鬼和尚 2021/10/26(火)

悟りを開いた人に聞いてみるスレ【人生相談】 80 
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/jinsei/1613875666/

614:マジレスさん[sage]:2021/10/26(火) 07:08:23.95 ID:dltEs79i
>>609の者です。皆様レスありがとうございます。身バレするのが怖いですが、医師●家試験です。初期研修を受けなければ臨床の仕事はできませんが、卒業校からも卒業生名簿から削除されて研修先もありません。献血のバイトか産業医資格を取って事務仕事かになります。

618:鬼和尚 ◆v4C6SeeabHj8 [sage]:2021/10/26(火) 21:22:03.62 ID:qO9HY8E4
>>614 どういたしまして、またおいでなさい。

鬼和尚の仏教講読会 別館2
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1600684575/

872:避難民のマジレスさん[]:2021/10/26(火) 08:09:17 ID:S8A5yMpc0
569
俗人淫坊門前詠詩歸 俗人淫坊門前に詩を詠じて歸る
樓子無心彼有心 樓子無心彼れ有心
淫詩詩客色何淫 詩に淫す詩客色何ぞ淫す
宿雨西晴小歌暮 宿雨西に晴る小歌の暮
多情可愛倚門吟 多情愛すべし門によって吟ず

くま訳
俗人坊は遊里の門前で詩を詠ん帰るのである。 
遊女には何の思いも無く、彼にはあるのだ。
詩に熱中する客は、色欲に耽る事はない。
昨夜からの雨が西から晴れてきて、小唄が聞えるる夕暮れである。
情が深いのは愛すべきことである。門に寄りかかって吟じる声が聞える。

*婬(淫)する:1(「…に淫する」の形で)度が過ぎる。度を過ごして熱中する。ふける。2 みだらなことをする。
*宿雨:1 連日降りつづく雨。ながあめ。霖雨(りんう)。2 前夜からの雨。
*倚門之望(いもんの-ぼう):子の帰りを待ちわびる親の情のたとえ。子を思う親の愛情が切実なたとえ。特 
 に母親の愛情についていう。門に寄りかかって望み待つ意から
(´・(ェ)・`)つ

873:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2021/10/26(火) 21:28:34 ID:1d4drIFg0 [428/428]

 それでよいのじゃ。

 俗人の淫坊は門前に詩を吟詠して帰るのじゃ。

 樓子は無心であり、彼は有心なのじゃ。
 詩に淫する詩客が何ゆえ色に淫することがあろうか。
 宿雨は西にさり、晴れた暮れに小唄が聞こえるのじゃ。
 多情は愛すべしと、門に依って吟詠するのじゃ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました