鬼和尚 2020/12/20(日)

鬼和尚に聞いてみるスレ part17
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1598506868/

656:崇蓮[sage]:2020/12/20(日) 09:06:48 ID:VHpJSyVE0 [7/7]
>>655
とても判りやすい説明ありがとうございます。
常に今の心の働きを観れていれば善いのですね。
精進します。

教えてください。
最近やっとお腹に力を入れて呼吸をしてると、丹田に熱が発生する事が稀にあるようになりました。
ですが、丹田に力を入れる事にばかり気が行って、数息観の集中が出来ていないように感じます。お腹にばかり気が行ってるので、集中していると言えばそうかもしれないのですが…。
数息観は数息観、お腹に力を入れる時は入れる時、と分けた方が善いのでしょうか?

また、コツを掴めば座っているだけで気が上昇すると仰っていましたが、
それはお腹に力を入れなくても熱が発生して上昇するという事でしょうか?
バストリカ呼吸法などをしなくても、姿勢だけ揃っていれば、気が発生するという事でしょうか?

657:避難民のマジレスさん[sage]:2020/12/20(日) 12:32:43 ID:czRftzgI0 [33/33]
自分を見ている者(意識)は、感覚→認識→感情の認識と同じものですかそれとも別のものですか?

658:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2020/12/20(日) 23:12:29 ID:1d4drIFg0 [175/175]
>>656 そのようならば分けてやったほうがよいじゃろう。
 ただ丹田に集中するのもよいのじゃ。
 それもまた集中の修行になるのじゃ。

 姿勢が正しければ自然に丹田に力が入るようになるのじゃ。
 体の重心が丹田に重なるからなのじゃ。
 呼吸法を用いなくとも姿勢だけでそのようになるのじゃ。
 それまで精進あるのみなのじゃ。

>>657 別のものと感じるじゃろう。
 ただ認識するのではなく、もっと深い意識なのじゃ。
 本来全て同じ意識であるが、自我があれば違うものと感じられるのじゃ。
 更に深くどこまでも観察していけばわかるのじゃ。
 実践で確かめるのじゃ。

オショーのSadhana Pathを読んで実践する
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1605702581/

67:避難民のマジレスさん[sage]:2020/12/20(日) 20:48:07 ID:Dp/qMVVc0 [36/36]
そうだ、第四番目の選択肢がある。私はそれを宗教と呼んでいる。それは知性と直観の道であって、獣や狂気や偽善の道ではない。耽溺や抑圧や演技の道ではなく、本物の生と知の道だ。

それは善行の実を結び、人間の中の動物性を排除するものであり、無意識の情熱を抑制するのではなく、人間をその支配から解放するものだ。宗教は単に仮面や外面的な行動を前提としたものではなく、内なる存在の変容だ。それは社会的なものではなく、個人的な充足だ。それは私たちの関係を変えないが、私たちの自己そのものを変容する。関係は結果として自動的に変わる。宗教は、自分自身の中にある存在に、革命をもたらす。そうすれば、周囲のすべてのものが自動的に変容されるのだ。

道徳は社会的なものであり、宗教は完全に個人的なものだ。道徳は行動であり、宗教は内なる存在だ。道徳とは周辺部であり、宗教とは中心部だ。道徳とは人格であり、宗教とは魂だ。宗教は道徳の尻尾にはついてこないが、道徳は必ず宗教についてくる。道徳は人を道徳的にすることさえできないのだから、いったいどうやって人を宗教的にすることができるのだろうか? 道徳は自分自身に物事を積み上げることから始まるが、宗教は知から始まる。

生の中には、悪、不純、不真実がある。私たちはそれらの根源を見つけなければならない。悪はどこで、どのようにして生まれるのだろうか? これらの毒がどこから来て、人の行動を毒にする中心はどこにあるのだろうか? 人が徳や善を考えているときでさえ、なぜ悪はこれらの考えをすべて追い払い、生を取り囲み、行動に浸透してしまうのだろうか? 情熱はなぜいつも人の思考を変えさせるのだろうか?

私たちは注意深く観察し、自分自身でこれを見つけ出さなければならない。他人から借りた結論は役に立たない。なぜなら、この観察のみが、観察の過程を通して、自己観察を通して、悪を生み維持するまさに源を崩壊させ破壊する、力とエネルギーを生み出すからだ。この継続的な観察自体が修行なのだ。なぜならば、継続的な観察は、悪を知るための方法であるだけではなく、同様にそれを排除するための方法でもあるからだ。内なる「私」を観察することによって、目を覚まし、それに向かって注意深くなることによって、光は内なる暗い凹部に届く。そして、この光は、自分の行動の根源を照らすだけでなく、それらを変容させ始める。

自分自身を観察して厭離していくと楽で自由になっていくのですが、未だに観察に向かうのに意志力を必要とする時があります。これは自我が完全に厭離されるまでは仕方のないことなのでしょうか? 観察自体を阻む感情を観察で厭離しようとしているのですが、今のところうまく行ってません。覚者の動画や文章に接することなどで自然に観察が起きる時もあります。

68:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2020/12/20(日) 23:27:32 ID:1d4drIFg0 [32/32]
初心の内は意志に拠って観察しなければ出来ないのじゃ。
毎日続けていくことで自然に出来るようになるのじゃ。
まだ無我にならなくとも毎日続けることで、無意識のうちにも観察できるようになるのじゃ。
そのような無意識の観察に拠って自我も観ることができるのじゃ。
それが観照なのじゃ。

悟りを開いた人に聞いてみるスレ【人生相談】79 
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/jinsei/1580742911/

754:マジレスさん[Sage]:2020/12/20(日) 18:07:05.22 ID:ywseoC5g
鬼和尚
例の3月の件ですが、その後の状況いかがでしょうか?
年末は(コロナ関連除き)平和に終わりそうですか?
なんか25日前後に何かありそうな感じなのですが…

755:鬼和尚 ◆v4C6SeeabHj8 [sage]:2020/12/20(日) 23:07:41.25 ID:HdjC9iBv
>>754 本当になにかありそうじゃのう。
 やはり年の瀬から年始にかけてあるかもしれん。
 もはや何が起きても不思議ではないのじゃ。
 心構えはしておくとよいのじゃ。

鬼和尚の仏教講読会 別館2
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1600684575/

168:避難民のマジレスさん[]:2020/12/20(日) 06:12:49 ID:3uawh5ng0

くま訳全面改
第1句、先師の法を破るのは迦葉が文殊菩薩を破るようなものである。
第2句、そのような僧の三昧は国事で自ら身を滅ぼした商君のようなものである。
第3句、祖師の法はそのような小事にかかわず悟りという大いなる用法を現前するものなのだ。
第 4句、国事による一時の栄光は山にかかる一片の雲の如しなのである。
(´・(ェ)・`)b

169:避難民のマジレスさん[]:2020/12/20(日) 15:46:30 ID:Zqpiuruw0
258
敬上天子?硯下 二首 1/2 敬って天子の?硯下にのぼる 二首 1/2
財寶米銭朝敵基 財宝米銭朝敵のもとゐ
風流兒女莫相思 風流兒女あい思ふこと莫れ
扶桑國裡安危苦 扶桑國裡の安危の苦
傍有忠臣心亂絲 かたわらに忠臣心有りて心しを乱す

宇野 直人先生訳・解説
敬んで天子の?硯下に登る二首  日野富子を批判した詩
財宝や米 金銭が朝敵のよりどころ
ふしだらな女に思いを向けてはならない
日本は今 滅びるかどうかのの正念場
傍に忠臣(自分の事)がいて、心を砕いています

応仁の乱は最終段階。日野富子が金銭を使って色々と政治工作をやっている頃。日野富子はとかく政治に介
入し、米相場の操作、高利貸、収賄など蓄財に奔走していた。その様な日野富子を批判し、天皇へは忠臣の
私が付いていますとのメッセ-ジ。

・日野富子:室町幕府八代将軍足利義政夫人。実子義尚を将軍継嗣に立てようとして、応仁の乱の端緒を
作った。悪女のイメ-ジ。

くま訳
金銭、食料が朝敵の拠り所であります。
風流な女子供と思いあっている場合ではないであいます。
日本國存亡の危機であります。
忠臣一休が、傍らに控えてるであります。
(´・(ェ)・`)つ

170:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2020/12/20(日) 23:36:08 ID:1d4drIFg0 [79/79]
そんな感じじゃな。
幕府の者が私財を儲けようとするのは、民の財を取り上げることに成るからいかんのじゃ。
そうであるから財宝米銭は朝敵の基なのじゃ。
それも権力者が好いた女子に権力を与えるという出鱈目をしているからそうなるのじゃ。
国が傾く時忠臣は心を痛めるのじゃ。

鬼和尚の仏教勉強会 講読ゼミ 6
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1592867699/

436:避難民のマジレスさん[]:2020/12/20(日) 06:52:19 ID:3uawh5ng0
最初と最後の自由 第二部質疑応答
三二 単純さについて 2

 単純さとは何でしょうか。単純さは、非本質的なものの切り捨てと本質的なものの追求でありうるのでしょうか-それは選択の過程という意味です。それは選択-本質的なものを選択することと、非本質的なものを切り捨てる-という意味ではないでしょうか。この選択する過程とは何でしょうか。選択する実体は何でしょうか。精神なのではないでしょうか。あなたがそれを何と呼ぶかは、大事ではありません。あなたは「私はこれを選択しよう-それは本質的なものだ」と言います。何が本質的なものなのかを、あなたはどのようにして知るのでしょうか。あなたは、他の人たちが言ってきたことの様式を持っているか、それとも自分自身の経験が、何か或るものが本質的であると言うか、どちらかです。あなたは自分の経験に頼れるでしょうか。あなたは選択するとき、あなたの選択は願望に基づいているのではないでしょうか。あなたが「本質的なもの」と呼ぶものは、あなたに満足を与えてくれるものです。それであなたは再び同じ過程に戻っているのではないでしょうか。混乱した精神は選択できるでしょうか。それが [選択]するなら、選択もまた混乱しているにちがいありません。
 ゆえに本質的なものと非本質的なものとの間の選択は、単純さではありません。それは葛藤です。葛藤のなか、混乱のなかの精神は、決して単純でありえません。あなたがこれらすべての偽りのものごと、精神の策略・芸当を切り捨てるとき、ほんとうに観察してわかるとき、それを見て、それに気づくとき、そのとき単純さとは何かを、自分自身で知るでしょう。 信念に縛られている精神は、決して単純な精神ではありません。知識で損なわれている精神は、単純ではありません。神に、女性たちに、音楽により散漫である精神は、単純な精神ではありません。事務所・会社、儀式、祈りの決まった日課に捕らわれている精神、そういう精神は単純ではありません。単純さは、観念を持たない行動です。しかしそれはとても希なことです。それは創造性という意味です。創造がないかぎり、私たちは災い、悲惨、破壊の中心です。単純さは、あなたが追求し経験できないものです。花が正しい時・瞬間に開くように、各自が、存在と関係の過程全体を理解するとき、単純さが訪れるのです。私たちはこれまでそれについて考え、それを観察したことがないから、それに気づかないのです。私たちはわずかな所有物という外的な形ばかりを評価します。しかしそれらは単純さではありません。単純さは、見つけられるものではありません。それは、本質的なものと非本質的なものとの間の選択としてあるのではありません。それは、自己がないとき-精神が、憶測、結論、信念、観念作用に捕らわれていないとき-だけ、生じるのです。そういう自由な精神が、真理を見つけられるだけです。そういう精神のみが、測ることのできない、名づけることのできないものを、受け取れるのです。それが単純さです。
(´・(ェ)・`)つ

437:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM[sage]:2020/12/20(日) 23:30:18 ID:1d4drIFg0 [164/164]
本質的なものと非本質的なものという分別があれば単純ではないのじゃ。
その他どんな選択や分別があっても単純ではないのじゃ。
自己も観念も無い時のみ単純さがあるというのじゃ。
その時、真理を見つけられるというのじゃ。
それは既に悟った状態なのじや。
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました