鬼和尚 2021/02/11(木)

鬼和尚に聞いてみるスレ part18
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1611967514/

118:避難民のマジレスさん[]:2021/02/10(水) 22:49:59 ID:UpD4.aRU0
明日から4日間の自宅接心をします。

119:龍閃[sage]:2021/02/10(水) 23:05:40 ID:cPQMP3CM0 [9/9]
ありがとうございます。横になって瞑想することがあるのですが、
どのようにすれば改善できるか考えているところでした。
それではあまり高い枕でない方が良いのでしょうか。

高藤聡一郎の仙道の本を読んでやってみようと思うのですが、
最初の方に書いてある気を感じる訓練をすっ飛ばして、
呼吸法や小周天の練習からはじめても問題ないでしょうか。

120:避難民のマジレスさん[]:2021/02/11(木) 04:31:10 ID:ZlZ6/t1g0 [2/3]
現世の記憶や知識、技能を来世に持ち越す方法はありたすか?

123:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2021/02/11(木) 21:46:21 ID:1d4drIFg0 [29/30]
>>118 善いことじゃ。
 精進あるのみなのじゃ。

>>119 自分の肩の高さにあった枕が善いのじゃ。
 背骨と頭がなるべく真っ直ぐに成るようにするのじゃ。
 実践あるのみなのじゃ。

 それは問題があるじゃろう。
 気を感じなければ気をコントロールすることもできないのじゃ。
 ちゃんと気を感じるところからやるとよいのじゃ。

>>120 今もできているじゃろう。
 ただ思い出せば善いのじゃ。
 記憶をどんどんさかのぼって生まれる前を思い出すのじゃ。
 実践あるのみなのじゃ。

121:避難民のマジレスさん[]:2021/02/11(木) 06:38:34 ID:ZlZ6/t1g0 [3/3]
万有引力の法則とか生まれ変わりの法則エネルギー保存の法則などは、何故存在するのでしょうか?
誰かが作ったのでしょうか?
例えば万有引力の法則が働かない世界もあるのでしょうか?或いはこのような根本法則が急に変化し、宇宙の秩序が崩壊したりすることがありますか?

122:避難民のマジレスさん[sage]:2021/02/11(木) 21:30:21 ID:eG7mNqQs0
日常生活の中で観察をしていきたいのですが、どのようにして行けば良いでしょうか?

ひたすら観察を心掛けるようにするしか無いのでしょうか?

観察しよう、と思っていても、
例えば何か物音がしただとか、
話しかけられた、とかになると、
瞬時に観察の視点が失われてしまいます。

そのうちに、観察の事は忘れて、
思い出すのは数時間後、といった事もあります。

それでも観察の視点を思い出してすぐ戻る様にして習慣化して行けば良いでしょうか?

観察の視点が無い時はどうなっているのかというと、思考だとかに自己同一化?していて夢中になっているような状態です。

124:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2021/02/11(木) 21:48:55 ID:1d4drIFg0 [30/30]
>>121 観念があるからなのじゃ。
 おぬしが今ここで創っているのじゃ。
 おぬしがその世界を創ればあるのじゃ。
 おぬしが死ねば全てのおぬしの世界は崩壊するのじゃ。

>>122 そうじゃ、ひたすら観察するしかないのじゃ。
 思い出して観察すると善いのじゃ。
 そうすれば習慣になってできるようになるのじゃ。
 
 そのような時も思い出して観察に戻ると善いのじゃ。
 精進あるのみなのじゃ。

オショーのSadhana Pathを読んで実践する
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1605702581/

178:避難民のマジレスさん[sage]:2021/02/11(木) 20:56:52 ID:Dp/qMVVc0 [90/90]
視力のない人はその時何ができるのだろうか? 私はその人に言いたい、「光のことは考えないで、目を治療しなさい」と。 考えることではなく、治療をすることが助けになるのだ。しかし、私は何を見るだろうか? その人が説教されているのを見て、光の哲学を説明されているのを見る。しかし、誰も目の治療には関心がない。

そして、より驚くべきことは、光を主題として説教している人たちは、自分自身が光を見たことがないということだ!その人たちも光については知っているが、光を知らないのだ。私がこう言うのは、もしその人たちが光を知っていたならば、説教の無益さに気づき、失明の治療に関心と同情を集中させただろうからだ。視力が治れば、光は自動的に経験される。視覚に必要なものは常に存在している。視覚があるならば、光がある。

「視覚」と「光」は、全く異なる方向に導く言葉だ。光を考えることは哲学につながる。それは、考えることだけに向かう方向性だ。それは経験にはつながらず、単なる思考にすぎない。たくさんの歩みがあるが、目的地にたどり着くことはない。結論はたくさんあるが、私たちの問題を解決できるものはない。これは当然のことだ。水についての最も完璧な考えでも、喉の渇きを少しも癒すことはできない。喉の渇きを癒す方法は全く異なる。

道、修行はものの考え方ではなく、視覚の治療だ。私は光について考えることが哲学であると言ったが、今、視覚によって洞察することが宗教であると言いたい。考えることで知的な結論に達することができるが、一方で修行は霊的な洞察、霊的な経験を与えてくれる。前者は水について考えるようなもので、後者は喉の渇きを癒すようなものだ。前者は問題であり、後者は解決策だ。

自我が自由を妨げているので厭離したいという思いと、自我を失くしたくないという思いの、両方で引っ張られている感覚です。そのような思いと感覚も気をつけて観察します。

179:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2021/02/11(木) 22:00:46 ID:1d4drIFg0 [89/89]
盲人に光の説明をしても無意味だとオショーはいうのじゃ。
光に導く治療が必要なのじゃ。
考えることは光に導かないのじゃ。
視覚を取り戻させることが光に導く事なのじゃ。

【相談】悟りを開いた人に聞くスレ【仏教】 53 
https://medaka.5ch.net/test/read.cgi/kankon/1597354447/

647:おさかなくわえた名無しさん[]:2021/02/11(木) 04:42:44.37 ID:poc57UKK
鬼和尚、近々、「気」で病気を治す鍼灸師の森美智代さんに会ってきます。
持病があるし、「気」の事を教えてもらいたいからです。大阪です。

650:おさかなくわえた名無しさん[sage]:2021/02/11(木) 11:17:01.26 ID:vnJOx0OB
オリンピックの森会長がめちゃくちゃに叩かれてますが、たしかに不用意な発言で
批判が出てきても仕方がないかなとは思います。
この方、昔から失言が多いですね。

しかし、ここまで袋叩きにする必要はあるんでしょうか?
なんか怒ってる人たちの攻撃の仕方が常軌を逸してるようにも感じます。
違和感を覚えるのですが、一体なんなんでしょうか。

652:鬼和尚 ◆v4C6SeeabHj8 [sage]:2021/02/11(木) 21:42:25.49 ID:sz8gAjxC
>>647 西式の人じゃな。
 断食を教わると善いのじゃ。

>>650 どんな必要も無いじゃろう。
 みんなストレスが溜っているのじゃろう。
 関わらなくて善いのじゃ。
 ただひたすら自分を見るのじゃ。

鬼和尚の仏教講読会 別館2
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1600684575/

287:避難民のマジレスさん[]:2021/02/11(木) 11:19:25 ID:8lHBfo7Y0
読み下し訂正; 扶桑に上がらず⇒扶桑にのぼる
くま訳全面改
眞建より一休和尚へ
狂風一休は衆生界に隠れも無い名僧であります。
その吹き起こす名声の風は雲を起こし更に吹きまくるでありましょう。
誰がその雲が収まり、風の定まるところを知ることが出来るでありましょうか。
海東のこの日本に初めて日が昇ったのであります。

和韻 一休より眞建和尚へ 
自分の名声が隠せないことを恥じるのである。
詩を詠い酒に酔う我は風狂なのである。
夜中に峯月を詠む心地なのである。
幻住僧の如く桑樹に三日と宿らずの境地なのである。

322
示衆
参玄衲子道難成 参玄衲子みちじゃうじ難し
但願皈依常不輕 但だ願はくは常不きゃうに帰依せんことを
一片吟懐向誰解 一片の吟懐誰に向ってか解かん
楚雲湘水十年情 楚雲湘水十年の情

くま訳
弟子達に示す
仏道修行を完成させるのは難しい。
只、願わくは、人皆成仏するとして、会う人毎に軽んずることなく礼拝した常不軽菩薩に帰依したまえ。
この一片の詩情を誰に向って解いていると言うのか、まさに君達に向かって説いているのだ。
雲水行脚十年、師に法を追い求める情を詠っているのだ。

*参玄衲子:玄玄微妙の法を實参實究する人に意、仏道修行の人のことなり。(禅学大成脚注)
*楚雲湘水:楚山の雲、湘江の水で、楚雲湘水の辺りを行遊したこと。行脚多年、善知識に法を求むる情を 
 いふ。(禅学大成脚注)
*常不軽(ジョウフキョウ):「法華経」常不軽菩薩(ぼさつ)品に出てくる菩薩。人はみな成仏するとして、
 会う人ごとに軽んずることなく礼拝したという。
*善知識・善智識:善法、正法を説いて人を仏道にはいらせる人。外から護る外護、行動を共にする同行、 
 教え導く教導の三種を数える。禅宗では師僧を尊んでいうことがある。
(´・(ェ)・`)つ

288:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2021/02/11(木) 22:04:08 ID:1d4drIFg0 [132/132]
それでよいのじゃ。

仏道は成り難しというのじゃ。
ただ不軽菩薩に帰依せんことを願うというのじゃ。
一片の吟懐は誰に向かって説くのかというのじゃ。
十年師を求めてさまよう者に情けをかけたのじゃ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました