鬼和尚 2021/02/28(日)

鬼和尚に聞いてみるスレ part18
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1611967514/

252:避難民のマジレスさん[]:2021/02/28(日) 11:02:33 ID:QRTQ98go0 [1/3]
鬼和尚、胸の内を聞いて頂けないでしょうか。

自分はずっと引きこもっていて、人生が停滞していたのですが、
最近、自分自身がまったく予想していなかった縁を得ることができて、
新しいことを始めることになり、停滞した状態から、
一歩踏み出すことになりました。

それは良いことなのですが、数日前に寝ている時に、
昔自分がバイトをしていた時にしたことを思い出し、
心が苦しくなり、何も手につかず前に進めなくなってしまいました。

そのバイトは3年程勤めました。

確か2年目ぐらいだったと思いますが、新人の指導的なことを任されました。

自分は人に教えたりするのが苦手でやりたくなかったので、
なるべく断っていたのですが、確かその日は最初から決められていたか、
他に適当な人が居らず、やらざるを得なかったと記憶しています。

細部はもう覚えていないですが、新人は何人かいて、
一人以外は問題なく作業できたのですが、その一人に、
その日は最後まで、ちゃんと教えてあげれませんでした。

今から思えば、もっとちゃんと教えてあげればよかったとも思いますが、
ただ、自分もやらなければならない作業を抱えていたのと、
慣れれば誰でもできるような仕事で、慣れるまでの期間に個人差があるだけなので、
その時点でできてなくても特に問題はなかったので、
(そのこと自体を伝えてあげればよかったかもしれません。)
それ自体は仕方ないと思っています。

後悔しているのは、その日の仕事が終わった後、
事務所で他の同僚に対して、その新人のことを馬鹿にするようなことを
言ってしまったことです。
周りをよく見てなかったですが、狭い事務所なので本人がいたら
聞こえていたと思います。いたかどうかは記憶がはっきりしてなくてわかりません。
忙しい時期は人の出入りも激しく、短期の人も多かったので、いつ辞めたかは
これもはっきりしないですが、多分その後すぐ辞めてしまったと思います。
その人がやめてしまったことに気づいた時は、自分のせいかもしれないと
思ったものの、その後すぐにそのことは忘れてしまっていました。

自分が今、新しいことを始めようと思ったときに、思い出し、心が苦しくなり、
勇気が持てなくなって、前に進めなくなっています。

ここで謝っても仕方がないかもしれませんが、謝らせてください。
申し訳ありませんでした。もうしません。

鬼和尚、どうすれば前に進めますか?

253:避難民のマジレスさん[]:2021/02/28(日) 11:20:44 ID:QRTQ98go0 [2/3]
もう一つ、数年前から抱えている心のわだかまりがあります。
数年前に、芸能的な活動をしている人を、
ネットの掲示板で批判してしまいました。
普通の筋が通った主張とかならいいのかもしれませんが、
自分の執着から愚かなことを言ってしまいました。
思い出す度に自分が惨めになって苦しくなります。
申し訳ありませんでした。自分が苦しむだけだとわかりました。
もうしません。

254:避難民のマジレスさん[]:2021/02/28(日) 12:39:51 ID:w.ItkDtU0 [32/34]
わかりました。ありがとうございました。

呼吸瞑想をしていると逆腹式呼吸でやっているので気が発生している感じがあります。
気が発生すると禅定に入りやすいとかありますか?
また、もしそうならそれはなぜですか?

257:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2021/02/28(日) 22:04:16 ID:1d4drIFg0 [63/64]
>>252 懺悔告白したから許されたのじゃ。
 もはや囚われることはないのじゃ。
 これからは人の悪口は言わないようにするのじゃ。

 誉める言葉が無ければ口を開いてはいけないと古人も言っているのじゃ。
 その心構えを忘れないようにして勇気を出して進めば善いのじゃ。
 そうすれば過去の罪も善事で購えるのじゃ。
 実践して前進あるのみなのじゃ。

>>253 それも懺悔告白したから許されたのじゃ。
 これからは善い言葉だけ書くと善いのじゃ。
 実践あるのみなのじゃ。

>>254 そうじゃ、気が多く発生すると禅定にも入りやすいじゃろう。
 気が頭の中にまではいるからなのじゃ。
 頭頂のブラフマランドラまで入ればサマーディにも入れるのじゃ。
 実践してたしかめるのじゃ。

255:避難民のマジレスさん[]:2021/02/28(日) 16:22:39 ID:w.ItkDtU0 [33/34]
呼吸瞑想はからっきしダメで、禅定に入れたことがないんです。

音瞑想で入った初禅は脳が麻酔をかけられたかのようになり後頭部がひんやりしたとても気持ちいい感覚になりましたが、呼吸瞑想では吸って吐く息が「あー、気持ちいいなあ」くらいの気持ち良さなので初禅に入ってるかどうかわかりません。
どちらにせよ音瞑想の初禅の気持ち良さには遠く及びません。

呼吸瞑想での初禅も脳が麻酔をかけられてひんやりするくらいの気持ち良さなんですか?

呼吸瞑想で禅定に入れなくて凄く辛いです。

256:避難民のマジレスさん[]:2021/02/28(日) 18:05:49 ID:w.ItkDtU0 [34/34]
何年も前の話ですが、急に世界への認識が赤ちゃんとか幼児期の頃に見ていた世界の感覚になったんです。
急に「うわ!これ幼児期に見ていた世界の感覚じゃん!」
ってなったんです。

その世界の感覚はとても素晴らしくて、なにもかもが新しく美しく、そんな世界でした。

これは一体なんなんでしょうか?

また、鬼和尚が普段感じてる世界の感覚とは違いますか?

258:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2021/02/28(日) 22:10:38 ID:1d4drIFg0 [64/64]
>>255 それはおぬしに向いていないからじゃろう。
 自分にあった瞑想をすると善いのじゃ。

 音の瞑想と同じ位なのじゃ。
 法に拠って違いは無いのじゃ。
 自分の至れる境地によるのじゃ。

>>256 阿頼耶識が一時とまったのじゃな。
 わしにはもはや世界は無いのじゃ。
 全て一つなのじゃ。
 永遠の安楽と喜びがあるだけなのじゃ。
 おぬしも早くくると善いのじや。

オショーのSadhana Pathを読んで実践する
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1605702581/

218:避難民のマジレスさん[sage]:2021/02/28(日) 21:01:05 ID:Dp/qMVVc0 [107/107]
第三の質問: シャスターラの助けなしで、どのようにして私たちは真理を知ることができるのでしょうか? それを通してのみ、真理を知ることができるのではありませんか?

あなたは、もしすべての聖典、すべてのシャスターラが破壊されたならば、真理もまたそれらと一緒に破壊されるだろうと言いたいのだろうか? 真理がシャスターラに依存しているのか、それともシャスターラが真理に依存しているのか? 友よ、真理はシャスターラによって達成されたことはない。それどころか、シャスターラは、真理が実現した後に得られ、明らかにされた。価値があるのはシャスターラではなく、真理だ。根本的なものは真理であって、シャスターラではないのだ。そして、もし真理がシャスターラを通して達成できたならば、それは非常に安い真理となるだろう。あなたは自分自身を変えることなく、それを達成することができるのだから。

しかし、シャスターラはあなたの記憶を埋めることができるだけで、自己の知を与えることはできない。そして、真理の道筋では、訓練された記憶は全く助けにならない。真理のためには、自己変革の代償を払わなければならない。シャスターラはあなたを専門家や学者にすることはできるが、知を与えることはできない。シャスターラはより多くのシャスターラを生み出すことができる。これは自然なことだ。物質は物質を生み出すことができるだけだ。しかし、どのようにして知はそこから生まれるのだろうか? 知は意識の一形態だ。無意識の物質からは生まれない。シャスターラには生命がなく、意識がない。ゆえにこれは真理のためのものではない。シャスターラは無意識で生命のない記憶を豊かにするだけだ。意識的な知は、それらを通して達成することはできないが、自分自身の中に入ることによってのみ達成することができる。

あなたは、いったいどうやって真理がシャスターラの助けなしで知ることができるかと尋ねている。これに対して私は、あなたがシャスターラに自分自身を閉じ込める限り、いったいどうやって真理を知ることができるのかと尋ねよう。真理は他の誰かから、シャスターラから、あるいはグルから得ることができるというのは間違った考えだ、なぜならば、あなた自身の中への探究をできなくするからだ。この考えは大きな障害だ。これもまた、輪廻の中、世界の中での探求だ。シャスターラもまた世界の一部であることを心に留めておきなさい。外にあるものは何でも世界だ。真理は内側、自己の中にあり、外側にはない。自己は本当のシャスターラだ。それはまた、唯一の真のグルでもある。自己に入ることによって、真理は達成される。

自己が真のグルだというのはラマナマハルシも述べていましたが、どのように修行に役立てられるのでしょうか。少し詳しくお教えください。

219:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2021/02/28(日) 22:16:28 ID:1d4drIFg0 [112/113]
自己の真のグルは悟りへの願望が生みだすものじゃ。
悟りへの願望が強いほど、正確に悟りへの道に導いてくれるのじゃ。
悟りへの願望が弱ければ、その導きも弱くなってしまうのじゃ。
誰でも永遠の安らぎには憧れるが、欲に囚われていては真のグルもどうしようもないのじゃ。
全ての欲を捨てて悟りへの願望を強く保てば、心の奥から自然に行く道が示されるのじゃ。
それが真のグルなのじゃ。

220:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2021/02/28(日) 22:31:30 ID:1d4drIFg0 [113/113]
強い願望に拠ってそのように心にあるグルが確立したならば、例えば日々の修業に怠け心が生じたならば、それを咎めることもあるのじゃ。
誰でも日々の修業は辛いから、怠けたくなるものじゃ。
特に体の怪我とか心に苦があったり、日常にトラブルがあった時等は怠ける口実が出来たせいで休みたくなるものじゃ。
そのとき休もうとしたら心に咎めが生じて、やはり実践しようとする気持ちになるじゃろう。

座っていても金とか異性のことばかり考えていたとしたら、その時も心に咎めが生じてちゃんと修業しなくてはという気持ちになるのじゃ。
それが自分の心にある真のグルの働きなのじゃ。

外のグルにはそのような内心の小さな働きまではわからないからのう。
自分の心にあるグルであるからそのように心の中の小さな働きまで確かに知って、導くことが出来るのじゃ。
これもまた一例に過ぎないのじゃ。
まだ多くの働きがあるが、実践によって確かめるのじゃ。

【相談】悟りを開いた人に聞くスレ【仏教】 53 
https://medaka.5ch.net/test/read.cgi/kankon/1597354447/

694:おさかなくわえた名無しさん[]:2021/02/28(日) 04:08:54.57 ID:qWkeNuQ2
鬼和尚、気功師兼ヨーガの先生、望月勇氏の本を読んでると、
仏教とは違った視点(「気」)で書かれているので、大変参考になります。
お釈迦様が説いていない事も多いです。
仏教を別の視点で見ることが出来て、勉強になります。
鬼和尚は、どう思いますか?

695:鬼和尚 ◆v4C6SeeabHj8 [sage]:2021/02/28(日) 21:59:11.19 ID:6AphkRWC
>>694 いろいろ学ぶのは善いことじゃ。
 それで自分を知ることができるならば、大いに役に立つのじゃ。
 そうでなければただの時間の浪費になるのじゃ。
 実践して確かめるのじゃ。

悟りを開いた人に聞いてみるスレ【人生相談】77
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/jinsei/1576583672/

836:マジレスさん (アウアウエー Sa72-DFeu [111.239.152.231])[sage]:2021/02/28(日) 19:12:46.32 ID:DowR2GNWa [1/2]
>>834
鬼和尚さま
いよいよ明日は初出勤です
働くのが久しぶりなので少し緊張しています
明日は朝6時半に携帯の目覚ましセットしました
とりあえず明日頑張ってきます
実践あるのみですよね

837:マジレスさん (アウアウエー Sa72-DFeu [111.239.152.231])[sage]:2021/02/28(日) 19:36:36.15 ID:DowR2GNWa [2/2]
鬼和尚様
明日行くのすごい怖いです
今までは失敗ばかりの人生で物の考え方もおかしかったです
それで、長い間過去の自分をみつめなおし何がだめだったか反省もしたのですが…
やはり過去に失敗した経験ってのは生きてく上で障害になりますね

838:鬼和尚 ◆v4C6SeeabHj8  (ワッチョイ 3a67-oL1e [219.192.74.62])[sage]:2021/02/28(日) 21:57:16.12 ID:uEQo/wqp0
>>836 そうじゃ、実践あるのみなのじゃ。
 何でも誰でも初めは怖いものじゃ。
 思い切ってやってみると意外に簡単だったりするのじゃ。
 思い切りが必要なのじゃ。

>>837 失敗した時のことばかり考えてはいかんのじゃ。
 反省したらもはや忘れたら善いのじゃ。

 成功した時の事を思い出すのじゃ。
 おぬしも何か成功したことはあるじゃろう。
 それを常に思い出して自分にもいろいろ出来る事があることを認めると善いのじゃ。
 どんどん金を貯めて投資すると善いのじゃ。

鬼和尚の仏教講読会 別館2
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1600684575/

327:避難民のマジレスさん[]:2021/02/28(日) 01:04:05 ID:tYkVRNNg0
くま訳全面改
前の車が覆れば後車は驚くのだ。
警策を怠れば必ず災いを生むのである。
半醉半醒の夜遊びの者は、
カラスが鳴き月が落ちる深夜まで何も気付かず遊びまわるのだ。


339    2/2
示會裏俗徒警策 詩 示會裏の俗徒に示す警策 詩
詩歌吟詠失全功 詩歌吟詠全功を失す
天上人間軍陣中 天上人間軍陣のうち
意舞酔歌休度日 意舞醉歌して日をわたるをやめよ
飛揚跋扈爲君雄 飛揚ばっこ君が為に雄

武田鏡村先生訳・解説抜粋
詩をつくり歌をうたうなどは、いざというときには、なんの力にもならぬ。
我々人間界は、いまや戦陣の真っ只中にある。
毎日、心を乱舞させ、狂酔して歌をうたうなど、やめよ。
そんな放恣な生活は、お前自身のためにしかすぎないのだ。頭を冷やして、国のこと、民のことを考えよ。

一休は杜甫の「贈李白」の詩をふまえて、こう義政らを叱る。
一休の為政者に向ける怒りと憤りは、・・おさまらない。この乱世では、詩をよみ、うたうことが、いかに
無意味なものであるとわかっていても、一休は詩に託して、その憤怒を吐き出すしかない。
・・・『年譜』によると応仁元年、七十四歳の一休は、寓居する瞎驢庵を八月に兵火を避けるために出て、
東山の虎丘(くきゅう)庵に移ったが、九月一日に薪村の酬恩庵に入ったと伝えている。その間、瞎驢庵は
兵火に焼かれ、大徳寺もまた炎上、焼失していた。これ以降、一休はその死をむかえるまで、洛中において
寓居することはなかった。

くま訳
会派の在家信者への警策 詩 2/2
詩を詠み、歌うことなど、一切の攻を無くした。
天上人も、人間も戦陣のただ中にあるのだ。
浮ついた気持ちで、酔歌して日を送るのをやめよ
権勢を振るい思いのままに振舞うのは、君自信の為だけの蛮勇にすぎないのである。

*うむ。在家信者に擬して、足利義政等、為政者をしかったのでありますかね。
*飛揚跋扈(ひようばっこ):思うままにのさばり振る舞うこと。また、臣下が権威をほしいままにして君主 
 をしのぐたとえ。▽「飛揚」は猛禽が飛び上がる、舞い上がること。「跋扈」の「扈」は水中に仕掛けて 
 魚を捕らえる竹垣の意。「跋」は越える意で、大魚がそれを越えて抜け出ること。規制や拘束などを無視 
 して横暴に振る舞うこと。
*雄:おおしい。勇ましく強い。胆力・知力のすぐれた人。

おまけ:杜甫 李白を詠う
贈李白     李白に贈る
秋来相顧尚飄蓬 秋来相顧みれば 尚お飄蓬(ひょうほう)たり
未就丹砂愧葛洪 未だ丹砂(たんしゃ)を就(な)さずして葛洪(かつこう)に愧ず
痛飲狂歌空度日 痛飲狂歌空しく日を度り
飛揚跋扈為誰雄 飛揚跋扈(ばっこ) 誰(た)が為にか雄なる

紀 頌之 先生訳
秋になり顔を見合わせると  瓢か蓬のように頼りない
いまだ丹砂にも辿りつけず  葛洪に合わせる顔がない
飲み明かし  歌い狂って  空しく日を送り
飛び跳ねて暴れているが  誰のためにやっているのだ
(´・(ェ)・`)つ

328:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2021/02/28(日) 23:53:53 ID:1d4drIFg0 [150/150]
大体そんな感じじゃな。

詩歌の吟詠などは修業の効果を失ってしまうのじゃ。
天上人も戦場のような皆苦の娑婆世界にいるのじゃ。
酔っ払って歌舞して日を過ごすのは休むと善いのじゃ。
どれほど権威を振りかざしても自己満足に過ぎないのじゃ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました