鬼和尚 2021/01/28(木)

鬼和尚に聞いてみるスレ part17
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1598506868/

990:避難民のマジレスさん[sage]:2021/01/28(木) 15:43:38 ID:hp5hjHCg0
社会貢献活動によって社会は少しずつ良くなっているとは思いますし、そういった活動も善かなとは
思いますが、チャリティやボランティアなどの活動だけで一生が終わってしまう、と言うのはどうなのでしょう?

あわただしく、忙しく動いて社会を良くしようと走り回っている姿はエネルギッシュですが
智慧のある人なのかな?と言うと、少し疑問はあります。

991:崇蓮[sage]:2021/01/28(木) 21:53:38 ID:VHpJSyVE0 [15/16]
鬼和尚さま、身体の空観を終えました。

一 特に何事も無く、何かを感じる訳でも無く終わりました。
次の見る感覚の空観に移ったのですが、大丈夫でしょうか?

二 目の前にあるものを見ていると、焦点が合わなくなってボーッとしてくるのですが、そのまま続けて大丈夫でしょうか?

三 空観の最中に快が強まってきて、呼吸も止まったりする事が多くなってきたのですが、どのように対処すれば善いでしょうか?

四 今更なのですが、観察途中で集中が切れてきたなと思ったら、時間を決しめていても途中で切り上げた方がいいですか?

よろしくお願いします。

992:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2021/01/28(木) 22:35:10 ID:1d4drIFg0 [255/255]
>>990 その活動を通して自分を知ることに努めていたならば、それもよいのじゃ。
 そうでなければ智慧はないじゃろう。
 来世に善いところに生まれたりはするがのう。
 いずれは苦におちることにもなるのじゃ。
 常に自分を知るように努めれば不死の境地にも至れるのじゃ。
 そうすれば永遠に安楽なのじゃ。
 それが智慧のある者の道といえるのじゃ。

>>991 一 大丈夫じゃろう。
 迷ったら又身体の空観に戻れば善いのじゃ。

 二 それで善いのじゃ。
   空観の効果が出ているのじゃ。
   恐れずに進むのじゃ。

 三 それはサマーディの始まりなのじゃ。
   恐れずにその快に身を委ねるのじゃ。
   本当に苦しくなれば自然に呼吸も始まるのじゃ。

 四 それでよいのじゃ。
    無理に観察しても観念を見ることになるからのう。
    自分の限界を見て進むのじゃ。

オショーのSadhana Pathを読んで実践する
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1605702581/

148:避難民のマジレスさん[sage]:2021/01/28(木) 20:48:59 ID:Dp/qMVVc0 [76/76]
第五の質問: 私は偶像崇拝者ですが、あなたの視点から見ると、偶像の必要性がないように思えます。あなたはそれを諦めるように私に助言しますか?
私は何も諦めなさいとは頼んでいないし、引き受けなさいとも頼んでいない。目覚めなさいと呼びかけているだけだ。あなたが目を覚ますとき、あなたの夢が終わっているときには、それは別の話になる。行動は意識のレベルに応じて変化する。子供は大人になると自動的に人形遊びをしなくなる。それを手放すための努力をせず、それは自動的に止まる。

昔、村のはずれに一人のサドゥーが住んでいた。彼は扉のない小屋で一人で暮らしていた。家の中には扉を必要とするものは何もなかった。ある日、何人かの兵士が通りがかった。彼らは小屋に入り、水を求めた。そのうちの一人が、なぜサドゥーなのに、小屋のどこにも神の偶像がないのかと尋ねた。サドゥーは答えた。「この小屋はとても小さい。二人分の場所があるでしょうか?」と。

兵士たちはサドゥーの言葉を面白がって、次の日には神の像をプレゼントした。しかし、サドゥーは「神自身が長い間ここに住んでいるので、どんな神のイメージも必要ありません。そして『私』は無くなってしまった。ここには二人分の場所がないのがわかりませんか?」と言いました。兵士たちは、彼が自分の心を指し示しているのを見た。それが彼の小屋だった。

神には形がない。そしてそれゆえに、その存在は無定型で、形がない。意識も形を持つことはできない。それは無限なのだ。それは始まりも終わりもなく、ただ存在し、始まるということも終わるということもない。

これらの像を作る私たちは何と愚かなのだろう。私たちは自分で作った偶像を崇拝しているのだ。人間は自分の形に基づいて神の像を作ったので、このようにして、自分自身を崇拝することになってしまう。これは、自己欺瞞、エゴイズム、無知の極みだ。

私もイメージに惹かれる自分が愚かだとよく思いますが、結局は自我を滅しない限りは解決しません。イメージに惹かれる心も詳しく観察し続けます。

149:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2021/01/28(木) 22:52:24 ID:1d4drIFg0 [73/73]
偶像崇拝は無意味だというのじゃ。
神と呼べるものが自らの心の中にあるのに、外にあるという概念設定の神の似姿を作って拝む必要は無いのじゃ。
それは自己観念の崇拝なのじゃ。
不安からの逃避に過ぎないのじゃ。

【相談】悟りを開いた人に聞くスレ【仏教】 53 
https://medaka.5ch.net/test/read.cgi/kankon/1597354447/

578:おさかなくわえた名無しさん[sage]:2021/01/28(木) 11:06:08.40 ID:FkYyUmQl
>>576
「トゥルーマン・ショー」何年か前に見ました
あれも面白かったですね
やっぱり悟り(気づき)の行程を表してるんですかね?

579:おさかなくわえた名無しさん[sage]:2021/01/28(木) 15:44:06.27 ID:z/YxtQxA
ビジネス交流会を主催している団体の会員なのですが、パッとしない空気が漂っています。
会員なのに会議や定例会に出席しない幽霊会員が多いです。
外部から交流会に人を連れてきても「これ、一体なにをする会なんですか?」「なんのメリットがあるんですか?」と
まったく響いていません。

会員同士の横の繋がりが大事、仲間が大事ときれいな事を言っているのですが、会の理念や目的のために動いているというより
自分自身の利益を優先している者が大半のように見えます。
私自身、そこそこ会のために活動してきたつもりで感謝はされているのですが、
他人からは「時間と労力を搾取されてるように見える」と言われました。
最近は自分も自分の利益のために活動したいと思い始めてます。

こないだの会議の中で「明確なテーマを設定したり楽しんでもらえる企画を考えるのも大事だが、来た人が
自発的になにかを学び取る姿勢が大切」という話をされていました。
なんだか来場者に責任転嫁しているような発言でモヤッとしました。

なんか漠然とした話ですが、どういう問題点があると感じますか?

581:おさかなくわえた名無しさん[]:2021/01/28(木) 17:34:45.27 ID:Kb21TigE
鬼和尚は他人に
生殺与奪の権を握られていますか?

583:おさかなくわえた名無しさん[]:2021/01/28(木) 20:56:27.20 ID:xBWQdlnp
鬼和尚は哀れな妄想して幸せですか?

585:鬼和尚 ◆v4C6SeeabHj8 [sage]:2021/01/28(木) 22:28:09.16 ID:Q0RNyG6T
>>578 それもあるじゃろう。
 認識する全ての世界が実は嘘であることを表現しているのじゃ。
 それは誰もが少しは感じていることじゃろう。
 そうであるから全くの創作でも人の心に残るのじゃ。

>>579 ビジネスの集まりであるから、実際になんらかの利益が無ければ皆無意味な時間つぶしと想うじゃろう。
 利益を期待して来た者も多いであろうからのう。
 恐らくその集まりを利用して実際に金銭を取引するというような行為は禁止しているのじゃろう。
 ビジネスの集まりなのにボランティア活動みたいなことしかしなければ、みんなやめていくのじゃ。

 そのような規則はやめて大いに稼ぎに利用できるようにするとよいのじゃ。
 それが出来なければ、せめて今はやりの仮想通貨による仮想取引をしてみるとよいのじゃ。
 いろいろと学ぶことも多いじゃろう。
 それも駄目ならばやめたらよいのじゃ。

>>581 他人など居ないのじゃ。

>>583 おぬしがそう思うならばおぬしが哀れな妄想をしているのじゃろう。
 哀れな者じゃ。

悟りを開いた人に聞いてみるスレ【人生相談】79 
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/jinsei/1580742911/

846:マジレスさん[sage]:2021/01/28(木) 12:47:12.21 ID:VKuPjKjO [1/2]
鬼和尚は、引きこもりに論破された、まともな根拠を何一つ持っていなかった負け犬なのに
これからも覚者として活動を続けていくのでしょうか?

847:鬼和尚 ◆v4C6SeeabHj8 [sage]:2021/01/28(木) 21:45:35.95 ID:8dATy608
>>846 おぬしがそう思うならば、実はおぬしが論破されたひきこもりかもしれん。
 論破されているのにも気がつかないほど愚かなのかもしれん。
 哀れな者じゃ。

鬼和尚の仏教講読会 別館2
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1600684575/

257:避難民のマジレスさん[]:2021/01/28(木) 17:24:07 ID:GLxyV7yo0
くま訳改
第二句:看来れば、物事の姿や形の中に真実を見いだせるのだ。
第三句:正邪、意識対象となるもの全てを滅却した後も、
第四句:なおも大燈国師の威光は大千世界に輝くのである。

308
賛鳥?几和尚   てうくわ和尚を賛す
巣寒樹上老禪翁 巣は寒し樹上の老禪翁
寂寞淸高名未空 せきばくせいかう名いまだむなしからず
諸悪莫作善奉行 諸悪まくさ善奉行
大機須在醉吟中 大機はすべからくすゐ吟のうちに在るべし

肝冷斎先生訳・解説より
そこの巣は寒くはございませんか、樹上の老いた禅じじいよ、
孤立し、清く高尚で、その名は今でも知られている。
白楽天の問いに答えて、「悪いことはしてなりません、いいことをしなさい」と(外面よく答えたが)
(悟りへの)大きな転換ポイントは酔歌する(ようなキモチ)の中にこそあるはずだ。

「酔吟」・・・白楽天が晩年に「酔吟先生」と自称しているので、それを踏まえると、(悟りへの)大きな
 転換ポイントは、白楽天の方にあるはずだ(和尚の方はヒントを示しているだけだ)。

くま訳
鳥巣(ちょうか)和尚について詠うのだ
松の木の上に住んだ鳥巣老僧は、寒かったでありましょう。
寂寞たる中で、清らかに生きたその名は、未だに思い起こされてるでありますよ。
悪事をなさず、善事をなせ。(よと、鳥?几和尚は白楽天の問いに答えて言ったのだ。)
悟りを求める実践法は、すべからく、酔吟のうちにあるのだ。

*鳥?几道林(ちょうかどうりん、741-824、唐代 白居易との交流で知られる。198 40の詩 参    
*道林和尚と白楽天の間に交わされたという有名な問答の概要・禅の視点 - life - HPより
 
 白居易来って宗要を問ふ、居易曰く、「禪師の住所甚だ危険なり」と。
 ?几曰く、「居士の危険尤も甚だし。」
 居士曰く、「弟子の位、江山に鎮す、何の険なることか之れあらん」と。
 ?几曰く、「薪火相交って識性停まらず、険に非らざることを得んや。」
 
「和尚さん、そんなところで坐禅をしていては危ないのではないですか?」
「ワシには、あなたのほうが危険に見えるが」
「私はこの度新しく杭州の長官として赴任してきた白居易です。この辺りはすべて私が治めています。何の 
 危険があるというのでしょうか」
「薪を燃やすかのように、煩悩の炎が燃えあがっておる。どうして危険がないなどということが言える 
 か」(この後に135の詩の詞書がつづく)
*諸悪莫作善奉行:一休さんお気に入りの言葉。
*寂寞(ジャクマク・せきばく):ひっそりしていてさびしいこと。また、そのさま。静かなさま。
*清高:清らかですぐれている・こと(さま)。
*大機:大乗の教えを受け、それを実践する資質。また、その資質を有する者
(´・(ェ)・`)つ

258:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2021/01/28(木) 23:38:35 ID:1d4drIFg0 [118/118]
鳥巣和尚の賛じゃな。
寒樹は葉の落ちた樹なのじゃ。

寒樹の上に巣を作る禅翁なのじゃ。
清き涅槃の境地によって高名未だ空しくないのじゃ。
鳥巣禅師は白居易に諸々の悪はなさず、善き事を奉じ行えと説いたのじゃ。
なぜならば悟りへの大いなる機会とは白居易自らの中にあらねばならぬからなのじゃ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました