鬼和尚 2020/12/01(火)

鬼和尚に聞いてみるスレ part17
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1598506868/

557:避難民のマジレスさん[]:2020/12/01(火) 17:13:41 ID:jQXQ.Ey60 [3/3]
>>556
やった~褒められた。
さらに修行と善事に励みます。

558:避難民のマジレスさん[sage]:2020/12/01(火) 17:26:39 ID:On57x39I0 [10/10]
>>556
良くわかりました。ありがとうございました。

559:513[]:2020/12/01(火) 18:56:16 ID:o2B4dj2w0
>>鬼和尚

1 本心は欲を含むときもありますか?

2 本心に従うことと、欲望に従うことの違いを教えて下さい。
 前者は欲を抑制するわけでも、欲に流されるわけでもない、心の状態から起こること。
 後者は欲に流されているだけの心の状態から起こること。であっていますか。
 本心とは、止むにやまれぬ欲望であることもありますか。

3 本心から選ぶことが最も悟りに近づくことになる選択とはいえ、場合によっては遠ざかることがありませんか?
 たとえば、本心から万引がしたい場合です。

4 それとも、そういった悪事の場合は、倫理的な理由で本心を行うように勧めることはしないが、実質的には、自分でやってみて自分で気づくことが、悟りや成長には早いということでしょうか。
 多くの場合、自分の経験から学ぶことが大きいからです。

5 本心から、お酒を浴びるほど飲みたい。という人に対して、どのようにアドバイスしますか?

560:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2020/12/01(火) 21:51:59 ID:1d4drIFg0 [147/147]
>>557 そうじゃ、精進あるのみなのじゃ。
 またおいでなさい。

>>558 どういたしまして、またおいでなさい。

>>559 1 欲も含むのじゃ。
      害意もあるじゃろう。

     2 本心に従わなくて善いのじゃ。
       たたひたすらに観るのじゃ。
       そうすればそれもまた恐れとか不安から起こっていることに気付くのじゃ。
        そして厭離できるのじゃ。
      
      3 本心を選ばなくて善いのじゃ。
        ただひたすらに観るのじゃ。
        そうすれば消えるのじゃ。

      ④ 本心をただひたすらに観るのじゃ。
         そうすれば消えるのじゃ。

      ⑤ その本心をただひたすらに観るのじゃ。
         そうすれば消えるのじゃ。

オショーのSadhana Pathを読んで実践する
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1605702581/

30:避難民のマジレスさん[sage]:2020/12/01(火) 20:49:15 ID:Dp/qMVVc0 [17/17]
もう一度繰り返す。思考は問題ではなく、思考の誕生が問題なのだ。思考がどのように生まれてくるかが問題なのだ。もし私たちが思考の誕生を止めることができれば、もし思考の誕生をコントロールすることができれば、すでに誕生した思考は一瞬で消える。思考は刻一刻と消えていくが、新しい思考が絶え間なく湧いてくるので、思考の全滅は起こらない。

私が言うのは、思考を破壊するのではなく、思考が生まれるのを止めなければならないということだ。思考の誕生を止めることは、思考の破壊と同じくらい良いことだ。私たちは皆、心は気まぐれだと知っている。しかし、これは何を意味するのだろうか? それは、どんな思考も長くは続かないことを意味する。思考は生まれては消えていくのだ。もし私たちがその誕生を止めることさえできれば、私たちはそれを殺すことに伴う暴力から救われ、それは自発的に死んでいくのだ。

思考はどのようにして生まれるのか?思考の受胎と誕生は、外の世界に対する私たちの反応の結果だ。外には出来事や物の世界があり、この世界に対する私たちの反応が思考の誕生を単独で担っている。私は花を見る。見ることは考えることではなく、ただ見ているだけでは何の思考も生まれない。しかし、見た時に「とてもきれいな花だ」と言えば、思考が生まれる。一方で、もし花を見続けていれば、その美しさを体験し、楽しむことはできるが、思考は生まれない。しかし、私たちは経験をするとすぐにそれを言葉で表現し始める。この経験を言葉という記号で表現することで、思考が生まれてくるのだ。

この反応、経験を言葉で表現する習慣は、経験、実現、視覚を、思考で窒息させる。経験は抑圧され、視覚は抑圧され、心の中には言葉だけが浮かんでいる。これらの言葉はまさに私たちの思考だ。これらの思考は非常に短命なので、一つの思考が死ぬ前に、私たちは別の経験を思考に変換する。この過程は、私たちの生涯を通じて続く。そして、私たちは言葉で満たされ、言葉に圧倒されて、言葉の中で自分自身を見失ってしまうのだ。自分の視覚や経験を言葉で包む習慣を手放すことは、思考の誕生をコントロールすることなのだ。そのことをどうか理解してほしい。

覚者が述べているのは、ただ心の働きをありのままに観ることだけで、それができない衆生のために、様々な技を教え、勇気づけているのですね。
再び自分の中で言葉の意味を分析して正確に理解しようとする習慣が現れたのに気づきました。
また、オショーが言葉で包む習慣を手放すように説いているのに、私自身が自分の経験を言葉で分析しようとしていました。
意味を頭ではなく、心で確かめながら読むことの難しさを実感しています。
日々、心の働きをありのままに観る実践に励みます。

31:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2020/12/01(火) 21:29:29 ID:1d4drIFg0 [14/14]
↑そうじゃ、ただひたすらに己の心を観ることが大事なのじゃ。
どのような教えも言葉にして記憶されると、囚われてしまうこともあるのじゃ。
言葉に囚われないようにと、教えられればその言葉に囚われてしまうことすらあるのじゃ。
ただひたすらに真摯に己の心の働きを観るのじゃ。

【相談】悟りを開いた人に聞くスレ【仏教】 53 
https://medaka.5ch.net/test/read.cgi/kankon/1597354447/

419:おさかなくわえた名無しさん[sage]:2020/12/01(火) 02:39:39.52 ID:TJXTRkdc [1/2]
鬼和尚。
書き込み読ませていただいてます。ありがとうございます。

質問なのですが、
鬼和尚はどのような基準で情報収集をするのでしょうか。
世の中にはたくさんの情報があると思います。
本や、アニメ、ニュースなど、どのように選んでいるのでしょうか。
参考にしたいです。

421:おさかなくわえた名無しさん[]:2020/12/01(火) 14:11:07.19 ID:XE9036Tv
鬼和尚、お母様はお元気ですか?

422:鬼和尚 ◆v4C6SeeabHj8 [sage]:2020/12/01(火) 21:38:04.48 ID:k/W1a7Xj
>>419 わしは何でも収集するのじゃ。
 ヤフーニュースとかをみているのじゃ。
 5ちゃんねるのまとめニュースなどもみているのじゃ。
 テレビは見ないのじゃ。
 人の心に関わるニュースなどはよくみるのじゃ。

>>421 元気なのじゃ。
 みかんを食べているのじゃ。
 おぬしも体に気をつけるのじゃ。

鬼和尚の仏教講読会 別館2
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1600684575/

122:避難民のマジレスさん[]:2020/11/30(月) 21:53:09 ID:GB63TOaY0
235
香厳撃竹 3/3
久響香厳一撃聲 久しく響くきゃうげんいっきゃくの声
可憐悟道発佳名 憐れむべし悟道佳名を発するお
蕭蕭逆耳竹扉雨 しょうしょうとして耳に逆らふ竹ひの雨
滴盡南陽塔下情 滴じんす南陽塔下の情

くま訳 
久しく鳴り響く香厳一撃の音
微笑ましいのである、悟りを開いたという名声が聞えることは
しかし、竹扉をうつ雨の音は、もの寂しくて耳障りなのである。
雨降り終り、なおつづく南陽慧忠の墓塔の下の感動である。

*可憐: いじらしく、かわいらしいこと。姿がやさしく美しいこと。愛らしいさま。
*佳名:名声・蔭木英雄先生によると、「佳名」は、好ましい名声として使われ、それに対する言  
 葉として、「?梍苴」(らそ・放胆。荒々しい。351、132の詩参)が使われている。
*蕭蕭(ショウショウ):1 もの寂しく感じられるさま。2 雨や風の音などがもの寂しいさま。
*逆耳: 耳障りである,耳に痛い.
(´・(ェ)・`)つ

123:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2020/12/01(火) 21:35:21 ID:1d4drIFg0 [59/59]
同じような詩が続くのじゃ。
やはり声の響きで悟ったというのじゃ。
悟道は良い名で発するというのじゃ。
雨の音が耳障りなのじゃ。
しずくが墓にも垂れるのじゃ。

鬼和尚の仏教勉強会 講読ゼミ 6
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1592867699/

393:避難民のマジレスさん[]:2020/12/01(火) 17:44:57 ID:v1y86gyc0
最初と最後の自由 第二部質疑応答
二六 古いものと新しいものについて 2

 古い応答は思考者から生じます。思考者はいつも古いものではないでしょうか。あなたの思考は過去に基づいているから、あなたが新しいものに出会うとき、それに出会っているのは思考者です。昨日の経験がそれに出会っているのです。思考者はいつも古いものです。それで私たちは違った仕方で同じ問題に戻って来るのです。どのようにして精神を、思考者としてのそれ自体から自由にするのか。どのようにして記憶を-事実に基づく・関する記憶ではなく、心理的な記憶、すなわち経験の蓄積を-根絶するのか。経験の残り滓からの自由なしには、新しいものの受容はありえません。思考を自由にすること、思考過程から自由であって、それで新しいものに出会うことは、困難なのではないでしょうか。なぜなら、私たちのすべての信念、すべての伝統、教育におけるすべての方法は、模倣、真似ること、記憶すること、記憶の貯え・貯蔵所を築き上げることであるからです。その記憶が常に新しいものに応答しています。その記憶の応答が、考えることと呼ばれます。その考えることが新しいものに出会うのです。それでどうして新しいものがありうるでしょうか。記憶の残り滓がないときだけ、新しさがありえるのです。経験が終わり、終了し・終結し、終わっていないとき、残り滓があるのです。すなわち経験についての理解が不完全であるときです。経験が完全であるとき、残り滓はありません-それが生の美しさです。愛は残り滓ではありません。愛は経験ではありません。それは存在の状態です。愛は永遠に新しいのです。ゆえに私たちの問題は-家においてさえも、常に新しいものに出会えるでしょうか。確かにできます。そうするには、思考に、感情に、革命をもたらさなければなりません。あらゆる出来事が、瞬間瞬間考え抜かれるとき、あらゆる応答が-たんにいいかげんに・何気なく見られ、投げ捨てられるのではなく-充分に理解されるときだけ、あなたは自由でありうるのです。あらゆる思考、あらゆる感情が完全にされ・完了され、最後まで考え抜かれるときだけ、蓄積する思考からの自由があるのです。言い換えれば、各思考と感情が考え抜かれ、終了・終結されるとき、終わりがあるのです。その終わりと次の思考の間に空間があるのです。その静寂の空間に、新生があり、新しい創造性が起きるのです。
(´・(ェ)・`)つ

394:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM[sage]:2020/12/01(火) 21:32:42 ID:1d4drIFg0 [144/144]
認識が記憶に依存していれば、新しいものも古い記憶から解釈されてしまうのじゃ。
記憶によって認識したことから思考が生まれるから、思考は常に古いのじゃ。
記憶に無い新しいものごとは思考されないのじゃ。
それを理解できた時に静寂があり、新しいものを認識できるのじゃ。
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました