鬼和尚 2021/03/10(水)

鬼和尚に聞いてみるスレ part18
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1611967514/

319:避難民のマジレスさん[]:2021/03/10(水) 08:22:09 ID:TVAxZ1sY0
鬼和尚さん

数息観とか呼吸法を5年ほどやっています。正確な時間は分かりませんが、100時間以上は坐ったと思います。色々なセミナーにも参加しました。
瞑想の本を何冊も執筆している人々に会いに行ったりもしました。
ス*ナサーラとか、
地橋*雄さんとか
他にも色々と会いました。


しかしながら、自分自身の成長が感じられません。むしろ歳を取るとともに、どんどん状況が悪化しています。瞑想も深くならないし、集中力も特につきませんでした。仕事もできるようにならないですし、ポンコツのままです(泣)。
あえて言うなら、肺活量?が増えたような気がします。観察の法は苦手なのであまりしていません。


どうすれば自分自身の成長を感じることが出来るでしょうか?
(私は仕事があまり出来なかったり、劣等感が強かったり、怠け癖があったりします。そんな自分から脱却出来て新たな自己イメージを持つことに至れば、それを継続できて初めて自分自身成長したと感じると思います。)


ここでいままで様々なアドバイスを受けており、アドバイス直後は実践することもありますが、継続がとても苦手です。

よろしくおねがいします

320:避難民のマジレスさん[sage]:2021/03/10(水) 11:57:33 ID:gC7wECUE0
骨格の歪みを治す方法についてですが
スワイショウは効果はありますか?

321:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2021/03/10(水) 21:58:10 ID:1d4drIFg0 [82/82]
>>319 成長とは自分に気付くことでしか得られないものじゃ。
 自分の性質や状態を見て気付けば、変容が起こり成長するのじゃ。

 一度旅に出てみるとよいのじゃ。
 旅先から今のおぬしが置かれている状況を見てみるのじゃ。
 紙に書いてみたりするのもよいのじゃ。
 それが観察の苦手な者にも出来る一番簡単な進歩の方法なのじゃ。

>>320 それも効果があるじゃろう。
 前後だけでなく、横とか、体のねじりが入るスワイショウもやるとよいのじゃ。
 実践あるのみなのじゃ。

オショーのSadhana Pathを読んで実践する
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1605702581/

243:避難民のマジレスさん[sage]:2021/03/10(水) 20:30:50 ID:Dp/qMVVc0 [117/117]
年老いたサドゥーが若い仲間と一緒に川の岸辺に来た。若者は「どうやってこの川を渡りましょうか」と尋ねた。老人は「足が濡れないように」と答えた。若者は老人の言葉を聞いて、雷の閃光のように、何かが非常にはっきりと、明らかになった。川は来て、去っていたが、神秘的な格言は彼の心に深く浸透していた。それが人生の指針となった。足が濡れないように川を渡ることを学んだのだ。

あなたはこの若者のようにならなければならない – 食べていてもなお、食べていない人のように、群衆の中にいてもひとりでいる人のように、眠っていても起きている人のように – というのも、そのような人だけがこの世での解放を得て、すべての石の中に神を見出すからだ。

誰かが、「心は世界を含むべきではなく、世界は心を占めるべきではない」と言った。これは従うべき教義だ。そして、もしこの格言の前半が完全なものであれば、後半は自動的に従う。前半は原因であり、後半はその効果だ。しかし、後半から始める人は誤りを犯す。したがって、私は格言のこれだけを言う:心に世界を含ませてはならない。これに続くものは格言ではなく、結果だ。心が世界を含まなければ、世界は決して心を占領することはない。心に含まれていないものは、決してそれを占有することはできない。

この格言は、記憶をすべきでないということなのでしょうか?

244:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2021/03/10(水) 22:00:16 ID:1d4drIFg0 [127/127]
↑それが出来れば一番善いのじゃ。
しかし、記憶に依存している者にはできないじゃろう。
全ての世界の知識は幻想の観念であると、心得ておく位が出来ることじゃろう。
そのように実践するとよいのじゃ。

【相談】悟りを開いた人に聞くスレ【仏教】 53 
https://medaka.5ch.net/test/read.cgi/kankon/1597354447/

719:おさかなくわえた名無しさん[]:2021/03/10(水) 09:18:53.07 ID:i9ocYapa
>>718
ありがとうございました。

722:鬼和尚 ◆v4C6SeeabHj8 [sage]:2021/03/10(水) 21:44:03.19 ID:9xEuCv1k
>>719 どういたしまして、またおいでなさい。

鬼和尚の仏教講読会 別館2
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1600684575/

347:避難民のマジレスさん[]:2021/03/09(火) 23:00:29 ID:DpJVeXtI0
くま訳改
第二句:清浄な僧でも凡俗とは塵のように小さな差しかないのである。
第三句:残雪残梅の外に月が出ているような風流
第四句:それを吟じている中にも剣の木、刀の山があるのである。

349   1/2
止大用庵破却  大用庵の破却をとどむ
 二首 寛正五年 
破邪歸正識情 邪を破ししゃうに帰す識情
勝負人我無明 勝負にんが無明
可羨出塵羅漢 しゅつ塵の羅漢をうらやむべし、
青天月白風淸 青天月白く、風淸し

くま訳
大用庵の完全なる破壊を止めた。 寛正五年(一休七十一歳)
邪道を打破し正しく識別する道に帰した。
勝負に拘るのは、自我に囚われた無明故である。
俗世間を離れた阿羅漢をうらやむべきであろう。
有明月は白く、風は淸い

*破却:原形をとどめないように、すっかりこわすこと。
*識情:事物を識別することと感情。総じて迷情による心のはたらきをさす。情識。
(´・(ェ)・`)つ

348:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2021/03/10(水) 22:03:31 ID:1d4drIFg0 [160/160]
それでよいのじゃ。

邪道を破って識情は正道に帰ったのじゃ。
勝負に拘るならばまだ無明なのじゃ。
ただ悟りを完成した阿羅漢を羨むと善いのじゃ。
青天月白く風清いのじゃ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました