鬼和尚 2020/12/10(木)

鬼和尚に聞いてみるスレ part17
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1598506868/

615:避難民のマジレスさん[]:2020/12/09(水) 21:47:39 ID:cJlDu0J20
鬼和尚は前世で何を縁として兜率天に転生したのでしょうか?
来世に天に行く人はどのような人たちでしょうか?

617:避難民のマジレスさん[sage]:2020/12/09(水) 21:58:00 ID:Br285GbY0
> 集中して観れば善いのじゃ。

何を集中して観るのですか?

問題や状況ですか?
それとも自分をですか?

618:避難民のマジレスさん[]:2020/12/10(木) 00:34:17 ID:rlAecqNg0 [14/14]
鬼和尚様

先日も私の質問に答えてくださり本当にありがとうございます。これが厭離なのですね。
自分を知るとはこういうことなのですね。
私の場合はその件についてど~~~でも良くなった時に厭離が起こりやすいと思います。
精神世界の本で言う「手放す」などが当てはまるでしょうか。
鬼和尚様以外にこういうことを質問する人がいないので本当に感謝しています。

またまた質問させてください。
鬼和尚様に私の前世を見ていただいた時に私に「金には困らないのじゃ」と言われましたが、それはどういう理屈?でそう言われたのでしょうか?
コロナ不況などと言われて経済的に不安なので鬼和尚様にそう言われたのが意外でした。

621:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2020/12/10(木) 21:52:54 ID:1d4drIFg0 [162/163]
>>615 善事をして修行したのじゃ。
 善事を積めば天にも生まれるのじゃ。
 悪事をしていれば地獄行きなのじゃ。
 おぬしもどんどん善事を積むのじゃ。

>>617 自分を観るのじゃ。
 常に自分を集中して観るのじゃ。
 日々続ければ出来るようになってくるのじゃ。
 精進あるのみなのじゃ。

>>618 手放すことと言えるじゃろう。
 
 前世に施しをしていれば今金には困らないのじゃ。
 今も施しをしていればこれからも金には困らないのじゃ。
 どんどん施すと善いのじゃ。

619:避難民のマジレスさん[sage]:2020/12/10(木) 05:59:25 ID:czRftzgI0 [31/31]
執着がだいぶ取れたので、座禅の時だけでなく四六時中自分を見るということを始めました。その際、誰が見ているかを意識することをやっています。

620:避難民のマジレスさん[]:2020/12/10(木) 18:14:35 ID:tXYWvupc0
完全に無我になった人は性欲も無くなるんでしょうか?
無我になったが認識が残っている人の特徴を教えて下さいませ。

622:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2020/12/10(木) 22:02:12 ID:1d4drIFg0 [163/163]
>>619 それでよいのじゃ。
 日々精進あるのみなのじや。

>>620 あるじゃろう。
 まだ観念が残っているからのう。
 
 自分がなくとも人類とかの観念は在るのじゃ。
 自他の観念も在るのじゃ。
 自分個人は認識できないだけなのじゃ。
 性欲とかもあるじゃろう。
 実践して確かめるのじゃ。

オショーのSadhana Pathを読んで実践する
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1605702581/

47:避難民のマジレスさん[sage]:2020/12/10(木) 20:56:51 ID:Dp/qMVVc0 [26/26]
あなたは魂だが、もしあなたが自分自身の中でそれを探せば、あなたは欲望以外のものを見つけることはできない。私たちの人生のすべては欲望だ。何かになりたい、何かを達成したいという欲望。誰もが何かになりたい、何かを達成したいと思っている。その競争は、私たちの人生のあらゆる瞬間に続いている。誰も今いる場所に留まりたいとは思わない。誰もが、自分がいないところにいたいと思っている。欲望とは、自分や持っているものに対する漠然とした不満であり、自分でないものや持っていないものに対する盲目的な憧れだ。なぜなら、何かを手に入れるとすぐにそれが無意味になり、欲望はまだ持っていないものを囲い始めてしまうからだ。欲望は常に未達成のもののためにある。

欲望は地平線のようなものだ。あなたが地平線に近づこうとすればするほど、地平線は遠ざかっていく。これは、地平線が単に存在しないからだ。それはただの外観、錯覚だ。それは現実ではない。もしそれが現実であれば、それはあなたが近づくにつれてあなたに近づいてくるだろうが、もしそれが非現実であれば、あなたが近づくと消えてしまうだろう。もしそれが現実でも非現実でもないならば、現れたもの、夢、幻影、想像の産物であるならば、それは、あなたがどんなに懸命に近づこうとしても、以前と同じように遠くに残るだろう。

真実でないものは、真実の反対だ。幻想の世界、マーヤーは、真実の反対ではなく、そのベール、覆いだ。欲望は、魂の反対ではなく、アートマンの反対ではなく、そのベール、覆いなのだ。それは霧であり、私たちの存在を隠す煙だ。私たちは自分ではないものを追い求め、その結果、自分が何者であるかを見ることができない。欲望は魂の上に落ちたカーテンであり、そのために私たちは自分の魂を知ることができない。私たちは常に他の何かになりたいと思っているので、私たちは自分自身の存在を実現することができない。

この競争、何か他のものになりたいというこの欲望が一瞬でも止まれば、存在するものは、目に見えるようになる – 雲のない空が一瞬だけでも、太陽が目に見えるようになるのと同じように。この競争の不在を私はディヤーナ、瞑想と呼ぶ。そして、実際に何があるのかを知った瞬間に体験する驚きの感覚は、なんというものだろう! それにより、人がこれまで望んでいたすべてのことが達成される。魂の視座は欲望の完全な充足だ。なぜならば、そこには何も欠けていないからだ。

悟りへの欲望によって修行を進めても良いが、最後にはその欲望も捨てるという解釈で良いのでしょうか? 私の場合、悟りへの欲望は常に一定ではないのですが、その欲を厭離しなくとも、欲が現れていない時に偶然に自我の成り立ちが全部観られて、無我になることもありますか?

48:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2020/12/10(木) 21:37:45 ID:1d4drIFg0 [22/22]
そうじゃ、最後に捨てるがよいのじゃ。

そのようなこともあるじゃろう。


人生の全ては欲望だというのじゃ。
何かになりたいとか達成したいという欲ばかりなのじゃ。
欲が捨てられれば自分も見えるのじゃ。
そして全ての欲がかなっていることを知るのじゃ。
欲も本当は孤独や不安や恐れからの逃避であるからのう。

【相談】悟りを開いた人に聞くスレ【仏教】 53 
https://medaka.5ch.net/test/read.cgi/kankon/1597354447/

455:おさかなくわえた名無しさん[sage]:2020/12/10(木) 00:57:56.02 ID:6/+xfzZC
>>454
鬼和尚は何で宗教板からハブられたんですか?

456:鬼和尚[]:2020/12/10(木) 10:47:34.95 ID:0WDgzgoZ [1/2]
>>455
宗教版は頭のおかしなヤツばかりとなり、まともな議論が出来なくなったからじゃ。

457:おさかなくわえた名無しさん[]:2020/12/10(木) 10:52:04.47 ID:0WDgzgoZ [2/2]
鬼和尚、60歳までは迷ったり悩んだりしてましたが、今は安楽な生活が
出来るようになりました。
これは、年を取って心が鈍くなったからですか?
仏教を学び、座禅をしたからですか?

461:おさかなくわえた名無しさん[sage]:2020/12/10(木) 20:42:00.38 ID:nw7NpiZO
スポーツメーカーのナイキのCMが日本で差別やいじめを受ける在日朝鮮人を描いて大きな反響がありました。
確かに日本でもいじめや差別はあると思うのですが、「日本人が悪い」「朝鮮人は被害者」という非常に偏った印象を受けるコマーシャルに見えます。
韓国や北朝鮮はナイキのお得意様だという噂もあります。

これは明確なプロパガンダでしょうか?
ほうっておいていいのでしょうか?

462:鬼和尚 ◆v4C6SeeabHj8 [sage]:2020/12/10(木) 22:38:14.57 ID:uDY86CTX
>>457 座禅をしたからじゃろう。
 年をとっただけでは安楽に成らないのじゃ。
 むしろ苦しくなる者もいるからのう。
 更に安楽を求めるが善いのじゃ。

>>461 政治的な宣伝ではないのじゃ。
 金儲けのための宣伝なのじゃ。
 そのような宣伝をすれば靴がもっと売れると思っているのじゃ。
 むしろいじめや差別を求めているといえるのじゃ。
 宣伝になるからのう。

 愚かな者は自ら破滅の道を行くのじゃ。
 放って置いて善いのじゃ。

悟りを開いた人に聞いてみるスレ【人生相談】79 
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/jinsei/1580742911/

689:マジレスさん[]:2020/12/09(水) 23:35:25.03 ID:OCMt6FlJ
>>688
多くの質問にお答え頂き、まことに感謝申し上げます。

>それは仏教では阿頼耶識といわれるものじゃ。
    記憶による分別の基盤となる認識能力なのじゃ。

一つ疑問点がございます。

それは、この阿頼耶識というものは、人が醒めてある日常の意識としてを認識しているこの意識であると、

と、すると、禅の悟りとして、井上哲玄老師や先人が仰っている、現象世界を見聞覚知する名付けられないこの者が仏性であり、それが主となるのが悟りであると、

この事=阿頼耶識、この様に考えて良いと言うことでしょうか?

実は自分はインド、チベット系の瞑想しか知らないが為、仏教用語に疎いものですから、正確な阿頼耶識の定義が何で有るのかが分かりません、それでしつこくもお訊きする次第です、

もしも、上記の解釈が間違いであるのなら、仏性とはなんであり、阿頼耶識とは何であるのか?をご教授たまわりたく思います、宜しくお願い致します。

690:マジレスさん[sage]:2020/12/10(木) 00:28:32.55 ID:ZVfMUZIE
以前和尚は期待にも時間にも囚われてはいかんのじゃみたいなことをおっしゃていたかと思います。

真理にたどり着けば、時間は存在しないということは知識では理解しましたが、腹に落ちていません。

時間が存在しない…だから何?何かメリットはあるの?老病死を超えれるの?と思います。

時間が存在しないことを識ると、どのような苦から自由になるのでしょうか?ご教示下さいませ。

695:マジレスさん[sage]:2020/12/10(木) 04:48:07.80 ID:Ywzdk3tw [1/2]
一休さんは一生懸命修行して
ハタチ位で大悟して不老不死になった。
そして一休さんは自由気儘に生きて
老人になり「死にとうない」と云って死んだ。

おお悟りのなんと素晴らしきことだ。
我が家に伝わる蓬莱の枝の珠も
釈迦の手の平に捧げたい!
鬼和尚でもいいからもらってくれ!

696:マジレスさん[sage]:2020/12/10(木) 05:02:40.08 ID:Ywzdk3tw [2/2]
昔、ニアデスみたいな体験をした後の2~3日間に、全身白のスーツを着た初老の奇妙なオッサンに早朝からストーカーされた事がある。

鬼和尚の過去を観る千里眼で彼が何者で何の目的で現れたのか教えて下さい。

私をストーカーしてたクセに、3日目にお茶持ってアプローチしに行ったらもう会えなくなった。意味がワカラン。
幽霊か仙人か?変な雰囲気の人でした。

710:鬼和尚 ◆v4C6SeeabHj8 [sage]:2020/12/10(木) 22:22:21.86 ID:/v2WUlP3 [1/2]
>>689 本来阿頼耶識も仏性も無いものじゃ。
 悟りを求める者の便利が善いように創作されたものなのじゃ。

 阿頼耶識もまた捨て去れるべきものじゃ。
 それが仏性ではないのじゃ。
 むしろ根本的な無明を起こすものなのじゃ。
 阿頼耶識が滅すれば大悟徹底なのじゃ。

 仏性とは仏になれる性質なのじゃ。
 人にはあるものじゃ。
 動物にもあるといえるが悟りまで至れるのかは難しいのじゃ。
 犬にはないとかあるとか問答になるのもそのせいなのじゃ。

 言葉に囚われず全てを捨てる覚悟で進むのじゃ。

>>690 老病死も時間によるものなのじゃ。
 時間が無ければ老いることも病にかかることも死ぬことも無いのじゃ。
 死とは生きることが終わる時間が来ることであるからのう。
 老いることも若い者が時間が来てじじいになることなのじゃ。
 病も健康な者が時間に拠って病にかかることなのじゃ。
 時間の観念が無ければ老病死の苦も無いのじゃ。

>>696 おぬしの影じゃろう。
 おぬしの心から起こったものじゃ。
 向き直ろうとしたらいなくなったのもそのせいなのじゃ。

697:マジレスさん[sage]:2020/12/10(木) 08:15:08.02 ID:AVj5+Tg+
最近親戚が亡くなり、生とは、死とはと色々考えてしまいます。
脳が機能しないので死んだらなにもわからなくなるでしょう。文字通りの永眠です。
それでも人が死語の世界を思い描くのは死んだらなにもなくなるという現実から逃げているということでしょうか?
焼かれればそれこそなにも残らない。生まれる前の記憶だってないのだから死んだあとに何かあるはずはありません。
なのに葬儀では坊さんたちが荒唐無稽な話をして勝手に盛り上がる訳ですから少し引いてしまいまして。
でもやはり死ぬことは怖いです。どう向き合っていくべきでしょうか?

703:マジレスさん[sage]:2020/12/10(木) 17:31:49.74 ID:Lg2fpWbN
クリシュナムルティの書籍を読みました。そこにはいかなる思想、主義、意見をもつべきではないとのことでした。

鬼和尚の仰ること、例えば慈悲のある行いをするのじゃというのは意見にならないのでしょうか?

ならないのであれば、意見になるものならないものの違い教えて頂きますようお願いします。

708:マジレスさん[]:2020/12/10(木) 20:33:54.24 ID:+jIcuVda
0680 神も仏も名無しさん 2020/12/10 20:27:27

これは主の日の到来を叫んだ人ヨハネです。

着衣で彼とわかります。彼の衣は〈雪のように白く〉なります。

罪が緋のように赤い人も洗われて羊の毛のようになるのです。

その足は粘土でも真鍮でもなく〈黄金のようです〉。

ヨハネは当時も今もホワイトブラザーフッドの指導者の一人です。(587)


(林陽編訳「エドガー・ケイシー名言集 知恵の宝庫」中央アート出版社より)

 この「衣は白い雪のように」になりますと、その足は「黄金ようです」を体験的真実とした者は、真理を知る者である。
—————

鬼和尚にはこの体験は有りましたでしょうか?教えてください。
またこの意味は何なんでしょうか?

712:鬼和尚 ◆v4C6SeeabHj8 [sage]:2020/12/10(木) 22:33:23.78 ID:/v2WUlP3 [2/2]
>>697 死んでも意識は在るのじゃ。
 死後の世界はこの世界なのじゃ。
 知ろうとすれば生まれる前の記憶も知れるのじゃ。
 
 そのような見解を捨ててただひたすらに己の心を観ると善いのじゃ。
 そこには肉体に制限されない意識や生まれる前の記憶もあるじゃろう。
 それを知ることが出来れば恐れも消えるのじゃ。

>>703 誰でもどんな意見でも持ってよいのじゃ。
 わしはクリシュナムルティの奴隷ではないからのう。
 思想の自由なのじゃ。

 おぬしがクリシュナムルティの奴隷で絶対にご主人様の意見通りにしなくてはならないならばそうするとよいのじゃ。
 そんなことは誰にもできないと知れるのじゃ。
 
 ただ単に己を観る時にだけ思想も信条も意見も持たなければ善いのじゃ。
 それらは観ることの障害になるからなのじゃ。

>>708 そのような体験は無いのじゃ。
 もしあれば幻覚を見たと言えるのじゃ。
 そのような神降ろしの類は病の治療は出来るが、真理には触れられないのじゃ。

鬼和尚の仏教講読会 別館2
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1600684575/

146:避難民のマジレスさん[]:2020/12/10(木) 18:35:12 ID:bIDx.y1I0
一休さん、泥酔しているようであります。
244    3/4
醉郷藁屋我家山 酔郷かう屋我がか山
燭影三更對玉顔 燭影三更玉顔の対す
夜雨無愁歌吹海 夜雨愁無し歌すい海
?稿娥須是堕人間 ごうがは須らく是れ人間に堕すべし

くま訳
酔ってご機嫌なら、わらぶき屋根の我山の家も別天地である。
燭台に照らされ、深夜、美人の顔を見ている。
夜雨も愁い無いのが、遊里なのだ。
不死の薬を盗んで月に逃げ、ヒキガエルになった美人の仙女よ、人間界に皆戻って来い。

*酔郷:王績「酔郷記」酒を飲んだときの心地よい気分を別天地にたとえた語。
*藁屋(ワラヤ、・こうや):わら屋根の家。また、粗末な家。長男ブーの家
*三更:五更の第三。およそ現在の午後11時または午前零時からの2時間をいう。子(ね)の刻。丙夜 
 (へいや)。
*歌吹海(カスイカイ):歌舞または遊興の盛んな場所。遊里。
*?稿娥(コウガ・ごうが):西王母の仙薬を盗んで月へ逃げたという「淮南子(えなんじ)」覧冥訓に見える
 女の名から》月の異称。嫦娥(じょうが)。蟾蜍(ヒキガエル)[1]になったと伝えられる(嫦娥奔月)。
(´・(ェ)・`)つ

147:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2020/12/10(木) 21:48:11 ID:1d4drIFg0 [69/69]
そんな感じじゃな。
今のキャバクラみたいなところに行ったのじゃな。
美人と飲んでこれは月に行った嫦娥が人間界に落ちてきたのかというのじゃ。
楽しいようじゃ。

鬼和尚の仏教勉強会 講読ゼミ 6
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1592867699/

415:避難民のマジレスさん[]:2020/12/10(木) 17:06:01 ID:XHLRsrnQ0
最初と最後の自由 第二部質疑応答 
二九 真理と嘘について 2

 例えば、思考者と思考は一つであるという観念を、取り上げましょう。それはあなたにとって真理であるかもしれません。なぜならあなたはそれを直接的に経験したからです。もしも私がそれを反復したなら、それは真実ではないのではないでしょうか-どうか、偽りと対比してではない真実です。それは現実ではないでしょう。それはたんに反復的なだけであり、ゆえに意義を持たないでしょう。おわかりでしょう。私たちは反復により、教義を造り出します。教会を建てて、そこに避難します。言葉と非真理が「真理」になるのです。言葉はものごとではありません。私たちにとってものごとは言葉です。そういうわけで、何かほんとうに理解しないことを反復しないように、極めて気をつけなければなりません。あなたは何かを理解するなら、それを伝達できます。しかし言葉と記憶は、それらの情動的意義を失ってしまいました。ゆえにそれを理解するなら、普通の・通常の会話の中で、見解・視野、語彙は変わるのです。
 私たちは自己認識をとおして真理を求めているし、たんなる宣伝者ではないので、これを理解することが重要です。反復をとおして、言葉により、または感動により、自分自身に催眠術をかけます。幻影に捕らわれます。それから自由であるには、直接に経験することが必須・肝要ですし、直接に経験するには、反復の、習慣の、言葉の、感動の過程の中で、自分自身に気づかなければなりません。その気づきがとてつもない自由を与えてくれるので、そのため新生・蘇生、常なる経験、新しさがありうるのです。
 他の問いは-「嘘とはほんとうは何でしょうか。嘘を付くことはなぜ悪いのでしょうか。これは、わたしたちの存在の水準すべてにおいて、奥深い微妙な問題ではないでしょうか」-です。
 嘘とは何でしょうか。矛盾-自己矛盾なのではないでしょうか。意識的、または無意識的に、矛盾することができます。それは意図的か、または無意識的か、どちらかでありえます。矛盾は、とても微妙か、または明白か、どちらかでありえます。矛盾における分裂がとても大きいとき、そのとき不均衡になるか、それとも分裂を悟ってそれを修復する・繕うことに取りかかるか、どちらかです。
 この問題を-嘘とは何か、なぜ嘘を付くのかを-理解するには、対極という見地に立って考えることなしに、それに入らなければなりません。私たちは、自分たちの中のこの矛盾の問題を、矛盾しないようにすることなしに、見られるでしょうか。この問いを検討する中での私たちの難しさは、私たちがあまりに直ちに・すぐに嘘を非難することなのではないでしょうか。しかしそれを理解するには、私たちは真理と嘘・虚言 [という見地に立って] ではなく、何が矛盾なのかという見地に立って、それについて考えられるでしょうか。なぜ私たちは矛盾するのでしょうか。なぜ私たち自身に矛盾があるのでしょうか。規範に添って、様式に添って生きようとする試みが-他の人の見地でも自分たち自身の見地でも、常に自分たち自身を様式に近づけること、常に何かであろうとする努力が-ないでしょうか。様式に順応したいという願望があるのではないでしょうか。その様式に添って生きていないとき、矛盾があります。
(´・(ェ)・`)つ

416:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM[sage]:2020/12/10(木) 21:39:53 ID:1d4drIFg0 [154/154]
見る者と観られるものは一つであると気付けばそれは真理なのじゃ。
しかし、誰かがそれをまねて一つであると語れば反覆であり、嘘になるのじゃ。
自ら気付いたことではないからのう。
自らの矛盾そのものに気付くことで真理が達成されるのじゃ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました