鬼和尚 2021/03/08(月)

鬼和尚に聞いてみるスレ part18
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1611967514/

310:避難民のマジレスさん[]:2021/03/08(月) 07:21:18 ID:W7vbQ20k0
>>309
ありがとうございます。そう伝えます。

蕁麻疹も腸の大掃除で良くなりますか?

よろしくお願いします。

311:避難民のマジレスさん[]:2021/03/08(月) 15:29:22 ID:m0VRmreU0
自分が存在しているという実感が消えるのは、大悟徹底の境地でしょうか。

312:避難民のマジレスさん[sage]:2021/03/08(月) 21:55:21 ID:OIGzVmTg0 [1/2]
身体の厭離についてですが
ごく稀に自分の手とかが自分のものでは無く感じて驚いてしまう時があったのですが、
それは一瞬、体への自己の投射が遅れてしまって起きていることなのでしょうか?

また、寝起きとかに、自分の現在の環境を思い出すのに時間がかかる時があるのですが、
覚醒している時と夢の中では参照される記憶が違っているのですか?
記憶喪失のように、普段の自分の生活や周りの人の事を思い出せなくても、人間だとか物だとか基本的な事は覚えているので、それも不思議だと思いました。
それは身に付いた習慣の深さによるのでしょうか。

夢を見て普段の自分は忘れていても、
別のキャラクターになっているだけで
人間や世界の捉え方はほぼ同じです。

あとボーッと取り留めもない雑念を観ている時もありますが、その時は自意識が無くなっています。
自己が無いという感じではありません。
自意識はなくただ目の前のものを観ている感じです。
これは忘我ではないですよね?

忘我というのは、前に一瞬だけ音と一体化してビックリした事があったのですが、そのように、観ているという感覚が無くなる感じになりますよね?

自意識が無い状態というのはそれも記憶の作用が違っているからですか?

また、このようなことが不意に一瞬起こるのは何故なのでしょうか?
起こそうと思っても難しく、不意に起こっても無自覚か驚いて一瞬で終わってしまいます。
驚かずに継続させたり細かく観察するにはどうしたら良いでしょうか?

313:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2021/03/08(月) 21:55:35 ID:1d4drIFg0 [79/79]
>>310 そうじゃ、それも効果があるじゃろう。
 皮膚の異常も毒素を腸で排出できないから、皮膚から排出しようとする働きであるからのう。
 腸を整えて毒素が腸から排出できればなくなるのじゃ。
 実践して確かめるのじゃ。

>>311 それはまだ忘我とか無我なのじゃ。
 小悟の境地なのじゃ。
 認識が無くなり、全ての観念が無くなれば大悟徹底の境地なのじゃ。
 それまで精進あるのみなのじや。

オショーのSadhana Pathを読んで実践する
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1605702581/

237:避難民のマジレスさん[sage]:2021/03/08(月) 20:49:23 ID:Dp/qMVVc0 [115/115]
真理の実現のためには、善と放棄の修行だけでは不十分だ。それは部分的な修行だ。真理の実現のためには、善と悪、愛と憎しみ、輪廻とモクシャ、世界と解放の両方の上に昇ることが不可欠だ。その状態は、私たちの言葉では、ヴェータラガタと呼ばれ、執着と隔絶の両方を超えた状態だ。ヴェータラガ・チャイターニャ(無欲の意識)とは、愛も憎しみもなく、善も悪もなく、ただ純粋なチャイターニャ、純粋な意識、自己の中での不動性だけが存在する状態のことだ。真理の実現はこの状態でのみ起こる。

あなたは無頓着で注意深い心を養わなければならない。夜も昼もあなたの生全体に織り込まれている、まさに呼吸のように、自分自身にその心の状態を織り込まなければならない。俳優が役を演じるとき、自分が演技をしていることをよく認識しているのと同じように、 あなたは、行為中に行為しないことを実践し、すべての活動で無頓着かつ注意深くなければならない。俳優は役に夢中になり、その中で意識を失うことはない。演技をしていても、切り離されたままでいる。あなたもそのようになり、そのようなままでなければならない。

人が活動に従事している間、注意深く見ていれば、無頓着のままでいることは難しいことではない。それは観察の自然な結果だ。私は道を歩いている。もし歩くという行為を完全に観察するならば、私は歩いていると同時に、歩いていないことを感じるだろう。歩くという行為は物理的な水準では行われているが、意識のレベルでは歩きは無い。食事をしていても、他のことをしていても、同じように感じるだろう。あなたの中には、ただ見る者である一点が存在するだろう。それは行為者でも、享楽者でもないだろう。この見ることの経験が深まれば深まるほど、幸福や悲しみの感情は徐々に解消されていき、絶対的で純粋な意識であるアートマン、あなたの自己を実現するだろう。

自分の中で同時に複数起こることに気づけていれば、観察ができていると思っていました。しかし、静かにしている時は、何か行為している時よりも微細な観察ができていることに気づきました。逆に言えば、行為中の観察は不十分だったということです。精進します。

238:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2021/03/08(月) 21:56:45 ID:1d4drIFg0 [123/124]
↑善い気付きなのじゃ。
そのようにしてどんどん進むと善いのじゃ。
精進あるのみなのじや。

239:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2021/03/08(月) 21:58:46 ID:1d4drIFg0 [124/124]
真理の実現には善と放棄だけではいかんというのじゃ。
注意深い観察が必要なのじゃ。
自分が観察されなければ自我はなくならないのじゃ。
日々観察し続けることで感情さえも要らないものと気づき、アートマンにも達するのじゃ。

鬼和尚の仏教講読会 別館2
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1600684575/

343:避難民のマジレスさん[]:2021/03/08(月) 00:08:37 ID:EG/mVQzA0
くま訳改
第二句:一つ枕で多くの雨の夜を過ごしたのだ。

347
高野大師入定  高野大師入定
生身大日覚王孫 しょう身大日覚王孫
出入神通活路門 出入神通活路門
迦葉惠持長夜魄 迦葉えぢす長夜のはく
秋月春雨月黄昏 秋月春雨つきくわうこん

柳田聖山先生訳
弘法大師入滅
生き身の大日如来で、覚王仏陀の孫である大師は
神秘な活路の門を開き、その中にお入りになった
摩訶迦葉は鶏足山で入滅され、釈迦の言葉を守り 
秋には風、春には雨、夕月夜の風情が満ちている

くま訳
空海弘法大師入滅
生身の大日如来、仏陀の子孫。
本来の自己が出入りする、禅定の道を切り開いたのだ。
迦葉が受け継ぎ連綿と伝わる釈迦の魂がそこにある。
それは、秋月春雨月黄昏のように、ありのままである。

*高野大師:空海(774-835年)平安時代初期。弘法大師諡号 真言宗開祖 佐伯眞魚(さえき の まお)
 日本天台宗の開祖最澄と共に、日本仏教の大勢が、今日称される奈良仏教から平安仏教へと、転換してい 
 く流れの劈頭に位置し、中国より真言密教をもたらした。
*大日如来:真言密教の教主である仏であり、密教の本尊。一切の諸仏菩薩の本地。
*覚王:仏陀を敬っていう語。覚帝(かくたい)。
*入定:1.禅定に入ること。2.高僧が死ぬこと。入滅。
*出入:赤肉団上に一無位の真人有り。常に汝等諸人の面門より出入す。 
(´・(ェ)・`)つ

344:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2021/03/08(月) 22:48:41 ID:1d4drIFg0 [158/158]
弘法大師の入滅に寄せたのじゃな。

生身の大日如来、覚王如来の孫であるのじゃ。
活路の門に出入りし、神通自在だったのじゃ。
それは迦葉が長年維持した法の魂魄と同じなのじゃ。
春夏秋冬日月万物の全てなのじゃ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました