鬼和尚 2020/11/30(月)

鬼和尚に聞いてみるスレ part17
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1598506868/

552:避難民のマジレスさん[sage]:2020/11/30(月) 09:49:13 ID:On57x39I0 [8/9]
>>551
ありがとうございます。

確かに本質は自他は無いので、他人に行為をすることは、自分にそれをすることに他ならないと理解していたので、
そう行動していたのですが、いろいろなケースを考えていると、何もしないが最適解だという思いに至り、
実践していたのですが、あまり良い結果にはならなかったようで、これは悟っていないと無理な感じがしていました。

和尚様がズバリ指摘しているように、理屈をいじくっても駄目なことは分かっているのですが、どうしても考えてしまうようで、
疑問がたまり、すっきりしない状態でした。

良く解りました。善事を心掛けていきたいと思います。ありがとうございました。

553:避難民のマジレスさん[sage]:2020/11/30(月) 11:37:48 ID:On57x39I0 [9/9]
>>551
もう一つ質問ですが、
和尚様はよく、世界は自分が作っているのじゃとおっしゃります。
それはどういう意味なのでしょうか?
一つは、人それぞれ観念が違うので、外界の出来事に対して、人それぞれの解釈があり、人によって地獄にもなったり天国のように感じるのか、
それとも、心の持ちようで本当に世界が変化するのか?
よろしくお願いします。

554:避難民のマジレスさん[]:2020/11/30(月) 12:47:17 ID:nxhHQ6ls0
行き詰まっています。
どうしたら目覚めの世界が夢だと知る事が出来るのでしょうか?
また、鬼和尚様なき後は、修行者は誰を・何を道標としていけば良いのでしょうか?
宜しくお願いします。

555:避難民のマジレスさん[]:2020/11/30(月) 18:30:32 ID:rl8SkiC60
鬼和尚様

何か善行しようと思って、今日骨髄バンクのドナー登録に行ってきました。ほめてください(๑?・∇?・๑)

556:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2020/11/30(月) 21:59:33 ID:1d4drIFg0 [146/146]
>>552 そうじゃ、善事を積むと善いのじゃ。
 実践あるのみなのじゃ。

>>553 おぬしが認識した世界がおぬしの世界なのじゃ。
 認識が他の心の働きよりも優位にあるからなのじゃ。
 おぬしがこの世を地獄と認識していれば地獄なのじゃ。
 天国と認識していれば天国なのじゃ。
 他に世界は無いのじゃ。
 そのようにして自ら世界を創っているのじゃ。

>>554 夢とは目覚めれば消えるものじゃ。
 今のおぬしの世界も千年とか万年たてば消えるじゃろう。
 全ては無常の夢なのじゃ。
 
 法を頼りとするが善いのじゃ。
 法に拠って修練された己の心を頼りにすると善いのじゃ。

>>555 よくやったのじゃ。
 己の身を施す大きな善なのじゃ。
 偉いのじゃ。

オショーのSadhana Pathを読んで実践する
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1605702581/

28:避難民のマジレスさん[sage]:2020/11/30(月) 20:52:43 ID:Dp/qMVVc0 [16/16]
今、あなたの顔がどこに向いているのか、自分に問いかけてみてほしい。あなたは何を見ているのだろうか? 視線、意識は、どの方向に向いて流れているのだろうか? 感じなさい。観察しなさい。あなたはそれが外に向かって流れていることに気づくだろう。あなたの思考はすべて、外の世界についてのものだ。あなたはいつも外の世界について、外のことを考えている。目が開いているときは外を見ているが、目を閉じているときも同じように外を見ている – なぜなら、目を閉じていても、心に刷り込まれた外のものの形やイメージが浮かび上がり、私たちを取り囲んでいるからだ。外には物の世界があり、私たちの内側には、外の物の反響である思考のもう一つの世界がある。このもう一つの世界は内側だが、また、外側でもある。なぜならば、自我である「私」もまた外側だからだ。見者もまた、自我である「私」を見ているので、自我もまた外側にある。

私たちは物と思考に囲まれている。しかし深く考えてみると、物に囲まれていることは自己実現の道を妨げるものではないが、思考に囲まれていることは障害であることがわかるだろう。物は魂を包み込むことができるのだろうか? 物は物を取り囲むことしかできない。魂は思考に囲まれている。視覚の流れ、意識の流れは思考に向かって流れている。思考、思考だけがどこでも私たちの目の前にあり、私たちの視界はそれによって遮られている。

思考から無思考へと顔を向けなければならない。しかし、この方向転換は革命的だ! どうすればよいのか? まず、思考がどのようにして生まれてくるのかを知り、それによって初めて思考の発生を止めることができる。一般的に、いわゆる求道者は、思考がどのようにして生まれてくるかを理解する前に、思考を抑制し始める。ある者は狂ったように努力するかもしれないが、誰一人として思考から自由になることはない。思考を抑圧しても、新しい思考が刻々と現れるので、思考の抑圧は助けにはならない。彼らは神話の巨人のようなもので、一つの頭が切り落とされると、さらに十個の頭が生えてくるのだ。

私はあなたに思考を破壊してくれとは頼まない。思考は瞬く間に勝手に死んでしまうからだ。思考は非常に短命で、どんな思考も長くは続かない。特定の思考は長続きしないが、思考過程は長続きする。思考は次々と死んでいくが、思考の流れは持続する。一つの思考が死ぬとすぐに別の思考が代わりに現れる。この過程は非常に早く行われ、これが問題なのだ。本当の問題は、思考の死ではなく、その素早い再生だ。それゆえに、私はあなたに思考を殺せとは頼まない。思考の誕生の過程を理解し、どうすればこの過程から自分自身を取り除くことができるのかを理解して欲しいのだ。思考が生まれる過程を理解している者は、簡単に思考から解放される。しかし、その過程を理解していない者は、新たな思考を生み出し、同時にそれに抵抗しようとする。その結果、思考が終わるどころか、思考と闘う者自身が壊れてしまうのだ。

意識の流れの観察についてお教えください。私の場合、「意識の流れ」自体を観察することはできませんでした。ただ、例えば思考を観察するときに、なんとなく観察すると、それが内側にあるように感じられ、心を鎮めて観察すると、それが外側にあったり、内も外もなく、ただ思考があるように感じられます。このように、内側、外側、ただ存在する、というのは分かるのですが、「意識が流れている」のは感じられません。
このような状況で観察はできているのでしょうか。

29:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2020/11/30(月) 21:38:21 ID:1d4drIFg0 [13/13]
意識の流れを観察しようとしなくてよいのじゃ。
心の働きをありのままに観ることが大事なのじゃ。
それだけが法なのじゃ。
それができれば悟ったものが何を語っていたのかわかるのじゃ。

【相談】悟りを開いた人に聞くスレ【仏教】 53 
https://medaka.5ch.net/test/read.cgi/kankon/1597354447/

415:おさかなくわえた名無しさん[sage]:2020/11/30(月) 09:00:26.40 ID:VqYdWM//
鬼和尚さんは前世で家庭や子供を持った事がありますか?
今世では持たないことに全く心が動いたり迷った事はないのですか?

418:鬼和尚 ◆v4C6SeeabHj8 [sage]:2020/11/30(月) 22:00:35.80 ID:gqDZX6PK
>>415 あるのじゃ。
 今はもはや思わないのじゃ。
 それもまた消えて行くものであるからのう。
 永遠である意識に安らぐだけなのじゃ。

鬼和尚の仏教勉強会 講読ゼミ 6
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1592867699/

391:避難民のマジレスさん[]:2020/11/30(月) 19:12:14 ID:GB63TOaY0
最初と最後の自由 第二部質疑応答
二六 古いものと新しいものについて 1

質問
私はあなたの言うことを聴くとき、すべてが明確で新しく見えます。家では、古いもの、鈍い落ち着きのなさが、自己を主張します。私の場合、何が間違っているのでしょうか。

 私たちの生において、現実に起きているのは何でしょうか。常なる挑戦と応答があります。それが存在であり、それが生なのではないでしょうか-常なる挑戦と応答です。挑戦はいつも新しくて、応答はいつも古いのです。私は昨日あなたに会いました。そしてあなたは今日私のところへ来ます。あなたは違っています。あなたは修正されています。あなたは変わりました。あなたは新しいのです。しかし私は、あなたが昨日あったのと同じあなたの映像を持っています。ゆえに私は新しいものを古いものの中に吸収します。私は新たにあなたに出会わないのです。昨日のあなたの映像を持っています。それで挑戦への私の応答は、いつも条件づけられるのです。あなたはここでは当分は、バラモン、キリスト教徒、高いカ-スト、-何であろうと-であるのを止めます-あなたはあらゆるものごとを忘れます。あなたはただ聴いて、熱中して、見出そうとしています。あなたは自分の日常の生を再開するとき、自分の古い自己になります-自分の仕事、自分のカ-スト、自分の体制、自分の家族に戻っています。言い換えれば、新しいものは古いものにより、古い習慣、慣習、観念、伝統、記憶の中に、いつも吸収されているのです。決して新しいものはないのです。というのは、あなたはいつも古いものでもって新しいものに出会っているからです。挑戦は新しいのですが、あなたは古いものでもって、それに出会うのです。この質問における問題は、いつのときも新しくあるように、どのようにして思考を古いものから自由にするか、です。あなたは花を見るとき、顔を見るとき、空、木、微笑を見るとき、どのようにして新たにそれと出会うのでしょうか。私たちがそれと新たに出会わないのは、なぜでしょうか。古いものが新しいものを吸収して、それを修正するのは、なぜでしょうか。あなたが家に帰るとき、なぜ新しいものは止むのでしょうか。
(´・(ェ)・`)つ

392:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM[sage]:2020/11/30(月) 21:40:31 ID:1d4drIFg0 [143/143]
記憶に依存していれば常に全ては古いものになるのじゃ。
過去の記憶から今見ているものごとが解釈されるからのう。
今は直ぐに古くなってしまうのじゃ。
記憶に依存しなければ全ては常に新しいのじゃ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました