鬼和尚 2021/08/06(金)

鬼和尚に聞いてみるスレ part19
https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1627742187/

24:避難民のマジレスさん[]:2021/08/06(金) 05:15:35 ID:UTfLYc2k0 [2/3]
>>20 真摯に実践すれば悟りにも役立つのじゃ。
 自分にあてはめて、己の性はどのようであるかとか、自分の本体は何であるかとか、
 観察すれば修業にもなるのじゃ。
 実践で確かめるのじゃ。


ありがとうございます。
法華経についてなのですが、最近、サンスクリット語原本からの新訳が出て、これを読むと何と、原本には十如是など何処にも書いておらず、「諸法は何であり、どのようであり、どのようなものであり、どのような特徴をもち、どのような固有な性質を持つのか」など五つの問いかけのような形でのみの記述になっているそうです。鳩摩羅什が翻訳した『妙法蓮華経』の中の十如是は、世界思想史的に見ても画期的な業績だと思うのですが、これは天才翻訳家、鳩摩羅什の「意訳」だったということなのですサンスクリット版の釈迦は問いかけているだけなのに、鳩摩羅什は言わばその解答を書いている。
だとすると鳩摩羅什とは一体何者なのかと、鳩摩羅什の翻訳の正確性は未だに高く評価されているが、何故この部分だけ、やたらと切り込んだ意訳をしたのか、
鳩摩羅什個人の解釈と言うより、翻訳した当時の法華経学の水準がすごかったのかもしれませんが、鳩摩羅訳の十如是は、それ自体が新しい思想宗派をになっています。
鳩摩羅什の悟りを得ていたのでしょうか?また、法華経のサンスクリット原本を書いた人は悟っていたのでしょうか?

25:避難民のマジレスさん[sage]:2021/08/06(金) 12:03:09 ID:ujkpmFlY0 [1/2]
プンジャジの本を読んでいて、
プンジャジの教えで悟りを得た?女性が
動かず食事もとらず没入してしまい、
プンジャジが彼女を家に帰すのに苦労をした話がありました。

また、まだ悟りを得ていない?けれど
自分の中に観察者と行為者がいて自我を介さず行為は一人でに起こっていることを観ているという女性の話もありました。

マハルシも悟りの後に何年も瞑想をし続けたようてすが、
プンジャジにはそのような期間は無かったのでしょうか?

鬼和尚は悟りの後に瞑想に没入する期間はありましたか?それはどれくらい続きましたか?

このような期間は必要なのでしょうか?

必要になる人とならない人の違いは何でしょうか?

26:避難民のマジレスさん[sage]:2021/08/06(金) 13:39:38 ID:ujkpmFlY0 [2/2]
悟ったら輪廻する事は不可能になるのですか?
悟った後も自己を存在させ続ける事も出来ますか?
自己を存在させて永遠に天で幸せに暮らすということは出来るのでしょうか?

私は苦から逃れたいから悟りたいけれど、
自己の終わり?死後永遠に無認識になる?
のは嫌だと感じてしまいます。
このような心も障害になっていると思うのですが
どうしたら良いでしょうか。

28:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2021/08/06(金) 23:40:05 ID:1d4drIFg0 [8/9]
>>24 悟っていないのじゃ。
 法華経を書いた者も悟っていないのじゃ。
 それでも役に立つことは書けるものじゃ。
 戒律を守れぬ者も、役に立つ戒律を書けるようにのう。

>>25 自分で書いている通りなかったようじゃ。
 あったのじゃ。
 三日ぐらいじゃな。
 大乗の誓約によって戻ってきたのじゃ。

 必要が無い者には必要がないものじゃ。
 自分で必要とするかどうかなのじゃ。
 もはや自分は無いがのう。

>>26 できるのじゃ。
 自己はどこにもないのじゃ。
 自己は無いから永遠に存在することも無いのじゃ。

 自己は元々無いのじゃ。
 あるというのが謬見なのじゃ。
 阿頼耶識が無くなるのじゃ。
 本来の認識に戻るだけなのじゃ。
 真実を知るとよいのじゃ。
 自己などもともと存在しない幻影であり、幻想と知ればよいのじゃ。
 観察に拠って確かめるのじゃ。

27:避難民のマジレスさん[]:2021/08/06(金) 21:32:24 ID:UTfLYc2k0 [3/3]
ちょっと調べたら、鳩摩羅什翻訳の十如是の思想はナーガルジュナ作と言われる『大智度論』から
鳩摩羅什が引っ張ってきた可能性があるとのことです。

29:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2021/08/06(金) 23:41:08 ID:1d4drIFg0 [9/9]
>>27 ご苦労さんなのじゃ。
 そのように学びに勤めるのはよいことじゃ。
 更に実践もすると善いのじゃ。
 それが実践にも役に立つことがわかるじゃろう。
 実践あるのみなのじゃ。

【相談】悟りを開いた人に聞くスレ【仏教】  33 
https://medaka.5ch.net/test/read.cgi/kankon/1597157592/

310:おさかなくわえた名無しさん[sage]:2021/08/06(金) 01:47:54.82 ID:A61E/Ld1
最近また坐禅の集中ができなくなりました。
数測九回も持ちませんので重症でしょうか?下剤で腸掃除はしています。
希望がないので日々ダラダラ惰性で生活しているのが原因かもしれません。
人生に刺激がなさすぎです。対策はナンパでしょうか?

312:鬼和尚 ◆v4C6SeeabHj8 [sage]:2021/08/06(金) 23:17:02.19 ID:XNImgaNJ
>>310 そうじゃ、やってみるとよいのじゃ。
 実践すればわかることもあるのじゃ。
 実践がすべてなのじゃ。

悟りを開いた人に聞いてみるスレ【人生相談】 78 
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/jinsei/1618136809/

665:マジレスさん[sage]:2021/08/05(木) 22:01:57.98 ID:+PH46NCe [2/2]
>>664
鬼和尚さま、ありがとうございます

669:マジレスさん[sage]:2021/08/06(金) 16:56:16.01 ID:wuUZSPFP
鬼和尚様、こんばんわ
今年の5月頃に私が夜勤の工場派遣に行ったのを覚えてますか?
結局、仕事が合わずに一日で辞めましたが…
その時に同時に面接した建築廃材をトラックが捨てに来るからトレーラーハウスで待機してトラックの応対する仕事なんですが、工場夜勤が受かったので蹴りました
覚えていますか?
その建築廃材の求人がまた出てました
また出ていたと言うより月57000円程度の仕事なので誰も応募してこないのでしょうね
最近、たまたまタウンワークを貰ってきたので見てたら、その求人が載ってました
13時~18時までで週3の2人交代です
これに応募しようと思うのですが、鬼和尚様はどう思われますか?

671:鬼和尚 ◆v4C6SeeabHj8 [sage]:2021/08/06(金) 23:15:47.94 ID:lTHz/Y+H
>>665 どういたしまして、またおいでなさい。

>>669 やってみたらよいのじゃ。
 合わなければやめたらよいのじゃ。
 何でもやってみて自分に合った仕事を探すのじゃ。
 実践あるのみなのじや。

鬼和尚の仏教講読会 別館2
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1600684575/

676:避難民のマジレスさん[]:2021/08/05(木) 23:59:57 ID:sK2H.r2w0 [1/2]
491 
泉涌寺僧行捧  泉にゅう寺の僧捧を行ず
八稜八尺倚長天 八稜八尺長天による
拈起向秋山面前 ねん起して秋ざんが面前に向ふ 
衲子當機拱手處 衲子當機に当たって手をこまねくところ
洞山三頓徳山捧 洞山の三とん徳山の捧

くま訳
泉涌寺の僧は棒を振るって修行するのである 
八稜(八咫鏡(やたのかがみ))八尺(八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま))倚長天(天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ))三種の神器(伝統)みたいなものである。
棒をを立てて、秋山の上賀茂神社の面前に向うのである
他が手をこまねいてる場面でも、禅僧は、臨機に対応するのだ。
洞山は雲門に三頓六十棒くらい、徳山は常に棒で打って指導したのである

*泉涌寺僧;泉涌寺雲龍院の後小松天皇廟を訪れて詠んだ詩には、「庭前に王孫草のあることを知り」とあって、
 一休が王孫であるかのような思わせぶりを書いている。
*一人行棒 ひとりぎょうぼう 
 一人行喝 ひとりぎょうかつ
 総不親  すべてしたしからず

 座禅のとき、修行僧を励ますために警策(きょうさく)という棒を使う、
 または喝と大声をかける。
 どちらがよりよい教えなのかを決めつけることはできません。”

*三種の神器、日本神話において、天孫降臨の際にアマテラス(天照大神)がニニギ(瓊瓊杵尊、邇邇芸 
 命)に授けた三種類の宝器であるところの鏡と剣と玉(璽)、すなわち、八咫鏡(やたのかがみ)・天叢 
 雲剣(あめのむらくものつるぎ、別名:草薙剣、読み:くさなぎのつるぎ)・八尺瓊勾玉(やさかにのま 
 がたま)の総称である。 八稜八尺倚長天をこれに当てはめてみた。これで良いのか不明であります。
 八稜・・・八咫鏡(やたのかがみ)
 八尺・・・八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)   
 倚長天・・天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)

*拈起:採り上げて起てること。上堂や小参を行う場合の師家の動作を示す。
*洞山三頓の棒という公案:洞山守初が、師の雲門分堰から「どこから来たか、どこで過ごしたか」などと 
 問われたので、これまでの行脚のあとをこまごま答えると、雲門は「このうつけ者が。三頓の棒をくれて 
 やるところだが勘弁してやる、即刻立ち去れ。」と叱らはった。何がなんだか分からない洞山は、再び雲 
 門に参じ、自分の答えのどこが悪かったのかを問いなおすと、またもや大声で叱りつけられはった。けど 
 その瞬間、洞山は師が何を求めようとされていたのかが分かり、初めて悟ることが出来たというのです。
 そして、悟りというものは師や周りからもらえるものではなくて、自分への問いかけの中から見つけ出し 
 つかむもの。そのためには、心の中のこだわりを一切捨て切り、爽やかな心に立ち返りなさい、それが分 
 からない者は棒で叩くよりない、というのがこの公案の教えるところやということです。
*秋山:地名か?:京上賀茂・秋山・
 上賀茂神社:神話の時代から続く京都で最も古い神社のひとつ。ご祭神は、神武天皇の御代に賀茂山のふ 
 もとに降臨したといわれている賀茂別雷大神(かもわけいかづちのおおかみ)
(´・(ェ)・`)つ

677:避難民のマジレスさん[]:2021/08/06(金) 00:07:50 ID:sK2H.r2w0 [2/2]
くま質問
「馬祖の病の公案」
「毘耶で後を閉ざすは愁いに勝てない」
とは、どういう意味でありましょうか?
(´・(ェ)・`)b

678:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2021/08/06(金) 23:46:07 ID:1d4drIFg0 [332/333]
 間違えたのじゃ。
 後ではなく、語を閉ざすのじゃな。
 口を閉ざすのでは愁いに勝てないのじゃ。
 その後にわしは三十年苦吟してきたのじゃというのじゃ。
 黙っていてはわからんから何か言えというのじゃな。

679:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2021/08/06(金) 23:57:05 ID:1d4drIFg0 [333/333]
それでよいのじゃ。

 泉涌寺の僧は捧を使って修業なのじゃ。

 棒は八稜八尺倚長天の神器に匹敵する僧にとっての宝なのじゃ。
 棒を捧げて秋山の面前に向かうのじゃ。
 僧が機に当たって手をこまねくような場面でも、
 洞山は三頓の棒を食らい、徳山も捧をふるうのじゃ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました