鬼和尚 2021/06/11(金)

鬼和尚に聞いてみるスレ part18
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1611967514/

809:避難民のマジレスさん[sage]:2021/06/11(金) 16:22:21 ID:S.8IOl.k0 [4/5]
自分にはこういう仕事は向いていないという特徴がありますが、それは単なる性質であって、そこに自我を投射してしまうと、それを卑下したり向いていない仕事はをやらざるを得なくなったときに恐れを感じたりすると観察しました。

810:避難民のマジレスさん[sage]:2021/06/11(金) 16:24:27 ID:S.8IOl.k0 [5/5]
>>809
× 仕事はをやらざるを
○ 仕事をやらざるを

811:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2021/06/11(金) 21:32:46 ID:1d4drIFg0 [220/220]
>>809 善い観察なのじゃ。
 自分の好みに拠って苦が起こることが見えたのじゃ。
 お釈迦様の説いた縁起の法を確かに実践しているのじゃ。
 更に実践あるのみなのじゃ。

悟りを開いた人に聞いてみるスレ【人生相談】 78 
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/jinsei/1618136809/

400:マジレスさん[sage]:2021/06/11(金) 08:44:49.95 ID:Sipd4k+d
鬼和尚さん、ブログの方にコメントしました。
お時間のあるときに確認いただけますと幸いです。

402:鬼和尚 ◆v4C6SeeabHj8 [sage]:2021/06/11(金) 21:26:25.77 ID:H4wjDa0X
>>400 見てみるのじゃ。
 ご苦労さんなのじゃ。

鬼和尚の仏教講読会 別館2
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1600684575/

551:避難民のマジレスさん[]:2021/06/10(木) 22:47:12 ID:4UJkw2b.0
くま訳全面改
百丈絶食
大智禅師の行道は難ありなのだ。、
末法の人のために真の落草なのだ。
飽食の痛みは熱く焼いた鉄丸を飲む如しなの
冥土で閻羅王に会って初めて驚くのだ。

くま質問
「末法の人のために真の落草」とは、末法世で悟りを求める修行者に対して、戒に拘るような修行法を示す
ことは、盗賊のような在り様である、みたいな意味でありましょうか?、

435
題大燈国師行状末 大燈国師行状のすゑに題す
挑起大燈輝一天  大燈をかかげ起して一天に輝く、
鸞輿競誉法堂前  らんよ、ほまれを競う法堂の前。
風?菷水宿無人記  風さん水宿人の記する無し。 
第五橋辺二十年  第五橋辺二十年。

くま訳
大燈国師行状のすゑに題す 
大燈をかかげ起して天下に輝く、
説法を聞きに来る天子の御者が、法堂前で誉を競う
ここには大燈が風を食い水辺に寝た乞食行のことを記していない。 
五条大橋の下での二十年間の乞食行のことである。

*大燈国師行の行状;是れは大燈録の終りに附せる行状にて春作禪興の作なり、其の行状の終に題せられし 
 もの。偈の意に謂ふ、「春作は盲坊主なり、國師が天子の歸依を受けられし事ばかり麗々しく書きたてて、
 第五橋邊二十年を恥と思ふて載せず、何と云ふ手落ちまりや」と。風餐水宿、頭陀乞食を発揮せられたる 
 作なり。(大成脚注)
*春作禅興:華叟と同門の兄弟弟子
*1451年 一休 58歳 春作禅興作「大燈国師行状」を批判、養叟との対立が表面化。
*鸞輿(ランヨ):天子の乗る輿(こし)。鳳輿(ほうよ)。鳳輦(ほうれん)。
*風?菷水宿(ふうさんすいしゅく):「風を食い、水のほとりで寝た」という意味。
(´・(ェ)・`)つ

552:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2021/06/11(金) 21:36:49 ID:1d4drIFg0 [268/269]
↑そのような意味じゃろう。
 戒は修行者が修行しやすい生活を整えるためのものじゃ。
 それに拘って本来の修業を教えないのでは本末転倒なのじゃ。
 真の落草なのじゃ。

553:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2021/06/11(金) 21:50:37 ID:1d4drIFg0 [269/269]
そんな感じじゃな。

大燈国師の行状の末に題するというのじゃ。

大燈をかかげ起して天下一に輝いたのじゃ。
天覧の誉れを法堂前で受けるのじゃ。
風を食らい水に宿る生活をしていたことを記す者は無いのじゃ。
第五橋の辺に二十年いたのじゃ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました