鬼和尚 2021/04/29(木)

鬼和尚に聞いてみるスレ part18
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1611967514/

593:避難民のマジレスさん[sage]:2021/04/29(木) 02:21:23 ID:us0sZSn60 [2/3]
>>591 教えていただきありがとうございました。
道で縄が落ちていると思って踏みつけたら、怒って牙をむいて飛びかかってきたので
それが縄ではなく蛇だったと気づいた、とします。
このような場合も、心の中の原因を観察すれば蛇は縄になるでしょうか?
縄は怒って牙をむいたりしないとの定義が強く記憶されているので無理なのではないでしょうか?
私の飛行機雲も例えるとこのようなので、かなり強固な感じで信じてしまっています。

594:[sage]:2021/04/29(木) 13:11:03 ID:q3jWFJ0U0
はじめまして。
これからわたしも悟りのための修行を始めることにしました。
決意表明の為にここに書かせていただきます。

悟りについて、鬼和尚さんの記事などを読んで勉強を始めたところです。
よろしくお願いします。

595:避難民のマジレスさん[]:2021/04/29(木) 16:05:15 ID:rlAecqNg0 [22/22]
鬼和尚様

鬼和尚様が先の回答で柑橘類は避けた方が良いとアドバイスされているのは何故でしょうか?
教えていただけるとありがたいです。

597:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2021/04/29(木) 21:09:56 ID:1d4drIFg0 [157/158]
>>593 心の中の原因に気付いたらそれが風でただ足に巻きついただけの縄と気付くじゃろう。
 気付くということはそのようなことじゃ。
 絶対に揺ぎ無い現実と思い込んでいるものごとも、一瞬で滅するのじゃ。
 ただひたすらに自分の心を観るのじゃ。
 実践あるのみなのじゃ。

>>594 善いことじゃ。
 ただひたすらに学び実践するとよいのじゃ。
 またおいでなさい。

>>595 柑橘類は酸性度が高いものがあるからなのじゃ。
 病人や胃の弱っている者は食べない方がよいのじゃ。
 健康ならば食べてもよいのじゃ。

596:避難民のマジレスさん[]:2021/04/29(木) 17:05:17 ID:jcW5Pufc0 [31/34]
自分という感覚がスポーンと抜け落ちて世界だけになって見えるもの全てが超3D映像のようにぐわっ!と眼前に迫ってくる感じになりました。

10秒くらいの出来事でしたが目に見えるものそれしかありませんでした。個人がどこにもいませんでした。しかし、その感覚に驚いていたらすーっといつもの自己感覚に戻ってしまいました。あの感覚に戻ろうと思ってもできません。

これが観照でしょうか?

なんで再び体験したいと思っても出来ないんでしょうか?

598:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2021/04/29(木) 21:12:43 ID:1d4drIFg0 [158/158]
>>596 それは忘我じゃな。
 自分を一時的に忘れたのじゃ。
 常に自分が無ければ観照なのじゃ。

 それは記憶を追っているからなのじゃ。
 記憶を再現しようとしているとできないのじゃ。
 何かに強く集中するか、逆にリラックスするとできるのじゃ。
 その前にしていたことをまた実践してみると善いのじゃ。
 実践あるのみなのじゃ。

鬼和尚の仏教講読会 別館2
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1600684575/

452:避難民のマジレスさん[]:2021/04/27(火) 23:55:17 ID:Up5zCyqU0
97 (再掲 https://fate.5ch.net/test/read.cgi/keihatsu/1528924619/ >>936)
偶作  1/2
慧命微微懸一絲 えみょう微々として一糸をかく
分明臨済正傳師 ふん明なり臨濟正伝の師
識情名利山林客 識情名利山林の客
夜夜秋風枕上吹 ややの秋風ちん上に吹く 

たまたま出来た詩
悟りの智慧など極々わずかで、その細い糸に命を懸けるのである。
誰が臨済の正傳であるかは、明らかである。
迷い、名利を求める参拝者達
毎晩、秋風が枕元を吹き過ぎるような、思いだ

*慧命:悟りの智慧を生命にたとえた語。法命
*識情:迷いの心
(´・(ェ)・`)つ

453:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2021/04/28(水) 22:03:19 ID:1d4drIFg0 [214/214]

正伝の叡智は微かに一本の糸でつながっているのじゃ。
その正伝の師匠は誰か明らかなのじゃ。
名利に迷う客も多いのじゃ。
夜夜秋風が枕の上に吹くような心地なのじゃ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました