鬼和尚 2020/11/24(火)

鬼和尚に聞いてみるスレ part17
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1598506868/

512:避難民のマジレスさん[]:2020/11/23(月) 23:32:54 ID:CuNQ6PZ60
質問です。

未知、未来のものに恐怖や心配をしてしまいます。
自分が行なっている事業がうまく行くのだろうか。集客できるのだろうか、などです。
未来のことなので、やってみないと分からないのが当然なのですが、その結果が出るまで不安になります。そこで、瞑想してみるのですが、何に執着しているのかはっきりとは、分かりません。他人からの評価などに少し執着しているのは分かるものの、それだけではないようです。未知なるものに漠然と恐怖していることなどあるのでしょうか。
また、このような未知への恐怖に対しても、観察により恐怖を滅することができるのでしょうか。
どうかご助言下さい。

513:避難民のマジレスさん[]:2020/11/24(火) 20:03:13 ID:cFzo4cZc0
鬼和尚、私に起こったことがなにか?教えてください。長くなりますが、ご容赦ください。

数年前、クンダリーニが活発だった時期がありました。体の内側を5センチ大ぐらいの白いウネウネしたものが動いたり、体が縦や横に伸びるのを感じたり、眉間に火の玉のようなエネルギーを感じた時もありました。

ある日、あふれる感情が抑えられないまま、ベッドに横になり、「◯◯したい」「1つになりたい」など願望を心の中で叫んでいたら、一筋の涙がはっきりと流れました。次に、体全身が痙攣しました。(その日以前も何度も痙攣がありましたがこのときが最も強烈でした。)

次に、眉間から、電気をまとったミミズのようなエネルギーがハートチャクラに向かってゆっくりと伝っていきました。

チャクラに至った瞬間、「一つの意識はここにある」と頭の中から別の声が聞こえました。それからその声と一晩中話していました。

涅槃とは何か?など聞いても私の知っている知識の範囲での回答しか返ってきませんでした。

翌朝、立っていると突然、眉間に赤い光が見えました。その後、その声が私に私をとぼしめる言葉を何度も投げかけてきました。「お前は下っ端なんだから後ろに行ってろ」など。過去に自分で思っていたことや、誰かに言われた内容でした。

それから、その日の夕方まで声と話していると、自分の感情から離れて行為を観察できて、スッキリした気分でしたがバカらしくなって止めました。

第1の質問:
この声が自我なのでしょうか?また、これはおんり(自我の観照)でしょうか?(ちなみに、その後から今に至るまで全く、自我から離れた気はしません。)

また、後日、クンダリーニが、詰まっていた首の後ろを越えて、頭上に全て抜けました。しかし、特別なことは何も起こりませんでした。

第2の質問:
これは、いわゆる大周天(クンダリーニの覚醒)には至っていないということでしょうか?

514:避難民のマジレスさん[]:2020/11/24(火) 20:07:00 ID:It0uZehQ0 [10/10]
悟ったらゾーンにいつでも入れるようになりますか?

517:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2020/11/24(火) 23:39:11 ID:1d4drIFg0 [135/136]
>>512 そのような不安は誰にでもあるものじゃ。
 過去に起きたことを先に投影しているのじゃ。
 以前に起きた嫌なことが又起こるのではないかと恐れるのじゃ。
 その心の働きの全体が観られれば、不安も止むのじゃ。
 それがただの過去からの投影であると気付くからのう。

 本来、未来のことはまだわからないのであるから不安も無いはずなのじゃ。
 よいことが起こるかもしれんからのう。
 最悪のことを予想して手配しておくのじゃ。
 それでも起こる不安は、上記のようにただの心の働きによる反応と気付くと善いのじゃ。

>>513 それは気が頭に上ったことによる妄想なのじゃ。
 自分で気付いたようにそれはおぬしが知っている範囲でしか話さないのじゃ。
 おぬしの頭脳が気に拠って活発化したために、声として聞こえたような気がしただけなのじゃ。

 まだクンダリニーは昇っていないのじゃ。
 一時的に気が頭に上っただけなのじゃ。
 完全にクンダリニーが覚醒すれば常時昇っているのじゃ。
 気のコントロールに励むが善いのじゃ。

>>514 入れるじゃろう。
 瞑想を修練すれば悟っていなくともいつでも入れるのじゃ。
 実践によって確かめるのじゃ。

515:避難民のマジレスさん[]:2020/11/24(火) 23:18:02 ID:H92MpWAk0
やがて修行者はこちらから働きかけるという姿勢に限界を感じ、無為に座ることに行き着くのでしょうか?

516:龍閃[sage]:2020/11/24(火) 23:19:48 ID:gQ5uQ4Cc0 [8/8]
前世の人間関係が今生でもつながることはあり得ますか。

518:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2020/11/24(火) 23:42:22 ID:1d4drIFg0 [136/136]
>>515 そのような者も居るじゃろう。
 そうでない者もいるのじゃ。
 人によって違うのじゃ。
 初めからできる者もいるからのう。
 何か心理的なショックで無為になる者もいるのじゃ。
 いろいろ観察してみるのじゃ。

>>516 そのようなこともあるじゃろう。
 同じような心境の者が集まるのであるからのう。
 今の世で同じ心境ならば来世でも同じところに生まれるのじゃ。

オショーのSadhana Pathを読んで実践する
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1605702581/

16:避難民のマジレスさん[sage]:2020/11/24(火) 20:52:24 ID:Dp/qMVVc0 [10/10]
これらの格言に従うことで、あなたは到達することができるだろう。修行を続け平安と真理の実現を得るために絶対に必要な、心の状態に。これらの3つの格言に加えて、明日から始める2つの瞑想についても説明したい。

最初の瞑想は朝のためのものだ。この瞑想では、背筋をピンと伸ばし、目を閉じ、首をまっすぐにしなければならない。唇は閉じ、舌は口蓋に触れる。ゆっくりと、しかし深く呼吸する。へそに注意を集中しなさい。呼吸のためにへそに感じる揺れを意識するのだ。これだけで良い。これで心が落ち着き、思考が静まる。この空(くう)から、あなたはついに内側に入る。

二番目の瞑想は夜のためのものだ。床にあなたの体を広げ、手足を完全にリラックスさせる。目を閉じて、約2分間、体がリラックスしていることを自分自身に暗示しなさい。だんだん体がリラックスしてくる。その後、2分間、呼吸が静かになることを暗示する。すると呼吸は静かになる。最後に、2分間、思考が止まってゆくことを暗示する。この意志を伴った自己暗示は、完全なリラクゼーションと空につながる。心が完全に穏やかになったら、あなたの内なる存在の中で完全に目を覚まし、静けさを観る者となりなさい。この観ることは、あなたを自己へと導いてくれるだろう。

この二つの瞑想は必ず実践しなければならない。しかし、実際のところ、これらは本当に人工的な仕掛けであり、あなたはそれらに固執すべきではない。この二つの瞑想の助けを借りれば、心の落ち着きのなさは消えてゆく。そして、私たちが登った後に梯子を必要としないように、いつの日か私たちもこれらの仕掛けを手放さなければならない。瞑想は、それが不要になった瞬間に完全なものとなる。まさにこの段階がサマーディだ。

今、夜は更け、空は星で満たされている。木々や谷間は眠りについている。私たちも今、眠りにつこう。何と静かで静穏なのだろう。私たちもまた、この平和の中に溶け込もう。深い眠りの中で、夢のない眠りの中で、私たちはまさに神が宿る場所に行く。これは自然が私たちに与えてくれた自発的な無意識のサマーディだ。このサーダナキャンプの助けを借りて、私たちもまた同じ目的地に到達することができる。しかし、その時、私たちは意識し、気づいているだろう。これが違いであり、実際、大きな違いだ。前者では私たちは眠っているが、後者では目覚めている。

私たちは今、サマーディを得ることを願って眠りの床に着こう。願いが決意と正しい努力を伴っているとき、それは必ず叶う。

神の導きがありますように。これが私の唯一の祈りだ。

第1章はここまでです。
オショーも止観を説いていますが、もし何か補足などがありましたら、お願いします。横になって行う観の行は、私も試してみます。
あと、サマーディの言葉に関して、鬼和尚は忘我の意味で使っていますが、オショーはどのような意味で使っているのでしょうか?
もう一点、寝る直前に「自我が観られますように」のように願って眠りの床に着くのは効果的なのでしょうか?

17:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2020/11/24(火) 22:02:38 ID:1d4drIFg0 [7/7]
深い意識との一体化というような意味でサマーディと言っているようじゃ。
意識的な瞑想すらもない段階なのじゃ。

そのような願いも効果はあるじゃろう。
寝る時には潜在意識が優先的に成るからのう。
無意識に達成することができるのじゃ。
実践によって確かめるのじゃ。

【相談】悟りを開いた人に聞くスレ【仏教】 53 
https://medaka.5ch.net/test/read.cgi/kankon/1597354447/

398:おさかなくわえた名無しさん[sage]:2020/11/23(月) 16:54:27.06 ID:Otvdr4XZ
コロナ禍で飲食や旅行業界で倒産が相次いでいると言います。
やはり女性で性産業や夜の仕事に流れる子は増えているのでしょうか?
これは仕方がないことですか?

402:鬼和尚 ◆v4C6SeeabHj8 [sage]:2020/11/24(火) 23:44:02.23 ID:PoQMo4KK
>>398 そのような者もいるじゃろう。
 常より増えてしまうじゃろう。
 仕方が無いといえるのじゃ。
 先ずは生きることに留意するとよいのじゃ。

鬼和尚の仏教講読会 別館2
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1600684575/

109:避難民のマジレスさん[]:2020/11/24(火) 19:33:31 ID:zt/s8/ZE0
自賛  2/3
風狂々客起狂風 風狂の狂客狂風を起こし 
来往婬坊酒肆中 来往のすい坊酒しのうち 
具眼衲僧誰一拶 具眼の衲僧誰ぞ一拶するは
画南画北画西東  南を画し北を画し西東を画す

ある男の残日HP 宇野直人先生訳・解説
自賛    自ら賛す   
自分自身の肖像画に書きつけた作品。 
何物にも囚われず 理想に突き進む私は いつも激しい風を巻き起こす
出入りするのは歓楽街や酒場     
見識のある僧侶で誰か私を叱る人はいないのか  
南と言えば北 いや西だ東だと 勝手なことを言う私を

(前半)
一句は露悪的に自己紹介。風は自由でとらわれないの意。狂は漢詩では「理想に向かって突き進む・これと
思ったことに熱中する」
二句の婬坊酒肆は公案の中の語で「本当の悟り」という事を象徴的に表す。山奥で得た悟りはまだ次元で低
いもので、逆に「巷の色々な人に付き合い、得た悟りこそ本当のものだ」という公案を採用している。とい
う事は、一見破戒僧の様に行動しているが、自分は一段高い次元を目指して行動していると主張している。
(後半)
周囲の禅僧に向けた挑発的な言葉となる。4句も禅の言葉。人を食った結びになっている。この詩で自分の
生き方を主張したが、では一休が主張した次元の高い悟りとはどんなものか次の詩で見てみる。

・婬坊いんぼう酒肆しゅし:歓楽街・酒場
・具眼:物の本質を見抜く力 見識がある
・画皆画北画西東 禅語で「指東劃西」と言えば、東を指したり西を指したりしていい加減にその場をごま 
 かすことを言う。お茶を濁す。

柳田聖山 訳
<訳>
風にいかれた酔っ払いが、狂った風を巻き起こし、
女郎屋や酒場をうろついている。
眼の開いた修行僧なら誰でも一突きにするがよい。
(狂風が相手ゆえ)東西南北あてもなく滅多打ちにするだけだ。
※一休自身を賛した詩であるが、どこか己と普化を重ねているように思われる。
(´・(ェ)・`)つ

110:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2020/11/24(火) 23:48:55 ID:1d4drIFg0 [53/53]
自賛ならば自分について詠っているのじゃ。

わしは風狂の者であるから世間の常識に囚われず教えるのじゃ。
売春宿や酒場で教えるのじゃ。
修行が出来た具眼の僧にはわかるじゃろう。
そのような者に四方の仏説を教えるのじゃ。

鬼和尚の仏教勉強会 講読ゼミ 6
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1592867699/

379:避難民のマジレスさん[]:2020/11/24(火) 18:06:36 ID:fFvb601s0
最初と最後の自由 第二部質疑応答
二三 死について 2

 継続するものは新生がありません。継続(連続)性のあるものには、何も新しいものがありえません。何も創造的なものがありえません-それはかなり明白です。常に(そもそも)新しいものの可能性がありうるのは、連続性が終わるときだけです。しかし私たちが怖れるのは、この終わることです。日毎に私たちの経験、記憶、不幸を持ち越すことにではなく、終わることにおいてだけ、新生が、創造的なものが、知らないものがありうるということが、私たちはわからないのです。新しいものがありうるのは、古いものすべてに対して、毎日死ぬときだけです。連続性があるところ、新しいものはありません-新しいものとは創造的なもの、知らないもの、永遠のもの、神、何でもです。知らないもの、真実のもの、永遠のものを求める人物、連続的な実体は、決してそれを見つけないでしょう。なぜなら、彼は自分自身の中から投影するものだけを見つけられるし、彼が投影するものは真実のものではないからです。終わること、死ぬことにおいてだけ、新しいものが知られうるのです。生と死の間に関係を見つけよう、(連続するものと彼方にあると思われるものに橋を架けよう)と努める人は、架空の・虚構の真実でない世界、すなわち彼自身の投影に生きているのです。 では、生きている間に死ぬことは可能でしょうか-それは終わる、無としてある、という意味です。あらゆるものがますますなろう、またはますますなるまいとしているこの世界、あらゆるものが登り、達成し、成功する過程であるこの世界で生きている間に、そういう世界で死を知ることは可能でしょうか。すべての記憶を終わらせることは可能でしょうか-事実について [の記憶] 、自分の家に帰る道についての記憶などではなく、記憶をとおしての心理的安全への内面的執着、蓄積し、貯えてきて、そこに安全、幸せを求める記憶です。そのすべてを終わりにすることは可能でしょうか-それは、明日の新生があるように、毎日死ぬという意味です。生きている間に死を知るのは、そのときだけです。その死ぬことにおいて、その終わること、連続性を終わりにすることにおいてだけ、新生が、永遠であるその創造があるのです。
(´・(ェ)・`)つ

380:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM[sage]:2020/11/24(火) 23:17:06 ID:1d4drIFg0 [137/137]
連続するものは新しいものはないというのじゃ。
それは記憶に依存しているからなのじゃ。
記憶に依存していればなにものかが連続しており、過去と未来が在ると思うのじゃ。
その連続性が無い時にのみ新しいものがあると言うのじゃ。
連続性の終わりが死であるというのじゃ。
死は終わりではなく新しいものの始まりなのじゃ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました