鬼和尚 2021/01/08(金)

鬼和尚に聞いてみるスレ part17
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1598506868/

825:避難民のマジレスさん[]:2021/01/07(木) 21:58:31 ID:w.ItkDtU0 [30/31]
無色界禅定には番号はないが段階はあるということでしょうか?

826:避難民のマジレスさん[]:2021/01/07(木) 22:54:58 ID:tKAk9nHE0 [10/10]
>>788
遅くなってしまいました。
お答え頂きありがとうございます。
実践してみます。

827:避難民のマジレスさん[sage]:2021/01/07(木) 23:49:22 ID:MqnjMxGE0 [1/4]
初禅では欲が無くなるとのことですが、
それは肉体の欲求も無くなるのですか?

喉が乾いた、
凝ったから姿勢を変えたい、
など思わなくなりますか?
(感覚を感じなくなるのですか?)

また、欲の対象が浮かんだり、認識したとしても、欲が起こらなくなるのですか?

828:避難民のマジレスさん[sage]:2021/01/07(木) 23:50:01 ID:MqnjMxGE0 [2/4]
「尋」と「伺」とは、それぞれ何のことでしょうか?

832:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2021/01/08(金) 22:28:02 ID:1d4drIFg0 [218/219]
>>825 そのようなものじゃ。
 しかしそれもまた便利なように名づけられただけのものじゃ。
 囚われずに進むのじゃ。

>>826 そうじゃ、実践あるのみなのじゃ。
 またおいでなさい。

>>827 瞑想中ではそうじゃろう。
 瞑想の喜びがあればその中で満足してしまうのじゃ。
 それがあまりにも強いために全ての欲を捨ててしまうのじゃ。
 実践で確かめるのじゃ。

>>828 心の大雑把な働きと繊細な働きというのじゃ。
 今風に言えば顕在意識と潜在意識ともいえるかもしれん。
 それが全てなくなるのが理想なのじゃ。

829:避難民のマジレスさん[sage]:2021/01/08(金) 00:05:42 ID:MqnjMxGE0 [3/4]
無価値感や劣等感の原因がわかりません。
きっかけとなった最初の出来事を思い出す必要があるのでしょうか?
それは過去の記憶を思い出さないといけないのですか?
それとも無価値感が起こった時には、無意識のレベルではその記憶も連想されているのでしょうか?

あくまでその苦が起こっているときに心に何があるのか、何が起こっているのかをしっかり観る事が出来れば原因は見つかるのでしょうか?


あと、原因が価値観である時はその価値観の原因を探さないといけないですか?
自分の価値観で自分を判断したときにダメだと感じるときです。
たまにその価値観を覆してくれるような社会的に成功した人物を知ったりするとその言葉や価値観に救われたり感化されたりもします。
しかし、ある時はそれが良いと思っても、口達者な人に反論されるとそうかもしれないと思ったり…。
自分で自分の価値観を作り上げていけないというのか。。
結局何が正しいかわからない、という答えに陥って考えるのも放棄してしまいます。
そんなんでは学ぶことも無意味な気がしてしまいます。
劣等感はもしかしたらこの価値観の問題のような気もしてきます。

830:避難民のマジレスさん[sage]:2021/01/08(金) 00:40:40 ID:MqnjMxGE0 [4/4]
価値観の原因は他人の称賛や批判です。それまでは何とも思っていなかった事でも、ある時他人に褒められるとか批判されるとか、感情的にプラスマイナスがあると、それをきっかけに「良い、悪い」の判断を身につけ、
良い思いをするように、傷つかないように、したくなります。
他人の批判で傷つきやすい、他人が怖い、結局ここに行き着いてしまいますが・・
他人が怖いのは幼少の頃からで、
子供の頃は親に叩かれたりもしていたので、
人イコール怖い みたいな刷り込みになっているのかもしれません。
その刷り込みはどう解除すれば良いでしょうか。
原因が無かったとしても、、というのがよくわかりたせん。
親に叩かれなかったら、愛情たっぷり(むしろ人格者の親に愛情たっぷり育てられている人の方が少数なんじゃないかと思いますが。。)育てられていたら、というのも想像しずらいですし、
あまりに昔の事なので、その先の人生でも多くの経験を積み重ねてしまっているので、
何をどこからやれば良いのか。。という感じになってしまいます。

831:避難民のマジレスさん[sage]:2021/01/08(金) 14:22:22 ID:XwrbazC60
生涯のうちに悟りを得る事は最高の境地ではありますが、叶わなかった場合、
人間に生まれ変わるために最低限やっていなければならない善行や、やってはいけない悪行はありますか?
次も人間に生まれ変われるという事はどうしたらわかりますか?

833:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2021/01/08(金) 22:43:40 ID:1d4drIFg0 [219/219]
>>829 原因となるものごとを全て思い出すのじゃ。
 苦は無意識にその原因から想起されているのじゃ。

 見つかるじゃろう。
 何度も観るのじゃ。

 どこまでも探すと善いのじゃ。
 
>>830 それをありのままに観るとよいのじゃ。
 あまりに辛い時は叩かれて怯えている自分を映画のようにみるとよいのじゃ。
 その経験の前には恐れも無かったことを観ると善いのじゃ。
 ただひたすら実践あるのみなのじゃ。

>>831 十善を行い、十悪をしないとよいのじゃ。

 おぬしの周りに人間の慈悲がある者が集まれば次も人間じゃろう。
 獣のように冷酷な者が集まれば獣じゃろう。
 類は友を呼ぶからのう。

オショーのSadhana Pathを読んで実践する
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1605702581/

106:避難民のマジレスさん[sage]:2021/01/08(金) 21:00:26 ID:Dp/qMVVc0 [56/56]
しかし、あなたは自分の自我を養いたいのだ。そしてそれが、罪人がサドゥーの周りに群がる理由だ。なぜならば、そこに聞く話は魂の純粋さについてであり、ブラフマンと一体であることについてであり、それはその人たちにとって非常に喜ばしいからだ。説教を聞いたとき、その人たちは申し訳ないと感じて、劣等感を抑圧し、その後、再び自分自身の前に真っ直ぐに立つことができるのだ。魂は純粋であり、その影響を受けないので、罪を犯すのはとても簡単で無害であると感じ始める。自分の魂が純粋で、その影響を受けていないと信じることは、罪を終わらせることにはならない。それは非常に深い自己欺瞞でしかない。それは人間の心の最後のトリックだ。ただ闇がないと信じているだけでは、光はない。

罪は存在しない、魂は罪に関与していないと信じるように教えるイデオロギーは非常に危険だ。それは、自分の罪深い状態を忘れるための手段に過ぎない。それは、罪を消滅させることではなく、罪を忘れることにつながる。そして、罪を忘れることは、罪が存在することよりも悪いことなのだ。あなたは自分の罪を見ることができるだろうか? 罪に気づくことは良いことで、有益なことだが、それらを見ることができず、無知であることは有害なのだ。なぜならば、それらが見られるようになると、私たちを追い立て始め、私たち自身を変容させようと突き刺すからだ。罪を意識することは変化をもたらし、罪を完全に意識することは瞬間的な変容をもたらす。

それゆえに、どうか魂の純粋さや悟りなどの話に巻き込まれないようにしてほしい。魂は信念とは何の関係もない。それは、罪にまみれた人格が投げ出され、暗闇の層を突破して、求道者が自分の秘密の、心の奥の、光の中心に入るときに、直接実現されるものなのだ。それは直接の実現だ。それは想像できるものではない。

どんな想像上の概念でも、おそらくは大きな害になるだろう。それは邪魔者になり、光を得るための妨げとなりうる。なぜならば、もし闇は存在しないと信じているならば、存在するとは思わないものを取り除けるはずはないからだ。そしてもし、魂が善も悪も犯していないならば、その上に立つ意味は何なのだろうか? 私たちのいわゆる哲学者たちのこのような無意味な発言や疑問は、多くの人々を妄想の世界に投げ込んできた。この毒は広範囲に広がっており、そのせいで私たちは自分たちを神だと思っている。そして同時に、この地球上では、私たちよりも大きな罪人を見つけるのは難しいだろう!

私自身も、苦滅ができる自分や善行に励む自分のイメージによって、自我を養ったことがあります。最近は自我の拡大を感じられるようになったので、気づけるようになってきましたが、油断せずに正しい観察に励みます。

107:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2021/01/08(金) 23:33:29 ID:1d4drIFg0 [51/51]
宗教的な観念はむしろ有害になるというのじゃ。
宗教に拠って自分はもはや無罪であるとか、浄化されたなどという概念は有害なのじゃ。
ありのままの自分を観る妨げになるからのう。
何の観念も無く今ここにある己を観るのじゃ。

【相談】悟りを開いた人に聞くスレ【仏教】 53 
https://medaka.5ch.net/test/read.cgi/kankon/1597354447/

529:おさかなくわえた名無しさん[]:2021/01/08(金) 14:51:08.60 ID:B1i/0gfn
鬼和尚、無職のジジイですが、冬は何もすることが無くて、家に閉じこもっています。
何か自分が怠けているようで自責の念にさいなまれる時があります。
自分を責めなくてもいいですよね?

531:鬼和尚 ◆v4C6SeeabHj8 [sage]:2021/01/08(金) 21:45:26.29 ID:5Xa71tzj
>>529 責めなくて善いのじゃ。
 むしろ今の時勢では善いことなのじゃ。
 自己緊急事態宣言なのじゃ。
 ワクチンを打つまで閉じこもっていてよいのじゃ。

鬼和尚の仏教講読会 別館2
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1600684575/

211:避難民のマジレスさん[]:2021/01/08(金) 18:50:36 ID:aE0R8Ro20
くま訳全面改
運庵は松源の衣を裏返して、その絵だけを残したのである。 
このように師の教えを三轉したことは、針で突かれたような痛みである。
看るべきは、宗門の言葉の裏にある禪機である。
石渓の頭の上の土は、どうにも出来ないのだ。
脱ぎ捨てられたた靴を拾って伝来の衣というようなものである。

276   1/2
洞山三頓棒   洞山三とんの棒
這棒頭宗門大功 この棒頭宗門の大功
慈明之子是黄龍 慈明の子是れ黄龍
明皇不識風流道 明皇は識らず風流の道
今夜馬嵬千歳風 今夜馬嵬千歳の風

柳田聖山先生訳
この棒で叩くのが、そもそも禅の極みである。
慈明の弟子は黄竜を措いて他にはいない。
楊貴妃を亡くした唐の玄宗は風流を知らない。
馬嵬の悔恨は尽きず、今夜も無情の嵐である。

くま訳
洞山三頓の棒 
この棒の活用こそが、宗門第一の功績である。
慈明禅師の一番弟子が黄龍禅師である。
玄宗皇帝は風流を知らなかった、
今夜も楊貴妃が処刑された馬嵬には、玄宗千年の後悔の風が吹く

*洞山三頓の棒:(堅田観光協会HP解説)洞山守初が若い頃、師の雲門分堰から「どこから来たか、どこ
で過ごしたか」などと問われたので、これまでの行脚のあとをこまごま答えると、雲門は「このうつけ者
が。三頓の棒をくれてやるところだが勘弁してやる、即刻立ち去れ。」と叱らはった。何がなんだか分か
らない洞山は、再び雲門に参じ、自分の答えのどこが悪かったのかを問いなおすと、またもや大声で叱り
つけられはった。けどその瞬間、洞山は師が何を求めようとされていたのかが分かり、初めて悟ることが
出来たというのです。
そして、悟りというものは師や周りからもらえるものではなくて、自分への問いかけの中から見つけ出し
つかむもの。そのためには、心の中のこだわりを一切捨て切り、爽やかな心に立ち返りなさい、それが分
からない者は棒で叩くよりない、というのがこの公案の教えるところやということです。
*7臨済下七世の慈明禅師(986-1039)師匠である汾陽禅師は何も教えず、顔を見るたびに罵る、または、 
 誹って追い出した。「どうして何も御教えにならないのですか?」というと、慈明禅師を杖でもって打ち 
 のめして、追い出して、さらに慈明禅師が何かを言
 おうとしたとき、その口をぐっと押さえつけて、その瞬間、慈明禅師が悟ったそうである。。
*黄龍慧南(おうりょう えなん、1002-1069)宋代の臨済宗の僧。後世五家七宗の一つに数えられる黄龍派 
 の祖。日本に伝えられた臨済禅のうち、栄西によるものがこの黄龍派に属する。
 慈明石霜楚円を紹介されてその弟子となった。1037年、趙州勘婆の公案より大悟する。公案を用いて宗 
 風を振るい大いに法を広めた。普覚禅師と諡された。
(´・(ェ)・`)つ

212:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2021/01/08(金) 23:38:32 ID:1d4drIFg0 [98/98]
棒をくれてやるのが宗門の大いなる功力だというのじゃ。
慈明の弟子黄龍はこれで悟ったのじゃ。
玄宗はこれを知らないから国を傾けたのじゃ。
愛する者をこそ厳しく教育すべきなのじゃ。
今も楊貴妃の墓には千年の後悔の風が吹くのじゃ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました