鬼和尚 2020/12/15(火)

鬼和尚に聞いてみるスレ part17
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1598506868/

643:避難民のマジレスさん[sage]:2020/12/15(火) 11:01:35 ID:.ykewGRw0 [4/4]
>>642
パソコン的に例えると、数を数えるタスクのウインドウがアクティブになっているとき、
思考のポップアップウインドウが勝手に開き、自然にこれがアクティブウインドウになる感じです。
このようなポップアップがでるたびに、数を数えるウィンドウをアクティブに戻すようにすればいいのですね。
勝手にアクティブになるポップアップはうざいですが、できるだけ数えるタスクをアクティブにするよう頑張ってみます。
そして、数えるのを間違えた時点でもって、集中の継続時間とし、これを延ばしていくようにしたいと思います。
教えていただきありがとうございました。

644:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2020/12/15(火) 21:50:18 ID:1d4drIFg0 [170/170]
>>643 そうじゃ、それでよいのじゃ。
 そうすれば思考も自然に消えていくじゃろう。
 精進あるのみなのじゃ。

オショーのSadhana Pathを読んで実践する
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1605702581/

57:避難民のマジレスさん[sage]:2020/12/15(火) 20:25:58 ID:Dp/qMVVc0 [31/31]
止まって、観なさい。この二つの言葉は宗教の核心、あなたの修行の道標であり、ヨーガの全体の鍵だ。止まって、観ると、第11の方向が開かれる。そこを通って、あなたは内なる空間に入る。その内なる空間が魂だ。私は、あなた方が皆何かを追いかけて走っているのを見るが、この走りは結局は倒れることで終わってしまう。あなたは毎日、人々が倒れているのを見ないだろうか? それはすべて走りの結果ではないのか? 走ることはすべて死で終わるのではないか? しかし、最初にこの真実を知る者は、最後にその災難から救われるのだ。

止まって、観て欲しい。 あなたはそうするだろうか? 必死で走っている最中に、私の呼び声が聞こえるだろうか?止まって、走っている人を見なさい。止まって、探している人を見なさい。止まって「私」を見つめるのだ。走ることの熱が冷めるとすぐに十の方向はすべて消え、ただ一つの方向、その無方向だけが残る。それはあなたを根源に、源に、最高の知の泉に連れて行く。

ある求道者がかつて、人々に、生まれる前にどのようなものであったかを尋ねた。もしあなたがその求道者に会いに行ったら、彼に何と言うだろうか? あなたは、生まれる前に自分がどうだったかを知っているだろうか? 死んだ後に自分がどうなるかを知っているだろうか? もしあなたが止まって観ることを学べば、知ることができる。生まれる前の存在、死んだ後の存在、そして今この瞬間に内側にいる存在を知ることができる。それは、少し振り返って見るだけだ。止まって、観なさい。

あなたをこの素晴らしい世界への旅に招待する。 止まって、観なさい。

第3章は以上です。ここまででもし、訳におかしなところがありましたらご指摘ください。
止観を続けます。

58:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2020/12/15(火) 21:52:02 ID:1d4drIFg0 [27/27]
心を止めて、観ること、それが止観なのじゃ。
本来は観察が真の道なのじゃ。
しかし、悟りを得ず、修行もしていない者が心を観察することは難しいものじゃ。
そうであるから心を止める修行もしなければならないのじゃ。

【相談】悟りを開いた人に聞くスレ【仏教】 53 
https://medaka.5ch.net/test/read.cgi/kankon/1597354447/

476:おさかなくわえた名無しさん[]:2020/12/15(火) 06:33:57.68 ID:VzlSeRrR
鬼和尚、今日も30分座禅をしました。軟ソの法を取り入れています。
鬼和尚は配達の仕事は続けていますか?
寒いので体に気を付けてください。

477:おさかなくわえた名無しさん[sage]:2020/12/15(火) 09:31:39.80 ID:XCqp3b/x
5ちゃんで軟酥の法をやってる人のレスを初めて見た
30分も続けられるなんて凄い!

478:鬼和尚 ◆v4C6SeeabHj8 [sage]:2020/12/15(火) 21:47:06.93 ID:iV7orF3P
>>476 善いことじゃ。
 まだ続けているのじゃ。
 おぬしも気をつけるのじゃ。
 またおいでなさい。

>>477 そうじゃ、凄いのじゃ。
 おぬしも実践あるのみなのじゃ。

悟りを開いた人に聞いてみるスレ【人生相談】79 
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/jinsei/1580742911/

735:マジレスさん[]:2020/12/14(月) 22:18:47.56 ID:a4aCVUjB
>>734
両親含め多くの人に酷い目に合わされました
過去は恨んではいませんが、次も同じ目に合うだろうとの思いはある。
原因はどう無くしますか?

738:鬼和尚 ◆v4C6SeeabHj8 [sage]:2020/12/15(火) 21:45:56.24 ID:hi2jSwzT
>>735 その原因がある前のことを思い浮かべると善いのじゃ。
 父母未生の自分とかなのじゃ。
 前世でもよいのじゃ。
 その原因となる記憶が無い時には人も恐れないことを自らの心に観察するのじゃ。
 或いはそれがなかった自分をイメージるのでもよいのじゃ。
 そのようにして恐れが原因から起こる心の働きと、原因が無く恐れが起こっていない心の働きを交互に観察するのじゃ。
 そうすれば恐れも無くなっていくのじゃ。
 肉体もどんどん鍛えると善いのじゃ。

鬼和尚の仏教講読会 別館2
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1600684575/

156:避難民のマジレスさん[]:2020/12/15(火) 18:13:18 ID:PVzkRgUY0
一休さんの現状認識。智者は歴史から学ぶのでありますね。
249    2/2
満山蛍火諸人看 満山の蛍火諸人看る
凶事南方也太難 凶事南方またはなはだ難
可憐貴賎共自滅 憐れむべし貴賎共に自ら滅するを
廢北秋風冬夜寒 廃北の秋風冬夜寒し

くま訳
南北朝時代においては、福岡県宝満山においても、戦乱の火を人々は見た。
不幸な出来事が南方で起り、なかなか解決しないのである。
貴族も平民も皆ともに自滅したのである。
そして今や、
南朝の重臣北畠親房の子孫が伊勢国司となって南伊勢に勢力を誇り、北伊勢を治める幕府守護と対立してい
たが、終に、1441年、伊勢国守護も兼ね、幕府軍を事実上屈服させたのである。
廃れた現政は秋風が吹き、寒い冬の夜を迎えようとしているのである。

*南北朝時代 1336~1392 57年間
*南朝または吉野朝廷:南北朝時代に京都以南の大和国の吉野を本拠とした大覚寺統の後醍醐天皇に属する 
 朝廷。叙位や元号の制定など政権としての機能を有した。
*北朝:南北朝時代に、足利氏を頂点に、全国の多くの武士、及び大多数の公家が支持した持明院統の朝廷 
*紀州の南北:室町幕府成立後も、南朝の重臣北畠親房の子孫が伊勢国司となって南伊勢に勢力を誇り、北 
 伊勢を治める幕府守護と対立した。5代国司(伊勢北畠家としては4代)北畠教具の代に幕府と和睦し、 
 伊勢守護も兼ねるようになった。北畠教具:5代。嘉吉元年(1441年)任官。伊勢国守護も兼ねる
*宝満山は大宰府北東。古くからの信仰の山として知られる。『扶桑略記』に延暦22年(803)、最澄が渡 
 海の平安を祈るため、太宰府竈門山寺に薬師仏を造ったとみえる。修験道と結合して英彦山の胎蔵界に対
 し、金剛界の行場として、修験の山となった。筑前の守護武藤少弐氏が山中に城を構築し、南北朝の争乱 
 の舞台ともなった。
*六郷満山:大分県国東半島一帯にある寺院群の総称である。独特の山岳宗教文化が栄えた
*応仁の乱:1467年、一休さん74歳 6月、
(´・(ェ)・`)つ

157:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2020/12/15(火) 21:58:26 ID:1d4drIFg0 [74/74]
また戦乱が起ころうとしているのじゃ。
南方から凶事が来るというのじゃ。
帰属も庶民も自滅なのじゃ。
北朝の末も廃されて冬の夜空に寒風がとくのみなのじゃ。

鬼和尚の仏教勉強会 講読ゼミ 6
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1592867699/

426:避難民のマジレスさん[]:2020/12/15(火) 18:47:10 ID:PVzkRgUY0
最初と最後の自由 第二部質疑応答
三十 神について 3

 あなたは私に、真実が何なのかを言って欲しいのです。叙述できないものが言葉に表せるでしょうか。何か測ることのできないものを、測れるでしょうか。あなたは自分の拳に風を掴めるでしょうか。あなたがそうするなら、それは風でしょうか。あなたが測ることのできないものを測るなら、それは真実でしょうか。それを定式化するなら、それは真実でしょうか。確かにちがいます。というのは、あなたが何か叙述できないものを叙述した瞬間、それは真実であるのを止めるからです。あなたが知ることのできないものを知られたものに翻訳した瞬間、それは知ることのできないものであるのを止めます。けれども、それが、私たちがあこがれている・恋いこがれているものです。いつのときも、私たちは知りたいのです。なぜなら、そのとき私たちは継続できるだろう、そのとき究極の幸せ、永久性を捕まえることができるだろうと、私たちは思うからです。私たちは知りたいのです。なぜなら、私たちは幸せではないからです。私たちは惨めに奮闘しているから、擦り切れて・疲れ切って、堕落しているからです。けれども単純な事実-私たちが堕落していること、鈍くて、疲れ切って、騒乱の中にいること-を悟るかわりに、私たちは知られたものであるものから知られないものへ移転・移動したいのです-それもまた知られたものになるし、ゆえに私たちは決して真実を見つけられないのです。
 ゆえに誰が悟ったかや、神が何なのかを訊ねるかわりに、なぜ自分の注意と気づきの全体を、あるがままへ向けないのでしょうか。そのときあなたは知られないものを見つけるでしょう。というよりむしろ、それはあなたに来るでしょう。あなたは、何が知られたものなのかを理解するなら、誘導されず、強制されない、あのとてつもない静寂を、それにおいてのみ真実が入り込める、あの創造的空っぽを、経験するでしょう。それは、なろうとしている、奮闘しているものには来れません。それは、ありつつあるもの、あるがままを理解するものに、来れるだけです。そのときあなたは、真実は遠くにないこと、知られないものは遠く離れていないこと、それはあるがままの中にあることが、わかるでしょう。問題への答えが問題の中にあるのと同じように、真実はあるがままの中にあるのです。私たちはそれを理解できるなら、そのとき真理を知るでしょう。
 鈍さに気づくこと、貪欲に気づくこと、悪意、野心などに気づくことは、極めて難しいのです。あるがままに気づくという事実こそが真理です。解放するのは真理です-自由であろうとするあなたの奮闘ではありません。こうして真実は遠くないのですが、私たちはそれを遠く離れて置きます。なぜなら、自己継続の手段として、それを使おうとするからです。それはここ、今、即時 [当面・目前]のものにあるのです。永遠のものや時間のないものは今です。今は、時間の網に捕らわれている人により理解されえません。思考を時間から自由にするには、行動を要求します。しかし精神は怠けています。それは怠惰です。ゆえに常に他の障害を造り出します。それは正しい瞑想によって可能なだけです-それは、連続的な行動ではなく、完全な行動という意味です。完全な行動は、精神が継続の過程、すなわち記憶-事実に基づく [記憶]ではなく、心理的な記憶- を了解するとき、理解されうるだけです。記憶が機能するかぎり、精神はあるがままを理解できません。しかし終わることの意義を理解するとき、自分の精神、自分の存在全体がとてつもなく創造的に、受動的に鋭敏になります。なぜなら、終わることの中に、新生がありますが、継続の中には、死がある、腐敗があるからです。
(´・(ェ)・`)つ

427:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM[sage]:2020/12/15(火) 21:55:16 ID:1d4drIFg0 [159/159]
真実や神について聞くことは商売と同じだというのじゃ。
自分が費やした投資に相応しい見返りが欲しいだけなのじゃ。
神や真実を聞くことより、自らの心を観るべきだというのじゃ。
その時にこそ真理を知ることが出来るというのじゃ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました