鬼和尚 2020/11/02(月)

鬼和尚に聞いてみるスレ part17
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1598506868/

396:避難民のマジレスさん[]:2020/11/02(月) 14:14:25 ID:rlAecqNg0 [5/6]
鬼和尚様

鬼和尚様がおすすめされていた高藤聡一郎さんの本を読んでいたら、仙人入門という本に「人間が肉体をもったまま、生死を超えて天地と一体化する。これこそ本当の悟りである。」と書いてありますがこれは本当でしょうか?

397:避難民のマジレスさん[sage]:2020/11/02(月) 14:21:30 ID:oh.MpGSE0
ありがとうございます。
ブログの方も読み返して勉強します。

自分の集中レベルはまだダーラナに入った所位だと思うので、ディヤーナ に行けるよう頑張ります。
これはもうひたすらやってコツを掴むしか無いという感じでしょうか?

あと、緑茶の成分であるテアニンのサプリは安全性が高いらしいですが飲んでいても問題無いでしょうか?
飲むと穏やかに集中出来る気がします。
OSHOにも禅とお茶についての発言がありました。

398:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2020/11/02(月) 22:36:04 ID:1d4drIFg0 [105/105]
>>396 道教ではそのように表現するのじゃ。
 それだけではないのじゃ。
 全てと一つであったと気付くのじゃ。
 まだ真の悟りを得たことが無いから伝統的にそのように言われていることを書いただけなのじゃ。
 そのように理解すると善いのじゃ。

>>397 そうじゃ、毎日実践することで進歩していくのじゃ。
 日々の精進に拠ってのみ今まで出来なかったこともできるようになるのじゃ。
 精進あるのみなのじゃ。

 飲みすぎなければよいじゃろう。
 普通にお茶を飲んだほうが善いがのう。
 お茶は長い間の経験で害がないと知られているからのう。

悟りを開いた人に聞いてみるスレ【人生相談】79 
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/jinsei/1580742911/

564:マジレスさん[sage]:2020/11/02(月) 17:06:10.84 ID:FMoxGqtV
鬼和尚、年末の件は百%無しでよろしいですか?
あるいは、年末に入ってからカレンダーブラックになり状況発生とかもありえるのでしょうか?

565:鬼和尚 ◆v4C6SeeabHj8 [sage]:2020/11/02(月) 22:39:48.43 ID:hfvtNLAW
↑まだわからんのじゃ。
どんな可能性もあるじゃろう。
何が起こってもおかしくはないのじゃ。
疫病と景気後退で民衆にストレスがたまっているからのう。

鬼和尚の仏教講読会 別館2
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1600684575/

70:避難民のマジレスさん[]:2020/11/02(月) 18:51:15 ID:0QoXVJ3I0
212
山名金吾鞍馬毘沙門化身 山名金吾は鞍馬毘沙門の化身
鞍馬多門赤面顔 鞍馬の多門しゃく面顔、
利生接物人間現 利しょう接もつ人間にげんず、
開方便門真實相 方便門を開く真実の相
業属修羅名属山  業は修羅に属し名は山に属す

やまんなか先生 訳・解説
山名宗全は鞍馬の毘沙門天の化身である。
鞍馬の多聞天の容貌は赤面であり、
その多門天が利益をもたらす為に人間に現れた。
方便の門を開いて真実のあり方を示す。
その業は修羅の道を歩み、その名は山に属す、即ち山名である

武田鏡村先生訳
鞍馬寺の多聞天は、
赤い顔をして
衆生を利益せしめるために、人の世界に出現した。
仏の真実の教えを方便を用いて説いたが、
その行ないはあたかも修羅の如しで、その名を山名という。

くま訳
山名金吾は鞍馬の毘沙門天の化身
鞍馬多門は赤面顔。
衆生済度、待機説法の為に人間界に現われた
方便を駆使して真実相を説いた。
その業は修羅の如くであった。その名は山名である。

*接物利生(せつもつりしょう):衆生済度、待機説法(碧巖録第88則)
*金吾:支邦武官を称するの語なり、「吾は禦なり、金革を執りて以て非常を禦(ふせ)ぐなり」と、故に
「業は修羅に属し、名は山に属す」るなり。(國訳禪学大成・脚注)
*金革:1 刀剣と甲冑(かっちゅう)。武器。武具。2 戦争。いくさ。
(´・(ェ)・`)つ

71:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2020/11/02(月) 22:02:31 ID:1d4drIFg0 [34/34]
山名宗全は応仁の乱で西軍の首領だった者じゃな。
政治的にはいろいろあったが、信心深く寺社の保護をしたというのじゃ。
出家もしていたのじゃ。
それで一休も仏教を守護する毘沙門天の化身というのじゃ。

鬼和尚の仏教勉強会 講読ゼミ 6
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1592867699/

338:避難民のマジレスさん[]:2020/11/02(月) 18:53:42 ID:0QoXVJ3I0
最初と最後の自由 第二部質疑応答
十六 神への信念について 3

 では真実とは何でしょうか。神とは何でしょうか。神は言葉ではありません。言葉はもの
ごと・実体ではありません。測ることのできない、時間のものではないものを知るには、精神は時間から自由でなければなりません-それは、精神が、神についてのすべての思考から、すべての観念から自由でなければならない、という意味です。あなたは、神や真理について何を知っているでしょうか。あなたはその真実について、ほんとうは何も知らないのです。あなたが知っているすべては、言葉 [です]、他の人たちの経験や、或る瞬間のあなた自身のかなり漠然とした・あいまいな経験です。確かに、それは神ではありません。それは真実ではありません。それは時間の領域を越えていません。時間を超えているものを知るには、時間の過程が理解されなければなりません-時間は思考過程、なりゆく・なろうとする過程、知識の蓄積です。それが精神の背景 [・地盤]全体です。精神自体が、意識と無意識、集団と個人両方の背景 [・地盤] です。それで精神は、知られたものから自由でなければなりません-それは、精神が静寂にされるのではなく、完全に静寂でなければならない、という意味です。結果としての [静寂] 、決然とした・決断された行動から、実践から、修練から出てきたものとしての静寂を達成する精神は、静寂な精神ではありません。強いられ、制御され、形造られ、枠にはめられ、静かにしている精神は、静寂な精神ではありません。あなたは、一定時間、精神を表面的に静寂であるよう強いることに、成功するかもしれません。しかしそういう精神は、静寂な精神ではありません。あなたが思考の過程全体を理解するときだけ、静寂が来るのです。なぜなら、過程を理解することが、それを終わらせることであるからです。思考の過程の終わりが、静寂の始まりです。
 精神が、上の水準でだけでなく根本的に、ずっととおして-意識の表面的な [水準]とともにより深い水準でも-完全に静寂であるときだけ、そのときだけ知られないものが生じうるのです。知られないものは、何か精神により経験されるものではありません。静寂のみが経験されうるのです-静寂以外に何も [経験]されえません。精神が静寂以外に何かを経験するなら、それはたんにそれ自身の願望を投影しているだけです。そういう精神は静寂ではありません。精神が静寂でないかぎり、意識的、無意識的などんな形でも、思考が動き [の状態]にあるかぎり、静寂はありえません。静寂は、過去から、知識から、意識的とともに無意識的な記憶からの自由です。精神が使われず・使用中でなく、完全に静寂であるとき、努力の産物ではない静寂があるとき、そのときだけ、時間のないもの、永遠のものが、たしかに生じるのです。その状態は、覚えておく状態ではありません-覚えておく、経験する実体はありません。
 ゆえに、神や真理-何であれ-は、瞬間瞬間生じるものです。それは、精神が様式に応
じて修練されるときではなく、自由と自発性の状態においてだけ、起きるのです。神は精神のものごとではありません。それは自己投影をとおして来ません。それは、美徳、すなわち自由があるときだけ、来るのです。美徳は、あるがままの事実に向き合うことです。事実に向き合うことは至福の状態です。精神が、それ自身のどんな動きもなく、意識的、無意識的な思考の投影がなく、至福に満ちて、静かであるときだけ-そのときだけ、永遠のものが生じるのです。
(´・(ェ)・`)つ

339:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM[sage]:2020/11/02(月) 21:56:28 ID:1d4drIFg0 [117/117]
言葉はものこどそのものではないというのじゃ。
それ故に人は神も真実も知らないのじゃ。
静寂な精神によって永遠のものが生じるというのじゃ。
思考や意識的な心の働きが無い時だけそのような静寂があるというのじゃ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました