鬼和尚 2021/09/18(土)

鬼和尚に聞いてみるスレ part19
https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1627742187/

171:避難民のマジレスさん[sage]:2021/09/18(土) 13:13:45 ID:YgzH.gNo0 [1/3]
悟ったら全ての執着は落ちるのでしょうか?
それとも、全ての執着を手放す事が悟りなのですか?
とちらが先に起こるべきですか?
全ての執着を今すぐ手放せる人は今すぐ悟れる人なのでしょうか?

172:避難民のマジレスさん[sage]:2021/09/18(土) 15:01:41 ID:YgzH.gNo0 [2/3]
死に恐れはあります。単純に怖いという感情です。
恐れから反射的に逃避が起こるのはわかりますが、
それを堪えるとか出来る気がしないと言いますか…。

あと、生きる事というか存在する事への執着も強く、
死にたくない(無くなりたくない)と思います。

これらの反応は身体的なもののような気もします。
過去に溺れた時にも思考以前に必死にもがいていました。
予期不安で死や発狂の恐怖を感じる事もあります。

マハルシは悟りの知識も何も無かったのに、
何故死を受け入れる事が出来たのでしょうか?
それが不思議でなりません。
悟りを得る為だと自分を鼓舞して勇気を出したとかではなく、単に死を受け入れたということが何故出来たのか…
前世での修行が完成していて直感的に死はない事を理解していたのでしょうか。

173:避難民のマジレスさん[sage]:2021/09/18(土) 15:06:05 ID:YgzH.gNo0 [3/3]
死そのものと、痛みへの恐れもあります。
これは切り分けて観察すべきでしょうか?

175:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2021/09/18(土) 21:55:51 ID:1d4drIFg0 [54/55]
>>171 悟れば全ての執着はなくなるじゃろう。
 逆はないのじゃ。
 起こるべきということはないのじゃ。
 そのように起こるだけなのじゃ。

 それだけでは悟りは訪れないのじゃ。
 自分を観ることができなければ悟りは訪れないのじゃ。

>>172 わかるならばそれを何度も観察すればよいのじゃ。
 すでにわかっていることを観ればよいのであるから容易なのじゃ。

 ただ単に知りたかったのじゃ。
 死とは何かとか、死んだら人はどうなるのかとか知識欲が勝ったのじゃ。
 実際に今何故生きているのか、その不可思議を知るために死んでもよいと思えるならば観察も容易なのじゃ。
 何も知らないまま生きて死ぬよりはましと思うのじゃ。
 おぬしも実践あるのみなのじゃ。

>>173 わけなくてよいのじゃ。
 ただありのままに観察していくが善いのじゃ。
 むしろ全体が観られるならばそれが気づきになるのじゃ。
 実践で確かめるのじゃ。

174:崇蓮[sage]:2021/09/18(土) 15:32:15 ID:reb9M4OM0
>>170
そうなのですね。
あまりにも酷いので不安でしたが、鬼和尚さまにそう言って頂けると安心します。

病院に行き、薬でなんとかしようした事も逃避なのかもしれないとも思っていました。

実践して確かめてみます。

176:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2021/09/18(土) 21:56:22 ID:1d4drIFg0 [55/55]
>>174 そうじゃ、実践あるのみなのじゃ。
 またおいでなさい。

鬼和尚の仏教講読会 別館2
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1600684575/

784:避難民のマジレスさん[]:2021/09/17(金) 23:57:26 ID:.9jQ8Mx60
*落草:動詞 ((宋元明清時代の話し言葉の上に形成された書き言葉)) 盗賊の仲間に入る,山賊になる.

くま質問
「南陽が擁し来たのは猶落葉なのじゃ。」とは、南陽慧忠を擁し(円相を説いても)ても、山賊になっ
たようなものであるという解釈で良いでありましょうか?

532
題靈山塔贈正傳庵僧 りょうぜんの塔に題し、正傳庵の僧に贈る
看來眞箇正傳庵 看來たれば眞箇正傳庵
不説宗乗唯世談 宗乗を説かずただせい談
凛凛威風逼人冷 凛凛たる威風ひとにせまってすさまじ
當機覿面有誰参 當機てき面誰有ってか参ぜん

くま訳
霊山塔と題して、正伝庵の僧に贈る
見に来てみれば、真に正伝の寺院である。
自宗の教義は説かず、一般的な共有できる話をする。
凛とした威風がすさまじく圧倒してくる。
臨機応変な対応できる、参って見ようかという勇者はいないか

*霊山:=徹翁義亨(てっとう ぎこう)1295―1369。臨済(りんざい)宗。京都建仁寺で出家,宗峰妙超の法   
 をつぐ。大徳寺1世となり,法度(はっと)を制定する。のち徳禅寺をひらき隠居
*大徳寺 – 徹翁義亨の塔所正伝庵もある。(乱により焼失した徳禪寺を一休が大徳寺内に再建)
*宗乗:自宗の教義。もと禅宗で、禅門の宗義や禅の極致をいった語。他の教えを余乗といって区別した。
(´・(ェ)・`)つ

785:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2021/09/18(土) 23:00:01 ID:1d4drIFg0 [382/383]
↑ 落草じゃった。
 そのようなことじゃな。
 その法もまだ足りないところがあったということじゃな。

786:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2021/09/18(土) 23:05:32 ID:1d4drIFg0 [383/383]
そんな感じじゃな。

 靈山塔の題を正傳庵の僧に贈るのじゃ。

 看来たれば真個の正伝庵なのじゃ。
 宗乗を説かずただ世間話をするのじゃ。
 凛々たる威風は激しく人に迫ってくるのじゃ。
 機に当たって正面から参禅できるものがいるじゃろうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました