鬼和尚 2021/07/18(日)

鬼和尚に聞いてみるスレ part18
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1611967514/

928:善慧[sage]:2021/07/17(土) 23:52:51 ID:IGgYJ0gc0
>>914 善事だけでは生きられない哀しい世界ですね。
しかし、よく考えると思考が思考を「論理的思考」だと語る不思議に気がつきました。
論理的思考を展開している最中にも、それを見ている”何か”があるということですね。
鬼和尚さま、夏休みの宿題をありがとうございました。

929:避難民のマジレスさん[]:2021/07/18(日) 11:00:55 ID:uxbkoerA0 [1/2]
一般的に善事であると思われることも、思考(倫理や社会のルールとしてやらなくてはならない、という思いなど)に因ってやるなら善事にならない、徳にもならないということなのですね。なるほどと思いました。

慈悲というのは、心から役に立ちたい、助けてあげたいという気持ちなのだと思います。その時だけが誰の為にも良い結果になるのかもしれませんね。

餌をやりたくない人はもちろんやらなくて良くて、
やりたいけど迷ってる人は、「可愛そうだからやらなくちゃ」と思考でやろうとしてないか、観なくてはならない。
思考でやってしまうから、例えば、近所迷惑なことになった困った…という現象が己の前に現れてしまうと。
餌をやりたいからやる、というときは、「近所迷惑で困った」も起こらないということですよね。迷惑かけられた思ってる人がいたとしたら、それはその人の問題なんだと思います。

930:避難民のマジレスさん[]:2021/07/18(日) 11:02:28 ID:uxbkoerA0 [2/2]
つまり慈悲による善事をやる人とは、すでにその人にとっては慈悲でも善事でもない、自然なことなのだと思います。

931:避難民のマジレスさん[sage]:2021/07/18(日) 12:11:31 ID:lHt5iewk0
鬼和尚様いつもありがとうございます。

私は昔から虚弱体質でやりたいことができず苦しんできましたが、
その苦しみのおかげで仏教に出会い、法を学び、鬼和尚様や素晴らしい修行者の方々にも出会うことも出来ました。
これは計り知れない財産であります。

しかし気功を学び実践したことにより虚弱体質が大きく改善され、それとともにあらゆる世俗への欲望が湧き出てまいりました。
今まで抑えてきたものがガーっと出てきてしまい、もはや修行どころではない状態です。
もはや世俗に戻って欲望を消化する必要がある段階であると認識していますが、世俗に戻って欲望を
叶えた後、また仏教修行の世界に戻ってきたいです。

欲望の世界に浸って地獄に落ちるのは避けたいのですが、何か注意点等を教えて頂きたく思っています。
私としては十善戒を守り、慈悲の心を忘れなければ、また仏教と縁が持てるのではないかと思っています。
よろしくお願い致します。

935:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2021/07/19(月) 00:02:04 ID:1d4drIFg0 [259/260]
>>928 そうじゃ、それを追求していくのじゃ。
 精進あるのみなのじゃ。
 またおいでなさい。

>>929>>930 そうじゃ、慈悲の心が大事なのじゃ。
 思考ではなく慈悲の心から行うのじゃ。
 実践あるのみなのじや。

>>931 それでよいのじゃ。
 慈悲の心を忘れなければ世間においてもいろいろな助けがあるものじゃ。
 更にそれらの欲を満たす事を通じて自分の性質を知るように勤めると善いのじゃ。
 それがこの世の人の務めなのじゃ。
 実践あるのみなのじや。

932:避難民のマジレスさん[]:2021/07/18(日) 17:40:51 ID:It0uZehQ0 [11/12]
集中力とは、数息観で言えば間断なく息を追い続けられることでしょうか?
だとすれば観察における「ありのまま」とは感覚的に矛盾するところを感じます。隙間なく意識を保って観察しようとするのが正解なのか、それすらも無く観察しようとすらせずに観察する、茫然自失とした状態にあることなのか、どっちがいいんでしょうか

933:避難民のマジレスさん[sage]:2021/07/18(日) 19:12:01 ID:h5P9mv0k0 [15/15]
鬼和尚。
依存症には必ず根っこの原因があるのでしょうか?
なにも原因や理由なく依存症が起こることはありえませんか?

その原因を特定しないままだと、どんな治療を施しても回復は難しいですか?

934:避難民のマジレスさん[]:2021/07/18(日) 22:21:55 ID:It0uZehQ0 [12/12]
認識が記憶に依存しているというのは記憶から逆算して現在という虚像が生まれているということでしょうか?
後今そのものを認識することはできるんでしょうか?

936:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2021/07/19(月) 00:12:34 ID:1d4drIFg0 [260/260]
>>932 そうじゃ、続けられることなのじゃ。

 ありのままに観察し続けるのじゃ。
 それは出来ることじゃ。
 続けていれば無意識に観察することもできるようになっていくのじゃ。
 実践に拠って確かめるのじゃ。
 実践あるのみなのじゃ。

>>933 そうじゃ、原因があるから起こるのじゃ。
 原因がなく起こることはありえないのじゃ。

 できないじゃろう。
 無理に無くそうとしても他の対象に依存が移るだけなのじゃ。
 
>>934 そのように言えるじゃろう。

 記憶に依存している限り難しいのじゃ。
 たまに今ここにあることは出来るがのう。
 偶然記憶がとまったときにできたりするのじゃ。
 それを自ら起こす方法が瞑想なのじゃ。
 実践で確かめるのじゃ。

【相談】悟りを開いた人に聞くスレ【仏教】  33 
https://medaka.5ch.net/test/read.cgi/kankon/1597157592/

272:majires[]:2021/07/17(土) 23:05:59.20 ID:m3QUxmlA
公案から悟りを得たいのですが。

273:おさかなくわえた名無しさん[sage]:2021/07/18(日) 03:38:23.25 ID:/lwjaGEs
公案で悟った方はいるのかな?
そもそも師が使うルアーの擬似餌的な道具だから、その道具を使いこなせる師がいないのなら
個人で挑戦してもどこにも行けない。つまり悟れないのではなかろうか?
禅宗でも宗派によって使ってないし使ってない宗派でも仏陀はいるでしょう?
そしてもしも師がいるのなら他人に聞くのはルールから外れない?

275:おさかなくわえた名無しさん[sage]:2021/07/18(日) 19:55:59.72 ID:CQDIWnRW
犯罪行為を犯しても逮捕されていない、バレていない人って結構いると思うんですが
こういう人達は主にどのような報いが訪れるのでしょうか?

あと逮捕まではいかないけれど警察や警備員から注意されるような迷惑行為を
繰り返す人は犯罪者よりは報いは軽いですか?

277:鬼和尚 ◆v4C6SeeabHj8 [sage]:2021/07/18(日) 23:47:03.32 ID:CFNKTDbo
>>272 鬼のように公案に集中するがよいのじゃ。
 そして完全に忘れるまで座禅し続けるがよいのじゃ。
 実践しなければ何も得られないのじゃ。
 実践が全てなのじゃ。
 実践あるのみなのじゃ。

>>273 いないのじゃ。
 実践しなければ悟れないのじゃ。

 ここには真の悟りを得たわしがいるのじゃ。

 いるじゃろう。

 実践することを教えるならばよいのじゃ。 

>>275 自分がしたことが還って来るじゃろう。
 盗んだ者は金が減るじゃろう。
 害した者は害されるじゃろう。
 それも自らの心が成すことじゃ。

 軽いじゃろう。
 それが報いであるのかもしれんがのう。

【相談】悟りを開いた人に聞くスレ【仏教】 54 
https://medaka.5ch.net/test/read.cgi/kankon/1619894557/

360:おさかなくわえた名無しさん[sage]:2021/07/18(日) 13:41:48.94 ID:Q+bmYQKV
母が情弱、父が左翼で特亜の情報操作に乗せられています。
自分は腹立つからテレビなるべく見ないようにしているのに
親があの政治家(国益を考えている人)は馬鹿だ、
あの政治家(工作員)は素晴らしいとか言っているの聞く羽目になって
自殺したくなっています。
以前説得を試みたのですが聞く耳持ちません。
どうしたらよいでしょうか?

362:おさかなくわえた名無しさん[]:2021/07/18(日) 14:34:11.68 ID:bZMxjtoe [1/3]
両手を叩くと音がする。
では片手の音とはなんでしょう?

368:おさかなくわえた名無しさん[sage]:2021/07/18(日) 18:00:55.97 ID:CQDIWnRW
「表現の不自由展」がまた開催されるようです。
しかし疑問に思うのですが、例えばこのような反日的な展示会を開催して、
来場者が展示内容に影響を受けて反日思想に染まって、いずれは国家を転覆させるほどの
影響力のある団体が現れて倒閣運動やら反政府活動や革命が起こる、なんて事になるのでしょうか?

個人的には展示会は好きにすればいいと思います。
主催を脅迫する右翼団体?も問題ですが、こういう悪趣味な展示に本気で影響される者は少ないと感じます。
言葉は悪いですが精神的に未熟な人たちが騙されて踊らされるだけかと。
つまり、このような展示会をしたところで逆に主催団体への反発が強まるだけだと思うのです。

鬼和尚はどのように思われますか?

371:鬼和尚 ◆v4C6SeeabHj8 [sage]:2021/07/18(日) 23:57:28.52 ID:CFNKTDbo
>>360 家を出ると善いのじゃ。
 そんな家に居なくて善いのじゃ。
 えらいえらいとおだてて操るのも善いのじゃ。
 親だからしてはいけないということもないのじゃ。
 善導するとよいのじゃ。

>>362

>>368 ならないのじゃ。
 おぬしの書いたとおり反発を呼んでいるだけであるからのう。
 ただ名前を売りたいだけの者が多いのじゃろう。
 悪名でも売れれば金になるからのう。
 必死なのじゃ。

悟りを開いた人に聞いてみるスレ【人生相談】 78 
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/jinsei/1618136809/

566:マジレスさん[sage]:2021/07/18(日) 09:12:58.81 ID:Il7zRCHr [2/2]
>>559
ありがとうございます。しかし、例えば、鬼和尚は当スレで卑劣な誹謗中傷を受け、それに反応しておりますが、それはやはり鬼和尚自身に問題があると自覚しての行動ですか?それとも目には目を歯には歯をのシナリオを分かって、ご自身で選んでおりますか?

568:鬼和尚 ◆v4C6SeeabHj8 [sage]:2021/07/18(日) 21:59:48.56 ID:BtRCCM9I
>>566 わしはただ遊んでいるだけであるから何の問題も無いのじゃ。
 子供が虫けらを草の葉でもてあそぶようなものじゃ。
 それも人の心を知る助けになるかもしれんと思うからなのじゃ。
 しようと思えば今のように完全にスルーすることもできるのじゃ。
 そこには何の問題も無いのじゃ。
 それを苦にする事も無く完全にコントロールできるのじゃ。

 おぬしもそのように自らの心を観察してコントロールするとよいのじゃ。

鬼和尚の仏教講読会 別館2
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1600684575/

632:避難民のマジレスさん[]:2021/07/18(日) 03:59:56 ID:KI1Uku5o0
くま訳全面改
第一句:病軽く脈が重いのは咸淳の亡国の禪なのだ。
第二句:病重く脈が軽いのは会昌の廃仏の禅なのだ。
第三句:それらよりも腐敗しているのが養叟の輩なのだ。
第四句:病も脈も損なっている今日の禅なのだ。
 
472
達磨忌 
毒薬数加賊後弓 毒薬しばしば加ふ賊後の弓
大千逼塞佛心宗 だいせんひっそくす
西來無意我有意 せいらい意無し我意有り
熊耳山中落木風 ゆうじさんりゅうらくぼくの

達磨忌 10月5日の達磨大師の忌日に行う法会
毒薬がしばしば盛られていたことが後から分かったが、後の祭りだった
世界中の禅宗門が喪に服した
達磨がインドから来た意味、禅とは何かの答えは、外側には無い。わが心の中にあるのだ。
葬られた熊耳山(ゆうじさん)には、強風が吹いてるだろう。

*祖師西来意は禅の代表的な公案のひとつ。
 『無門関』第三十七則
 一人の僧が趙州和尚に問うた。
 「如何なるか是れ祖師西来意」(大意:達磨大師が遠路、インドから中国へと来られた真意は何なので 
 しょうか?)
 趙州和尚は答えた。
 「庭前の柏樹子」
 『趙州録』
 また僧は続けて問うた。
 「和尚、境を将て人に示すこと莫かれ」(大意:私は禅とは何か尋ねているのです。心の外の物で答えな 
 いで下さい)
 趙州和尚は続けて答えた。
 「我れ境を将て人に示さず」(大意:私は心の外の物で答えてなどおりません)
 僧は再度問うた。
 「如何なるか是れ祖師西来意」
 趙州和尚は、再度答えた。
 「庭前の柏樹子」

*景徳伝灯録巻三。第二十八祖菩提達磨(瑞雲院法話のページより)
 大師は風のごとく雨のごとく、あまねく甘露の正法を施した。そのためその活動をうらやむ者によって毒 
 を盛られ、六度目に毒を盛られたとき、説くべきことは説き、法を伝える人も得たと、495年10月5日、 
 端然として亡くなった。150歳であった。
 遺体は熊耳山(ゆうじさん)に葬られ、塔は定林寺に立てられた。熊耳山は熊の耳のように二峰が並びそ 
 びえていることから付けられた山名だという。なお西紀527年に中国に来て、495年に亡くなるはずはな
 いが、原文はそうなっている。年号の書きまちがいかもしれない。
 三年後、宋雲(そううん)という僧が西域を旅しているとき、葱嶺(そうれい。パミール高原からカラコ 
 ルム山脈にかけての山域)で達磨大師に会った。大師は手に履き物の片方をぶら下げていた。宋雲が尋ね 
 た。
 「先生はどこへ行かれるのか」
 「インドへ帰る」
 帰国した宋雲は皇帝にそのことを報告し、皇帝は大師の墓を調べさせた。すると棺の中は空っぽで、ただ 
 履き物の片方のみが残っていた。後に皇帝から円覚大師の名を贈られた。
(´・(ェ)・`)つ

633:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2021/07/19(月) 00:25:02 ID:1d4drIFg0 [311/311]
そんな感じじゃな。

賊によって後ろ弓の毒を度々加えられたのじゃ。
大千世界が逼塞した仏の心の宗家なのじゃ。
無意ならば西来し、有意ならば我が有るのじゃ。
熊耳山中の木は落ち風が吹くのじゃ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました