鬼和尚 2021/08/07(土)

鬼和尚に聞いてみるスレ part19
https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1627742187/

30:避難民のマジレスさん[sage]:2021/08/07(土) 13:33:56 ID:xPySv5Js0
覚醒効果のある瞑想方法を教えて頂きたいです。

普段から無気力な時が多く、動くのが億劫です。
ついコーヒーに頼ってしまいます。

色々サプリも試していますがイマイチ改善しません。たまに何が原因かわからないけど精神が忙しなく元気で活動的な日が月に2回くらいあります。いつもそれくらいで居たいのですが…。

瞑想で心を落ち着かせる事は出来るのですが
無気力には効果が無いように感じます。

5分くらい行ったらエネルギーが溢れてシャキッとするような行法を教えていただけないでしょうか。

31:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2021/08/07(土) 23:31:54 ID:1d4drIFg0 [10/10]
>>30 それは呼吸法を実践すると善いのじゃ。
 ヨーガのヴァストリカー呼吸法をするのじゃ。
 腹式呼吸を激しく行うだけでも善いのじゃ。
 丹田に集中するのもよいのじゃ。
 少し時間がかかるが熱がわいてくるのじゃ。
 いろいろ試してみると善いのじゃ。

【相談】悟りを開いた人に聞くスレ【仏教】  33 
https://medaka.5ch.net/test/read.cgi/kankon/1597157592/

314:おさかなくわえた名無しさん[sage]:2021/08/07(土) 18:10:36.55 ID:8rkLFTpE
ときどき古い旧友や昔の同級生はいま何をしてるのかな?と考える時があるんですが、
そういうのは別に考えなくてもいいことでしょうか?
結局は別々の道を歩むのなら。
いちいち懐かんだり近況を調べる必要はないですか。

316:鬼和尚 ◆v4C6SeeabHj8 [sage]:2021/08/07(土) 22:52:45.28 ID:GB463Eea
>>314 そうじゃ、考えなくて善いのじゃ。
 調べる必要も無いのじゃ。
 なぜならばみんな死んで終わりであるからなのじゃ。
 死を超える道を進むだけで善いのじゃ。

【相談】悟りを開いた人に聞くスレ【仏教】 54 
https://medaka.5ch.net/test/read.cgi/kankon/1619894557/

433:おさかなくわえた名無しさん[]:2021/08/07(土) 18:39:07.18 ID:zg21i090
鬼和尚、うちの菩提寺の住職は説法を一切しません。
先代もそうでした。
ただ、お経を唱えるだけです。
本当に葬式仏教です。
こんな住職にお布施をするのがバカらしくなります。
今度から何かあったら、お布施を少なくしようと思います。

これでもいいですか?

436:おさかなくわえた名無しさん[sage]:2021/08/07(土) 21:36:42.75 ID:8rkLFTpE
モテない男性が憎悪を女性に向けて暴力や殺傷事件を起こす事例が起こっています。
インセルとかミソジニーと呼ばれています。
一体なにが彼らを憎悪と暴力に駆り立てているんでしょうか。

437:鬼和尚 ◆v4C6SeeabHj8 [sage]:2021/08/07(土) 22:56:01.21 ID:GB463Eea
>>433 よいのじゃ。
 檀家をやめてもよいのじゃ。
 そもそも先祖供養などしていないのであるからのう。
 死人に経を読むのも間違いなのじゃ。
 すべて迷信なのじゃ。

>>436 それも本人の心の中の原因によるものじゃ。
 昔もてなかったとか、女子にふられたとかの原因なのじゃ。
 自分の努力や実践しないことを他人のせいにしたがるのじゃ。
 愚かなことじゃ。

鬼和尚の仏教講読会 別館2
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1600684575/

680:避難民のマジレスさん[]:2021/08/06(金) 23:59:35 ID:8qJr3Mus0 [1/3]
「お」から始まる法語である.去年の6月末ころ載せるべきであったが、失念したのである。
577
示會裡徒法語          ゑ裡の徒に示す法語
凡参禪學道           およそ参禪学道は   
須勦絶悪知悪覚         須らく悪知悪覚をさう絶して  
而至正知正見也 而して正知正見に至るべきなり
悪知悪覚者 悪知悪覚なるもの
古則話頭経論要文 古則話頭経論要もん
学徳参得坐禅観法労而無功者 学徳参得坐禅観法労して而して功無き者なり
如是輩當代四百四病一時發 かくのごときともがら当代し百し病を一時に発す
爲人所辱是情識之血氣也   人の為に辱めらるる是れ情識の血氣なり
對閻老面前有甚伎倆乎    閻老面前に対して、なんの伎倆かあらんや
獅子尊者斷頭白乳顯露分明也    獅子尊者かうべを断ってびゃく乳けい露分明なり
正知正見者日用坐斷涅槃堂底工夫  正知正見なる者の日用涅槃堂に坐断する底の工夫
全身堕在火坑 全身火坑に堕在す
子細看之苦中有樂 子細に之を看れば苦中に樂有り、
若能見得不昧撥無因果之境 若し能く見得せば、発無因果の境にくらまず。
若見不得永不成成佛漢 若し見不得なれば、永く成佛の漢ならず
可懼可懼 おそるべしおそるべし

くま訳
我が弟子達に示す法語
およそ、仏道修行をする者は
悪智恵や悪い記憶を根絶して 
正しい智恵と正しい物事の見方を身につけねばならない。
悪智恵や悪い記憶を持つものは、
古則・公案や 経論の中の重要な文句に取組んで、学問と徳行を実践したり、
参禅して真理を体得する為、坐禅を組んで、心中に悟道を黙想しても、
苦労ばかりで効果がないのである。
このような者は、今この時に、あらゆる病気に一時に罹ったような者である
他者から辱めを受けていると感じるのは、迷いの心がそう思わせるのである   
閻魔様の面前に出たときに、どんな技量が役立つというのだ
西天(インド)二十四祖の師子尊者は既に生死を離れていたので王により首を切り落とされるに際しても命を惜
しまなかったが、王は勢いよく噴出した白乳により右ひじを切り落とされたという故事が明らかに示してい
る。

正しい智恵と正しい物事の見方を身につけたものは、常日ごろから、死を目前にした者のような覚悟で悟り
を得るために工夫を凝らすのである。
全身が地獄の火の穴にいるような煩悩の苦しみに苛まれたままに留まるのである。 
詳細にこれを観察すれば、その苦しみの中に楽があることを発見できるのである。
もし発見することができれば、因果は無いとする考えに陥って、惑わされる事もないのだ。
もし発見することができなければ、永く成仏できなくなるのである。
恐ろしいことである。怖ろしいことである。

*勦絶(そうぜつ):滅ぼしつくすこと。皆殺しにすること。勦滅(そうめつ)。
*話頭:古則・公案の一節。または、その一則のこと。
*要文:経論などの中の重要な文句。また、文章の大切なところ。
*学徳:学問と徳行 *参得:参禅して真理を体得すること。
*坐禅観法:坐禅を組んで、心中に悟道を黙想すること
*労而無功者:苦労ばかりで効果がない。
*四百四病:人間がかかる一切の病気の総称。人間の体を構成する地・水・火・風の四つの元素の不調によ
り、一々の元素に百一の病がおこり、合わせて四百四と数えるものが代表的。
*情識:心。迷いの心。
*血気:1 血液と気力。生命を維持発展させる力。活力。2 向こう見ずで盛んな意気。客気。血の気(け)。
*火坑:火の燃えている穴。特に地獄にある火の穴。また、煩悩の恐ろしさを火にたとえてもいう。かこう。
(´・(ェ)・`)つ

681:避難民のマジレスさん[]:2021/08/07(土) 00:02:13 ID:8qJr3Mus0 [2/3]
*おまけ
二十四祖師子比丘尊者(續藏經 祖庭指南  清 徐昌治編述 中国語HPより)
中印度人。姓婆羅門。得法遊方。至?妁賓國。・・・時本國有外道二人。一名摩目多。二名都落遮。學諸幻法。
欲共謀亂。詭為釋子。潛入王宮。其王彌羅崛遂滅毀釋教。秉劍至尊者所。問曰。師得蘊空否。祖曰。已得蘊
空。王曰。離生死否。祖曰。已離生死。王曰既離生死。可施我頭。祖曰。身非我有。何怯於頭。王即揮刃斷
尊者首。白乳涌高數尺。王之右臂。旋亦墮地。七日而終。・・・

師子尊者の話(瑞雲院法話のページ HP出典「景徳伝灯録巻第二。第二十四祖師子比丘」)
西天二十四祖の師子尊者は、中インドの婆羅門の家に生まれ、二十三祖の鶴勒那(かくろくな)尊の法を嗣
いだ。その後、諸方を遊行してカシミール国に至り、その地で多くの人々を教え導いたので遠近に名が知れ
渡った。
・・・そのときその国に様々な幻法を学んだ二人の外道がいた。その二人は乱を起こすことを計画し、失敗
したら仏子に罪を着せようと偽りの仏衣をまとい、ひそかに王宮に潜入し悪事をおこなった。しかし災いは
自らに還りことは失敗した。ところが偽りの仏衣に欺かれた王は怒って言った。「我れ心を仏法僧の三宝に
帰依するに、何ゆえこのような害を及ぼすのか」王は命じてすぐに寺を破壊し、僧を追放し、そして自ら剣
を取り尊者のところに来て言った。「師、存在の空なることを得たるや否や」「空なることを得たり」「生
死を離れたるや否や」「すでに生死を離れたり」「すでに生死を離るれば、我れに頭を施すべし」「身は我
が有に非ず。何ぞ頭を惜しまん」王はたちまち剣を振るって尊者の首を断った。すると白乳の湧くこと高さ
数尺におよび、同時に王の右肘も地に落ち、七日後に王は亡くなった。
(´・(ェ)・`)b

682:避難民のマジレスさん[]:2021/08/07(土) 00:11:11 ID:8qJr3Mus0 [3/3]
>>676
くま訳改
第三句;僧が機に当たって手をこまねくような場面でも、
第四句:洞山は三頓の棒を食らい、徳山も捧をふるったのだ。
(´・(ェ)・`)b

683:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2021/08/07(土) 23:47:19 ID:1d4drIFg0 [334/334]
それでよいのじゃ。

 会の衆に示す法語なのじゃ。

 凡そ参禅学道の者は
 すべからく悪知、悪覚を断つべきなのじゃ。
 そして正知、正見に至るべきなのじゃ。
 悪知、悪覚なる者は
 古則や公案や経論や要文を学び
 座禅や観法に労しても功が無い者なのじゃ。
 このような輩が今四百四の病を一時に発し、
 人のために辱められるはこれ情識の血気のせいなのじゃ。
 死んで閻魔王の面前で何の技が通用するというのか。
 獅子尊者は頭を断たれても首から白乳現れ奇跡によって成果が分明なのじゃ。
 正知正見者は日用の涅槃堂に坐断する心底の工夫は、
 例えば全身が火の坑に堕ちて在ろうとも、
 仔細に観察すれば苦の中にも楽があると気づくというようなものじゃ。
 もしそのような工夫を能く見得すれば因果が無いというような魔境にくらまされないのじゃ。
 もし見えないならば、永く成仏のものにはなれないのじゃ。
 おそるべしおそるべしなのじゃ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました