鬼和尚 2020/12/14(月)

鬼和尚に聞いてみるスレ part17
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1598506868/

639:避難民のマジレスさん[sage]:2020/12/14(月) 07:16:37 ID:czRftzgI0 [32/32]
自分を見ている者というのは正確ではなく無意識に感じている者という方が正確な気がしますが、いかがでしょうか?

640:避難民のマジレスさん[sage]:2020/12/14(月) 08:23:39 ID:.ykewGRw0 [3/3]
いつも教えていただきありがとうございます。
数息観について教えて下さい。
数息観は、数字をきちんと数えていられたら集中が継続できていると判断できる、
この集中継続を、5分、10分と延ばしていく、と教えていただいております。
ところで私の場合、数息観中すぐに思考が生じてきます。
これに同化しないように心がけていますが、同化してしまうことがあります。
しかし、思考同化と同時に、また数字も無意識的に(バックグラウンド的に)正しく数えることができます。
このように思考への同化が起こった場合は、
たとえ数字が正しく数えられていても集中は途切れたものとみなすべきでしょうか。

641:避難民のマジレスさん[]:2020/12/14(月) 16:12:24 ID:It0uZehQ0 [12/12]
人は大なり小なり自分を愛せないものでしょうか?
自己愛が不完全であればそもそも死を超えようとする意思、悟りへの動機も得られない気がします

642:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2020/12/14(月) 21:57:48 ID:1d4drIFg0 [169/169]
>>639 そういえるじゃろう。
 見ると言うのは比喩であるからのう。
 本当は認識し、感じているのじゃ。
 それも自動的に起こるものじゃ。
 更に詳しく観察するとよいのじゃ。

>>640 それは集中ができているのじゃ。
 意識の二重性に気付いたのじゃ。
 それが自覚できたら、思考を止めようとせずに数を数えるほうに集中してみるのじゃ。
 より深く瞑想に入れるじゃろう。
 実践あるのみなのじゃ。

>>641 愛せる者もいるじゃろう。
 愛せない者もいるじゃろう。
 親に習うことでそのように違いが出るのじゃ。
 自分を愛せない者は観世音菩薩の観想とか、普賢菩薩の観想をするとよいのじゃ。
 自分を愛する方法を習うのじゃ。
 実践あるのみなのじゃ。

オショーのSadhana Pathを読んで実践する
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1605702581/

55:避難民のマジレスさん[sage]:2020/12/14(月) 20:53:02 ID:Dp/qMVVc0 [30/30]
ある村で起きた出来事について話そう。ある人がどうやって神を見つけるかを尋ねてきた。私は問いによって答えた。今、神を見つけようとしているのなら、もうあなたは自分を見つけたのかと。私たちは神を知りたいと思っているが、自分自身を知らない! 自分に最も近い存在すら知らないのだ! どのような存在も、自己よりも近いものはない – だから、はじめに無知が付けられたに違いなく、それは今の時点で打ち負かされなければならない。自分自身について無知な人は、他のどのレベルでも知を得ることはできない。

知の炎は、最初に人間の内なる存在の中で燃え始める。それは知の東であり、知の太陽はそこから昇る。もしそこに闇があるとすれば、他のどこにも光があるはずがない。神ではなく、自分自身を知りなさい。この一筋の光は、最終的には太陽へと成長していく。自己を知ることによって、サット-チット-アーナンド、存在、意識と至福があることが実現するが、そこでは 「私」、自我はない。その実現こそが、神の実現なのだ。

人間は自我に覆われた魂だ。そして、これが無知だ。自我を取り払った魂が神だ。そして、これが知なのだ。自分の魂を求めてどこへ行こうとしているのか? 十のどの方角に行っても、それはどこにも見つからない。しかし、もう一つの方角がある。あなたは知っているだろうか? 私がその方角を案内しよう。

あなた自身がその十一番目の方角であり、他の十の方角を探すのをやめれば、この方角を見つけることができる。この十一番目の方向は他の十の方向とは違う。実際には、それは全く方向ではない。それは無方向であり、方向の否定だ。それはあなたが去ったことのないところに連れて行ってくれる。それはあなた自身の実体であり、あなた自身の自然な状態だ。十の方向はすべて外に向かっている。世界はそれらの創造物だ。十の方向が世界だ。 それらは距離だ。しかし、これらの方向のすべてを知っていて、その中を移動する者は、確かに世界から切り離されていて、確かに異なっている-そうでなければ、その者は世界を知ることも、その中を移動することもできなかっただろう。その者は移動すると同時に、移動しない。もし自分自身の存在の中でしっかりと確立されていないならば、動くことはできない、なぜならば、その者の回転輪の中心には固定があるからだ。馬車の車輪に気を留めたことがあるだろうか? 車輪が動くことができるのは、車軸が静止しているからに他ならない。どんな動きも常に固定されたものがあり、それを支えているのだ。人生は不安定で一過性のものだが、魂は恒久的で安定している。魂は第十一の方向だ。人はそれを求めてどこかに行く必要はない。すべての探し物を捨てて、あなたの中に誰がいるのかを見なさい。存在する者に目覚めなさい。これは、探究を放棄すれば可能だ。それは走ることによっては不可能だが、停止することによって可能なのだ。

思考の観察について、ありがとうございます。囚われず、ただ停止して、対象の縁起から起こる思考の過程を観ることに励みます。

56:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2020/12/14(月) 22:01:22 ID:1d4drIFg0 [26/26]
神がどのようにして見つけることが出来るのか、それを知る前に自分について知らなければならないとオショーはいうのじゃ。
自分を知らなければ、神についても知れるはずも無いのじゃ。
それは歩き方を知らないのに、走り方を知ろうとするようなものじゃ。
自分を知ることで神への最短の道を通過することが出来るのじゃ。

【相談】悟りを開いた人に聞くスレ【仏教】 53 
https://medaka.5ch.net/test/read.cgi/kankon/1597354447/

474:おさかなくわえた名無しさん[sage]:2020/12/14(月) 17:34:03.63 ID:nk7ID43+
>>473
なんとか頑張りたいと思います。

475:鬼和尚 ◆v4C6SeeabHj8 [sage]:2020/12/14(月) 21:52:25.56 ID:GKLwVHrx
>>474 そうじゃ、精進あるのみなのじゃ。
 またおいでなさい。

悟りを開いた人に聞いてみるスレ【人生相談】79 
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/jinsei/1580742911/

732:マジレスさん[sage]:2020/12/13(日) 21:40:25.58 ID:t7es2exV
>>727
その幻想に理由やらメッセージ的な事はあるのでしょうか?
何故白スーツに白ベストに白シャツの昭和初期によくいた様な格好なのか?
(当時は黒い物を選んで着ていた。白い服やらスーツやら選べとか?)

意味も理由も何もなく、ただ現れてこっち見てただけなのでしょうか?

733:マジレスさん[]:2020/12/14(月) 21:26:42.17 ID:q73DgIFM
鬼和尚、しまむらでもいいから彼女モドキが欲しいです!
しかし寒いから家からは出たくありません!!
そして胃酸過多で身を焦がす程の対人恐怖症で今日も胃が痛みいる。

734:鬼和尚 ◆v4C6SeeabHj8 [sage]:2020/12/14(月) 21:51:32.83 ID:neT/2wA8
>>732 おぬしが見出せばあるじゃろう。
 いつも謙虚でいるようにとかのう。
 白紙のような心でいるようにとかのう。
 己の心を省みて見出すのじゃ。

>>733 その対人恐怖の原因を心の中に探すのじゃ。
 親に虐待されたからかもしれん。
 誰かに酷い目に合わされたからかもしれん。
 その原因から恐れが起こり、原因が無い時にはおそれも無いと観察するのじゃ。
 恐れが消えれば誰とでも付き合えるようになるのじゃ。

鬼和尚の仏教講読会 別館2
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1600684575/

154:避難民のマジレスさん[]:2020/12/14(月) 18:37:59 ID:NxgCcdWQ0
一休さんの歴史認識
248    1/2
冬夜螢火 
和州紀宗両國際 和州紀州両國のあひだ
山野充満    山野に充満す 
因禪詩二章   因つて禪詩二章  
以祝之云    以て之を祝すと云ふ
    
螢火争陽智與愚 螢火陽を争ふ智と愚と
衆生定業佛難扶 衆生のぢゃう業佛もたすけ難し
一天星斗皆朝北 一天の星斗皆北に朝す
帝業南方一點無 帝業南方一點も無し

くま訳
冬の夜の螢火(のように、あっというまに消える争乱の火種)が 
朝廷と紀州の国境では、
山野に充満していた。 
因って、禪詩二章を作り 
以って祝いを云うのである
    
螢火が明るさを争う、智と愚と
衆生の前世から定まっている善悪の業報は仏にも救えない。
天空の北斗星は明け方には北空に消え去るのである。正統性の無い北朝は消え去る運命である。
南朝の統治の正当性には一点のくもりもないのである。

*和州:大和国の別称
*紀州:古事記・神武天皇が大和に入る時に紀伊熊野を通った。奈良盆地を地盤とするヤマト王権から知ら
 れた国であった。平安時代後期に熊野三山が成立し、熊野古道が整備され熊野詣が流行った。紀三井寺、 
 空海の高野山金剛峯寺、道成寺、根来寺など大寺大社が紀州の地に建てられた。
 熊野別当家を総帥とする熊野水軍が発達し勢力を伸ばした。源氏方として源平合戦(治承・寿永の乱)に 
 も関与した。
 戦国時代には、ルイス・フロイスが「四つ五つの共和国的な存在があり、いかなる権力者もそれを滅ぼす 
 ことができなかったと述べている通り、雑賀衆に代表される国人衆や寺社勢力が割拠する状態が続いた。
 紀伊の割拠状態は1585年(天正13)の羽柴秀吉による紀州征伐によって終焉した。
*陽:1 易学で、陰に対置されて、積極的、能動的であるとされるもの。2 表から目に見えるところ。う
 わべ。3 日の照らすこと。明るいこと。また、そのような所。
*定業(ジョウゴウ):1 前世から定まっている善悪の業報。2 座禅によって精神を集中し、仏を観ずる 
 こと。
*北斗:「斗」は北斗星など天の南北にある星座の名。星辰(せいしん)。
*帝業:天子が国を統治する事業。
(´・(ェ)・`)つ

155:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2020/12/14(月) 22:38:14 ID:1d4drIFg0 [73/73]
智慧者と愚者の違いは蛍の火が太陽と比べられるようなものというのじゃ。
衆生が自ら悪業を作れば仏といえども救えないのじゃ。
全ての者が北朝になり、南朝にいくものは一人もいないのじゃ。
南北朝に喩えて今の世を嘆いているのじゃな。

鬼和尚の仏教勉強会 講読ゼミ 6
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1592867699/

423:避難民のマジレスさん[]:2020/12/14(月) 19:34:47 ID:NxgCcdWQ0
最初と最後の自由 第二部質疑応答
三十 神について 1

質問
 あなたは真実を悟られました。神とは何であるかを、私たちに言ってもらえませんか。

 私が悟ったことを、あなたはどのようにして知るのでしょうか。私が悟ったことを知るには、あなたもまた悟っていなければなりません。これはただの利口な答えではありません。何かを知るには、あなたはそれのものでなければなりません。あなた自身もまた経験をしていなければならないし、ゆえに私が悟ったとあなたが言うことは、見たところ意味がありません。私が悟ったか悟っていないかどうか、それがどうしたというのでしょうか。私の言っていることが真理ではないでしょうか。私がほとんど・最も完全な人間であるとしても、私の言うことが真理でないなら、なぜあなたは私の言うことをたんたんと聴くのでしょうか。確かに、私の悟りは、私の言っていることと全く何の関わりもないし、他の人が悟ったということのために他の人を崇拝する人は、ほんとうは権威を崇拝しているし、ゆえに彼は決して真理を見つけられません。悟られたことを理解することと、悟った人を知ることは、全く重要ではないのではないでしょうか。
 伝統全体が、「悟った人と共にいなさい」と言うのを、私は知っています。彼が悟ったということを、どうしてあなたは知ることができるのでしょうか。あなたにできるすべては、彼との交わり・交際を保つことです。それさえも、今日では極めて難しいのです。言葉のほんとうの意味で、善良な・よい人たち-何かを求めていない、何かのあとを追っていない人たち-は、ほとんどいません。何かを求めていたり、何かのあとを追っている人たちは、搾取者です。ゆえに愛すべき仲間・相手を見つけることは、誰にとってもとても難しいのです。
(´・(ェ)・`)つ

424:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM[sage]:2020/12/14(月) 22:34:49 ID:1d4drIFg0 [158/158]
他人が悟ったことを理解できるのは自ら悟った者だけなのじゃ。
自分が悟らなければ何もわからないのじゃ。
伝統に従っているだけなのじゃ。
それでは神についても知ることが出来ないのじゃ。
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました