鬼和尚 2020/11/04(水)

鬼和尚に聞いてみるスレ part17
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1598506868/

407:避難民のマジレスさん[]:2020/11/03(火) 23:30:49 ID:7A6BnE9k0 [3/4]
ダンマパダに「他人のしたことと、しなかったことを見るな。ただ自分のしたことと、しなかったことだけを見よ。」とありますが、しなかったことはどのように見ればよいのでしょうか?

408:避難民のマジレスさん[sage]:2020/11/04(水) 10:54:55 ID:UiwE/IDA0
昨日はずっと疲れていて寝た姿勢で数息観を行っていたら
半分眠りの金縛り状態になって(これは昔からよくなります)、
ふと気が頭を突き抜けそうな出来事の事を思い出して頭の中に意識を向けると、
また頭の中に暴れるエネルギーみたいなものを感じました。
もうハッキリ思い出せませんが、そのうち喉の辺りにも振動を感じて、それがどうも苦しかったのか変な感じがしたため、
「このままでは身体が死ぬかもしれない」と思い、
そのままおさまってしまいました。

色々知りたい事があるのですか、
これは気が頭に昇っているのですか?
クンダリーニというものですか?

ただの妄想の可能性もありますか?
妄想との見分け方はありますか?

このように頭の中に気?を感じた時は、
どうするのが正解なのでしょうか?

今再現しようとしても全く何もならないし、いつもと同じ体調ですし、気の片鱗も感じられません。
前回もうたた寝みたいな状況で起こったのですが、
変性意識状態?の方が起こりやすいのでしょうか?

クンダリーニで調べると失敗すると危険とかも言われているようなので、実際その場面になると不安が優ってしまうせいかおさまるのですが、
その先も覚悟が無いと行けないものでしょうか?

409:崇蓮[sage]:2020/11/04(水) 18:52:29 ID:bJ9yEx3Q0 [19/20]
鬼和尚さま

 いつもありがとうございます。
 姿勢について教えてください。

 骨盤は床に垂直に立てますが、
上中下丹田を横から見て、真っ直ぐにのせた線も床に垂直に立てるのですか?

 ブラフマランドラは頭の中心よりも少し後ろ。みぞおちの奥の体の中心が中丹田。 へその下に指3本を横にした分、下がった所の奥が下丹田。
 上記の位置と、鬼和尚さまが以前参考にと出してくれた写真を見ると、
http://photohito.com/photo/375335/
一直線にした線は少し斜めに床に刺さっているように見えます。

 私が座って楽になる姿勢も少し斜めに床に刺さっているので、一直線であれば地面に垂直でなくてもいいのかも、とも思いましたが自信がありません。
 よろしくお願いします。

411:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2020/11/04(水) 23:01:09 ID:1d4drIFg0 [108/109]
>>407 それは例えば同居人が掃除をしてくれなかったとか、料理をしてくれなかったとかいうことをみないようにするのじゃ。
 それらを見ていれば一々腹が立ったりするからのう。
 自分のしたこととしなかったことをたみるのじゃ。

>>408 そうかもしれん。
 もうそうであることもあるじゃろう。
 熱い気が背骨や頭に感じれば真のクンダリニーなのじゃ。

 何もしなくて善いのじゃ。
 気はすぐに消えて行くじゃろう。
 今はクンダリニーヨーガとか、仙道の大周天も知られているから実践したければ調べて実践するとよいのじゃ。
 
 変性意識は関係ないのじゃ。
 下腹に圧力があれば起こりやすいのじゃ。
 或いは精力がたまっていれば起こりやすいのじゃ。
 
 覚悟が必要な者もいるじゃろう。
 知識があれば不安も無くなるのじゃ。
 ちゃんと調べてみるとよいのじゃ。

>>409 垂直の方が善いのじゃ。
 下丹田に正しく圧力がかかるからのう。
 完全な姿勢の写真は無いのじゃ。

 それでやり易ければ暫くそれで実践するとよいのじゃ。
 行き詰ったら垂直に近づけてみると善いのじゃ。

410:避難民のマジレスさん[sage]:2020/11/04(水) 20:13:45 ID:czRftzgI0 [19/19]
力を抜いてだらーんと横になっていると、足の先から膝下までの間と手のひらから肘下までが空洞になったようでその中にジーンとしたものを感じます。
これが気というものですか?特に訓練したわけではなく、元から感じていました。

412:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2020/11/04(水) 23:03:52 ID:1d4drIFg0 [109/109]
>>410 気とは人体の中にも流れているエネルギーであるから、それも動いていれば気といえるのじゃ。
 熱い液体のようであるとか、圧力のような感じがすると気なのじゃ。
 自ら観察して見極めるのじゃ。

悟りを開いた人に聞いてみるスレ【人生相談】79 
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/jinsei/1580742911/

568:鬼和尚 ◆v4C6SeeabHj8 [sage]:2020/11/04(水) 23:10:33.90 ID:Zzspo5wS
数息観のコピペじゃ。みんな修行に励むのじゃ。

 先ず静かな所に座り、鼻の頭に軽く意識を掛け、普通に息を吸って、ゆっくり長く息を吐いていくのじゃ。
 息を吐く時に、頭の中で一と数える。
 又、普通に息を吸い、ゆっくり長く息を吐いてニと数えるのじゃ。
 このようにして十まで数え、十まで行ったら今度は十から数を減らして行って、一に戻るんじゃよ。
 たまに長時間行うより、一日に五分でもよいから、毎日続けると不動心が身に付くのじゃ。
 夜の寝る前などに行うと、安らかに眠れるようにもなるじゃろう。

 初めて数息観などをする者は、とにかくイライラして止めたくなったりするじゃろう。
 そんな時は一度、中断してストレス解消の運動でもするといい。すっきりしたら又続けるのじゃ。
 暫く修行をすると、今度は雑念に悩まされるようになるかも知れん。
 そのような時は無視して呼吸に意識を集中しなおす。暫くすると、雑念は消えていくじゃろう。
 更に修行を重ねれば、雑念と集中する意識を二つとも、意識出来るようになる。行が深まり、
 潜在意識が見えてくるようになったのじゃ。
 そのような時も、雑念を無視しておれば、やがて雑念は消え去り、深い無念無想の状態に入れる。
 もっと行が深まれば、意識は二つだけでなく、同時に幾つもの雑念があることに気付くじゃろう。
 人間はもともと同時に幾つもの事を考えておる。

 例えば誰でも歩きながらタバコを吸い、同時に尻を掻くという事が普通に出来るように、
 人間は同時に幾つもの事を考えているが、潜在意識まで見る事の出来ない者には、判らないのじゃ。
 潜在意識まで見る事が出来、全ての雑念が静まり、もはや心に何の考えも浮かばなくなれば、止の行は完成じゃ。

鬼和尚の仏教講読会 別館2
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1600684575/

74:避難民のマジレスさん[]:2020/11/04(水) 19:58:50 ID:caBPdlkw0
214 陳蒲鞋 2/8
唯有宗門零落愁 唯だ宗門零落の愁有り
錯來末法幾禪流 あやまりきたる末法幾禪流
春風桃李吟無酒 春風桃李吟に酒無し
尊宿榮華蒲葉秋 尊宿の榮華ほえふの秋
  
くま訳
ただ、宗門零落の愁あり。
混乱窮まる末法の世に幾つもの禅宗流派が存在する。
春風に桃李の花咲き、風流なお膳立てがあっても、吟も酒もない。
高徳の僧の榮華は蒲葉(ほよう)も枯れ落ちる秋を迎えているのだ。

*末法:仏の在世から遠く隔たったため、教法が次第に微細・瑣末になり、僧侶が戒律を修めず、争いばか 
 りを起こして邪見がはびこり、釈迦の仏教がその効力をなくしてしまう時期
*桃李:桃李(トウリ):1 桃とすもも。2 唐の劉禹錫(りゅううしゃく)の「満城の桃李春官に属(しょ 
 く)す」の詩句から試験官が採用した門下生。自分がとりたてた人材。
(´・(ェ)・`)つ

75:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2020/11/04(水) 22:24:16 ID:1d4drIFg0 [36/36]
末法の世になって禅もいくつもの宗派ができてしまったというのじや。
さらにそれぞれの宗派で争ったりしているのじゃ。
正に末法の世なのじゃ。
豪勢な寺とか高い経典などの膳立てがあっても、正しい法はないというのじゃ。
高僧の栄華も落ち目であると言うのじゃ。

鬼和尚の仏教勉強会 講読ゼミ 6
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1592867699/

342:避難民のマジレスさん[]:2020/11/04(水) 20:37:32 ID:caBPdlkw0
最初と最後の自由 第二部質疑応答
十七 記憶について 2

 質問者は、「私は、あなたの以前の講話の記憶と生々しい・あざやかな印象を持っています。どんな意味で、それは不完全な経験なのでしょうか」と言います。それがたんに印象、記憶だけであるなら、明白にそれは不完全な経験です。あなたが言われてきたことを理解し、それの真理がわかるなら、その真理は記憶ではありません。真理は記憶ではありません。なぜなら、真理は常に新しく、常にそれ自体を変容させているからです。あなたは以前の講話の記憶を持っています。なぜでしょうか。あなたは以前の講話を導きとして使っているから、それを充分に理解しなかったのです。あなたはそれに入りたいのです。それで意識的、無意識的に、それは維持・保持されているのです。あなたは何かを完全に理解する、すなわち何かについての真理が全体的にわかるなら、何の記憶もないことを見つけるでしょう。私たちの教育は、記憶の育成、記憶の強化です。あなたたちの宗教的実践と儀式、あなたの読書と知識は、すべて記憶の強化です。それはどういう意味でしょうか。なぜ私たちは記憶にすがるのでしょうか。 [人は] 成長するにつれて、過去を、それの喜び、それの苦痛、それの楽しみを振り返る・回想することに、あなたが気づいたことがあるかどうか、私は知りません。若ければ、未来の方を見ます。なぜ私たちはこうするのでしょうか。なぜ記憶がこんなに重要になってしまったのでしょうか。私たちがどのようにして現在において全体的に、完全に生きるのかを知らないという単純で明白な理由のためです。私たちは未来への手段として、現在を使っています。ゆえに、現在は意義を持たないのです。私たちは未来への通路として現在を使っているから、現在において生きられないのです。私は何ものかになろうとしているから、自分自身についての完全な理解が決してないのです。自分自身を、今まさに私が何であるかを・今まさにあるがままの私を理解するには、記憶の育成を必要としません。反対に、記憶は、あるがままの理解にとって障害です。精神が記憶の網に捕らわれていないときだけ、新しい思考、新しい感情は来るということに、あなたが気づいたことがあるかどうか、私は知りません。二つの思考の間、二つの記憶の間に間隔があるとき、その間隔が維持されうるとき、そのとき、その間隔から、もはや記憶ではない新しい存在の状態が、来るのです。私たちは記憶を持っています。そして継続の手段として記憶を育成します。記憶の育成が存在しているかぎり、「私」と「私の」が、とても重要になるのです。私たちのほとんどは、「私」と「私の」で作り上げられているので、記憶が私たちの生においてとても重要な役割を演じるのです。もしもあなたが記憶を持たなかったなら、あなたの財産、あなたの家族、あなたの観念は、それほど重要(というほどのもの)ではないでしょう。それで「私」と「私の」に強さを与えるために、あなたは記憶を育成するのです。あなたは観察するなら、二つの思考の間、二つの情動の間に間隔があることがわかるでしょう。その間隔には-それは記憶の産物ではありません-「私」と「私の」からのとてつもない自由があるのです。その間隔は時間がないのです。
(´・(ェ)・`)つ

343:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM[sage]:2020/11/04(水) 22:30:35 ID:1d4drIFg0 [119/119]
真理は記憶ではないというのじゃ。
言葉にも知識にも出来ず、今ここで常に新しいものであるというのじゃ。
記憶はそれを感じる障害になるだけなのじゃ。
記憶は自分と、自分のもので全てを解釈するから新しいものごとは感じられないのじゃ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました