鬼和尚 2021/02/22(月)

鬼和尚に聞いてみるスレ part18
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1611967514/

211:132[]:2021/02/22(月) 06:54:44 ID:XYdYyd/60 [1/4]
YouTubeの哲学ちゃんねるを見ると鬼和尚と私の話は古代インドのサーンキヤ哲学の内容に近いですね。
つまり、プルシャ(見る意識)が根本原質で、そこから様々な性質が派生していったと。
このサーンキヤ哲学も「苦の滅却」を根本課題にしていたようで、恐ろしいほど鬼和尚の普段の教説に似ています。

212:132[]:2021/02/22(月) 07:07:15 ID:XYdYyd/60 [2/4]
失礼。サーンキヤ哲学の説明に誤りがあったようです。
プルシャは純粋精神でプラクリティが根本原質とされるようです。
鬼和尚が「世界の背後で一切を見ているものを見よ」と言う見ているものがプルシャで、プルシャ(純粋精神)が自己以外のもの(プラクリティ)に関心を示した時に世界が発生したと考えるようです。
夏目漱石にも影響を与えたと言われ、『草枕』と言う小説は、日常生活を送りながらもプルシャを実現しようとしていた夏目漱石の苦闘の記録だと思うと感慨深いですね。

213:132[]:2021/02/22(月) 07:30:36 ID:XYdYyd/60 [3/4]
面白いのは、プラクリティから流出してきた原理に「ブッディ」(知覚)があるのですが、多くの人はこれをプルシャ(純粋精神)だと誤解するのだという。
鬼和尚もよく、「さらに奥に見ているものが居るのじゃ」と言うのは、ブッディとプルシャの違いと考えると合点がいくのかも。
しかも、サーンキヤ哲学だと、ブッディは身体的根拠を持つと言うので、現代で言えば脳機能の事だよね。
つまり、サーンキヤ哲学は脳機能である知覚と純粋精神は、全く別次元の存在と言うように考えていた事になる。
当たり前だが、現象世界から一切の意味作用を取り除き、五感のスイッチも切ると、幻覚状態だけ残る。さらにこの幻覚状態からも関心を引いていくと、一種の入眠状態に至る。この状態は精神活動が停止しているので「無」だろう。
しかし、「無を見ているものが居る」としたら、それが、プルシャなのだろう。

ところで、鬼和尚は、プルシャの状態にも戻れるが、仮の人格を作って現象世界を眺めたりも出来るとしたら、そのときに、別の肉体に宿ることも出来るのですか?
それとも出来ないとしたら、サーンキヤでも説明出来ないような肉体と精神のメカニズムがあるように思います。

214:132[]:2021/02/22(月) 08:56:58 ID:XYdYyd/60 [4/4]
ただ、このサーンキヤ哲学は、古代仏教とは対立する思想でもあった可能性はある。
だけども不思議と鬼和尚仏教とは似ている所があるね。

ところで、日常生活で、相手が怒っているとき、「怒っている相手」を認識すると、ますます怒る存在として躍動するのですが、相手に関心を払わないようにすると、「怒っている相手」と言う在り方を中断すると言う現象が見られます。
サルトルが「地獄とは他者である」と言うような事を言いましたが、関心を持ったり持たれたりと言うことが無い瞬間には、プラクリティの性質は決まっていない。観察した途端に性質が決まると言うのは、散々言われていますが、現代の量子力学の知見と酷似しているように思います。(シュレーディンガーの猫)
鬼和尚はこのような現象を認めますか?もし有るとしたら、鬼和尚の宗教体験から説明がつきますか?

215:避難民のマジレスさん[]:2021/02/22(月) 12:02:07 ID:rlAecqNg0 [8/8]
鬼和尚様
昨日も私の質問に答えてくださり本当にありがとうございます。肝臓の負担ですか。
他の避妊方法だとコンドームの他にはミレーナ(ホルモン剤)を挿入するや卵管を縛るなどがありますが
ピルを飲む以外ならミレーナかなと思いますが鬼和尚様はどう思いますか?
悟り以外の質問ですみません…

219:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2021/02/22(月) 22:02:33 ID:1d4drIFg0 [53/54]
>>213 別の肉体などないのじゃ。
 全て意識なのであるからのう。
 誰でも意識である肉体を共有しているのじゃ。
 表層意識では気付かないだけなのじゃ。

>>214 全ては心に拠って作られるのであるからなんでもあるのじゃ。
 おぬしが認めればあるのじゃ。
 おぬしが認めなければすべてないのじゃ。
 全てはおぬし次第なのじゃ。

>>215 ホルモン剤だと薬とあまり変らないのじゃ。
 ピルも主成分が黄体ホルモンであったりするからのう。
 こんどうさんを使うと善いのじや。

216:避難民のマジレスさん[]:2021/02/22(月) 15:00:51 ID:w.ItkDtU0 [24/25]
わかりました。ちなみに鬼和尚は悟ってるので至福の境地におられるのだと思いますが、その「至福」と「座禅での禅定」、どちらの方が気持ちいいですか?どちらの方が快感が強いですか?

217:避難民のマジレスさん[]:2021/02/22(月) 19:01:40 ID:jQXQ.Ey60 [7/7]
鬼和尚様はご自身の死期について分かっていたりしますか。
現在のように毎日質問に答えて指導していただける日々はだいたい後どれくらい続けられるとお考えでしょうか。
できれば、鬼和尚様が存命のうちに修行に専念する生活に入りたいと考えているのですが、まだ金銭的なことと家族のことで踏ん切りがつかず少々焦っております。

218:龍閃[sage]:2021/02/22(月) 20:27:27 ID:cPQMP3CM0 [13/13]
>>210
わかりました。ありがとうございます。

220:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2021/02/22(月) 22:08:50 ID:1d4drIFg0 [54/54]
>>216 悟りによる安らぎが最も強いのじゃ。
 もはや永遠に苦から離れるのであるからのう。
 禅定の快ではまだ個我による苦から離れていない故に、緊張もあるのじゃ。
 それは自我かあれば気付かないが、悟れば今まで恐れや不安から緊張していたと気付いて安楽になるのじゃ。
 実践で確かめるのじゃ。

>>217 いつでも決められるのじゃ。
  あと七十年位じゃな。
  
  日々瞑想を続けて自分を観るようにしていれば善いのじゃ。
  修業に専念してもできることはそれだけなのじゃ。
 悟りは自分が許した時にしか来ないからのう。
 いきなり悟ってしまうことを心配しなくて善いのじゃ。
  実践あるのみなのじゃ。

>>218 どういたしまして、またおいでなさい。

オショーのSadhana Pathを読んで実践する
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1605702581/

202:避難民のマジレスさん[sage]:2021/02/22(月) 20:22:02 ID:Dp/qMVVc0 [101/101]
無思考は覆いを取り除く。無思考は瞑想だ。思考がないとき、私たちは思考によって隠されたものを知るようになる。雲がなければ青い空が見えてくる。友よ、あなたの中にも空がある。思考の雲を取り除いて、それが見えるように、それが知られるようにしなさい。これは可能だ。心が静止していて思考がないとき、静寂の中で、その深い無思考の中で、思考の完全な不在の中で、真理が見られる。

これを実現するためにはどうすればいいのだろうか? 非常に簡単なことをしなければならないが、あなたは非常に複雑になっているので、それが非常に難しいことに気づくだろう。生まれたばかりの赤ちゃんに可能なことが、あなたには不可能だ。子供はただ見ているだけで、何も考えない。ただ見ているだけだ。そして、ただ見ていることは素晴らしいことだ。これが秘密であり、真理の門を開ける鍵なのだ。

私はあなたを見ている。私はただあなたを見ているだけだ。あなたは私についてきてくれるだろうか? 私はただあなたを見ているだけで、何も考えていない。そして、空前の静けさ、生きた沈黙が私の上に降りてきて、すべてが見え、すべてが聞こえてくるが、内なるものは何も乱されていない。内側には何の反応もなく、思考もない。あるのはダルシャンだけであり、見ることだけだ。

思考以外にも、感情や記憶したイメージが覆いなのですね。オショーは、すべてが見え、聞こえてくると述べていますが、このことは、感覚は覆いではないということでしょうか?

203:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2021/02/22(月) 23:11:19 ID:1d4drIFg0 [102/102]
そうじゃ、感覚は本来ありのままに感じることの出来る器官なのじゃ。
日常では思考や分別に影響されるから覆いになってしまうのじゃ。
思考や分別がなければそれに影響されることもないのじゃ。
全てがありのままに感得できるのじゃ。
それによって観察も可能になるのじゃ。

【相談】悟りを開いた人に聞くスレ【仏教】 53 
https://medaka.5ch.net/test/read.cgi/kankon/1597354447/

679:おさかなくわえた名無しさん[sage]:2021/02/22(月) 08:05:04.89 ID:CMNcN40/
よく生かされているんだ、自我で頑張らなくてもいい、みたいな教え?がありますよね
もしそうなら野生動物も厳しい生存競争などせずありのままで生かされているはずですよね
実際は頑張らないと死んでしまいますが
この世にいる限り、自我で頑張らないと悲惨になるのが現実でしょうか?それとも身を委ねれば
よく生かされるのでしょうか?

681:おさかなくわえた名無しさん[]:2021/02/22(月) 19:54:22.05 ID:KMjmuxvW
>>678
ありがとうございます。
私の場合、外出中や仕事中に尿意を感じると我慢がでなくなり
トイレに行くのですが少量しかでない場合が多いです。
今出しておかないと後で漏れるかもしれないといった
精神的な原因から起こっている気もします。

682:おさかなくわえた名無しさん[]:2021/02/22(月) 21:08:12.82 ID:ZFRzq2qQ
また自作自演ですか?

683:おさかなくわえた名無しさん[sage]:2021/02/22(月) 21:57:24.17 ID:/cAHROaI
操体法という整体?があるようなのですがご存知ですか?
民間療法のようですが、西式やヨガに比べて信憑性はあるものでしょうか?

684:鬼和尚 ◆v4C6SeeabHj8 [sage]:2021/02/22(月) 21:58:46.35 ID:rnB2E4Ce
>>679 それは頑張らないといかんのじゃ。
 全てを放棄する道もあるには在るがのう。
 命を捨ててしまう覚悟も必要なのじゃ。

 そうでなければ頑張るしかないのじゃ。
 日々実践あるのみなのじや。

>>681 少ししかでないならば姿勢に拠って膀胱が一杯になったと神経に命令が行ってしまうのかもかもしれん。
 腰の辺りを前屈するような姿勢だと、膀胱が圧迫されてそうなることもあるじゃろう。

 そうでなければ精神的な原因かもしれん。
 自らの心身を詳細に観察して原因を探すのじゃ。

>>682 かなり妄想が激しいようじゃ。
 何度言っても治らないのであるから、もはや精神科に入院するしかないじゃろう。
 自分から入院させてくれと頼むと善いのじゃ。
 楽になるじゃろう。

鬼和尚の仏教講読会 別館2
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1600684575/

311:避難民のマジレスさん[]:2021/02/22(月) 00:30:08 ID:84uyzmOA0
くま訳改
第四句:一つ衣の僧の一つの鉢に全てが入っているのである。

333   1/2
題養叟大用庵 二首 養叟の大ゆう庵に題す
叢林零落殿堂踈 叢林零落して殿堂疎なり。
臨済宗門破滅初 臨済の宗門破滅のはじめ。
大用栴檀佛寺閣 大用は栴檀佛寺閣。  
崢?飼林下道人居 さうくわうたり林下道にんの居

『雑学の世界』HP先生訳
禅道場は皆おちぶれて、仏殿法堂の諸伽藍は、まばらである。
臨済宗の宗門は、いよいよ破滅し始めた。
しかし、大用庵のみは立派な伽藍を保っている。
ここは、一段と高くそびえたわが大徳寺内の求道人の住いなのだ

くま訳
禅宗寺院は零落し、寺に訪れる人もまばらである。
臨済宗門の破滅の始まりである。
大用庵は栴檀の立派な建物である。
高くそびえるその建物は修行僧養叟の住まいである。

*崢?飼(ソウコウ):高くけわしきことの形容(大成脚注)
(´・(ェ)・`)つ

312:避難民のマジレスさん[]:2021/02/22(月) 10:21:59 ID:Zf21K71k0
>>310 失礼ですが、斉藤さんとはどちらの斉藤さんのことでしょうか?

313:避難民のマジレスさん[]:2021/02/22(月) 13:26:56 ID:r9st524s0
すみません蓮舫さんの苗字は齋藤さんでしたね

314:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2021/02/22(月) 23:15:26 ID:1d4drIFg0 [144/144]
>>311 それでよいのじゃ。

禅の寺は零落して人もまばらなのじゃ。
臨済宗の門は破滅し始めたのじゃ。
しかし大用庵は立派な寺なのじゃ。
高くそびえた道人の居むところなのじや。

>>312>>313 そうじや、斉藤さんなのじや。

コメント

タイトルとURLをコピーしました