鬼和尚 2020/11/10(火)

鬼和尚に聞いてみるスレ part17
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1598506868/

443:善慧[sage]:2020/11/09(月) 23:55:46 ID:eY9NJ5lE0
鬼和尚さま、ありがとうございます。菩薩道を頑張って実践していきます。
お陰様で私たちは地雷原に暮らしていたごく普通の家族だったとわかりました。
長い時間が掛かりましたが、やっと父と母を心からの感謝をもって見送ることができます。
鬼和尚さま、少しお時間を頂いて、両親の為に祈ってもらえないでしょうか。
どうぞよろしくお願いします。

444:避難民のマジレスさん[]:2020/11/10(火) 04:38:48 ID:2U5JySoo0 [3/3]
ありがとうございます。
ただ、理想論としては分かるのですが、躁になると言うことは、この病に置いては必ずしも善いことではなく、「暴力的になる」と言うことなのです。
1日三回どころか5回も10回も誉めているのですが、気分がよくなると「全能感」が増して、神様のような気分になり、周囲に攻撃的に振る舞うようになるので、この病気に関しては余り誉めるようなことも善くないようです。
ただ、そのようなことを含めて、ありのままを認めるしかないと言うのはそうかと思います。
嫁が安心して暮らせるように自分も精進していきたいと思います。
お答えありがとうございました。

445:避難民のマジレスさん[]:2020/11/10(火) 17:15:23 ID:fDVMJeTw0
鬼和尚様

自分は存在しないのに自分の行為の報いは来るというのがよくわかりません。
オショーが悟ったらカルマはなくなるとか報いはなくなると書いてあったような気がしますが
悟って自分がなくなっても自分の行為の報いは来ますか?

448:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2020/11/10(火) 23:06:29 ID:1d4drIFg0 [117/118]
>>443 善いことじゃ。
 おぬしの両親が今心穏やかに、安らぎの中にいることを祈るのじゃ。
 再び生まれては善根の者の家で慈しみ愛され、いずれは永遠の安らぎである悟りの道に入らんことを祈るのじゃ。
 
 おぬしも好きだったものをイメージして呼んで与えて供養すると善いのじゃ。 

>>444 そのように誉めて気分が善くなるということは、やはりおぬしに影響されているのじゃ。
 更に深く詳しく自分のしたこととしなかったことを見るのじゃ。

 おぬしがいらいらすると嫁は鬱になるのかもしれん。
 それは嫁の逃避とかよろいとか、仮面なのかもしれん。
 交流分析も学んでみると善いのじゃ。
 実践あるのみなのじゃ。

>>445 それは物理的な因果の法則にも影響されるのじゃ。
 かぼちゃの種を植えた者が悟ったらナスになるということはないのじゃ。
 悟っても悟らなくてもかぼちゃの種を植えたらかぼちやがなるのじゃ。

 アングリマーラのアヒンサーは悟る前に999人のひとをころしたのじゃ。
 お釈迦様に会って悟ったが、その後にも托鉢に行くと石を投げられる報いに遭ったのじゃ。
 心は悟って自由でも肉体は報いを受けるのじゃ。
 そのように理解すると善いのじゃ。

446:避難民のマジレスさん[sage]:2020/11/10(火) 20:25:31 ID:jBVeWM8s0
以前、恐れについてご法話をいただいたものです。
その節はありがとうございました。
見返すと感情的な書き込みで恥ずかしいです。大変失礼いたしました。
今は落ち着いて、精いっぱい瞑想と観察に励んでいます。

鬼和尚さま、私は葉でなく樹の自覚を持ちたいです。真の安らぎに達したいです。
それまで精進し、決してあきらめません。誓います。
私にも名前を頂戴できますか。

447:避難民のマジレスさん[]:2020/11/10(火) 22:03:35 ID:rlAecqNg0 [7/8]
鬼和尚様

鬼和尚様から名前を頂戴できるんですか?
修行の励みに私も欲しいです。

449:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2020/11/10(火) 23:53:58 ID:1d4drIFg0 [118/118]
>>446 そうじゃ、実践あるのみなのじゃ。

 おぬしの名前はやがて聖なる如来となる聖来(せいらい)じゃな。
 聖来よ、修行に励むのじゃ。
 
>>447 おぬしの名前は真の法の華を咲かせる真華じゃな。
 真華よ、修行に励むのじゃ。
 実践あるのみなのじゃ。

鬼和尚の仏教講読会 別館2
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1600684575/

84:避難民のマジレスさん[]:2020/11/10(火) 20:12:27 ID:n2jj.iZI0
219 陳蒲鞋 7/8
説道談禪長利名 どうを説き禪を談じて利名を長ず
工夫乱裡築愁城 工夫は乱裡に愁城を築く
門?罩空折韶陽脚 門こん空しく折るぜう陽のあし
折得江湖門弟情 折り得たりこう湖門弟の情

くま訳
道を説き、禪の話をして名利を上げる。
誤った工夫により、愁いの城を築き上げる
宗門の法脈が途切れてしまった、雲門宗のように、
禅宗の法脈も断たれてしまうこともあるものなのである。(既に断たれたしまった。)

*?罩(しきみ・こん):門戸の内外の区別のために下に敷く横木。門や家屋の入口の横木。また、敷居。
*韶陽(しょうよう):雲門文偃の居た場所。雲門をさす
*江湖(ごうこ、こうこ):唐代に馬祖道一と石頭希遷の2人が活躍した地域。そこから禅宗僧侶の世界を
 「江湖」と称するようになり、後に「江湖会」と言えば、夏安居を指すようになった。
(´・(ェ)・`)つ

85:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2020/11/10(火) 22:29:35 ID:1d4drIFg0 [41/41]
売僧は仏道を説き禅を話すのも名利のためだというのじゃ。
その工夫も乱れて虚しいものじゃ。
門派の脚は折れ、徒弟も嘆くのじゃ。
何やら悲壮な感じじゃな。

鬼和尚の仏教勉強会 講読ゼミ 6
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1592867699/

352:避難民のマジレスさん[]:2020/11/10(火) 20:13:54 ID:n2jj.iZI0
最初と最後の自由 第二部質疑応答
十九 祈りと瞑想について 2

 この問題には、もう一つの要因が関与しています-内なる声と呼ばれるものの応答です。私が言いましたように、精神が懇願し、嘆願しているとき、それは比較的静かです。あなたが内なる声を聞くとき、それは、その比較的静かな精神に、それ自体を投影しているあなた自身の声です。さらに、どうしてそれが真実の声でありうるでしょうか。混乱し、無知で、渇望し、要求し、嘆願している精神、それがどうして真実を理解できるでしょうか。精神が、自分自身のためでも、国家 [・民族]のためでも、もう一人のためでも、要求しない、渇望しない、あこがれない、求めないで絶対的に静かであるときだけ、それは真実を受け取れるのです。精神が絶対的に静かであるとき、願望が止むとき、そのときだけ、真実が生じるのです。要求し、嘆願し、懇願し、命令・指図にあこがれている人物は、自分の求めるものを見つけるでしょう。しかしそれは真理ではないでしょう。彼が受け取るものは、彼自身の精神の無意識の諸層の応答であるでしょう-それ [無意識の層の応答]は、それら自体を意識の中に投影するのです 。彼に命令するその静かな、小さな声は、真実ではなくて、無意識の応答であるだけです。
 この祈りの問題には、また集中の問題もあります。私たちのほとんどにとって、集中は排除の過程です。集中は、努力、強制、命令、模倣をとおしてもたらされます。そのため集中は排除の過程です。私は、いわゆる瞑想に興味があります。しかし私の思考は散漫です。それで私は自分の精神を、 [一つの] 映像・画像、イメ-ジ、観念に固定させて、他のすべての思考を排除します。この集中の過程、すなわち排除が、瞑想する手段であると考えられています。それがあなたのすることなのではないでしょうか。あなたは坐って瞑想するとき、自分の精神を [一つの]言葉、イメ-ジ、画像に固定させます。しかし精神はそこらじゅうさまよいます。他の観念、他の思考、他の情動の常なる中断・割り込みがあります。それであなたはそれらを押しのけようとします。あなたは自分の思考と戦うことに、自分の時間を費やします。この過程を、あなたは瞑想と呼ぶのです。すなわち、あなたは、何か自分が興味のないことに集中しようとしています。それであなたの思考は増加し、増大し、中断しつづけます。そのためあなたは排除に、避ける・かわすこと、押しのけることに、自分のエネルギ-を費やすのです。あなたは自分の選択した思考に、特定の対象に集中できるなら、ついに瞑想に成功したと、思うのです。確かに、それは瞑想ではないのではないでしょうか。瞑想は排除する過程ではありません-避ける [という意味] 、侵入してくる観念に対して抵抗を築くという意味での排除、です。祈りは瞑想ではありませんし、排除としての集中は瞑想ではありません。
 瞑想とは何でしょうか。集中は瞑想ではありません。なぜなら、興味があるところ、何かに集中することは、比較的たやすいからです。戦争、虐殺を計画している将軍は、とても集中しています。金もうけをしている事業家は、とても集中しています-彼は他のあらゆる感情を脇に置いて、自分が欲しいものに完全に集中しながら、無慈悲でさえあるかもしれません・まったく無慈悲であるかもしれません。何ごとでも興味のある人は、自然に、自発的に集中しています。そういう集中は、瞑想ではありません。それはたんに排除です。
(´・(ェ)・`)つ

353:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM[sage]:2020/11/10(火) 22:24:31 ID:1d4drIFg0 [124/124]
一般に言われる瞑想とは精神を一つの観念に集中させるものであるから、排除の過程に過ぎないというのじゃ。・
クリシュナムルティの言う瞑想とは排除ではないというのじゃ。
観察し、気付くためには何かを排除するのは危険であるからじゃろう。
何かを排除すれば見落としてしまうからのう。
そもそも集中は瞑想ではないと言うのじゃ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました