鬼和尚 2021/08/03(火)

鬼和尚に聞いてみるスレ part19
https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1627742187/

9:避難民のマジレスさん[]:2021/08/03(火) 10:37:21 ID:fNjGj//w0 [1/3]
和尚様教えて下さい。
固定の私・自我を厭離し、無我となったならば、次は無や無我を観ていくとのことですよね。
無我となれば観念や煩悩にサティが入ることがわかります。
それは、サティの主体・気づいている私、を更に観るということでしょうか?

10:避難民のマジレスさん[]:2021/08/03(火) 10:42:43 ID:fNjGj//w0 [2/3]
上手い質問ができません。観念に気づいている私、に更に気づくということでしょうか?

11:避難民のマジレスさん[sage]:2021/08/03(火) 16:31:13 ID:UXsE3t2.0
>>8
こんにちは。
ERROR: 不正なPROXYを検出しました。106
とのメッセージが出る場合は、クッキーを削除するとよいみたいです。
Jane ツール→cookieを削除
Live5ch ヘルプ→デバッグ→クッキーのクリア
専ブラを使用されてない、もしくはそれ以外のメッセージが出てる場合はよく分かりません(´・ω・`)

修行のほうは続けておりますが、進展してるのか停滞してるのかよくわかりません。
ただ、無我の感覚がわかったような気もします。
無我の状態では、思考は起こったり、怒りが生じたりしますか?
よろしくお願いします。

12:避難民のマジレスさん[sage]:2021/08/03(火) 17:08:01 ID:KDJy7zu60 [1/2]
>集中とわかって実践しているならばよいのじゃ

ありがとうございます。
安心しました。実践してみます。

>全ては意識なのじゃ。

胸の快について何度も質問してしまい申し訳ないのですが
これは何だろうとか何故だろうという疑問がどうしても気になってしまいまして••
例えや観念でも構いませんので
悟っていない者が理解しやすいように教えて頂けると大変ありがたいです。

ちなみに良い現象ではあるのでしょうか?
良くも悪くもない生理的な現象、自然な現象という感じでしょうか?
この先続けて胸の快が大きくなっていきますか?
何かわからないのがなんとなく不安にもなってしまいして••

14:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2021/08/03(火) 22:01:54 ID:1d4drIFg0 [4/5]
>>9>>10 その時には主体とか、私という観念はもはやないのじゃ。
 主体も私も無く、無我であることを認識している意識が在るのじゃ。
 それを観るのじゃ。
 それができれば阿頼耶識も滅して大悟徹底なのじゃ。

無我に達するまではわからないことなのじゃ。
 実践で確かめるしかないのじゃ。

>>11 ご苦労さんなのじゃ。
 なぜか今は直ったのじゃ。

 無我では思考は止まり、怒りも無いのじゃ。
 無我の前にも思考が無い意識は認識できるのじゃ。
 怒りは自己防衛本能から起こるから無我ではもはや無いのじゃ。
 そのように理解するのじゃ。

>>12 善い現象なのじゃ。
  それがどのようなものなのか自ら詳細に観察して明らかにするのじゃ。
 気が集まっただけならば安心は無いじゃろう。
 ただ肉体的に快があるだけなのじゃ。

 純粋に精神的なものならば気は無く、安心が在るのじゃ。
 長旅から家に帰ったような安心なのじゃ。
 自分の本体や肉体全てがそこに収まっているような感覚なのじや。

 大きくなることも有るじゃろう。
 なくなってしまうこともあるじゃろう。
 囚われずに進むのじゃ。

13:避難民のマジレスさん[sage]:2021/08/03(火) 17:16:20 ID:KDJy7zu60 [2/2]
何か分からず行なっている事など沢山あるのに、
このような疑問に囚われて実践を妨げる心も自我の抵抗なのでしょうか?

15:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2021/08/03(火) 22:02:49 ID:1d4drIFg0 [5/5]
>>13 そういえるじゃろう。
 恐れや不安が在るのじゃろう。
 全ての障害を乗り越えて進むのじゃ。
 実践あるのみなのじゃ。

【相談】悟りを開いた人に聞くスレ【仏教】 54 
https://medaka.5ch.net/test/read.cgi/kankon/1619894557/

420:おさかなくわえた名無しさん[sage]:2021/08/01(日) 22:27:49.10 ID:TA4kUR1k
>>419
なんだか騙されてる感じがぬぐえませんが、
毎日毎日、合計12クリックしたいと思います!

左手にナイショで右手でクリックです!

422:おさかなくわえた名無しさん[]:2021/08/03(火) 04:22:52.05 ID:Pp5Ovfs2
鬼和尚、運送業は続けていますか?
続けているのなら、暑いのにご苦労様です。熱中症に気をつけて。

お母様はお元気ですか?
かなりの高齢と思うので気になっています。

424:鬼和尚 ◆v4C6SeeabHj8 [sage]:2021/08/03(火) 23:04:56.22 ID:8ofTQvl2
>>420 そうじゃ、どんどんやるとよいのじゃ。
 実践あるのみなのじゃ。
 またおいでなさい。

>>422 続けているのじゃ。
 ありがとうなのじゃ。
 おぬしも体に気をつけるのじゃ。

 元気なのじゃ。

悟りを開いた人に聞いてみるスレ【人生相談】 78 
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/jinsei/1618136809/

644:マジレスさん[sage]:2021/08/01(日) 22:03:15.23 ID:H9upbQsd [3/3]
>>642
鬼和尚様、父と兄が喧嘩しました
兄はこの家態度がでかいですが、それは俺が悪さばかりして兄を助長させた部分もあります
俺は親父の味方をしました
兄は父に「死ね」と言います
兄が交通事故か何かで死んでくれなかなぁって思います
俺は父の味方をしました

646:マジレスさん[sage]:2021/08/02(月) 18:10:17.29 ID:fHbt4JvO
鬼和尚様、こんばんわ
さっき母と話してて
「プレゼントを買ってもらうよりもお前が健康で働いて自分のことは自分でできることを親は望んでいる」と言われました
頭では俺もわかっています
でも、働きに行くと仕事が辛くて辛くて…
鬼和尚様に聞きたいのですが、もし鬼和尚様の職場に40代のいい歳したおっさんが毎日泣いていたらどう思いますか?

653:鬼和尚 ◆v4C6SeeabHj8 [sage]:2021/08/03(火) 21:44:59.41 ID:8FmtPbkH
>>644 そんな家は出たらよいのじゃ。
 かかわっていても何の利益も無いのじゃ。
 自分の目標を追求するのじゃ。

>>646 何も思わないのじゃ。
 自分が楽しくやれる仕事を探すのじゃ。
 金が安くても楽しいことならばあがっていくのじゃ。
 実践あるのみなのじゃ。

鬼和尚の仏教講読会 別館2
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1600684575/

669:避難民のマジレスさん[]:2021/08/03(火) 03:58:07 ID:X242MX.E0
くま訳改
今はどのようにして劫空の縁を謝ればよいものやら。

488
病中 二首 2/2
美膳誰具一双魚 美膳誰か具す一双のうを
小艶工夫日用虚 小艶に工夫日用虚し
淫色吟身頭上雲 淫色吟身とう上の雪
目前荒草末曾鋤 目前の荒草いまだかつて鋤かず。”

蔭木英雄先生訳・解説抜粋
食膳に誰がうまい二匹の魚を添えてくれるのだ(誰からも手紙が来ない)
だから小艶詩を作る日用の工夫(下化衆生の大乗行)も空しい
色欲に耽り詩を吟じて頭も白髪となり  
目前の煩悩を除くこともせぬ。煩悩即菩提じゃ。

「・・釈尊一代の教えは、仏性を説き明したものではないのですか」という質問に対する臨済義玄の、
  荒草曾て鋤かず(衲は胸中の荒草を一度も刈った事はない。無明の実 性が即ち仏性なのじゃ)。
という返答に拠っている。婬色の小艶詩の虚しい工夫が、即ちそのまま仏性である一とは言うものの、
承句を吟ずる一休の心中には、微かな後めたさが有ったのではなかろうか。

くま訳
病中 二首 2/2
誰からも手紙が来ないのである。
小艶詩の作詞に日用の工夫を凝らす虚しい日常である。
淫色の吟を詠む頭は雪のようにな白髪になってもうたのだ。
目前の雑草のように、煩悩もありのままだ。

*双魚:遠来の客が置いていった2匹の鯉(こい)の腹中に手紙があったという「古楽府(こがふ)」  
 の故事から、手紙のこと。https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1539697204/946 参

*くま質問
因果はあると説きつつ、ありのままの煩悩=ありのままも自分を観察して詩に詠む修行法を説いているので
ありましょうか?
(´・(ェ)・`)つ

670:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2021/08/03(火) 23:15:26 ID:1d4drIFg0 [329/329]
↑ 淫色に囚われていれば修業もままならんということじゃな。
 異性に気を取られているうちに白髪のじじいになってしまうぞというのじや。
 
そんな感じなのじゃ。

 
 美膳に誰が一双魚を具えてくれるのじゃろうか。
 小艶の工夫も日用には虚しいものじゃ。
 淫色を吟ずるうちに頭は雲がかかったようじゃ。
 目の前の荒草も末だ鋤をくわえていないのにのう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました