鬼和尚 2020/11/28(土)

鬼和尚に聞いてみるスレ part17
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1598506868/

535:避難民のマジレスさん[sage]:2020/11/28(土) 11:58:31 ID:czRftzgI0 [27/29]
思考・感情・感覚は今見ているようで過去のものであり、今見ているのはそれらを見ている(自分を見ている)者だけだということに気づきました。
引き続き観察を続けます。

536:避難民のマジレスさん[sage]:2020/11/28(土) 12:24:01 ID:czRftzgI0 [28/29]
功過格というものは正しいですか?
http://www.shiseikai.net/koukakakuhyou.htm

537:避難民のマジレスさん[sage]:2020/11/28(土) 15:00:22 ID:czRftzgI0 [29/29]
>535
すいません撤回します。
見ようとして見ている時、その見ている思考・感情はすでに過去のものだと言いたかったのです。

538:避難民のマジレスさん[]:2020/11/28(土) 16:17:25 ID:jQXQ.Ey60 [2/2]
>>533
お答えいただきありがとうございました。
そのポイントに注意して練習してみます。

542:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2020/11/28(土) 23:07:16 ID:1d4drIFg0 [142/143]
>>535>>537 そうじゃ、それらは名前がついた時点で記憶であり、過去のものなのじゃ。
 それに自分が投射されているのじゃ。
 更に精進あるのみなのじゃ。
 
>>536 全てではないが民衆を善事に導くものとしては正しいのじゃ。
 昔の中国の迷信とかも入っているからのう。
 実践して試してみると善いのじゃ。

>>538 そうじゃ、実践あるのみなのじゃ。
 またおいでなさい。

539:避難民のマジレスさん[]:2020/11/28(土) 16:49:52 ID:SrL5YB7o0
鬼和尚様
質問をさせて頂きます。
サドグルは悟っているのでしょうか?(現世的・世俗的な幸福追求の話が多く違和感を感じるのですが)
どうぞ宜しくお願いします。

540:513[]:2020/11/28(土) 17:27:42 ID:pRo0z9.A0
>>鬼和尚

1 動機が大事というのは、故意ではなく、過失の場合、悪ではないということですか?
 たとえば、不注意の自動車運転で人にぶつかり、殺してしまった場合です。

2 動機に結果が伴わない場合はどうでしょうか。
 たとえば、誠実に仕事をしたが、巧くいかず、事前に提示していた完成図と大きく異なる仕上がりになり、お客さんが傷つき、怒る場合です。

3 心に配慮が足りない、思いやりが足りない時は悪でしょうか。
 たとえば、自分がセクハラする意図がなくても、相手がセクハラされて傷ついたと受け取る場合です。

4 鬼和尚の言う悪は、bad(物事・行為の悪)ではなく、evil(心の悪)を意味していますか?
 また、この2つは区別したほうが正確に物事を理解できますか。

5 たとえば、結婚しているとします。子供もいます。
 自分は離婚したい。相手は別れたくない。子供も親が1人いなくなるのは寂しいと思っているようだ。
 離婚の理由は、修行に独りで集中したいから別れる。

5の1 
妻・子供は悲しみ、経済的にも苦しむだろうことが想像できる。想像できるのに、自分の欲を優先する。
 自分の欲で他人を傷つける。だから悪である。といえますか?

5の2 
慈悲(相手への優しさ)がない行為である。だから善ではない。といえますか?

541:避難民のマジレスさん[sage]:2020/11/28(土) 19:11:41 ID:h5P9mv0k0 [23/23]
ありがとうございます。

資産があれば煩わしい人間関係などに悩まされないで済むのは確かだと思います。
結局のところ、他人と繋がったり関わろうとするのは無意味な現実逃避に近いものだと言うことなのでしょうか。
他人とはビジネスライクな付き合いだけで充分でしょうか。

家族に対しては期待や執着を捨てて接すればよろしいですか?
この「期待や執着を捨てる」というのを常に意識するのが大事ですか?

543:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2020/11/28(土) 23:26:14 ID:1d4drIFg0 [143/143]
>>539 悟っては居ないのじゃ。
 しかしヨーガについてよくしっているのじゃ。
 ヨーガマスターじゃな。
 ヨーガを習いたければ教わると善いのじゃ。

>>540 1 そうじゃ、過失は悪ではないのじゃ。

 2 結果がともわなくても悪ではないのじゃ。

 3 悪ではないのじゃ。
  2と同じ故意ではないからなのじゃ。
 
 4 同じなのじゃ。
   区別しなくて善いのじゃ。

 5 それも故意ではないから悪ではないのじゃ。
   善でも悪でもないのじゃ。

>>541 そうじゃ、お互いに勧めあって修行に励むとかでない限り、大抵は逃避なのじゃ。
 何もためにならずに時間ばかり潰してしまうのじゃ。
 生活のためにのみ付き合うと善いのじゃ。
 
 そうじゃ、囚われずに接するのじゃ。
 それを心がけて付き合うと善いのじゃ。
 家族は最も執着し易いものであるからのう。
 常に意識していると善いのじゃ。

オショーのSadhana Pathを読んで実践する
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1605702581/

24:避難民のマジレスさん[sage]:2020/11/28(土) 21:15:35 ID:Dp/qMVVc0 [14/14]
このような不変で絶え間のない本質は、私たちの行動の方向性が散漫になることによって抑制されている。海が波に覆われ、太陽が雲に覆われているように、私たちは自分の行動によって覆われている。表面上の活動の層は、心の奥底にあるものを隠している。取るに足らない波が、私たちの視界から海の計り知れない深さを隠している。些細なことで壮大なものが抑圧され、目の中の一点が山を見えなくするのは、なんと奇妙なことだろう! しかし、海は波のために存在しなくなることはない。それは波の魂であり、波の中にも存在している。知っている人は波の中にでさえ海を認識しているが、知らない人は波が鎮まるまで待たなければならない。彼らは波が去った後にしか海を見ることができない。

私たちはこの海に、本質そのものに飛び込まなければならない。波のことを忘れて、海に飛び込まなければならない。波のない海、なることなく存在している自分自身、の深さを知らなければならない。

この波がなく、動かない意識の万象は常に存在しているが、私たちはそれに気付いていない。その存在から顔を背けている – 私たちは外を見て、物事を見て、世界を見ている。しかし、一つのことを心に留めておいて欲しい – 私たちは見ていて、見られているものは世界のものだ。しかし、見る者は世界ではなく、自己である。

もし視覚が見ている対象に関連しているならば、それは思考であり、もし視覚が見ている対象から解放されて、見ている者自身の方を向いているならば、それは瞑想である。あなたは思考と瞑想の間の私の区別に従うだろうか? 見ることは思考と瞑想の両方に存在するが、前者では客観的であり、後者では主観的だ。しかし、私たちが思考の中にいようが瞑想の中にいようが、行動の中にいようが無行動の中にいようが、見ることは一定の要素だ。起きているときは世界を見、眠っているときは夢を見、サマーディでは自分自身を見るが、これらの条件のそれぞれに「見ること」がある。見ることは一定で絶え間ないものだ。それが私たちの本質だ。それはどのような状態であっても、決して欠けることはない。

ダルマについて、ありがとうございました。実践でしか確かめようがないですが、無であり、全てであるという感じがしました。
文章に関して、今日は特に疑問は湧きませんでした。心を鎮めて、深くを観る実践を続けます。

25:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2020/11/28(土) 22:39:15 ID:1d4drIFg0 [11/11]
海の波がわきたつように人の心も欲とか不安とか恐れで波立っているのじゃ。
その波に囚われていると本質が見えないのじゃ。
波がどんなに荒くとも海の底は静かなものじゃ。
そのように真の静寂な本質の意識に眼を向けることが瞑想だというのじゃ。

【相談】悟りを開いた人に聞くスレ【仏教】 53 
https://medaka.5ch.net/test/read.cgi/kankon/1597354447/

410:おさかなくわえた名無しさん[sage]:2020/11/28(土) 18:45:06.00 ID:+Xk1iPdN
上の方で不動産のREITをお勧めしていますが、これは配当金が期待できるからですか?
日本のREITがいいですか?海外の方がいいでしょうか?
海外ならアメリカにしようと考えてます。

高配当株の再投資戦略は複利が期待できるのはその通りだと思うんですが、種銭が小さい段階では
配当金も少なく難しいです。
元手がたくさんあれば簡単なのですけどね。
つみたてNISAなどで堅実に買い貯めていくことも検討しています。

411:おさかなくわえた名無しさん[]:2020/11/28(土) 21:21:04.53 ID:uvKJsAA0
鬼和尚、毎日退屈で困っています。
何か、アドバイスを下さい。
自分は年金生活者です。

412:鬼和尚 ◆v4C6SeeabHj8 [sage]:2020/11/28(土) 23:31:16.29 ID:5qn7fi3t
>>410 そうじゃ、配当金を得るためなのじゃ。
 日本の方が善いのじゃ。
 為替リスクを負わないで済むからのう。

 元手がすく無い時は起業もよいのじや。
 小さな駐車場とか貸し倉庫などを営んで今の仕事と共に資金を溜めるのじゃ。
 実践在るのみなのじゃ。

>>411 おぬしも投資を研究して実践してみるのじゃ。
 上手く行けばお金も増えてスリルも毎日味わえるのじゃ。
 計算するから頭の体操にもなるのじゃ。
 失くしても善い程度の資金で始めるとよいのじゃ。

鬼和尚の仏教講読会 別館2
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1600684575/

117:避難民のマジレスさん[]:2020/11/28(土) 11:30:40 ID:fukTh4tE0
233
香嚴?腺竹 1/3     きゃうげんきゃくちく 1/3
對盡(畫)忽然盡情識 画に対してこつねん情識を尽くす
道人龜鑑太分明    道にんの亀鑑はなはだ分明
娘生佛見南陽境    にゃう生佛南陽の境を見る
断膓黄陵夜雨聲    はらわたを断つこう陵夜うの声

くま訳
「画にかけるもちひは、うゑをふさぐにたらず」と思い立ち、にわかに迷いの心が起った。
香厳道人は、模範になる禅師であることは、真に明らかである。
香厳は、母親から生れたこの身体を自分と思っていたが、仏を見たのだ(父母未生以前の本来の面目に気づい
たのだ。)南陽の境で。
はなはだ愉快で笑いがこみ上げる、墓守をする、南陽慧忠の陵墓に降る夜の雨音

*香嚴?腺竹:正法眼蔵渓声山色の巻に香厳智閑の悟りの契機が語られる。
 愛知学院大学 禅研究所HP解説
 香厳は大?蕃禅師の下で修行していた。ある時、大?蕃が言った「君は聡明で物知りだ。お経の注釈なんかか 
 らでなく、君の父母も生まれる前の所からわしのために一句を言ってくれ」と(汝聡明博解なり。章疏の
 なかより記持せず、父母未生以前にあたりて、わがために一句を道取しきたるべし)。香厳は答えようと
 試みるがどうしても出来ない。今まで色々勉強してきたことは何だったのか、年来集めた書物も焼いて
 「画にかけるもちひは、うゑをふさぐにたらず。われちかふ、此生に仏法を会せんことをのぞまじ、ただ
 行粥飯僧(ぎょうしゅくはんそう)とならん」その後、大証国師の跡を武当山に訊ねて庵を結んで暮らし
 た。ある時、掃除をしていて、掃いた石が竹にカチンと当たった音を聞いて大悟したという。まさに、自
 然の語る真理の声を聞いたのだった。それこそが父母未生以前の一句だった。
*亀鑑:人のおこないの手本。模範
*道人:仏道の修行をする人。また、出家得道した人。
*黄陵:黄帝陵:中華民族の始祖とされる黄帝の陵墓
 黄帝:神話伝説上の五帝の最初の帝。紀元前2510年~紀元前2448年)
*世俗の我(仮我)と真実の我(真我)は、仏教(『大般泥?悩経』)。世俗の我(仮我)、自分という場
合、 一義的には、父母から享けたこの身体(人身)を私だと思ってきた(これを「娘生の面目」という。)
その一方に「本来の面目」がある)。
 この世俗の我を空海は 「五蘊の仮我」 と呼ぶ。人間は色・受・想・行・識の五蘊から構成された仮初の我 
 に過ぎないということ。
 本来の面目= 「父母未生以前の本来の面目」とは、何かと言う公案に答えられず、香厳は、一度悟るのを 
 諦めた。
*對法:阿毘達磨(アビダンマ)とは、仏教の教説(具体的には経蔵、律蔵など)の研究・思想体系、およ 
 びそれらの解説書・注釈書のこと。
 くま訳では、絵に描いた餅の香厳の故事に基づいた訳にしたが、 對法:阿毘達磨と解せば、「阿毘達磨 
 などの思想の探求が尽きて」でもよいかも。テキストでも、(盡・尽)と(畫・画)の2通りあり。
*断腸:① はらわたを断ち切ること。また、はらわたがちぎれるほどの悲しさ、つらさなどをいう。
 ② はなはだしく興趣のあること。また、哄笑するほどおもしろいこと。
*南陽慧忠(なんよう えちゅう、675-775唐代の禅僧。諡は大証禅師。
(´・(ェ)・`)つ

118:避難民のマジレスさん[]:2020/11/28(土) 15:17:40 ID:W0SWfBm20
くま訳、全面改
清水の中にいる時は、元気がよさそうに見えるのだ
死中に生があるとはと、人は怪しむのである。
天の池に住む龍ような洞察眼をもつ僧は飛翔に備える。
暗雲立ちこめる大徳寺、住持を引受けたたのも、慈悲である。
(´・(ェ)・`)b

119:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2020/11/28(土) 22:50:17 ID:1d4drIFg0 [57/57]
>>117 情と識が尽きたのであるから三昧が起こったのじゃな。
 香厳の書か何かを見て情識が尽きたのじゃ。
 名僧の亀鑑は真に正しいのじゃ。
 南陽境で父母未生の仏を見たのじゃ。
 墓場で夜雨がっていても爽快なのじゃ。

鬼和尚の仏教勉強会 講読ゼミ 6
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1592867699/

387:避難民のマジレスさん[]:2020/11/28(土) 11:18:52 ID:fukTh4tE0
最初と最後の自由 第二部質疑応答
二五 観念をもたない行動について 1

質問
真理が来るために、あなたは観念をもたない行動を、主張されます。観念をもたずに、すなわち目的を視野にもたずに、いつのときも行動することは、可能でしょうか。

私たちの現在の行動は何でしょうか。私たちのいう行動とは、どういう意味でしょうか。私たちの行動-私たちがしたい、ありたいと思うこと-は、観念に基づいているのではないでしょうか。それが、私たちの知っているすべてです。私たちは観念、理想、約束・誓約、あるがままの自分たちとそうでないものについての様々な定式を持っています。私たちの行動の基礎は、未来の報賞か、罰への恐れです。私たちはそれを知っているのではないでしょうか。そういう行動は孤立させ、自己を閉鎖しています(孤立的、自己閉鎖的です)。あなたは美徳についての観念を持っていて、その観念に応じて、関係において生き、行動します。あなたにとって関係は-集団的でも個人的でも-理想に向かい、美徳に向かい、達成などに向かっている行動です。
 「私は勇敢でなければならない」、「私は模範に付いていかなければならない」、「私は慈悲深く・情け深くなければならない」、「私は社会的に意識しなければならない」、などといったように-私の行動が理想、すなわち観念に基づいているとき、その観念が私の行動を形造り、私の行動を導きます。私たちは皆「私が付いていかなければならない美徳の模範がある」と言います-それは、「私はそれに応じて生きなければならない」という意味です。それで行動はその観念に基づいています。行動と観念の間に大きな隔たり・深淵があります。分割があります。時間の過程があります。そうなのではないでしょうか。言い換えれば、私は慈悲深くないのです。愛していないのです。自分の心の中に許しがないのです。しかし慈悲深くなければならないと、感じるのです。それであるがままの私とあるべき私との間に隔たりがあるのです。私たちはいつのときも、その隔たりに橋を架けようとしています。それが私たちの活動なのではないでしょうか。
 では、もしも観念が存在しなかったなら、何が起きるでしょうか。一挙に、あなたは隔たりを取り去ってしまったのではないでしょうか。あなたはあるがままのあなたであるでしょう。「私は醜い。美しくならなければならない。どうすべきでしょうか」と、あなたは言います-それは観念に基づいた行動です。「私は慈悲深くない。慈悲深くならなければならない」と、あなたは言います。それであなたは、行動から分離した観念を導入します。ゆえにあるがままのあなたの真の行動 [・作用]は決してなくて、いつもあるであろうあなたの理想に基づいた行動があるのです。 愚かな人はいつも、自分は利口になろうとしていると、言います。彼は座って、なろうと働き、格闘して・もがいています。彼は決して止めません。「私は愚かだ」とは決して言いません。それで彼の行動、すなわち観念に基づいているものは、全く行動ではないのです。
(´・(ェ)・`)つ

388:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM[sage]:2020/11/28(土) 22:34:20 ID:1d4drIFg0 [141/141]
観念がある時には行動は無いというのじゃ。
なぜならば観念による行動は欲とか規範による反応であるからというのじゃ。
観念を持つ者は行動しているのではなく、ただ反応しているのみなのじゃ。
観念が無いと時こそ真の理想に基づいた行動があると言うのじゃ。
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました