鬼和尚 2021/03/07(日)

鬼和尚に聞いてみるスレ part18
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1611967514/

304:避難民のマジレスさん[]:2021/03/07(日) 00:29:14 ID:w.ItkDtU0 [43/45]
書き方が悪かったです。厭離されて自己が消えるのが怖いわけではありません。
腹や胸はガッチリ自分だという思いが強くあるから厭離されてないと思ってますが、手や足や頭ははっきりと自分じゃないという確信があるわけじゃなくただ手や足を見てるだけという感覚になるので厭離されたというはっきりとした感覚がないということです。
厭離されたかどうかどうやったら判別できるのか改めてお聞かせください。

305:避難民のマジレスさん[]:2021/03/07(日) 14:25:41 ID:w.ItkDtU0 [44/45]
肉体を部分的に全体を観察して厭離していったら全体を厭離し終わったら気づいたら自分が肉体であるという感覚がなくなっていたというものでしょうか?

それとも最後のパズルのピースがはまるように肉体全体を部分的に厭離し終えたら何かドカーンと衝撃的な体験がやってきて自分が肉体じゃない感覚へ至るんでしょうか?

306:避難民のマジレスさん[]:2021/03/07(日) 14:34:30 ID:w.ItkDtU0 [45/45]
何年か前に初めて肉体を部分的に観察したときに「あ!これは自分じゃないんだ!」という気づきとともに「ふぁーっ」と何かが手放されていく感覚になったんです。そしてその感覚は肉体のすべての部分で起こり最終的には肉体全体にその気づきが起こりました。

しかし、それが厭離だとしたらなぜまだ肉体の死が怖いのでしょうか?自分が自分のことを本当に肉体だと思っているかどうかさえも今はよくわかりません。

308:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2021/03/07(日) 22:42:23 ID:1d4drIFg0 [77/78]
>>304 本当に恐れていないか自分の心を観て何度も何度も確かめるのじゃ。

 おぬしが腹と手に明らかな違いを感じるならばそれで判別しているのじゃ。
 自己が消える恐れが無いならばそれでわかるのじゃ。
 そのような違いは日常では在り得ないことであるからのう。

 自己が消える恐れで逃避してわからないつもりになっていればわからないと想うのじゃ。
 
>>305 今のおぬしは手と腹に違いを感じているのであれば部分から厭離されるじゃろう。
 そうでない者もいるじゃろう。
人や状況によって違うのじゃ。

>>306 おぬしはその時、自己が消える恐れで逃避してしまったからじゃろう。
 それ以来、自己が消える恐れを持ってしまったのじゃ。

 腹とか胸がまだ自分と思うならば、肉体の死が怖いのじゃ。
 腹とか胸を自分と想うと書いているのじゃ。
  
 かなり混乱しているのじゃ。
 肉体の観察が効果があるとわかったのであるから心を観察すると善いのじゃ。

307:避難民のマジレスさん[]:2021/03/07(日) 16:23:17 ID:GBpVsAEo0
鬼和尚様

いつもありがとうございます。

知り合いの息子さんが、軽度の知的障害者で幻聴・幻覚があり困ってあります。幻聴・幻覚を改善する方法はありますでしょうか?

よろしくお願いします。

309:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2021/03/07(日) 22:44:26 ID:1d4drIFg0 [78/78]
>>307 脳異常があるのは腸に異常があるからなのじゃ。
 腸脳相関というのじゃ。
 腸の大掃除をするとよいのじゃ。
 半日とか一日断食をして下剤や浣腸で腸を綺麗にするのじゃ。
 そうすれば治っていくのじゃ。
 実践あるのみなのじゃ。

オショーのSadhana Pathを読んで実践する
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1605702581/

235:避難民のマジレスさん[sage]:2021/03/07(日) 21:06:42 ID:Dp/qMVVc0 [114/114]
涅槃に入ることも、モクシャに入ることも、解放に入ることも、魂に入ることも、アートマンに入ることもない。あなたが去ったことのない場所にどうやって入ることができるのだろうか? そして何が起こるのだろう? 先ほど言ったように、涅槃に入るということはないが、何が起こるかというと、今までいた世界が夢のように溶けて、自分自身の中に自分自身がいることに気づくのだ。このように、その体験は「入る」ということでは全くなく、夢の中でしていた旅が突然終わり、ベッドの上にいる自分を発見するようなものだ。あなたはどこにも行っていないので、戻ることに関する質問はない。何も失っていないので、何かを達成するという話は無意味だ。あなたは夢を見ているだけだ。あなたの旅と探索は夢の中にある。あなたはどこかに行ったり、何かを見つける必要はない。しなければならないことは、目覚めることだけだ。

真理の実現は、常に完璧であり、常に完全だ。そして、その経験、その達成は、徐々にではない。それは進化ではなく、革命だ。夢から覚める人は、徐々に少しずつ覚めるだろうか? 夢があるか、夢がないかのどちらかだ。中間段階はない。そう、修行は長い時間がかかるかもしれないが、真理の実現は、稲妻の閃きのように行われる – 瞬間に、そのすべての全体で。

実現はそのように起こるために、時間がかからない。なぜならば、時間をかけて起こるものは何でも、常に漸進的で、進行的だからだ。修行はある時間を占め、その時間の間で起こるが、実現には全く時間がかからない。それは時間を超えている。

時間を超えた、今、ここにある真理に気付けるよう、今日また新たに観察します。

236:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2021/03/07(日) 22:52:16 ID:1d4drIFg0 [122/122]
涅槃や解脱やアートマンなどの言葉はもはや観念になってしまったのじゃ。
それらに囚われれば逆に障害にもなるのじゃ。
ただ目覚めることが在るだけとオショーは言うのじゃ。
それは一瞬で起こるものじゃ。
自己の存在が幻想であると気付くことで瞬時に起こるのじゃ。

【相談】悟りを開いた人に聞くスレ【仏教】 53 
https://medaka.5ch.net/test/read.cgi/kankon/1597354447/

715:おさかなくわえた名無しさん[]:2021/03/07(日) 01:40:13.38 ID:f8Trsey8
鬼和尚、例えば、日照り続きの時に、多くの民衆が一斉に雨乞いをするのは
効果がありますか?

716:鬼和尚 ◆v4C6SeeabHj8 [sage]:2021/03/07(日) 21:46:43.30 ID:+S4vUpvu
>>715 火を多く炊いたりするのは効果があるというのじゃ。
 雲のもとが空に撒かれるからのう。
 正しい風習も在るのじゃ。

鬼和尚の仏教講読会 別館2
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1600684575/

341:避難民のマジレスさん[]:2021/03/07(日) 00:27:32 ID:yVAtIrvo0
346
趙州三轉語   趙州の三轉語
泥佛不渡水   泥佛水を渡らず 
木佛不渡火   木佛火を渡らず 
金佛不渡爐   金佛爐を渡らず 

詩成小艶述愁情 詩成つて小艶愁情を述ぶ
一枕多年夜雨聲 一ちん多年や雨の聲
長笛暮楼誰氏曲 長笛暮楼たが氏の曲ぞ
曲終江上数峰青 曲終へて江上数峰青し

くま訳
趙州三轉語
泥の仏は水を渡ることはできず(水に溶けなければ、本物の仏、真の自己だ。だから、伝える事が出来る)
木の仏は火を渡ることはできず(火のような燃える煩悩は消してしまえば、仏、真の自己を発見できる)
金の仏は溶鉱炉を渡ることはできない(全てを溶かす溶鉱炉のような観念、言葉、「仏」という言葉も仏
そのものではない。溶鉱炉を打ち壊し、真の自己を見つけ出すのだ)

詩を作って、本心が伝わるようにと願いつつ、愁情を述べる。
枕辺に多年、夜雨の音のような声を聞いてきた。
長く響きわたる笛の音が、夕暮れ時の楼閣から聞える。誰の曲であろうか。
曲が終り、音が消えて、河上の峰々の暗い景色のみが残った。

*「趙州録」の法語:會元第四趙州の章「常堂に曰く、金佛爐を渡らず、木佛火を渡らず、泥佛水を渡らず、  
 眞佛内裡に座す、菩提涅槃眞如佛性、盡く是れ貼體の衣服亦は煩悩と名く、實際理地是れ何の處にか着 
 けん、一心生ぜざれば、萬ホウ咎無し云々」(大成脚注)

*碧巌録 趙州三轉語 第九十六則
(´・(ェ)・`)つ

342:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2021/03/07(日) 23:18:46 ID:1d4drIFg0 [157/157]
趙州の三轉語というのじゃ。
泥の仏は水を渡れないのじゃ。
木の仏は火を渡れないのじゃ。
金の仏であっても炉を渡れないのじゃ。

泥でも木でも金でも観念があれば苦が在り、彼岸には渡れないということじゃな。

小艶詩が出来て愁情を述べるというのじゃ。
一つ枕で多くの雨の夜を過ごしたのじゃ。
誰の曲か暮れの楼閣に長笛が響くのじゃ。
曲が終わると河の上に青い峯が幾つも見えたのじゃ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました