鬼和尚 2021/02/24(水)

鬼和尚に聞いてみるスレ part18
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1611967514/

228:避難民のマジレスさん[]:2021/02/23(火) 22:24:56 ID:rlAecqNg0 [9/9]
鬼和尚様
先日も私の質問に答えていただきありがとうございます。
こんどうさんの方がいいんですか。
主治医に相談してみます。

229:避難民のマジレスさん[]:2021/02/23(火) 22:33:23 ID:w.ItkDtU0 [27/27]
無色界禅定より気持ちいいなんて無敵ですね。1秒でも早くそちら側に行きたいです。

第何禅からサマーディと呼べるんですか?
それとも、そもそもサマーディとは禅定と関係ないところの別の話なんでしょうか?

230:天佳[]:2021/02/23(火) 23:24:21 ID:1eEZym220
>>226
お返事ありがとうございます。
精進します。

233:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2021/02/24(水) 23:52:19 ID:1d4drIFg0 [57/58]
>>228 そうじゃ、薬ではないからのう。
 ちゃんとやれば効果も高いのじゃ。
 実践あるのみなのじゃ。

>>229 二禅から上で自我を忘れたらサマーディなのじゃ。
 
 ヨーガスートラではディヤーナの上がサマーディに成っているがのう。
 流派によって段階や名称に違いが在るのじゃ。
 
>>230 そうじゃ、精進あるのみなのじゃ。
 またおいでなさい。

231:避難民のマジレスさん[sage]:2021/02/23(火) 23:53:06 ID:ipLpC6pY0 [2/2]
>>226
早寝早起きは絶対ではないのですね。
自分の経験を信じます。ありがとうございました。

232:龍閃[sage]:2021/02/24(水) 23:10:07 ID:B7GpJbvc0
お釈迦様が亡くなったとき、大地震は起こりましたか。

234:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2021/02/24(水) 23:56:36 ID:1d4drIFg0 [58/58]
>>231 そうじゃ、自分の感じたことをありのままに受け容れるのじゃ。
 それが一般的な知識よりも正しいのじゃ。
 実践あるのみなのじゃ。

>>232 起きたのじゃ。
 それは人の心が強く動揺したからなのじゃ。
 この世は人の心で成り立っているからのう。

オショーのSadhana Pathを読んで実践する
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1605702581/

204:避難民のマジレスさん[sage]:2021/02/23(火) 22:11:49 ID:Dp/qMVVc0 [102/103]
正しく気づいていることが瞑想の方法だ。あなたは見なければならない、ただ、外に何があるか、内に何があるかを。外には物があり、内には思考がある。あなたは何の目的もなくそれらを見なければならない。何の目的もなく、ただ見ているだけだ。あなたは目撃者、無関係の目撃者であり、ただ見ているだけだ。この観察、この注意深さは、徐々にあなたを平和に導く、空虚に、空に、無思考に。試してみればあなたは知るだろう。思考が消えていくと、意識が目覚め、浮かび上がってくる。ただふと止まりなさい、しばらくの間 – いつでも、どこででも。ただ見て、聞いて、世界と自分自身の目撃者でありなさい。考えてはならない。ただ目撃者になって、何が起こるかを見なさい。そして、この見ることが広がるようにさせなさい、あなたの肉体的、精神的活動のすべてに浸透するようにさせなさい。それが常にあなたと一緒にいるようにさせなさい。もし見ていることが在れば、あなたの自我はなくなり、あなたは本当の自分に気づくだろう。「私」は死に、自己が達成される。

この見ることの修行の中で、自分の精神状態の観察の中で、容易な変容、容易な切り替わりが、目撃されているものと目撃者であるものの間で起こる。あなたが自分の思考を観察していると、観察する者が垣間見えてくる。そしてある日、見者がそのすべての威厳と栄光の中に顕れ、すべてのあなたの貧困と惨めさは終わりとなる。

これは、たまにしか修行できないが、それでも解放を得るという修行ではない。これは昼夜を問わず、継続的に修行しなければならない。見ることを修行していくうちに、見ている状態にさらに移行していくと、その状態がより安定してきて、常に存在し始める。徐々にそれは、起きているときも眠っているときも、常にあなたと一緒にいるようになる。それは睡眠中にも存在し始める。そうなったとき、それが眠りの中にも存在し始めたとき、あなたはそれが心の奥深くに入り込み、その根を遠く広大に広げていることを確信することができる。今日、あなたは起きている時でさえ眠っている。明日、あなたは眠っている時でさえ、起きている。

観察が失われる状況がわかってきています。例えば他者と会話したり、強く興味を惹かれることに出会ったり、深く眠ったりする場合です。特にそのような状況では気をつけて観察を保つようにしたいと思います。ただ深い眠りでは、今のところできそうな感じはありません。

206:避難民のマジレスさん[sage]:2021/02/24(水) 20:47:48 ID:Dp/qMVVc0 [103/103]
この見ることは、私たちを夢からも眠りからも目覚めさせることで思考を消していく。思考や夢から解放された心の中で、波は消えていく。心は、波がないときに海が穏やかであるように、家に吹き込む風がないときにランプの炎がちらつかないのと同じように、揺れもなく、波のない、穏やかな状態になる。自己であり、私であり、真理である神が知られるのは、そのような状態の中でだ。そうして、神の宮殿への門が開く。

この門、この入り口は、経典の中にあるのではなく、言葉の中にあるのでもなく、自己の中にあるのだ。だからこそ、私は他の場所を掘るのではなく、自分自身の中を掘れと言う。他のどこにも行ってはならない。自分自身の中に入りなさい。私は入る方法を説明してきた。

あなたの静けさと目の輝きから、あなたが私が言わなければならなかったことを理解しているとわかった。しかし、この理解だけでは十分ではない。真実の生の基礎となるのは、理解ではなく、霊的な経験だけなのだ。私が示した方向に少し歩いてみなさい。その方向に少しだけ進んで、そして見なさい。あなたが真理に向かって移動するとき、それに近づくとき、その引っ張りの影響を受けるので、あなたが少しだけ歩いたとしても、長い道のりを行っているだろう – そしてその後、あなたは全く歩かない、ただただ引き寄せられていく。

そして最後に、歩き続ける人はいつか目的地に到達することを覚えておきなさい。神の方向へのどんな一歩も無駄ではない。私はこの真理の証人だ。あなたにもこの真理を一瞬でも実現して欲しい!それであなたも真理の証人になれる。それはあなたのすぐそばにある。太陽はすでに昇っている。あなたはただ目を開けてそれを見る必要があるだけだ。

目を開けて欲しい。私の呼びかけを聞いて、目を開けてくれるだろうか? 決めるのはあなた、あなただけだ。開けるか開けないか?

目を開けます。目を開けたいです。
これで8章は終わりです。もしおかしな訳などがございましたら、お願いします。

207:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2021/02/25(木) 00:00:51 ID:1d4drIFg0 [104/105]
前日の>>204「これは、たまにしか修行できないが、それでも解放を得るという修行ではない。」
というところが少しおかしいのう。
 下から五行目なのじゃ。

 あとはよいようじゃ。

208:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2021/02/25(木) 00:04:31 ID:1d4drIFg0 [105/105]
心を止めることと、心を観ることは上手くできれば速やかに進歩することができるのじゃ。
心を鎮めることで観察が良く出来るようになり、観察が出来ることで心の静けさも増していくのじゃ。
そして自分も容易に見られるようになるのじゃ。
たとえそれで少し迷い道に入ったとしてもその経験は無駄ではないのじゃ。
思考の悟りに至れば迷い道さえも最も近い道だったとわかるのじゃ。
それまで精進あるのみなのじゃ。

悟りを開いた人に聞いてみるスレ【人生相談】79 
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/jinsei/1580742911/

994:マジレスさん[sage]:2021/02/22(月) 22:18:08.65 ID:1bNIcmy+
次スレ ↓

https://rio2016.2ch.net/test/read.cgi/jinsei/1576583672/

996:マジレスさん[sage]:2021/02/23(火) 21:37:51.39 ID:7eqL+iJi
鬼和尚様
今日は寒かったのででかけませんでした
この一週間は気温が低いみたいです
一昨日と昨日は春みたいだったのに

997:鬼和尚 ◆v4C6SeeabHj8 [sage]:2021/02/24(水) 21:58:14.32 ID:rpq/l6/8
>>994 ご苦労さんなのじゃ。

>>996 もう少しは寒いようじゃ。
 しかし春ももう近いのじゃ。
 楽しみに待つと善いのじゃ。

鬼和尚の仏教講読会 別館2
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1600684575/

317:避難民のマジレスさん[]:2021/02/24(水) 00:40:26 ID:QQdhDUfw0 [1/2]
336
賀大用庵養叟和尚 大用庵養叟和尚、
賜宗慧大照禪師號 宗慧大照禪師號をたまふを賀す
紫衣師号奈家貧 紫衣師号、家の貧をいかんせん
綾紙青銅三百緡 りょうし青銅三百ミン
大用現前贋長老 大用現前がん長老
看来真箇普州人 看来たれば真箇普州の人

『雑学の世界』HP先生解説・訳 334のつづき
その後、政治的手腕に恵まれ、渡世(とせい)の才幹(さいかん)にも人一倍たけていた師兄養叟は、さらに商
業的教団演出者としての離れ技を出して、康正3年(1457)9月20日「宗恵大照(そうえだいしょう)禅師」と
いう号を手に入れた。没後の追賜は別として大徳寺の住持に禅師号を特賜されたのは、養叟が初めてである。
すなわち、彼は極度に衰微した大徳寺を紫(し)衣(え)勅許の出世道場にしあげたのである。あくどい手段で
獲得した虚名に対し、一休は「大用庵養叟和尚、宗恵大照禅師の号を賀す」という詩を以て、次のように吟
じた。
「緡」は、お金を通す糸である。「普州人」は、昔四川省の普州には盗人がたくさんいたと言われる。一休
から見れば、

紫衣や禅師号をいただいたのはいいが、肝心の養叟一家の禅風の貧しいことはどうだ。
禅師号の綸旨(りんじ)は、青銅の三百緡にも等しい価値があるそうだなあ。
にせ住職のこのたびのはたらきは、面目躍如たるものがある。
よく見たら、この老師は本物の普州の盗人である。

くま訳
紫衣師号を賜っても、禪風の貧しさはどうにもならんのである。
賜った綾紙(綸紙及び賜物)は青銅三百緡の価値があるそうではないか。
偽せ長老の面目躍如であるな。
今まで見てきたが、お前は真の盗賊であるな。

*宗恵大照禅師:養叟 宗頤(ようそう そうい)の諡号
*綾紙青銅三百緡:綸紙及び賜物をいふ、緡は銭を通す絲なり
*普州:支邦の普州は昔盗賊の集會する所として傳ふ、故に普州の人とは盗賊を意味するなり。にせ長老は
 えらい儲けものをした、丸で泥棒のようなものであると、還って大用庵の大用たる活眼の人自ら之を知る
 のみと、一休なかなかのすれ者なり。
*大用:1 大きな作用。大事な働き。2 大きな効用・効果。
*1453年8月、大徳寺山内の諸堂が焼失。浴堂と山門の庇、妙意庵と大用庵以外はことごとくを焼失。 
 大用庵を開創した養叟宗頤は、大徳寺再興に着手している。まもなくして法堂と方丈がなる。そして大用
 庵の建物を移し、雲門庵を再建している。被災5年後の1457年、宗頤は、後花園天皇より宗慧大照禅師
 の号を賜っている。これは大徳寺再興の功によるものだと考えられている。
(´・(ェ)・`)つ

318:避難民のマジレスさん[]:2021/02/24(水) 00:47:06 ID:QQdhDUfw0 [2/2]
おまけ 『雑学の世界』HP先生解説・訳 のつづきである。この後、329 330 へつづくのである。
それだから、一休は養叟の号「宗恵大照」の発音を似せて、彼を「宗穢大焼」禅師と称した。
一休が、これほど師兄養叟を痛烈に攻撃するのは、その旺盛な名誉心への反感だけでなく、またその悪劣な
商法を髄から悪むからである。「得(とく)果(か)投(とう)機(き)多く人に教ふ、青銅の定価両三緡(古則公
案を種々人に教え、その代償として定価二、三緡をとる)」「金を擢(つか)む手段機輪転ず、君子果(か)然
(ねん)多く財を愛す(養叟の金をつかむ手段は、あたかもバネの輪が転ずるようにすばやい。君子ははたし
てたいそう財を愛せられるわい)」等と、一休はその悪行(あっこう)を次々に摘発し、糾弾した。彼は、
すっかりお金に目がくらんで、その儲けに疾(と)うに手段を選ばない牛馬のような人非人に堕落してしまっ
たため、一休はさらに、「栄衒(えいげん)の悪知識(あくちしき)に示す」(2首)をもって、その憤慨を噴き
出した。

↓は、330の詩(>>303)の際に省略した、訳及び解説である。

人の真似をすることしか知らぬのに、自分は一番偉い僧だといっている。
世間がそれをあざけり笑っているのに対して、ただぷんぷん怒っているのみだ。
とりえのない一匹の猿がしゃしゃり出て、
大機大用のお師(し)家(け)様だといばっている
と、一休は詠んでいた。
このように、一休の養叟批判はますます激しく、康正元年(1455)そのピークに達したのである。「年譜」に
よると、その年の「正月、泉南の(養叟に対する)嘲りの偈が京まで伝え届いた。師(一休)は、それに和韻を
し、二百首余りの偈を作り、編集して一巻となった。それに題して「自戒」という。」「自戒集」には、漢
詩のほかに、また仮名交じりの散文もかなり集録されている。「年譜」に記されたように、これはもっぱら
養叟を論難するために作った作品集だから、その数々の作品は、ほとんど具体的に養叟の悪事をいちいち指
摘して、難詰したのである。
(´・(ェ)・`)b

319:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2021/02/25(木) 00:11:17 ID:1d4drIFg0 [146/146]
その大用庵を養叟和尚が継いだのじゃな。
政治と金に囚われた養叟和尚を批判したのじゃな。

紫衣師号を得たが禅家として貧しいのじゃ。
綸旨は銭三百緡で得たのじゃ。
大用庵に偽和尚が現われたのじゃ。
見に来てみればほんとに盗賊だったのじゃ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました