鬼和尚 2020/11/19(木)

鬼和尚に聞いてみるスレ part17
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1598506868/

488:避難民のマジレスさん[]:2020/11/19(木) 00:57:41 ID:rlAecqNg0 [10/10]
鬼和尚様

昨日も私の質問に答えてくださり本当にありがとうございます。
神は存在しないのに覚者たちは神はいると思ってる人たちのために神はいるテイで話をされたのですか。とても慈悲深いと思います。

489:避難民のマジレスさん[]:2020/11/19(木) 16:54:54 ID:.ykewGRw0 [2/2]
>>486
このまま方法にて手を加えずに進めます。
教えていただきありがとうございました。

490:避難民のマジレスさん[sage]:2020/11/19(木) 20:37:46 ID:Dp/qMVVc0 [5/5]
>>487 ありがとうございます。
この幸運に感謝します。
精一杯励んで、いずれ必ず悟りを得ます。

491:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2020/11/19(木) 23:01:55 ID:1d4drIFg0 [129/129]
>>488 そうじゃ、神がいると信じる者には神のそばにいけると説くのじゃ。
 信じない者には縁起とか瞑想を説くのじゃ。
 それが慈悲であり、智慧なのじゃ。
 
>>489 そうじゃ、実践あるのみなのじゃ。
 またおいでなさい。

>>490 善いことじゃ。
 精進あるのみなのじゃ。
 またおいでなさい。

オショーのSadhana Pathを読んで実践する
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1605702581/

3:避難民のマジレスさん[sage]:2020/11/19(木) 07:54:21 ID:Dp/qMVVc0 [2/3]
ありがとうございます。
習慣により、文の意味を思考によって分析的に解釈しがちなことに気づきました。自分ごととして、自然に読めるように精進します。

古い思い出せない記憶を思い出そうとすると、注意が内側に向きました。身体では下腹の中心あたりに感覚が生じます。そういえば、自分の名前を呼ばれたときにも、その辺りに感覚が生じるのですが、そこには何かあるのでしょうか?

4:避難民のマジレスさん[sage]:2020/11/19(木) 20:50:13 ID:Dp/qMVVc0 [3/3]
しかし、これは自然なことだ。人の心の中に光がなければ、人生には何の意味もない。心の中に光がなければ、生に喜びを感じることはできない。

今日、自分自身が不必要で過剰な重荷を見つけるという事実は、生自体が無駄だからではない。生はひとつの無限の充足だ。しかし、私たちは、その充足に、その目的地につながる道を忘れてしまった。私たちは単に存在し、生とは何の関係もない。これは生きているのではなく、死を待っているだけだ。そして死を待つことが退屈以外の何物でもないとしたら、どうしたらいいのか? どうしたらそれは喜びになるのか?

私はあなたにこれを伝えるためにここに来た:あなたが生と勘違いしているこの悪夢から目を覚ます方法がある。道はいつもそこにあった。闇から光への道は永遠だ。それは確かにそこにあるが、私たちはそこから顔を背けてきた。その道に顔を向けて欲しい。この道がダルマ、法であり、宗教である。それは人間の中の光を再び点火させる手段であり、人間の漂流する船に方向性を与えている。マハヴィーラは言う。老いと死を伴う世界の急速な流れに流されている人々のために、宗教こそが唯一の安全の島であり、錨であり、目的地であり、避難所であると。

あなたは人生を喜びで満たす光を渇望しているか? 人間に不老不死を与える真理に到達したいか? もしそうなら、私はあなたを招待する。私の招待を受け入れなさい--喜びのために、光のために、不死のために。それは単にあなたの目を開くという問題だ。そうすれば、あなたは光の新しい世界に住むことになる。他に何もする必要は無い、ただ目を開けるだけでよい。ただ目を覚まして見ればよい。

人間には本当は何も消えていないし、本当は方向性も失っていないが、もし目を閉じていれば、闇はどこにでも広がり、方向性の感覚はすべて失われる。目を閉じれば人はすべてを失い、目を開ければ王となる。

私は、あなたを没落の夢から皇帝の威厳に目覚めさせようと呼びかけている。あなたの敗北を勝利に変えたい。あなたの闇を光に変えたい。あなたの死を不死に変えたい。あなたは、私と一緒にこの航海に乗り出す準備ができているだろうか?
――
オショーは折に触れて、あなたは仏性を忘れているとか、思い出すようにと説いていますが、それによって修行者の目を自分の心の奥深くに向けるように働きかけているということでしょうか。
それにしても、力があって魅力的な文で、勇気づけられます。

5:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2020/11/19(木) 22:59:56 ID:1d4drIFg0 [2/2]
>>3 そこにおぬしの自己観念の投射があるのじゃろう。
 その感覚に自分というものがあるという観念を記憶から思い出しているのじゃ。
 それがなければ自分がどうなるのか見てみると善いのじゃ。

>>10 そうじゃ、心を見るように勧めているのじゃ。
 実践在るのみなのじゃ。

【相談】悟りを開いた人に聞くスレ【仏教】 53 
https://medaka.5ch.net/test/read.cgi/kankon/1597354447/

381:おさかなくわえた名無しさん[]:2020/11/19(木) 11:26:40.97 ID:3t9zzbBm
鬼和尚、人間が生きる上で、一番大切な物は何でしょうか?

382:おさかなくわえた名無しさん[sage]:2020/11/19(木) 19:01:38.48 ID:WVKjPlBc [1/2]
>>379
いつもありがとうございます。

どの様に我を減らし
どの様に任せればよろしいのでしょうか?

383:おさかなくわえた名無しさん[sage]:2020/11/19(木) 23:39:39.02 ID:WVKjPlBc [2/2]
数息観してもすぐ考え事・観念遊戯してるだけになってしまいます。
普段の運動不足とか関係ありますか?
スポーツでもやればいいのだろうと思うのですが
興味も金もないので無理ゲーの域を出ません。

抜本的解決法はないでしょうか?

384:鬼和尚 ◆v4C6SeeabHj8 [sage]:2020/11/19(木) 23:47:16.75 ID:QcHFuXkk
>>381 自分の体じゃな。
 生きるためには体が一番大事なのじゃ。
 体が無いと生きられないのじゃ。
 大切にすると善いのじゃ。

>>382 自分を観察して自分の性質に気付くのじゃ。
 要らないとわかったものは捨てるに任せると善いのじゃ。
 そのようにすれば智慧がわいてくるじゃろう。

>>383 関係ないのじゃ。
 ただひたすらに毎日続けると善いのじゃ。
 いずれは思考も流せるようになるのじゃ。
 実践あるのみなのじや。

鬼和尚の仏教講読会 別館2
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1600684575/

99:避難民のマジレスさん[]:2020/11/18(水) 23:09:38 ID:L4550tNs0
一休さんの帝王学
226  1/4
善悪未嘗混     善悪未だ嘗て混せず
世為善者皆朋舜   世に善を為す者は、皆舜を朋とし、
而悪者皆黨桀也   而して悪を為す者は皆桀(けつ)に党すなり。
雉必為鷹所撃    きじは必ず鷹の為に撃たれ
鼠必為猫所咬    鼠は必ず猫の為にかまる、
是天賦所前定也   是れ皆天賦前定する所也。
一切衆生之歸佛   一切衆生の佛に帰して、
善而免生死之淪没者 善にして而してしょう死の淪没を免がるる者も
亦猶若茲      また猶ほかくの如し
因作偈以示衆云   因つて偈を作つて以て衆に示すと云ふ     

鷹雉鼠猫元自然   ようちそめう元じねん
威音劫來舊因縁   威音劫來旧因縁
照看華清残月暁   照らし看る華清残月の暁
明皇龜鑑馬嵬前    めいくわうの亀鑑馬くわいの前

くま訳
善悪が混ざり合うということは、未だ嘗て無い。
世に善を為す者は、皆、英明な古代の皇帝「舜」を朋とし、
悪を為す者は皆、古代の暴君「桀」(けつ)の仲間である
きじは必ず鷹に撃たれ
鼠は必ず猫にかまれる
是れ皆生まれながらにして決まっていることである。
一切衆生、佛に帰依したもので、
善を行い、生死に捕らわれた迷いの境地から逃れることができる者もまたかくの如しである。
因つて偈を作つて以て修行僧に示すと言って、
     
鷹と雉、鼠と猫の話は元来自然なことである。
大昔からの因縁である。
玄宗皇帝は、かつて華清宮で楊貴妃と見た暁の残月を眺め、
舜という英明な皇帝のお手本があったのに、玄宗は馬嵬(ばかい)で臣下に脅されて、いやいや楊貴妃を殺
害する命令を下し、後で後悔しているのである。(臣下の登用を誤ったのである。)

*舜(しゅん):神話に登場する君主。五帝の一人。儒家により神聖視され、堯(ぎょう)と並んで堯舜と 
 呼ばれて聖人と崇められた。
 母を早くに亡くして、継母と連子と父親と暮らしていたが、父親達は連子に後を継がせるために隙あらば 
 舜を殺そうと狙っていた。舜はそんな父親に対しても孝を尽くしたので、名声が高まり堯の元にもうわさ 
 が届いた。
 舜の周りには自然と人が集まり、舜が居る所は3年で都会になるほどだった。
 堯は舜を登用し、天下を摂政させた。そうすると朝廷から悪人を追い出して百官が良く治まった。それか 
 ら20年後、堯は舜に禅譲した。
 英明な皇帝の代表。
*桀(けつ)は、夏の最後の帝。暴君の代名詞となった。
*華清宮(かせいきゅう):唐代の離宮。『長恨歌』において、楊貴妃が湯浴みしたことで知られる。
*龜(亀)鑑(キカン):「亀」は甲を焼いて占ったもの。「鑑」は鏡の意。行動や判断の基準となるもの。
 手本。模範。
*照看:世話をする,面倒を見る,(物の)番をする,見張る
(´・(ェ)・`)つ

100:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2020/11/19(木) 22:02:10 ID:1d4drIFg0 [48/48]
大体そのような感じなのじゃ。
善悪は決して交わらないというのじゃ。
雉は鷹に狩られ、鼠は猫に食べられるのが定めなのじゃ。
衆生が仏に帰依して悟りを得られるのも定めなのじゃ。
実践あるのみなのじゃ。

鬼和尚の仏教勉強会 講読ゼミ 6
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1592867699/

371:避難民のマジレスさん[]:2020/11/19(木) 17:23:51 ID:CtskuhVw0 [2/2]
最初と最後の自由 第二部質疑応答
二一 性について 4

 ゆえに、世界中でこんなに多くの人々を拷問にかけている性の問題は、精神が理解されるまでは、解決されえません。私たちは考えることを終わらせることはできません。しかし思考者が止むとき、思考は終わるのです。過程全体の理解があるときだけ、思考者は止むのです。思考者と彼の思考の間に分割があるとき、恐れが生じます。思考者がないとき、そのときだけ、思考に葛藤がないのです。言外に含まれていることは、理解しようとする努力を必要としません。思考をとおして、思考者が生じます。そのとき思考者は、自分の思考を形造ろう、制御しよう、それらを終わらせようとけんめいに努力します。思考者は架空の・虚構の実体、精神の幻影です。事実としての思考についての悟りがあるとき、そのとき事実について考える必要はないのです。単純で無選択の気づきがあるなら、そのとき事実に含まれているものが正体を現しはじめます。ゆえに事実としての思考は終わります。そのときあなたは、私たちの心と精神を食い尽くしている問題、私たちの社会構造の問題が、解決できるということが、わかるでしょう。そのとき性はもはや問題ではありません。それはそれの適切な持ち場があります。それは不純な・汚れたことではなく、また純粋な・浄らかなことでもありません。性はその持ち場があります。しかし精神がそれに支配的な・優越した持ち場を与えるとき、そのときそれは問題になるのです。精神は性に支配的な持ち場を与えます。なぜなら、それは何らかの幸せなしには生きられないからです。それで性は問題になるのです。精神がその過程全体を理解し、そして終わるとき、すなわち考えることが止むとき、そのとき創造があります。それは、私たちを幸せにする創造です。その創造の状態にあることは、至福です。なぜなら、それは、自己からとしての反応がない自己忘却であるからです。これは、日常の性の問題への抽象的な答えではありません。それが唯一の答えです。精神は愛を否定します。愛なしに、純潔はありません。あなたが性を問題にするのは、愛がないからです。
(´・(ェ)・`)つ

372:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM[sage]:2020/11/19(木) 22:55:14 ID:1d4drIFg0 [133/133]
性の問題は思考によるものであるから精神が理解されるまで解決されないというのじゃ。
思考する者が無い時に思考は止まるというのじゃ。
思考の過程全てに理解がある時だけ思考する者は止まるというのじゃ。
そして問題は無いと理解されるのじゃ。
その時だけ愛が理解されるのじゃ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました