鬼和尚 2020/12/02(水)

鬼和尚に聞いてみるスレ part17
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1598506868/

561:避難民のマジレスさん[sage]:2020/12/02(水) 11:11:07 ID:09VK.F6E0
何年も前に買った「ブッダのことば」を読んでいます。
意味が分からず全然読み進められていませんでしたが久々にパラと開いて読むと鬼和尚に色々教わっているお陰で、前より理解が出来るようになっており、以前よりとっつきやすく感じるようになりました。

読んでいると、何度も同じ文体でパターンを変えて話している事が多いようなのですが、これは何故なのでしょうか?
昔の慣習?なのですか?
それとも詩的な表現?ですか?
もしくはブッダが人にしっかり理解させる為に繰り返したのですか?

また、下記の文章についてですが

(引用させて頂きます)

専心している修行僧にとっては、二つの果報のうちいずれか一つの果報が期待され得る。すなわち現世におけるさとりか、あるいは煩悩の残りがあるならば、この迷いの生存に戻らないことである。

「煩悩の残りがあるならばこの迷いの生存に戻らない事」の意味を教えて頂けますか?
悟りとは違うのですか?

562:避難民のマジレスさん[sage]:2020/12/02(水) 12:21:55 ID:dP1BUWDQ0 [1/2]
591ですが、詩の形になっていることが解説で書かれていました、すみません。
なので文体の質問については大丈夫で。

563:避難民のマジレスさん[sage]:2020/12/02(水) 12:29:18 ID:dP1BUWDQ0 [2/2]
脱字失礼しました。

×大丈夫で。
〇大丈夫です。

564:513[]:2020/12/02(水) 18:34:46 ID:5/4pMykg0
>>鬼和尚

長い文章になりますが、ご容赦ください。

レス545にて、「レス540の5の場合、無理なく、本心から決めることで後悔が少なく、福楽を招き、かつ、悟りも早く訪れますか?


と質問しました。

鬼和尚からレス550にて、「 三 本心で決めるが善いのじゃ。それが最も悟りに近いといえるのじゃ。」

とお返事をいただきました。

レス560では、ただひたすら観ると、アドバイスを頂きました。

1 慈悲があるとき、観察がありますか。観察があるとき、慈悲がありますか。

2 慈悲と観察は同じでしょうか。違いは何でしょうか。 

3 レス540の5の場合、福楽を招くには、自他への慈悲でしょうか。本心に従うことでしょうか。ただひたすら観ることでしょうか。

4 レス540の5の場合、悟りが早く訪れるのは、慈悲でしょうか。本心に従うことでしょうか。観ることでしょうか
 
5 智慧があるとき、慈悲があり、慈悲があるとき、智慧がありますか。

ちなみにレス531にて、
「一時の思考と感情に流されてそれら(名誉結婚子供)を成就するよりも、意志を強く保ち、それらは捨て切って、集中と観察に勤み・励むほうが、悟りは早く訪れるでしょうか?」

と質問しました。

鬼和尚からレス533にて、「 それも未練が残っていれば違ったりするじゃろう。
 本心に逆らって無理に修行すれば途中でやめたりするのじゃ。
 自らの本心を観て確かめるのじゃ。」

とお返事をいただきました。

6 これは未練がなくなるまで、ひたすら観るのがよいということですか?

565:避難民のマジレスさん[]:2020/12/02(水) 18:47:19 ID:1VtuVbn60 [1/2]
阿頼耶識とは、六根六境の接触が起こり、接触が起こった後、
主客の分離を匂わせる識が生じ、その識のことを言うのでしょうか?

566:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2020/12/02(水) 21:14:36 ID:1d4drIFg0 [148/148]
>>561 ->>563 そうじゃ、詩の形で覚えて伝承されたからなのじゃ。
 どんどん読むと善いのじゃ。

>>564 1 ない時も在るのじゃ。
      ある時も在るのじゃ。
      状況によって違うのじゃ。
 
     2 違うのじゃ。
      観察はものごとを明らかにするものじゃ。
      慈悲は明らかにしなくて善いのじゃ。
      感じるものじゃ。
     
     3 慈悲に拠って福楽は訪れるのじゃ。

     4 観る事で悟りは早く訪れるのじゃ。

     5 ある時も在るのじゃ。
       ない時もあるのじゃ。
      
     6 そうじゃ、どこまでも見るがよいのじゃ。
       己の心身の全てを観察するのじゃ。
       実践あるのみなのじゃ。

>>565 それはまだ阿頼耶識ではないのじゃ。
 更に深く観念を生み出す記憶の蔵が阿頼耶識と言えるのじゃ。
 それもまた幻想であるがのう。
 実践で確かめるのじゃ。

オショーのSadhana Pathを読んで実践する
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1605702581/

32:避難民のマジレスさん[sage]:2020/12/02(水) 20:45:19 ID:Dp/qMVVc0 [18/18]
私はあなたを見ているが、もし言葉で表現せずにこのまま見続けていたら、何が起こるだろうか? 今のあなたには何が起こるか想像もつかないだろう。 今までに見たこともないような大革命が起こるだろう。言葉が邪魔をして、その革命を止めてしまう。思考の誕生が革命の妨げになる。もし私があなたを見続け、それを言葉で表現せず、ただ見続けるならば、私はその過程で、素晴らしく神聖な恵みが私の上に降りてきて、空虚さの質、空の質が周囲に広がっていることに気づくだろう。そして、この空の中で、言葉がない中で、意識の方向が新たに変わり、あなたを見ないだけではなく、私たちを見守っている者が徐々に現れてくる。まるで夢から覚めたかのように、意識の地平線上に新たな覚醒があり、私たちの心は純粋な光と無限の平安に満たされる。

最終的には、このサーダナキャンプでは、ある一つの実験をしなければならないと言いたい。それは、私たちの視覚が言葉によって窒息しないようにすることだ。私はこれを正しいマインドフルネスの実験と呼ぶ。言葉が形成されないように注意しなければならない。言葉の展開を止めることはできる、なぜならば結局のところそれは、私たちの習慣にすぎないからだ。生まれたばかりの子供は、言葉の仲介なしで世界を見る。これは純粋な、直接の視覚だ。後にその子は徐々に言葉を使う習慣を形成する。なぜならば、言葉は外の生活や外の世界で役に立つからだ。しかし、外面の生で役立つものは、内面の生を知る上で障害となる。このような理由から、年長者であっても、自分自身を知るためには、子供の純粋な視覚の能力を自分の中に呼び覚まさなければならない。彼らは言葉の助けを借りて世界を知ったが、今は空虚、空の助けを借りて自分自身を知るようにならなければならない。

この実験では何をするのだろうか? 私たちは、体をリラックスして背骨を立てたまま、静かに座る。体のすべての動きが停止していく。ゆっくりと深く、あらゆる動揺なく呼吸する。静かに自分の呼吸を観察し、外から耳に落ちる音に耳を傾けてゆく。どんなことがあっても反応せず、1秒の思考すらも与えない。言葉の干渉を受けずに、ただの見者となるような心の状態に入ってゆく。離れたところに立って、何が起きているかを観察する。全く集中しようとしないでもらいたい。単に静かにして、何が起こっているかを観なさい。聴きなさい。ただ目を閉じて聴きなさい。静寂の中で静かに耳を傾ける。スズメのさえずりに耳を傾け、風に揺れる木々に耳を傾け、子供の鳴き声に耳を傾け、井戸の水車の音に耳を傾ける。ただ聴く。そして何もしない。

まず、自分自身の中で、あなたは呼吸の動きと心臓の鼓動を経験するだろう – その後、新しい種類の静けさと平和が降りてくる。外には雑音があるが、内には静けさがあることに気づくだろう。あなたは、平和の新しい次元に入ったことに気づく。それから、思考がなく、純粋な意識だけが残っていることに気づくだろう。そして、この虚空の中で、注意はあなたの本当の住まいである場所に向けられる。外から見ると、あなたは自分の家の方を向いている。

一点に集中することを修練していくと、私の場合、そのうちに、努力しなくとも全体として集中するようになりましたが、人体というのは、そのようなものなのでしょうか?

33:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2020/12/02(水) 21:18:29 ID:1d4drIFg0 [15/15]
↑そのようなものじゃ。
 日々集中していけば自分が全て集中の対象と一体化したように感じるのじゃ。
 それがサマーディの入り口なのじゃ。
 外の刺激には反応しなくなるのじゃ。
 それが静寂なのじゃ。

【相談】悟りを開いた人に聞くスレ【仏教】 53 
https://medaka.5ch.net/test/read.cgi/kankon/1597354447/

423:おさかなくわえた名無しさん[sage]:2020/12/01(火) 22:32:16.16 ID:TJXTRkdc [2/2]
鬼和尚。
情報収集のことを教えてくれてありがとうございます。

426:おさかなくわえた名無しさん[sage]:2020/12/02(水) 19:13:09.98 ID:YniehPu0
鬼和尚は仕事の日のお昼ご飯はどうしてるんですか?
たしか朝は食べないとか。
コンビニでなにか買うんですか?

427:鬼和尚 ◆v4C6SeeabHj8 [sage]:2020/12/02(水) 21:16:40.35 ID:GqnELkDe
>>423 どういたしまして、またおいでなさい。

>>426 おにぎりとかパンを食べるのじゃ。
 家から持っていくのじゃ。
 自分で作るのじゃ。

鬼和尚の仏教講読会 別館2
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1600684575/

124:避難民のマジレスさん[]:2020/12/02(水) 19:05:53 ID:5u0Gq2zM0
236    1/2
小欲知足 二首
千口不多富貴愁 千口も多からず富貴の愁
家貧甚苦一身稠 家貧しうして甚だ苦しむ一身もおおしと
涓水鯉魚斗水望 けん水のり魚斗水の望
明朝臘扇廣河流  明朝らう扇広河の流れ

くま訳
千人いても足りないこともあるのが、富貴の愁であり、
家貧しければ、一人でもはなはだ苦しむのである。
今、水溜りにいる鯉は一斗樽の水を望むのである。
明日の朝の広い川は役にたたないのである。

*涓:(みず・さんずい・したみず)涓水(けんすい)①水のしずく。②小さい流れ。 ③わずか。すこし。
 ④はらい清める。
*斗:①ます。とます。ひしゃく。また、ますやひしゃくの形をしたもの。「科斗」 ②尺貫法の容量の単 
 位。一升の一〇倍。約一八(リットル)。③星座の名。天の南と北にある星座「南斗」「北斗」のこと。
*臘扇(ろうぜん):冬のおうぎつまり、役に立たないもの、無用なものという意味”
(´・(ェ)・`)つ

125:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2020/12/02(水) 21:42:24 ID:1d4drIFg0 [60/60]
金が有り余っていれば客が千人でも足りないと愁えるのじゃ。
家が貧しいと一人でも多いと苦しむのじゃ。
僅かな水に住む鯉は一斗の水でも欲しがるのじゃ。
黄河の水も不要なのじゃ。
自らの必要に応じて足るを知れということじゃな。

鬼和尚の仏教勉強会 講読ゼミ 6
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1592867699/

395:避難民のマジレスさん[]:2020/12/02(水) 18:20:24 ID:AaNyLhQ20
最初と最後の自由 第二部質疑応答
二六 古いものと新しいものについて 3

 これは理論的ではありません。これは非実践的ではありません。あなたは、あらゆる思考と感情を考え抜こうとするなら、それはあなたの生において、とてつもなく実践的であることを、発見するでしょう。というのは、そのときあなたは新しいし、新しいものは永遠に永続するからです。新しいことは創造的ですし、創造的であることは幸せであることです。幸せな人は、自分が富裕であるか貧しいかに関心がありません。彼は社会のどんな水準、どんなカ-スト、どんな国に、自分が属しているかを気にしません。彼は指導者も、神も、寺院も、教会も [持ちません]、 ゆえに諍いも、敵も持ちません。
 確かにそれが、この現在の混沌の世界において、私たちの問題を解決するもっとも実践的な道ではないでしょうか。私たちが自分たちの意識の違った水準すべてにおいてこんなに反社会的であるのは、私たちが-私がその言葉を使っている意味において-創造的でないからです。私たちの社会的関係において、あらゆるものごととの関係において、とても実践的で効果的であるには、幸せでなければなりません。終わりがなければ、幸せはありえません。常なるなりゆきの過程があるなら、幸せはありえません。終わることのなかに、新生、再生・復活、新しさ、新鮮さ、喜びがあるのです。
 背景があるかぎり、精神、思考者が、自分の思考により条件づけられるかぎり、新しいものは古いものに吸収されるし、古いものは新しいものを破壊します。背景から、条件づける影響から、記憶から自由であるには、継続・連続性からの自由がなければなりません。思考と感情が完全に終わらないかぎり、継続性があります。あなたは思考をその終わりまで追求し、よってあらゆる思考、あらゆる感情を終わらせるとき、思考を完全にする・完了するのです。愛は、習慣、記憶ではありません。愛はいつも新しいのです。精神が新鮮であるときだけ、新しいものとの出会いがありうるのです。そして記憶の残り滓があるかぎり、精神は新鮮ではありません。記憶は心理的と共に事実に基づいています。私は事実に基づいた記憶についてではなく、心理的な記憶について話しています。経験が完全に理解されないかぎり、残り滓があります-それが古いものです。それが昨日のもの、過去であるものごとです。過去はいつも新しいものを吸収しているし、ゆえに新しいものを破壊しています。精神があらゆるものごとに新たに出会うのは、それが古いものから自由であるときだけです。そしてその中に、喜びがあるのです。
(´・(ェ)・`)つ

396:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM[sage]:2020/12/02(水) 21:31:35 ID:1d4drIFg0 [145/145]
思考とか感情をどこまで追及するならばそれが消える境地にまで達するのじゃ。
実際にそれは出来ることじゃ。
思考とか感情を終わらせれば新しいものに出会えるのじゃ。
そして喜びが在るのじゃ。
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました