鬼和尚 2021/01/04(月)

鬼和尚に聞いてみるスレ part17
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1598506868/

789:避難民のマジレスさん[]:2021/01/04(月) 03:59:03 ID:w.ItkDtU0 [18/20]
なるほど、いくら深い禅定に入っても自我を観察しないと悟ることはないということでしょうか?

790:避難民のマジレスさん[]:2021/01/04(月) 14:43:18 ID:3vKQboAs0
死の直前に初禅の状態であれば、初禅に対応する天界に転成する条件が整うのでしょうか?

791:避難民のマジレスさん[]:2021/01/04(月) 19:13:11 ID:9ewk5Ewk0 [2/2]
記憶を辿っていたら行き詰ることがあったのですが、地図とか駅名とか、
その時はいろいろ見ることでパッと思い浮かぶことがありました。

今は自然に思い出せるまで待つ姿勢でおりますが、
修行の段階によって無理にでもやったほうが良い時期はありますか?

794:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2021/01/04(月) 22:26:51 ID:1d4drIFg0 [209/210]
>>789 そうじゃ、深い瞑想やサマーディも悟りを得るチャンスをくれるだけなのじゃ。
 最後の扉は自らを観ることで開くのじゃ。
 マハリシのように瞑想をしなくとも自分を観て悟れることもあるのじゃ。
 実践によって確かめるのじゃ。

>>790 それだけでも梵天に行けるじゃろう。
 死の間際まで天に生まれるチャンスは在るのじゃ。
 死ぬまで精進あるのみなのじゃ。

>>791 それが修業の妨げになるような苦を滅するためならばやった方が善い時期はあるじゃろう。
 そうでなければないのじゃ。
 今ここにある自分を観れば悟りは訪れるのであるからのう。
 妨げになる苦が滅したら今ここに在る自分を観ると善いのじゃ。

792:避難民のマジレスさん[]:2021/01/04(月) 20:44:27 ID:w.ItkDtU0 [19/20]
鬼和尚は5秒で初禅に入れるそうですが、5秒で入るには相当座禅に熟達しないと難しいですか?
それとも座禅初心者でもやろうと思えば5秒で初禅に入れますか?

793:避難民のマジレスさん[sage]:2021/01/04(月) 21:03:26 ID:h5P9mv0k0 [28/28]
鬼和尚、本質的な時間の使い方についてですが、修行以外で
消えてゆくものでもある程度は時間を費やして良いものってありますか?
パッと思いつくものだと、例えば肉体維持のための健康とか生活のお金を稼ぐこととか。

あとは仕事や娯楽などにどの程度時間を費やすのがいいのか。
他に何かありますか?

795:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2021/01/04(月) 22:34:21 ID:1d4drIFg0 [210/210]
>>792 それはかなり熟達しないと難しいのじゃ。
 初心者には無理じゃろう。
 日々精進すれば可能になるのじゃ。
 精進あるのみなのじゃ。

>>793 そのようなことには時間を費やすのもよいじゃろう。
 死んでしまったら修業もできないからのう。

 趣味や娯楽もストレスを解消してやる気を出すためにはよいじゃろう。
 必要な知識を求めるためにも時間を費やして善いのじゃ。
 その位なのじゃ。
 後は修行に励むと善いのじゃ。

オショーのSadhana Pathを読んで実践する
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1605702581/

98:避難民のマジレスさん[sage]:2021/01/04(月) 20:51:28 ID:Dp/qMVVc0 [52/52]
あなたは、なぜ私があなたのこの裸、醜さと自分自身の空虚さを見ることをこんなに主張するのか、不思議に思うに違いない。見るのに相応しくないものは見ない方がいいのではないか? 醜いものは宝石で飾り、見る価値のないものはカーテンで覆うのもいいのではないか? 一般的には、これがまさに私たちがしていることだ。これが一般的な習慣だ。しかし、この習慣は非常に有害だ。なぜならば、私たちが隠しても傷は癒えないからだ。それどころか、感染して危険な状態になる。そして、覆い隠してきた醜さは取り除かれるのではなく、人格の内なる流れに入っていく。悪臭が内部に広く行き渡る間、私たちは表面に人工的な香水を振りかける。そして、香水がもはや役に立たず、内なる悪臭や病気が臭うようになる時が、宝石がもはや役に立たず、根底にある醜さが際立つようになる時が来るのだ。

私は香水を振りかけるためにいるのではない。私は悪臭を根絶やしにするためにいる。私は醜さを宝石や花で覆うためにいるのではない。醜さを取り除き、内側にある美しさと音楽を目覚めさせるためにいる。それらがなければ、他のすべてのものは無意味だ。私たちの努力はすべて無意味だ。それは砂を搾って油を得ようとするようなものだ。

だから私はあなた自身の中に隠されているものを明らかにするように願うのだ。自分自身を明らかにし、自分自身を知りなさい。自分から逃げてはいけない。そして、自分から逃げることはできない。あなたはどこに行くのか? 逃げて何を得るのか? どこに行ってもあなたはあなたと一緒なのだ。あなたは自分自身を変容させることはできるが、自分自身から逃げることはできない。

この変容の連鎖の最初の環は、自己観察だ。そして驚くべきことに、醜さを知ると、そこから解放されるのだ! 自己の恐れを知ることは、その恐れから自由になることであり、憎しみを知ることは、憎しみから自由になることだ。私たちが見ていないからこそ、それはそこにあるのだ。逃げようとしているので、それは私たちを追いかけている。私たちが停止した瞬間、それはまた停止する – 私たちが走っているときに影が一緒に走り、私たちが停止するときに停止するのと同じように。

会話中に自己観察することができました。相手とやりとりできないのではないかという心配がこれまで観察を阻んでいましたが、簡単な会話なら、全体で何が起こっているのかを失うことなく、問題なくできることが分かりました。さらに精進します。

99:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2021/01/04(月) 23:14:23 ID:1d4drIFg0 [47/47]
苦しみや悲しみが多くつまった心を観ることは誰にでも辛いことじゃ。
しかし、それを観ることで苦しみや悲しみは滅していくのじゃ。
そうすれば飾りの無い自分が見えるようになるのじゃ。
心を隈なく観ることで悟りもやってくるのじゃ。

【相談】悟りを開いた人に聞くスレ【仏教】 53 
https://medaka.5ch.net/test/read.cgi/kankon/1597354447/

521:おさかなくわえた名無しさん[]:2021/01/04(月) 21:38:12.93 ID:4HEqLElS
鬼和尚!

宗教板ででおーなるものがタコ殴りにあって鬼和尚に助けを求めています。

522:鬼和尚 ◆v4C6SeeabHj8 [sage]:2021/01/04(月) 23:17:29.51 ID:IGpjTpLU
妄想から離れるのじゃ。
そうすれば楽になるのじゃ。

悟りを開いた人に聞いてみるスレ【人生相談】79 
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/jinsei/1580742911/

803:マジレスさん[sage]:2021/01/04(月) 21:38:38.82 ID:UsHa47Vw
鬼和尚!

宗教板ででおーなるものがタコ殴りにあって鬼和尚に助けを求めています。

804:鬼和尚 ◆v4C6SeeabHj8 [sage]:2021/01/04(月) 23:17:17.71 ID:S8QXSpqG
妄想から離れるのじゃ。
そうすれば楽になるのじゃ。

鬼和尚の仏教講読会 別館2
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1600684575/

201:避難民のマジレスさん[]:2021/01/04(月) 03:06:25 ID:h2Xu8weQ0
鬼和尚、いつもありがとうであります。
くま訳全面改
誰か共に正しい考えに立ち返り、邪説を打ち破る者はおらぬか!
迷情に囚われてるから、過つのだ。
一切の心の働きを仔細に見を見れば、
観察の主体の知見は自分に還り、主体が変容するのである。
(´・(ェ)・`)b

202:避難民のマジレスさん[]:2021/01/04(月) 08:20:46 ID:nhjeGxgM0
272   1/2
看杜詩 二首  杜詩を看る
古今詩格舊精魂 古今の詩格旧精魂
江海飄零亦主恩 江海飄零すまた主恩
仰叫虞舜一生涙 仰いでぐ舜と叫ぶ一生の涙
涙痕濺酒?寨乾坤 るい痕せん酒して乾坤をつつむ

くま訳
古今の詩の風格は、詩聖杜甫の詩魂によって決まるのだ。
世界は落ちぶれ、天子の恩に報いる気持ちも廃れた。
天を仰ぎ伝説の名君虞舜の名を叫び、生涯涙する
涙と酒が、天下をおおうのだ。

*詩格:風格、品格。
*旧精魂:ここでは、詩聖杜甫の魂と解した。
*飄零・漂零(ヒョウレイ):落ちぶれること。「漂零」
*?寨(ユウ):つつむ。水気がしっぽりとつつむさま。前スレ>>688 参 
 https://fate.5ch.net/test/read.cgi/keihatsu/1528924619/589-n
*濺(音セン・訓そそぐ):①そそぐ。水をそそぎかける。 ②水の流れるさま。
(´・(ェ)・`)つ

203:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2021/01/04(月) 23:16:24 ID:1d4drIFg0 [94/94]
そんな感じじゃな。
杜甫の詩を読んで感動しているのじゃ。
今の時勢にも似ているのじゃ。
誰もが君主を忘れ争っているのじゃ。
乱世を悲しむばかりなのじゃ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました