鬼和尚 2021/06/03(木)

鬼和尚に聞いてみるスレ part18
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1611967514/

778:避難民のマジレスさん[]:2021/06/02(水) 21:50:33 ID:rlAecqNg0 [28/28]
鬼和尚様

今日も私の質問に答えていただき本当にありがとうございます。真の世界の姿を私も是非見てみたいです。

779:竜神[]:2021/06/02(水) 21:57:23 ID:45DQ/4y20 [7/7]
776 :鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM :2021/06/02(水) 21:26:06 ID:1d4drIFg0
>>770>>771 自分があると認識している者には自己を見たり、自己を敬愛するようにいうのじゃ。
 それは月をさす指ではあるが、月そのものではないのじゃ。
 どこかに真の自己がある、自分がある筈と考えて修行すれば魔境に陥るのじゃ。
 幻影を見てそれが真の自己だとか思って修行をやめてしまうのじゃ。
 個我概念による観念自己認識なのじゃ。
 悟りは全体感知による無観念全体認識と言えるのじゃ。
 それもまた言葉通りではないがのう。


話が通じたようで嬉しいです。
自我に執着している訳でも、無我に執着している訳でもなく真実を知りたいのです。
しかし、名無しで書き込みをすると、「自己に執着しているな」とか誤解され、誤解を解くための答弁を何度もしなければならないので
HNをつけて書き込もうと思います。とりあえず竜神とでもします。これも期間限定の名前です。
余り長い間、同じ名前を付けていると「自我化」することもあるので。その意味では完全に執着が無いわけでも無いのでしょう。

780:避難民のマジレスさん[sage]:2021/06/03(木) 20:45:13 ID:S.8IOl.k0
貯金がなくなって借金生活に入りましたが、お金がないこと自体は不幸でもないし苦ではないと分かりました。

781:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2021/06/03(木) 23:33:26 ID:1d4drIFg0 [211/211]
>>778 そうじゃ、それまで実践あるのみなのじゃ。
 またおいでなさい。

>>779 真実は言葉には無いのじゃ。
 自ら実践して見出すしかないのじゃ。
 実践在るのみなのじゃ。

>>780 善い気付きなのじゃ。
 心が豊かであれば金銭も要らないのじゃ。
 ただひたすらに実践あるのみなのじゃ。

【相談】悟りを開いた人に聞くスレ【仏教】  33 
https://medaka.5ch.net/test/read.cgi/kankon/1597157592/

177:おさかなくわえた名無しさん[sage]:2021/06/03(木) 20:02:42.25 ID:wOizT5Gn
食欲とか性欲など1次的欲求でストレスを発散する癖がついてます。
それ以外のたとえばスポーツとか文化的な活動をしても虚しい気持ちになります。
ドカ食いしてるときや刹那的なセックスをしてる時だけ刺激が強烈なので生きてる実感を味わえます。
しかし食や性以外の場面では常に空虚感を感じています。
何のために生きてるのかわからず、いつか死ぬなら何を達成しても虚しいと考えてしまいます。
瞑想をしてもつまらないと感じてしまいます。

最近、暴飲暴食気味だったり、性的行為がより過激で犯罪的な方向への興味に
向かいつつあるので 危険な兆候が出てきています。
私の問題点とこれからどうしていけばいいのか、ご意見お願いします。

179:鬼和尚 ◆v4C6SeeabHj8 [sage]:2021/06/03(木) 23:31:04.13 ID:QuoTSx6P
>>177 それはまだ自分を知らないからなのじゃ。
 世間の基準に合わないからと、何かがおかしいと思うのじゃ。
 食や性も立派な文化的な活動と言えるのじゃ。
 自分を知るためにそれらを活用すれば善いのじゃ。
 そうすれば何の問題も無いのじゃ。
 食と性の道を極めたら善いのじゃ。
 実践あるのみなのじゃ。

鬼和尚の仏教講読会 別館2
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1600684575/

530:避難民のマジレスさん[]:2021/06/02(水) 23:45:58 ID:isomS8To0 [3/3]
くま質問
兜率悦禪師は名僧だったらしいでありますが、何故に薄福といわれるのでありましょうか?
「仏魔の公案」とは、邪教の教みたいなものでありましょうか?
「楊雄が王莽の大夫であったことを長く恥じていたようなもの」とは、兜率悦禪師のどのような点をそのよ 
 うに捉えていたのでありましょうか?

427
牛庵 齋名
某甲?蕃山僧一頭 それがしは?蕃山僧一頭
長渓路上即忘不 長渓路上すなわち忘ずるや否や
閑中無復祖師見 閑中また祖師の見無し
花屬春風月屬秋 花は春風に属し月は秋に属す

伊井暇幻先生訳・解説
「高名な禅僧が生まれ変わった牛にはイザン僧某甲と書いてあった。
其の牛は、名前が書いてあったぐらいだから、輪廻の長い道程で自分の過去を忘れずにいたのだろう。
とはいえ、牛小屋の中に祖師の姿はない。
僧たるイザンも牛たるイザンも、其の仏性の中核は同一であるとも思えるが、姿は似ても似つかない。

自然の摂理は、或る時には春風を起こし、或る季には秋となる。花は春風に属し、月は秋に属するものだ。
花と月は全くの別物ではあるが、元を辿れば、自然の摂理に依る存在だ。
僧としての仏性を発現するためには人間の姿をとるだろうし、牛として仏性を発現するに当たっては牛の姿
になるということなのだろう」

くま訳
それがしは、?蕃山僧である、と書いてある牛一頭
長い輪廻の流れの中で名前は忘れなかったのでありましょう。
静まり返った中に中に祖師の姿はない。
花は春に咲き、月は秋に映えるように、ありのままの在り様に仏性を見出すのだ。
(´・(ェ)・`)つ

531:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2021/06/03(木) 23:39:53 ID:1d4drIFg0 [256/257]
>>530 時代が薄福だったのじゃな。
 仏の公案が魔の公案になったということじゃな。
 当時の中国では皇帝や高官に法嗣の印可を与えていたというのじゃ。
 当然それらの者は実際にはあまり修業もしていない者たちだったじゃろう。
 そのように宗教での名誉を与えて宗派の保護を頼んでいたのじゃ。
 薄福の時代であり、公案も正統な伝統を外れて魔となり、権力におもねる恥となったのじゃ。

532:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2021/06/03(木) 23:47:10 ID:1d4drIFg0 [257/257]
某は蕃山僧と書いてあった牛がいたのじゃ。
長い路上でも忘れなかったのじゃ。
閑な時でも祖師の見解はなかったのじゃ。
花は春に属し、月は秋に属するようにのう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました