鬼和尚 2021/01/19(火)

鬼和尚に聞いてみるスレ part17
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1598506868/

903:避難民のマジレスさん[]:2021/01/19(火) 06:05:04 ID:cFzo4cZc0 [8/8]
昔からよくみる夢があります。
何かから追いかけられて逃げる夢です。
死ぬことはありませんが、隠れて脅えています。
逃げているときは殺されると感じ、
とても怖いです。
これはどういった潜在意識を表していますか?

現実では他人にどう思われるか気になったり、
お金について心配になったり、
不安が多いという自覚はあります。

904:避難民のマジレスさん[]:2021/01/19(火) 16:54:35 ID:ANb8Flkc0 [1/2]
鬼和尚、止観(サマタ、ヴィパッサナー)について質問です。
1 観察力をつけるために何が有効でしょうか?
日頃から自然などをその通りに観たり、手をその通りに観たりすることで観察力がつくのではないかと思っています。
重要な点としては、心身に観察が向けられたときに、自然を観察するのと同じように、その通りに観るということでしょうか。

2止瞑想のどの段階で、観察に移行すればよいでしょうか?身体が不動になる時や、雑念がほとんど起こってこなくなる段階で移行してしまっても大丈夫でしょうか?

905:避難民のマジレスさん[]:2021/01/19(火) 17:38:47 ID:ANb8Flkc0 [2/2]
身体が不動になるのは、集中でいうとどの程度のレベルでしょうか

906:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2021/01/19(火) 22:01:08 ID:1d4drIFg0 [239/239]
>>903 それはおぬしが夢をコントロールすべきであることを示しているのじゃ。
 夢の中で目を覚ましているようにするのじゃ。
 寝る前に夢の中で自分の手を見るようにと念じるのじゃ。
 やがて見られるようになるのじゃ。
 そして夢をコントロール出来るのじゃ。
 怖いものを消してしまうことも出来るのじゃ。
 実践あるのみなのじゃ。

>>904 そのようなことも有効じゃろう。
 間違い探しのパズルとかでもできるじゃろう。
 いろいろ試してみると善いのじゃ。

 雑念が起こらなくなったら観察すると善いのじゃ。
 そうすれば雑念で観察ができなくなることがないからのう。
 
>>905 心が動かなければ体も動かないじゃろう。
 初禅でもできるのじゃ。
 実践で確かめるのじゃ。

オショーのSadhana Pathを読んで実践する
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1605702581/

129:避難民のマジレスさん[sage]:2021/01/19(火) 21:01:51 ID:Dp/qMVVc0 [67/67]
もし空が束になって市場で売られていたら、誰も買おうとはしないだろう。しかし、私たちは真理を買おうとしている。真理、神、そして解脱はすべて市場で売られている。そして、売り手は非難されるべきではない。その人たちは買い手の需要を満たしているだけなのだ。そして、買い手がいる限り、真理を求める顧客がいる限り、既製の真理を提供する店を閉鎖することはできない。宗教の名の下に運営されているすべての組織とすべての宗派が店になっている。その中であなたは既製の真理を買うのだ。既製服だけでなく、既製真理もそこで売っている。私はあなたに既製の真理を与えることはできない。既製の真理は単に存在しないのだ。

ある話を思い出した。 グル、教師はかつて弟子に真理についての質問をした。弟子は答え、そしてグルは言った、「そう、その通りだ。」 次の日、グルは同じ質問をした。弟子は前日にすでに答えたと言った。グルは彼にもう一度答えるように頼んだ。弟子は前日に言ったことを繰り返した、するとすぐにグルは「違う!違う!」と言った。弟子は驚いてグルに言った。「昨日、あなたは『そう、その通りだ』と言いましたが、今日はいったいどうして『違う』と言ったのですか。」グルは言った。「昨日は『その通り』だったが、今日は『違う』だ。」

この話の要点は何だろうか? わかっただろうか? それは弟子の答えが紋切型になり、固定されたパターンに幽閉されたということだ。それは命を失い、死んでいたのだ。それは記憶の一部となり、知ではなかった。私たちの記憶は、そのような死んだ答えでいっぱいで、生きているものは、そのすべての死体のために浮かび上がることができない。

友よ、記憶ではなく、経験を呼び覚まさなければならない。記憶は死んだ重荷であり、経験は生きた解放なのだ。真理の経験を事前に想像することは不可能だ。真理は、いかなる専門用語によっても、また何らかの哲学、宗教、理念によって仕立てられたいかなる厳格な定義によっても、幽閉されることはできない。私たちは、真理がいかなる理念にも、いかなる思想の流派にも適合することを期待してはならない。それを任意のパターンに限定するためのあらゆる努力は無駄になる。
―-
昨日鬼和尚が難しいと答えられたのは、思考なく、ただ在ることで悟りを得るということでしょうか。多くの人にとっては、縁起を観るのがより易しい方法なのですか?

130:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2021/01/19(火) 22:38:51 ID:1d4drIFg0 [63/63]
難しいのは言葉に拠らない学びなのじゃ。
子供の頃から教えられてきた学びとは、全てを言葉や数字や記号として記憶することだったのじゃ。
しかし悟りの道はそれらを全て否定し、言葉ではなくありのままに見て記憶しない方法なのじゃ。
今までと全く反対の学びであるから、非常に困難なのじゃ。
今回のオショーの話のように、昨日と今日ではもはや今ここにあるものが違っているから答えも刹那毎に違うのじゃ。
次々に移り変わる心のありようを、今ここで観ることが大事なのじゃ。

【相談】悟りを開いた人に聞くスレ【仏教】 53 
https://medaka.5ch.net/test/read.cgi/kankon/1597354447/

559:おさかなくわえた名無しさん[]:2021/01/19(火) 08:33:17.20 ID:Jnl8HgvB
鬼和尚、自分はウツで服薬しながら何とか生きています。
お釈迦様の教えを少しでも実行しようと踏ん張っています。

自分は早期退職して、今は年金生活者です。
なかなか善事を行う機会がありませんが、スーパーのゴミ拾いをしたりしています。
読書をして自分の世界を広げています。
他人には優しく接するようにしています。言葉遣いもそうです。

これでも良いのでしょうか?

561:おさかなくわえた名無しさん[sage]:2021/01/19(火) 20:42:25.66 ID:63VjB9es
鬼和尚。
アブノーマルな相談ですが、乱交パーティーに参加するのは危ないですか?
なんだか楽しそうだなと思ってる自分がいるのですが、たまに逮捕・検挙されたりしているようです。
公然わいせつ罪に当たるようなのですが、誰にも迷惑をかけていないように見えるのであんまり納得がいきません。
ただ、通報されると怖いです。
悪いことだから諦めて止めるべきでしょうか。

562:鬼和尚 ◆v4C6SeeabHj8 [sage]:2021/01/19(火) 21:56:53.47 ID:jmI2N1/R
>>559 それでよいのじゃ。
 それだけでも来世は天に生まれるじゃろう。
 更に善事を積むと善いのじゃ。

>>561 危ないのじゃ。
 性病とか伝染病もうつることがあるからのう。
 特に今はコロナもうつるかもしれないのじゃ。
 普通に女子と付き合ったら善いのじゃ。

鬼和尚の仏教講読会 別館2
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1600684575/

235:避難民のマジレスさん[]:2021/01/19(火) 09:11:39 ID:eIfwtw9k0
くま訳全面改
わしは孤峰頂上に出る身なのである。 
けど、十字街頭に背を向けることはしないのだ。
毎晩空しく天に鳴く雁の声を聞くのである。
故郷の便りには一字も無いのだ。

288
山居僧擁葉   山居の僧、葉を擁す
孤峯頂上謝塵寰 孤峰頂上塵くわんを謝す
三十年來不出山 三十年來山を出でず
因憶南陽擁葉意 因っておもふ南陽葉を擁す意
半身暖氣半身寒 半身は暖氣半身は寒

くま訳
山居の僧、葉を抱きかかえる。
孤峰頂上に住み、俗世間から去る。
三十年來山から下りなかったと伝えられる、
南陽慧忠禪師は、長年山居して枯葉につつまれていた間は、どんな思いだったのだろう、
半身暖かく、半身寒かっただろう。

*塵寰(じんかん):俗世間。塵界。
*謝す:去る。①わびる。謝罪する。②感謝する。③(恨みなどを)晴らす。たち切る。
*南陽慧忠禪師、唐・675年 – 775年・慧能のもとで悟りを得た後、南陽の白崖山にある党子谷に庵を結び
 40年の間隠棲した。その後、皇帝粛宗の招請により都に上り、宮廷において教えを授けた。死後、皇帝 
 は国師号を贈った。 中国では単に国師といえば、ほとんどの場合慧忠のことを指すといわれる。
(´・(ェ)・`)つ

236:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2021/01/19(火) 23:04:14 ID:1d4drIFg0 [109/109]
それでよいのじゃ。

山の頂に居て俗世間から離れたのじゃ。
三十年も山を出なかったのじゃ。
それに因って南陽が葉っぱを抱いていた意味を知ったのじゃ。
半身は温かく、半身は寒いのじゃ。

三十年も山に居て南陽が葉っぱを抱いていた意味を知ったというのじゃ。
まだ半分仏で半分は俗人だったというのじゃ。
小悟であったのじゃな。
完全に大悟していればそんなに長く山に居る必要もないからのう。
まだ修行が必要だから長く山にいたのじゃ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました