鬼和尚 2020/12/05(土)

鬼和尚に聞いてみるスレ part17
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1598506868/

578:避難民のマジレスさん[]:2020/12/05(土) 09:16:54 ID:87SUUXN20 [12/12]
鬼和尚さん

Edになってもうすぐ十年になります。
満足できる性行為が出来ないためパートナーを見つけることはもうなかば諦めました。
性行為なしで人生ハッピーに生きれますか?

また、この苦しみを観察する際のポイントを教えて下さい。
相手を満足させれない出来ない自分が、他の男と比べて劣っているように感じますし、悲しいです。

よろしくお願いします。

579:避難民のマジレスさん[sage]:2020/12/05(土) 16:33:38 ID:O/DXgKUo0
意識的に丹田を目覚めさせたいのですが
5分間数息観とは時間を別けてヘソ下に集中すべきですか?
また基本含め効果が高い方法を教えて下さい
お願いいたします。

580:避難民のマジレスさん[]:2020/12/05(土) 17:01:27 ID:r2avV5ss0
みなさんご存知かと思いますが
http://hokanko.main.jp/onidb/
こちらで過去の鬼和尚問答が確認できます。

582:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2020/12/05(土) 22:13:43 ID:1d4drIFg0 [153/154]
>>578 生きれるのじゃ。
 むしろ心の中に楽しみがもてるのじゃ。
 瞑想の快楽は人が味わう快楽の千六百倍にもなるのじゃ。
 瞑想の楽しみを味わうと善いのじゃ。

 そのように他の男と比べて劣っているということが原因の一つじゃろう。
 それを観察するとよいのじゃ。
 実践あるのみなのじゃ。

>>579 それもよいじゃろう。
 ヨーガのヴァストリカー呼吸法をするとよいのじゃ。
 気功法もやってみるとよいのじゃ。
 自分の気に入った法を毎日続けることが大事なのじゃ。

>>580 ご苦労さんなのじゃ。

581:避難民のマジレスさん[]:2020/12/05(土) 17:38:05 ID:jQXQ.Ey60 [4/4]
鬼和尚様

安月給ゆえに隣の人の会話の内容がそのまま聞こえるような壁の薄いアパートに住んでいるのですが、その隣の人が電話魔かつイビキがすごい人で一日中隣から音が聞こえてきます。
今までは耳栓をしてその音から逃げてきたのですが、苦滅の法をやってみようと思い、隣の人が電話を始めたらすぐ坐って音によって変化する自分の心を観ることを始めました。
これを続けていけばいずれ音が気にならなくなるでしょうか?また、苦滅の法はもっとも根本的な心の中の原因から観察しないと苦はなくならないですか?
よろしくお願いします。

583:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2020/12/05(土) 22:23:48 ID:1d4drIFg0 [154/154]
>>581 それでも少しは気にならなくなるじゃろう。
 原因から観察すれば完全になくなるじゃろう。
 心が不動になれば何も気にならなくなるじゃろう。

 日常でも人は危険に備えて外の音を聞こうとしているものじゃ。
 それに気づけば部屋ではそんな必要は無いと音を聞かない状態にもできるのじゃ。
 いろいろ試してみると善いのじゃ。

オショーのSadhana Pathを読んで実践する
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1605702581/

38:避難民のマジレスさん[sage]:2020/12/05(土) 21:17:35 ID:Dp/qMVVc0 [21/21]
質問2
第2の質問:世界における生の放棄について、あなたの考えはどうですか?サニヤスは、求道者になることは、世界を放棄しければできないのでしょうか?

世界とサニヤスの間には競合はない。放棄しなければならないのは世界ではなく、無知だ。世界を放棄することはサニヤスではない。知識、自己認識の知識の覚醒が、サニヤスだ。この覚醒は、世界ではなく、世界への執着の放棄につながる。世界はあるがままの場所に留まるが、私たちは変容していく。私たちの視座が変容する。この変容は非常に基本的なものだ。この覚醒した状態では、何も手放す必要はない。無用なものや余計なものは、木から熟した果実のように自動的に落ちていく。 闇が光の到来で消えるように、知識の夜明けには不純物が去り、その後に残るのがサニヤスだ。

サニヤスは世界とは何の関係もない。それは自己と関係がある。それは自己の浄化だ。それはまさに合金化した金の浄化のようなものだ。

自己無知の立場から生を見ることは、輪廻、世俗であり、自己認識の立場から生を見ることは、サニヤスだ。それゆえに、誰かが私にサニヤスを「取った」と言う時はいつでも、私には偽りのように思える。サニヤスを「取った」というのは、世界と敵対する行為のような印象を与える。サニヤスは取ることのできるものなのだろうか? 知識を「取った」と言えるのだろうか? そして、そのように取られた知識は、本物の価値があるのだろうか? 取られたサニヤスは本当のサニヤスではない。真実の仮面を被ることはできない。真実は目覚めなければならない。

サニヤスは生まれる。それは知識によってもたらされる。そして、その知識の中で私たちは変容していく。知識が変容すると、私たちの視座が変わり、行動は自動的に変容する。世界はその場に留まり、徐々に私たちの中にサニヤスが生まれてくるのだ。サニヤスとは、「私は肉体ではない」という知識であり、「私は魂である」という知識だ。この知識が芽生えると、無知や執着が離れていく。世界は外にあったし、これからもそこにあり続けるだろう。しかし、内側にはそれに対する執着がなくなる。言い換えれば、内側には世界も輪廻もないということだ。

外の世界に執着しようとするのは無知であり、それを放棄しようとするのも無知だ。世界に執着することも、世界への嫌悪感も、どちらも無知だ。どちらも世界との関係なのだ。この関係がないことが自由、執着と嫌悪からの自由だ。忌避や嫌悪だけではない。この愛着と嫌悪の不在を私はサニヤスと呼ぶ。

科学に関して、ありがとうございました。質問に自我が出ていました。科学者も慈悲を持ち、自分の心を外の世界と同様に観察するということでしょうか。
今日の文で、オショーは知識について述べています。この知識は一般的な、記憶できて伝達できる知識とは別のものだと思うのですが、鬼和尚の言う観察によって得られる「気づき」と同じようなものと捉えて良いのでしょうか?

39:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2020/12/05(土) 21:53:28 ID:1d4drIFg0 [18/18]
↑そうじゃ、科学の観察は自分を見る観察と同じなのじゃ。
観察を自分の心の中に向ければ悟りもやってくるのじゃ。

気づきと言えるのじゃ。
ただの記憶では人は変らないのじゃ。
自分の性質に気付くことで変容していくのじゃ。
実践で確かめるのじゃ。

【相談】悟りを開いた人に聞くスレ【仏教】 53 
https://medaka.5ch.net/test/read.cgi/kankon/1597354447/

437:おさかなくわえた名無しさん[sage]:2020/12/05(土) 09:18:27.77 ID:YrNmE0AX
鬼和尚も呼吸法を極めてなんらかの柱になれますか?

鬼和尚になれるのは人柱くらいですか?

439:おさかなくわえた名無しさん[]:2020/12/05(土) 20:45:50.69 ID://xQ2nta
鬼和尚、受胎後だいたい何日くらいで、前世からもちこした精神が宿るのでしょうか?

441:おさかなくわえた名無しさん[sage]:2020/12/05(土) 20:52:19.30 ID:jVdZk5Lz
この世的な損害、被害を受けたときは腹立たしく落ち込みます
健康、人からの理不尽な攻撃、災害、など
こういう場合はどういう心持ちにもっていけばいいですか?
自尊心や自愛心がある限り、辛いのは確かです
この世とはそういう崩壊しやすい危険な場所なのでしょうか?他人も含めて

442:鬼和尚 ◆v4C6SeeabHj8 [sage]:2020/12/05(土) 23:42:43.09 ID:/pghxwpX
>>437 知らんのじゃ。
 まずおぬしが人柱になってみるのじゃ。
 気分がよければ見習う者もいるじゃろう。

>>439 それは人によって違うのじゃ。
 直ぐに宿る者もいるのじゃ。
 生まれるまで待つものも居るのじゃ。

>>441 そうじゃ、この娑婆世界は常にそのような危険があるところなのじゃ。
 ここに生まれたことが報いなのじゃ。
 無理に安全を望めば期待はずれで苦になるのじゃ。
 この世は仮の宿と思って修行に励むと善いのじゃ。

悟りを開いた人に聞いてみるスレ【人生相談】79 
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/jinsei/1580742911/

641:マジレスさん[sage]:2020/12/04(金) 22:05:11.88 ID:N3JezqsR [1/2]
鬼和尚

私は一人のときが多いです。会話するととても楽しいことに気づきました。内面を観察してみると、自分の考えていることを話したい、いっぱい思考が溜まっていて放出したいと見えました。

oshoの本によると、悟った人は一人で充分楽しめるとのこと。この溜まった思考を一人で放出もしくは超越するには、どういう点を意識して観察すればいいでしょうか?助言をお願いします。

642:マジレスさん[sage]:2020/12/04(金) 22:10:35.54 ID:N3JezqsR [2/2]
気になること

内観を何年も意識してしたおかげで、妄想やパニックになることに対して、しばらく経てば静まるようになりました。

ただ逆に想定外のことや大きな音などは数分間は色々妄想が生まれ、パニック状態に陥ります。

悟った人というは、想定外のことや大きな音、ビックリしたことに対して一瞬たりともパニックにならないのでしょうか?よろしくお願いします。

644:マジレスさん[sage]:2020/12/05(土) 20:59:05.58 ID:AzLQH7Kl [1/4]
痛みに対して恐怖があります。

例えば、二分後に殴られるとしたら全力で回避しようとするでしょう。

また全身火傷に苛まれるような耐え難い痛みに自我を保っていられないと思います。その場合は悪魔の囁きにより苦しみがなくなるのであれば自我も保っていないので手を出すと思います。

悟った人は耐え難い苦しみがあっても、安易な快感に手を伸ばすことなく、正しい行いができるのでしょうか?できるならなぜできるのでしょうか?ヒントをいただけたらと思います。

649:鬼和尚 ◆v4C6SeeabHj8 [sage]:2020/12/05(土) 23:35:33.91 ID:siRgUkZw [1/2]
>>641 なぜ話したいのか、原因を探すのじゃ。
 孤独とか寂しさからかもしれん。
 真摯に原因を探して観察すればなくなるのじゃ。

>>642 ならないのじゃ。
 心が鎮まっているからのう。
 
 それでパニックになるのも命の危険があるかもとれんという不安があるからじゃろう。
 昔そのようなことがあったのかもしれん。
 心の中に原因を探してみると善いのじゃ。
 原因から起こることを観察できれば消えるのじゃ。

>>644 悟らなくともできるのじゃ。
 心に痛みに対する苦の原因が無ければ誰でもできるのじゃ。
 おぬしも心の中に原因を探して監察すると善いのじゃ。

645:マジレスさん[sage]:2020/12/05(土) 21:10:43.77 ID:AzLQH7Kl [2/4]
塾講師をしていました。

子どもと接するときに怒りが出るときがあります。次のテストで100点取ってねといい、子どもが出来なかったら叱るというのは、指示する人が誤っています。

しかし誰もが出来ること、例えば、しっかりノートをとろうね、鉛筆を握ろうねという簡単な指示でさえやらない子どもがいます。

どうして習いに来ているのにこの簡単なことを実行しないのだろうかと不思議に思い、怒りも感じました。

そして彼らはやる気がないのだと判断し、何も指示せずに匙を投げてしまいました。慈悲のある行いとは思いません。

どうしたら良かったのでしょうか?ヒントをご教示願います

647:マジレスさん[sage]:2020/12/05(土) 21:54:22.83 ID:AzLQH7Kl [3/4]
達成感は悟りの道において毒ですか?

648:マジレスさん[sage]:2020/12/05(土) 22:23:53.92 ID:AzLQH7Kl [4/4]
お釈迦様の言葉に、無明な人は道を誤るみたいなことがあったと思いますが、無明と判断することはその人馬鹿にしていることになりませんか?

651:鬼和尚 ◆v4C6SeeabHj8 [sage]:2020/12/05(土) 23:38:31.26 ID:siRgUkZw [2/2]
>>645 期待しなければよかったのじゃ。
 期待すれば外れた時に怒りもわくのじゃ。
 何も期待せずに教えるのじゃ。

>>647 毒ではないのじゃ。
 囚われれば何でも毒になるのじゃ。
 法にも囚われてはいかんのじゃ。
 囚われずに進むのじゃ。

>>648 ならないのじゃ。
 無明の者を無明の者と理解しただけなのじゃ。
 医者が風邪の者を風邪と判断するようなものじゃ。
 それは治せる病なのじゃ。

鬼和尚の仏教講読会 別館2
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1600684575/

131:避難民のマジレスさん[]:2020/12/05(土) 10:30:54 ID:en9FgLnA0 [2/2]
おまけ: 碧巌録 第八十七則 雲門薬病相冶 (禅者の一語 (isuzen)先生訳・解説 )
*垂示に云く、明眼の漢は?几臼(かきゅう)を没す。
 ある時は孤峰頂上に草漫漫(くさまんまん)。
 ある時は閙市裏頭(どうしりとう)に赤灑灑(しゃくしゃしゃ)。
 忽(たちま)ち もし忿怒(ふんど)せば、
 那吒(なた)のごとく三頭六臂(さんとうろっぴ)を現ぜん。
 忽ちもし日面(にちめん)月面(がちめん)ならば、
 普攝(ふしょう)の慈光(じこう)を放ち、
 一塵において一切身(いっさいしん)を現じ、
 随類の人となって、和泥合水(わでいごうすい)せん。
 忽ち もし向上の竅(きょう)を撥着せば、
 佛眼(ぶつげん)もまた?櫺不着(そふちゃく)ならん。
 設使(たとい)、千聖出頭(せんせい しゅっとう)し来たるも、
 また倒退(とうたい)三千里なるべし。
 また同得同證(どうとくどうしょう)の者ありや。試みに挙す看よ。

isuzen先生訳・解説
【垂示】圓悟が座下の求道者たちに垂示した。
 禅者は、何を言い、何を行っても、すべて禅にかなう=「禅による生活」をしている・・のだから、ある 
 時は、達磨の九年間の面壁・・のごとき気高いこともあるし、ある時は、繁華街のうるさい処で、商売繁 
 盛を願って、赤裸々に「大安売り」を声高に宣伝して振舞っていることもある。
 また、時には、インド、毘沙門天の息子、無双の力自慢、那吒(なた)太子のように、暴れて手が付けられ
ないこともある。また、ある時には、日面(にちめん)、月面佛(がちめんぶ 
 つ・・
 日夜、絶え間なく)となって、臨機応変(りんきおうへん)、泥まみれで衆生済度していることもある。
 さらには、忽然(こつぜん)として、廓然無聖(かくねん むしょう)の向上心を現わした、釈尊や、道を究 
 めた禅者達・・窺い知れない三千里も遠離(おんり)した所から超人的活動をなす場合もある。
 サア・ここに、そのような禅者に共鳴できる者がいるか、どうか。
 試みに挙す看よ。

*擧す。雲門、示衆して云く・・
 「薬病相治(やくびょうそうち)。盡大地(じんだいち)これ薬。
 那箇(なこ)か これ自己なるぞ」 

isuzen先生訳・解説
【本則】ある日、雲門文偃が、座下の求道者に・・
 「皆は、常識とか既定の約束とかに囚われて、迎合することに意義があると思い込んでいる。
 例えば、薬は病気を治すと決めているが、実は、病気が薬を治すのである。
 宇宙の森羅万象は、すべてこれ、薬そのもの。病は、この薬の悪用に他ならない。
 病気とは、人が薬を悪用する仕業なのだ。お前たちは今、宇宙の妙用に参画して、薬の役になっ 
 ているか・・それとも、病の役を努めているか・・どっちなのだ。答えて見よ」と迫った。

*盡大地(じんだいち)はこれ薬なるに、
 古今(ここん)、何としてか、はなはだ錯(あや)まれるや
 門を閉じて車を造(つく)らざれ。
 通途(つうと)は自(おの)ずから寥廓(りょうかく)なればなり。
 錯(あや)まれり。錯まれり。
 鼻孔(びくう)は遼天(りょうてん)なるも、また穿却(せんきゃく)せられん。

isuzen先生訳・解説
【頌】雲門は、宇宙すべての作用は、これ薬であると喝破(かっぱ)した(ソレ・・見抜いたぞ)
 これを、利得第一主義で生きている古今東西の欲深(よくふか猿=人間)は、自己中心的に考えて、軽率 
 な結論を出してしまう。
 (オイオイ・・そりゃ大変な間違い。大間違いだぞ)
 この間違いのもとは、常識とやらの世間体に拘泥するからだ。昔、中国の道幅は、車の轍(わだち)、両輪
 の幅まで杓子定規に策定されていたという。
 今どきの世間でいえば、どいつも規格(マニュアル化)されてしまった人間と、氾濫するスマホ文化に毒 
 された社会を言う。
 これを「禅者」に当てはめると「禅による生活」の大道は、寥廓(寥々廓々りょうりょうかくかく)実に 
 広大無辺なものである。
 道幅も、規制や規格サイズもあつたものではない。古今の人々は、自分の鼻は、天まで高いと思いこんで 
 いるが、雲門に自慢の鼻をひねられて半泣き顔になったのは・・どこのどいつだ。
(´・(ェ)・`)つ

132:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2020/12/05(土) 21:59:34 ID:1d4drIFg0 [63/63]
衆生が患うのは実は悟りに導く薬だというのじゃ。
祖師達も病に当たって臨済の喝に入ったのじゃ。
それが今も昔も変らぬ真実なのじゃ。
五十年来変らぬ喝なのじゃ。

鬼和尚の仏教勉強会 講読ゼミ 6
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1592867699/

403:避難民のマジレスさん[]:2020/12/05(土) 09:55:45 ID:fh1mgHQQ0
最初と最後の自由 第二部質疑応答
二七 名づけることについて 3

  言葉がなく、レッテルがないなら、中心はないのではないでしょうか。分解・解消があります。空っぽがあります-恐れの空っぽではありません-それは全く違ったことです。何でもないもの・無としてあるという感覚があります。あなたはレッテルすべてを取り除いた・剥がし取ったから、というよりむしろなぜ自分が感情と観念にレッテルを貼るのかを理解したから、あなたは完全に新しいのではないでしょうか。あなたがそこから行動している中心はありません。中心、すなわち言葉は解消されたのです。レッテルは剥ぎ取られました。すると中心としてのあなたは、どこにいるのでしょうか。あなたはいます。しかし変容があったのです。その変容はほんの少し恐ろしい・ぎょっとするのです。ゆえに、あなたは、それにやはり関与しているものを続けないのです。あなたはすでにそれを判断し、自分がそれを好きか好きでないかを決定しはじめています。あなたは近づいている・来たりつつあるものの理解を続けません。すでに判断しています-それは、あなたが、そこから行動している中心を持っているという意味です。ゆえに、あなたは判断した瞬間、固定したままでいるのです。「好き」と「嫌い」という言葉が重要になります。しかしあなたが名づけないとき、何が起きるでしょうか。あなたはもっと直接的に情動を、感動を見ます。ゆえに、ちょうどあなたが花に名づけないときそれと持つような全く違った関係を、それと持ちます。あなたは新たにそれを見るように強いられます。あなたは人々の集団に名づけないとき、彼らすべてを全体・集合体として扱うのではなく、各個人の顔を見るように強制されます。ゆえにあなたははるかにもっと鋭敏で、もっと観察力があり、もっと理解があるのです。あなたはより深い哀れみ、愛の感覚を持ちます。しかしあなたが彼らすべてを全体として扱うなら、それは終わっています。
 あなたはレッテルを貼らないなら、あらゆる感情を生じるままに見なければ・凝視しなければなりません。あなたがレッテルを貼るとき、感情はレッテルと違っているのでしょうか。それともレッテルが感情を目覚めさせるのでしょうか。どうかそれをよく考えてください。私たちがレッテルを貼るとき、私たちのほとんどは感情を強烈にします。感情と名づけることは瞬時・瞬間的です。もしも名づけることと感情の間に隔たりがあったなら、そのときあなたは、感情が名づけることと違っているのかどうかを、見出せるでしょう。それで感情に名づけることなく、それを扱うことができるでしょう。
問題はこうなのではないでしょうか-怒りといったような、私たちが名づける感情から、どのようにして自由であるのか、です。どのようにしてそれを服従させ・征服し、昇華し、抑圧するのかではなく-それはすべて白痴的で・ばかげて幼稚です-どのようにしてそれからほんとうに自由であるのか、です。それからほんとうに自由であるには、私たちは、言葉のほうが感情よりももっと重要なのかどうかを、発見しなければなりません。「怒り」という言葉のほうが、感情自体よりももっと意義を持つのです。ほんとうにそれを見出すには、感情と名づけることの間に隔たりがなければなりません。それが一部です。
(´・(ェ)・`)つ

404:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM[sage]:2020/12/05(土) 21:55:29 ID:1d4drIFg0 [149/149]
言葉があるとき感情も起こり、好き嫌いも起こるというのじゃ。
そして執着が起こり、苦も起こるのじゃ。
言葉とレッテルが無ければ空があるのじゃ。
観念が無くとも意識は常に在るのじゃ。
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました