28(日) 23:31:32 ID:1d4drIFg0 [147/147]
>>481 どういたしまして、またおいでなさい。

>>482 覚醒によって本来の意識に到達すれば、それだけが存在しているものとわかるのじゃ。
 そしてそれが一切の苦がない永遠の至福であることも感じるのじゃ。
 それはもはや言葉で説明することができない境地なのじゃ。
 どのような言葉で綴ろうとも、嘘になってしまうのじゃ。
 実践して悟りを得て初めてわかることなのじゃ。

【相談】悟りを開いた人に聞くスレ【仏教】  33 
https://medaka.5ch.net/test/read.cgi/kankon/1597157592/

534:おさかなくわえた名無しさん[sage]:2021/11/28(日) 17:44:38.27 ID:gOY+XD79
鬼和尚、猫の相談をした者です。

おそらくですが消化器の悪性リンパ腫で進行は遅いタイプとの検査結果です。
ただ約1、2年くらい前から発症してて、じわじわ進んで今に至るという感じらしいです。
結局は家族の意向もあり、点滴と抗がん剤治療が始まりました。
体重は2kgあるかないかで骨と皮だけになってます。
1日の大半は動かず、しんどそうに寝ています。
もはや食事も水も自力では取らないです。
獣医から食べないと栄養失調で死ぬと言われたので、ウェットフードを口に流し込んでます。
好き嫌いの激しい猫で、寒天は食べてもらえませんでした。
ほとんど食べていないので排泄物はそれほど溜まっていないと思うのですが、素人感覚ではわかりません。
1日おきくらいに嘔吐します。

正直かなり厳しい状況かと思います。
もうしてやれることはないでしょうか?
あと室温は温かめのほうがいいですか。

535:鬼和尚 ◆v4C6SeeabHj8 [sage]:2021/11/28(日) 23:14:12.05 ID:CNxmt9sj
>>534 消化器の病ならばなおさら断食をするべきであるがのう。
 無理に食べさせれば毎回傷口に塩をすりこんでいるようなものじゃ。
 治るための休息がないのじゃ。
 特に動物性たんぱく質が豊富な食事を与えれば癌に餌をやっているようなものじゃ。
 嘔吐すればさらに体力もなくなるのじゃ。

 生水と薄い炭水化物の食事にするのじゃ。
 ほとんど湯水のようなおかゆじゃな。
 浣腸とかもするのじゃ。
 リンパ節をマッサージするのじゃ。
 首の両側、両脇の下、両腿の内側なのじゃ。

 暖かいほうが善いのじゃ。
 実践あるのみなのじゃ。

悟りを開いた人に聞いてみるスレ【人生相談】 78 
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/jinsei/1618136809/

902:マジレスさん[sage]:2021/11/28(日) 00:07:02.19 ID:F2+XAviI
自分自身に他人を害する気がないのに害する人間が周りに多いことや、そういった巡り合わせが重なったりでとても苦しいです
周りに一人でもいい人がいれば希望が持てるのですが
人間不信になったり潜在的に人が怖い・嫌いになって拒絶してしまいます。
避けては通れない時どういう気持ちでいたらいいのでしょうか?

906:鬼和尚 ◆v4C6SeeabHj8 [sage]:2021/11/28(日) 23:03:47.59 ID:UGdorLV1
>>902 本当に他人を害する気持ちが無いならば、同じ性質の者が集まるはずであるがのう。
 実際には言葉で人を害するのはよいとか、怨みを忘れないものであるからかもしれん。
 報怨以徳の心構えでいるとよいのじゃ。

 怨みをもっているものにも慈悲の心で返すのじゃ。
 そうすれば性質もよくなり、よいものもよってくるのじゃ。
 実践あるのみなのじゃ。

鬼和尚の仏教講読会 別館2
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1600684575/

971:避難民のマジレスさん[]:2021/11/28(日) 09:44:03 ID:F0UeHLDI0
くま質問
「真理もまた主体である」とは、真我=真理という意味でありますか?

25.
「真理のみ」 (原題 「THE TRUTH IS」)~SRI H.W.L.POONJA
第6章 真我探求:私は誰か? ☆Part5-a②
神の対象化の中止

  心の習癖は対象化すること、二元性を投影することだ。
  自問で心の動きを支配しなさい。
  私は「ここ」にいると悟りなさい、
  これが心の動きを止める。
  
  心が静かになればすべてが真我だ。
  心が動くと世界が現われる。
  だから静かにしてすべてを投げ捨てて自由になりなさい。
  そのとき心は潔癖で、あらゆる存在に真我を見るだろう。
  肉体の目で見ることをやめると聖なる目が開く。
  
  心を静めるためには「私」の源泉を尋ねなさい。
  来ることもないし、去ることもない「それ」を見つけだして 
  「それ」として在りなさい。
  心が動くのは何かに執着しているときだけだ。
  だから心にとって親密なものを避けなさい。
  執着を引き離して、静寂を保つことで
  気づきー在ることー幸福に戻ると決心しなさい。
  心が存在に触れると存在になる。
  自由の観念が束縛の観念を取り除く。
  その時、古い習癖の観念に呼び戻されないように全力を尽くしなさい。
  そして「自由」そのものに溶け込みなさい。
  
  考えることが世界を創り出す。
  思考と思考のギャップが「今」、これが「自由」だ。
  考えないということは心を活動させないということだ。
  考えないこと、思考からの自由が「自由」だ。
  思考がやってくるなら、こさせなさい。
  思考が行くなら行かせなさい。
  自由という観念がないことが「自由」だ。
  自由への意図がないのが「自由」だ。
  本当の真我探求は考えることで心を活動させることではない。
  考えたいのなら真我のことだけ考えなさい。
  これが最良の修練だ。
  これは海として留まって波を起こさせるようなものだ。
  目覚めの状態の最初と最後の思考は「私は誰か」であらねばならない。
  単に静かにしていて何が起こるか見てごらん。
  この見ていることが在ることだ。
  (´・(ェ)・`)
 (つづく)

習心
一晝夜八億四千 一昼夜八億四千
念々不断自現前 念々自ずから現前す
閻王不許詩風味 閻王は許さず詩の風味
夜々吟魂雪月天 夜々の吟魂せつげつの天

くま訳
煩悩の残りもの
一昼夜に八億四千の念(思い)があるそうだ
いろんな念、思いが自然と湧き出る
閻魔様は詩の味わいなど許さない。
されど、夜毎、雪月の天より、詩情があふれ出してしまうのだ

*習気:煩悩の体が断ぜられてもなお習慣となって残る煩悩のはたらきのこと。習ともいう

くま質問
心の内側を、ありのまま言葉にするのが、一休さんの修行だったのでありましょうか? 
(´・(ェ)・`)b

972:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2021/11/28(日) 23:51:41 ID:1d4drIFg0 [488/490]
↑ そうじゃ、真理と真我を同じと説いているのじゃ。
 全ては主体を求めさせるためにあるのじゃ。
 真理を求める者には主体としての真理を教えるのじゃ。
 真我を求める者には主体としての真我を教えるのじゃ。


 

 一休にとってはもはや詩は修行でもないのじゃ。
 既に悟り終えて修業は終えているからのう。
 ただありのままに浮かんでくるだけのものだったじゃろう。

973:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2021/11/28(日) 23:54:24 ID:1d4drIFg0 [489/490]

 思考が世界を作り出すとパパジはいうのじゃ。
 心が静かであれば世界も無いのじゃ。
 心を静めるために私の源泉を尋ねるのじゃ。
 そうすれば全てを主客にわける心の二元性の働きが止まるのじゃ。

974:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2021/11/28(日) 23:57:36 ID:1d4drIFg0 [490/490]
それでよいのじゃ。

 習い心なのじゃ。

 一昼夜で八億四千の思考があると言うのじゃ。
 その雑念の数々は絶えず自ら前に現われるのじゃ。
 閻魔王は詩の風味など許さないじゃろう。
 それでも夜毎に雪月の天を吟詠する詩魂が在るのじゃ。

【天空時】悟りをひらいた人のスレ630【鬼・和尚】 
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/psy/1629215086/

346:神も仏も名無しさん[sage]:2021/11/28(日) 00:15:39.42 ID:5+64fL4J
一地の所生、一雨の所潤なりと雖も、而も諸の草木、各差別有るが如し。

347:神も仏も名無しさん[]:2021/11/28(日) 00:31:38.81 ID:0k+MOr+z
何を言っても

法華経は偽経です。

ナンミョーホーレン ギキョー
ナンミョーホーレン ギキョー
ナンミョーホーレン ギキョー

348:神も仏も名無しさん[]:2021/11/28(日) 02:05:08.75 ID:CZYIJbX7 [1/5]
>>345
巫俗というのは 他の宗教に成り済まして背乗りしてしまうから 厄介な宗教です。

349:神も仏も名無しさん[]:2021/11/28(日) 02:06:28.05 ID:CZYIJbX7 [2/5]
本人たちも 自分は そうだと思い込んでいますから 訂正不能です。>>345

350:神も仏も名無しさん[]:2021/11/28(日) 02:09:21.94 ID:CZYIJbX7 [3/5]
>>345

要するに この人は 脳機能障害の次元の話です。

351:さぁばんと Servant ◆8c/Sw4f94s []:2021/11/28(日) 02:16:37.56 ID:CZYIJbX7 [4/5]
思い込めば そうなるという スピリチャルあったなぁ。

w>>345

352:神も仏も名無しさん[]:2021/11/28(日) 02:42:55.51 ID:CZYIJbX7 [5/5]
         ______
     / ̄ ̄        ̄ ̄\
   ./                \
   /                :::;:;:`ヽ
  .i´::;;         ::::::::   ::::::::;:;:;: `i
  | ;:;:;:        :::::::;:;  :::::::::.;:;:;:;:; |
  |  ;;;、      ::::::::::::::;:;  ;:;:;:;:;:;:/;:;: .|
  .|  ;:;/  ____  :::::::::::____ ヾ;;  |
  .| ;:;i i’´;:;:;:;:;:;:;:;`’i ;:;i’;:;:;:;:;:;:;:;:;ヾ i;  |    
  | ;:i |;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;i ’’i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;| i:; |
  | ;i |;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ノ ;:;ヾ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;| .i; |
  _!ノ ヾ、;;;;;;;;;;;ノ´.i´;;`i;`ヾ、;;;;;;;;;;ノ、ノ、_!
  i  .`’ -‐–、_; |:::::::::|ヾ、,-‐–、’;;  i
   ヽ、___ ;:;:;. !;;:;、;:! ;:;  ____ノ
       i;:iヽ;;  .`´;`’ ;:;:;  /;:/
       |;;i;:;i_;、_;、_;、;_,、_;_;_;!/

353:栄進軍曹 ◆KBl5hH0VXM []:2021/11/28(日) 09:16:33.10 ID:Y9M8Ks8R
>>344

     _
    /ノ 0ヽ 
 __L __|__
    U ´・ェ・`)
 _, ‐’´  \  / `ー、_
/ ‘ ̄`Y´ ̄`Y´ ̄`レ⌒ヽ
{ 、  ノ、    |  _,,ム,_ ノl
‘い ヾ`ー~’´ ̄__っ八 ノ
\ヽ、   ー / ー  〉
  \`ヽ-‐’´ ̄`冖ー-/
  ノ  ヾ  ,,  ””;l 
 (::___. ヽ::__. ヽ 
 .と::__丿::_ __丿

354:鬼和尚 ◆v4C6SeeabHj8 [sage]:2021/11/28(日) 23:42:51.60 ID:czxftx85
 三章までの本旨が終わったら、もはや付けたしなのじゃ。
 四章では須菩提長老たちが、旅に出ていた金持ちの子供が帰宅した比喩を語るのじゃ。
 阿羅漢の自分たちも如来になれるとはありがたやと感涙するのじゃ。
 
 五章ではお釈迦様が薬草の比喩を語って、一つの教えも受ける側の性質で異なるとかいうのじゃ。
 それで一乗も三乗で説いたというのじゃ。

 そして六章では阿羅漢の長老たちがいずれは如来になれると授記をするのじゃ。
 七章でお釈迦様は大昔は大通智如来の弟子であったと説いて、化城の比喩を告げるのじゃ。
 旅をする商人たちが疲れたら、仮説の城を作って休ませるというのじゃ。
 疲れが取れたらまた目的地にまで旅をするのじゃ。
 そのように阿羅漢も旅の途中の仮設された城のようなものというのじゃ。
 更に如来の境地を目指すべきだというのじゃ。

 八章から十章まで五百羅漢や、まだ修行中の者達までいずれは如来になれると授記をするのじゃ。
 もはや授記の大安売りなのじゃ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました