鬼和尚 2021/04/11(日)

鬼和尚に聞いてみるスレ part18
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1611967514/

510:避難民のマジレスさん[]:2021/04/11(日) 01:33:17 ID:jcW5Pufc0 [27/27]
どういうところを見て「もうわからない」と書いてるものがまだ観察されてないと判断したんですか?

511:崇蓮[sage]:2021/04/11(日) 15:54:26 ID:hLYSwCpE0
>>509
実践します。
鬼和尚さま、ありがとうございます。

512:避難民のマジレスさん[sage]:2021/04/11(日) 21:00:31 ID:XIPN5lbk0 [1/2]
ブログにコメントしたので返信お願いします。

513:避難民のマジレスさん[sage]:2021/04/11(日) 21:07:33 ID:XIPN5lbk0 [2/2]
鬼和尚の過去のコメントで陰謀論を信じてはいけないと返信していましたが、裏で操っていると言われる悪魔崇拝者やイルミナティという悪しき存在はいないのでしょうか?

514:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2021/04/11(日) 22:02:12 ID:1d4drIFg0 [133/133]
>>510 おぬしがそう書いているからなのじゃ。
 それが厭離されたらもう何も書かないのじゃ。
 全ての問題も、苦も全て解決されているのであるからのう。
 
 自我の抵抗があるようじゃ。
 恐れから逃避が起こり、自分を見ないようにしているのじゃ。
 自分の心を真摯に観て離れるのじゃ。

>>511 そうじゃ、実践あるのみなのじゃ。
 またおいでなさい。

>>512 行って見るのじゃ。
 待つとよいのじゃ。

>>513 そのようなものはないのじゃ。
 国の力が一番強いのじゃ。
 陰謀とは人に知られぬようにして謀をすることなのじゃ。
 誰かが知って書いたり話したりしているのは、既に陰謀ではないのじゃ。
 騙されてはいかんのじゃ。

【相談】悟りを開いた人に聞くスレ【仏教】 53 
https://medaka.5ch.net/test/read.cgi/kankon/1597354447/

854:おさかなくわえた名無しさん[]:2021/04/10(土) 23:35:46.47 ID:v+VPnCZ3 [4/4]
鬼和尚、真面目に答えて下さい!

855:おさかなくわえた名無しさん[sage]:2021/04/11(日) 15:23:56.36 ID:/uKYoX0+
以前、交流会をうまく続けるコツの相談をした者です。
昨日、実際に会を開催したのですがとても疲れました。
仰る通り、続けるのは大変難しいと感じています。

なかなか社会に馴染めず、居場所がない人っていますよね。
私はそういう方にも来てもらって安心できるような場所にできないかなと理想を持っていました。
しかし実際にそういう方は極端にコミュニケーション能力が低かったり、攻撃的だったり
自己中心的な気質が強くて、結局は会の中でもちょっとしたトラブルを起こしてしまいました。
同情の気持ちはあるけど、実際に面倒は見きれないと気づきました。
個人でできるキャパシティを超えるようなことをやろうとしていたのではないか?と。
それは行政や自治体がやるべきようなことではないのか?と他人から指摘されました。

自分を救えるのは自分だけなのだとしたら、その人が「居場所」を感じられないのは
その人の問題であって、私がいくら場所を作って提供したところでそれは不可能に近いのでしょうか?
私は不可能なことをやろうとしているのでしょうか。

なんでもいいのでご意見いただけると幸いです。

859:鬼和尚 ◆v4C6SeeabHj8 [sage]:2021/04/11(日) 21:55:29.94 ID:4CSxpQt9 [1/2]
>>854 まずその妄想から離れるのじゃ。

>>855 おぬしのやりたいことが本当に明白ならば可能なのじゃ。
 本当は何がやりたいのかわからないと何も上手く行かないのじゃ。
 社会に馴染めない人の居場所を本当に作りたいならば、どんな者の話でもきいてやつたらよいのじゃ。
 問題のある者だからと面倒を見切れないとか想う必要は無いのじゃ。
 どんなトラブルがあろうと続けるだけなのじゃ。
 それが目的であるからのう。
 どんなトラブルが起ころうと目的が叶って何の問題も無いのじゃ。

 そうではないというならば、おぬしには別の目的があってそれがかなわなかったからじゃろう。
 自分は何がしたいのか、本当に自分の心に訊ねてみるとよいのじゃよいのじゃ。
 金が目的でも偽りよりは増しなのじゃ。
 自分の心を見るのじゃ。

856:おさかなくわえた名無しさん[sage]:2021/04/11(日) 19:24:08.47 ID:HlpqaeXi [1/2]
鬼和尚、鬼和尚はキチガイ扱いされて宗教板から追放されたのですか?

857:おさかなくわえた名無しさん[sage]:2021/04/11(日) 19:25:07.54 ID:HlpqaeXi [2/2]
鬼和尚、かわさきりょうたの前世を霊視して下さい。

860:鬼和尚 ◆v4C6SeeabHj8 [sage]:2021/04/11(日) 21:57:05.52 ID:4CSxpQt9 [2/2]
>>856 まずその妄想から離れるのじゃ。

>>857 おぬしの親じゃな。
 今世でも孝行すると善いのじゃ。

鬼和尚の仏教講読会 別館2
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1600684575/

413:避難民のマジレスさん[]:2021/04/11(日) 00:52:29 ID:hqpPt0vs0 [2/2]
くま訳改
第二句:雪下の三等は議論が多いのである。
第三句:妙喜ではこのように大慈悲の心を起こして、
第四句:食を説く僧に香積飯が与えられるのだ。

381
禪門寶訓云。圓悟謂妙喜曰。大凡擧措當謹始終。
謹終如始。則無敗事。故曰。靡不有初鮮克有終。
昔晦堂老叔曰。黄檗勝和尚奇衲子。但晩年謬耳。
観其始得。不謂之賢云云。因作偈題後云。

禪門寶訓に云く。「円悟、妙喜にいって曰く、『おほよそ挙措まさに始終をつつしむべし。
終りを謹むこと始めの如くなるときは、すなわち敗事無し、故に曰く、初め有らずといふこと無し、よく終
り有ることすくなし。』
昔まい堂老叔曰く、『黄檗の勝和尚、亦(また)奇なつすなり、ただ晩年あやまるのみ、
その始めに得るを観て、これを賢とはいはず、うんぬん』と。」よってげを作り、後に題すという。

    1/3
鐘楼讃兮猛虎途 鐘楼の讃猛虎の途
衲子金言臨濟徒 なっすの金言臨濟の徒
擡搦與奪辨邪正 だいぢゃく与奪邪正を弁ず
諸祖當機非一模 諸祖の当機一模に非ず

くま訳
禪門寶訓に記されているところによると、「圓悟大師が妙喜に対して言った。『おおよそ立ち居振る舞いは
終始慎み深くしなさい。
終りを慎ましくあることが、始めの如くであれば、間違える事がないであろう。
故に言った、初めに(慎み深い振る舞いが)有らずといふこと無し、(慎み深い振る舞いが無ければ)、良
い終りがあることは少ないであろう。』昔、晦堂老師が曰く、黄檗勝和尚(慧南禅師)は普通とは違った禅
師である。ただ晩年あやまっただけであり、始めから(慎み深さを)得ているからと言って、賢とはいわな
いのだ。この法話に因んで作詞するのである。
    1/3
寺院の鐘楼でほめたたられるのは、猛虎のような(厳しい修行の)道である。
禅師の公案などによる金言で導かれるのが、、臨濟の門徒である。
持ち上げたり、からめとったり、与えたり奪ったりして、正邪をさばくのである。
諸師たちの、悟りへと導く方法は一様ではないのだ。

*禅林宝訓・禅門宝訓:大慧宗杲と竹庵士珪が編集したものを、東呉の沙門浄善が増補改修し、1174-89に
完成。
*妙喜:圜悟克勤の法嗣大慧宗杲の号、1089-1063
*挙措:立ち居振る舞い
*晦堂(まいどう)祖心:=黄龍慧南1025-1100の弟子、建仁寺開山栄西禅師がその法脈に連なる名僧
*讃:1.他人の美徳をほめる。たたえる。2.仏徳をたたえる韻文

おまけ:『五燈会元』巻第十七、黄龍祖心禅師章(霊芝山 光雲寺HPより抜粋)
晦堂祖心、・・・十歳にして出家得度され、長じてのちに雲峰文悦禅師に参じること三年、何らの所得もな
く辞去せんとしたところ、文悦禅師は「必ず黄檗山に住する慧南禅師の道場に行ってご指導を受けよ」とさ
とした。・・・祖心禅師は黄檗に至って慧南禅師のもとで刻苦すること四年、しかもなお開悟することはで
きなかった。この道場は自分には機縁がないと思われたのか、また辞して文悦禅師のところへ戻られた。
・・・或るとき、中国の禅宗史である『景徳伝燈録』を読んでいて、「僧が多福(無字の公案で有名な
趙州の法嗣)に、『多福の竹林とはどのようなものか』と問うと、多福は『一本、二本は斜めの茎だ』と答
えた。僧が『分かりません』というと、多福は『三本、四本は曲がっている』と応じた」という箇所に出く
わした。竹に託して多福の家風をたずねた僧に対して、実際の竹の光景をもって答えたのに妙味がある。こ
の一段に至って祖心禅師は開悟して、自分がいままでついた二人の老師の作略(さりゃく、修行者を導く手
法)の何たるかを徹見した。
ただちに黄檗に戻り、慧南禅師に対して礼拝の坐具をのべようとしたところ、慧南禅師がすぐさま見抜いて、
「お前はすでにわしの宗旨を会得したわい(わが室に入れり)」というと、祖心禅師は跳(と)んで踊らん
ばかりに歓喜して、「仏法の一大事は本来このようなものなのに、どうして老師は公案などを使ってあれこ
れと探索させられたのですか」と問いただすと、慧南禅師は、「もしわしがお前をそのように究め尋ねるこ
とをさせて無心の境地に到らしめ、みずから見て、みずから納得するような体験をさせなかったならば、わ
しはお前を台無しにしたことであろう」といった。
(´・(ェ)・`)つ

414:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2021/04/11(日) 23:32:02 ID:1d4drIFg0 [193/193]
そんな感じじゃな。

鐘楼は猛虎の道を讃美するのじゃ。
僧は金言を臨済の徒に与えるのじゃ。
さまざま手段を与奪し、邪正を説くのじゃ。
そのように諸祖は機に当たって一様ではない手段を尽くすのじゃ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました