鬼和尚 2021/08/05(木)

鬼和尚に聞いてみるスレ part19
https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1627742187/

20:避難民のマジレスさん[]:2021/08/05(木) 03:35:40 ID:UTfLYc2k0 [1/2]
法華経の十如是などは生きる上では参考になりそうですが、悟りには余り関係がないような気もしますがどうでしょうか?

21:避難民のマジレスさん[]:2021/08/05(木) 10:31:35 ID:s77xE2rE0
鬼和尚さま

相談させて下さい。
私には、3歳になる子どもがいます。
子どもには、保育園で仲良くしている一個上の友達がいるのですが、ここ一週間ほど友達に避けられているようで、「来ないでって言われるから、しょうがないから1人で遊んでる」と、あっけらかんと昨日言ってました。

私は、なんと言うのが最善かわかりませんでしたが、「1人で遊ぶのも楽しいよね。お母さんは好きだよ」と言い、寝る前に、あなたは素晴らしい存在だと伝えました。
今も子どものためにどうして上げるのが良いのか悩んでいます。
アドバイスを頂けないでしょうか。

22:避難民のマジレスさん[sage]:2021/08/05(木) 17:30:16 ID:UXsE3t2.0 [3/3]
>>19
ありがとうございます。
その通り実践していきます!

23:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2021/08/05(木) 21:56:07 ID:1d4drIFg0 [7/7]
>>20 真摯に実践すれば悟りにも役立つのじゃ。
 自分にあてはめて、己の性はどのようであるかとか、自分の本体は何であるかとか、
 観察すれば修業にもなるのじゃ。
 実践で確かめるのじゃ。

>>21 それでよいのじゃ。
 友達がほしいならば他の子の友達になってやると善いとかいうのじゃ。
 ほしくないならば特になにもしなくてよいのじゃ。
 一人で十分なのじゃ。

>>22 そうじゃ、実践あるのみなのじゃ。
 またおいでなさい。

【相談】悟りを開いた人に聞くスレ【仏教】 54 
https://medaka.5ch.net/test/read.cgi/kankon/1619894557/

429:おさかなくわえた名無しさん[]:2021/08/05(木) 06:44:39.23 ID:1GjkwSKV
鬼和尚、年金生活者です。
自分の戒名を考えました。健真院○○○○居士です。
○の所は本名です。
真言宗ですが、これでも良いですか?

431:鬼和尚 ◆v4C6SeeabHj8 [sage]:2021/08/05(木) 21:52:31.14 ID:ILOeE2An
>>429 それでよいのじゃ。
 自分が気に入ったならばそれが一番なのじゃ。
 またおいでなさい。

悟りを開いた人に聞いてみるスレ【人生相談】 78 
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/jinsei/1618136809/

661:マジレスさん[sage]:2021/08/05(木) 18:05:25.72 ID:+PH46NCe [1/2]
鬼和尚様、こんばんわ
気持ちを楽にしてコンビニ行く感覚で働きに行けば良いのですね?
俺の人生まだ間に合うでしょうか?

664:鬼和尚 ◆v4C6SeeabHj8 [sage]:2021/08/05(木) 21:51:11.69 ID:I2mGcsu4
>>661 そうじや、楽にしていけば善いのじゃ。
 間に合うのじゃ。
 実践あるのみなのじゃ。

鬼和尚の仏教講読会 別館2
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1600684575/

673:避難民のマジレスさん[]:2021/08/04(水) 23:38:54 ID:NGSYiiHI0 [1/2]
くま訳改
第一句:大燈家の禅で心身を余すところ無く滅却したのだ。れた眼力、鋭い舌鋒を備えており、

490

馬祖不安閑話頭 馬祖不安の閑話頭
毘耶杜語不勝愁 びや語をとぢて愁ひにたえず
夜夜苦吟三十歳 夜夜苦吟す三十歳
月滿茂陵桂樹秋 月は滿つ茂陵桂樹の秋

くま訳

馬祖が病気になった際の公案
毘耶に住まわれていた 維摩居士が不二の法門に付き問われた時に黙したことは、残念でならない。
毎夜、苦労して詩をひねり出す三十歳
月は満ちて、司馬相如が糖尿病療養のために住んだ茂陵から、中秋の名月には桂樹が見えのだろうか?

*馬祖道一(ばそ どういつ)709-788唐代の禅僧。諡は大寂禅師。
*馬祖不安 『碧巌録』第三則
 日面仏月面仏         にちめんぶつがちめんぶつ  
 擧。馬大師不安。       こす、馬大師だ不安。
 院主問。和尚。近日尊候如何。 院じゅ問う、和尚、近日尊候いかん。
 大師云。日面佛月面佛。    大師云わく、にち面仏がち面仏

 不安:病気になること
 院主:寺務を主宰する役
 日面仏:賢却(けんごう)千仏(現世において出世される千人の仏さまたち)の第五十八仏で、千八百 
 歳という寿命の長い仏さん。
 月面仏:賢却千仏の第二百二仏に当たり、一日一夜という寿命の短い仏さま。
  
 馬祖は千八百歳まで生きる仏さまもあれば、一日一夜の仏さまもあるではないか、病気など気にするな、 
 「生きるもよし、死ぬるもよし」と、言いきった。
*毘耶(びや):古代インドのの首都。釈迦は民衆教化のために、たびたびこの地を訪れ、在家の仏弟子で 
 ある維摩詰もこの地に住んだ。また釈迦の滅後に、この地で第二回の仏典結集が行われた。
*杜:とじる、ふさぐ
*維摩一黙:ことばで説明するより、黙っていたほうがよい、ということのたとえ。
 維摩経の「入不二法門品」 『維摩が、不二の法門に入るとは、どのようなことであるかを菩薩たちに質
 問をしました。 菩薩たちは、「善と悪は不二」、「生と滅は不二」、「汚れと清らかさは不二」などと
 次々に答え、最後に、文殊菩薩が、「不二とは言葉では説明ができないことである」と説きました。そし 
 て、文殊菩薩は、維摩に「不二の法門に入るとは、どのような ことですか」と質問しましたが、維摩は、 
黙ったまま、ひとこともしゃべらなかった。』というお話しのようです。 仏教で説く法は、言葉で説明
 ができないということを、維摩という在家の信者が、言葉を使わず態度で示した ということと思います。 
昔からこの場面を、「維摩の一黙、雷の如し(らいのごとし)= ”維摩の黙ったようすは、まるで雷の 
 響きがあたり一面にいきわたるようだ”」と、たとえられてきたようです。 つまり、それだけ、「維摩 
 の一黙」には、大きなちからがある、ということかと思います。
*茂陵(もりょう):司馬相如、病渇を養ふために家居せし處なり。(漢の武帝の陵墓)
(´・(ェ)・`)つ

674:避難民のマジレスさん[]:2021/08/04(水) 23:42:38 ID:NGSYiiHI0 [2/2]
*桂樹:月に生えているとされる想像上の木。

*おまけ1.馬祖道一(ばそ どういつ)709-788唐代の禅僧。諡は大寂禅師。 
 懐譲の法を嗣いだ。百丈懐海や南泉普願など嗣法の弟子は、それぞれが数多くの語録を残すので、後の禅 
 宗に語録を重視する傾向をもたらし、やがてそれは公案を重視する臨済宗へと発展していった。
 馬祖は、後世の禅僧の名に見られる道号などとは異なり、道一の俗姓である馬氏によるもの。そのニュア 
 ンスを日本語化すれば、「馬おじさん」や「馬家の師匠」と呼んでいるのと同じこととなる。柳田聖山が 
 「純禅」と称する初期の禅宗徒の気風の一端を表すものである。
 また、馬祖の生家は箕(み)を作っていたが、開悟の後、名声を得て故郷に里帰りした所、近所の老婆に、 
「なんだ、偉い坊さんが来たと思ったら、箕の屋の小せがれではないか」と言われ、それきり、故郷に帰 
 らなかったというエピソードがある。
 思想:馬祖禅とも呼ばれるその禅思想では、禅宗で初めて経典や観心によらずに日常生活の中に悟りがあ 
 る大機大用の禅を説き、「平常心是道」(びょうじょうしんこれどう)、「即心即仏」など一言で悟りを
 表す数多くの名言を残している。また、相手に合わせて教え方を変える対機説法を始め、これによって多
 彩な弟子を育て、遂には禅の正系の座を荷沢宗より奪ってしまった。
*おまけ2.維摩居士(Wikipedia)解説: 維摩詰が病気になった際には、釈迦が誰かに見舞いに行くよう勧 
 めたが、舎利弗や目連、大迦葉など・・は彼にやり込められた事があるので、誰も行こうとしない。・・ 
 そこで釈迦の弟子である文殊菩薩が代表して、彼の方丈の居室に訪れた。
 そのときの問答は有名である。たとえば、文殊が「どうしたら仏道を成ずることができるか」と問うと、 
 維摩は「非道(貪・瞋・痴から発する仏道に背くこと)を行ぜよ」と答えた。彼の真意は「非道を行じな 
 がら、それに捉われなければ仏道に通達できる」ということを意味している。
 大乗経典、特にこの維摩経では、このような論法が随所に説かれており、後々の禅家などで多く引用され 
 た。一休宗純などはその典型的な例であると考えられる。
(´・(ェ)・`)b

675:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2021/08/05(木) 23:51:44 ID:1d4drIFg0 [331/331]
そんな感じじゃな。

 またまた病なのじゃ。

 馬祖の病の公案なのじゃ。
 毘耶で後を閉ざすは愁いに勝てないのじゃ。
 夜夜苦吟すること三十年なのじゃ。
 月満ちるは茂陵の桂樹の秋なのじゃ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました