鬼和尚 2020/10/17(土)

鬼和尚に聞いてみるスレ part17
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1598506868/

322:避難民のマジレスさん[sage]:2020/10/17(土) 01:15:18 ID:3U7q20Ug0 [27/27]
自分は、何か出来事が起こったり、何か成すべきことや、やることがないと困ると思っていることに気付きました

323:龍閃[sage]:2020/10/17(土) 09:58:15 ID:.OwCDxd20
鬼和尚さんおすすめの健康法は、

西式健康法
肥田式強健術

でしたっけ?それぞれどういうところがいいのでしょう。
他にもおすすめはありますか?

324:314[]:2020/10/17(土) 14:02:04 ID:SLaHku/E0
>>320
ありがとうございます。深謝いたします。
本来正しいのは樹としての自覚である、にハッとしました。
お言葉を胸に刻み、つとめ励みます。精進いたします。

326:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2020/10/17(土) 22:02:59 ID:1d4drIFg0 [83/84]
>>322 善い気付きなのじゃ。
 そのように何かすることがないと主体が感じられないからじゃろう。
 何もしないことをどこまでも試してみると善いのじゃ。
 忘我に至るかもしれんのじゃ。

>>323 そうじゃ。
 西式健康法は誰にでもできて疫病の予防にもなるのがよいのじゃ。
 子供でもできるものじゃ。
 
 肥田式強健術は誰にでも出来るというものではないが、熟練した者には五分で全身の筋肉が鍛えられるのが善いのじゃ。
 時間がないものにはよいのじゃ。

 ハタヨーガとか気功法もよいものじゃ。
 アーユルベーダもよいものじゃ。
 日本の指圧とか按摩針灸も学べば役に立つのじゃ。
 いろいろ学んでみると善いのじゃ。

>>324 そうじゃ、精進あるのみなのじゃ。
 またおいでなさい。

325:避難民のマジレスさん[sage]:2020/10/17(土) 19:20:29 ID:MFUieW9Y0
ありがとうございます。
自分の観察はちゃんとできていたのか、思い返すと偶然だったと思うのですが、
観察の過程や方法は人それぞれで、苦が減ったなら観察出来たと言える感じですか?

ただ他にも、これまでも他の面で、瞑想している時期は、瞑想中には何も起こらないけど、
瞑想していない時に不思議な事が起こります。

観察も瞑想も、やっているときには何も起こらなく、していない時に観察や不思議な事が起こるのは何故なのでしょうか?これが不思議です。

327:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2020/10/17(土) 22:05:34 ID:1d4drIFg0 [84/84]
>>325 そうじゃ、効果が出たならば出来ているのじゃ。
 更に実践してみるのじゃ。

 それは潜在意識が働いているからなのじゃ。
 瞑想中に潜在意識に働きかけたことが、通常の意識の時に現われるのじゃ。
 すこし時間がかかるからそのように何もして居ない時に意識に現われてくるのじゃ。
 心の働きを観察して確かめるのじゃ。

【相談】悟りを開いた人に聞くスレ【仏教】 53 
https://medaka.5ch.net/test/read.cgi/kankon/1597354447/

305:おさかなくわえた名無しさん[]:2020/10/17(土) 16:38:51.12 ID:bddk7NJ3
横から失礼します
特殊な能力で得をしたいとか儲けたいとかイニシアチブをとりたいとか思ったり行ったりするのは悪い事ですか?

307:おさかなくわえた名無しさん[sage]:2020/10/17(土) 18:32:52.96 ID:LtOiQwJo
ありがとうございます。
心を磨いて心を良くする、とは具体的に何をすればいいですか?

たしかに自分の中には良くない下心があります。
チヤホヤされて承認されたいとかスケベ心があるのは認めます。
つまらない欲は捨てるべきですか?

308:鬼和尚 ◆v4C6SeeabHj8 [sage]:2020/10/18(日) 01:23:45.26 ID:C/nTbgy4
>>305 悪ではないのじゃ。
 それに囚われて衆生を害したりすると悪になるのじゃ。
 囚われずに生きるのじゃ。

>>307 人を慈しみ喜ばせる善いことをするのじゃ。
 優しい言葉や態度で人に接するのじゃ。
 困っている者を助けるのじゃ。
 悪事はしないようにするのじゃ。
 自分を知るのじゃ。
 そのようにしていれば心も磨かれて善い者が来るのじゃ。
 
 捨てると善いのじゃ。
 それをよく観るのじゃ。
 それはただ子供の頃に親に褒められたかったとか思っていた記憶からの重いかもしれん。
 そのような原因から起こっていることを完全に観察できれば消えるのじゃ。
 そして善事を積むと善いのじゃ。

悟りを開いた人に聞いてみるスレ【人生相談】79 
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/jinsei/1580742911/

509:マジレスさん[]:2020/10/17(土) 19:21:08.76 ID:+I4e+AR6
鬼和尚、非想非非想処とはどのようなところでしょうか?

512:鬼和尚 ◆v4C6SeeabHj8 [sage]:2020/10/18(日) 01:17:42.24 ID:bhonQWDU
>>509 無色界の最高天じゃな。
 もはやこの上は無いのじゃ。
 想念が消えて想念以外も無いのじゃ。
 認識が残っているからまだ輪廻するのじゃ。
 認識も消えたら悟りなのじゃ。

鬼和尚の仏教講読会 別館2
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1600684575/

42:避難民のマジレスさん[]:2020/10/17(土) 21:40:24 ID:U9XfzBUM0
199

脳亂春風何所成 春風を脳乱して何の成る所ぞ
遊絲百尺惹多情 遊糸百尺多情を惹く
不知問取桃花去 知らずんばとう花に問取して去れ
換却霊雲雙眼睛 霊雲の双眼睛を換却す

伊井暇幻 先生解説
春風に心乱された一休は、寄り添う肉体を欲し
「遊絲百尺惹多情」との境地に陥る。いや、なに、千尺もはない、ただの百尺である。単位は、執着の深さ
を示すか。
折しも桃の花が咲き誇っている。一休はウキウキと萌す人恋しさに浸りつつ、花を愛で香りを愉しみ、通り
過ぎる。生命を讃えているのだ。
振り返って、霊雲が桃の花を見て悟りを得たことを思い出す。しかし、桃花を視れども悟りは見えず。霊雲
と眼を取り替えたいものだ

……とか口先では云っているが、一休の詩から深刻な苦悩は読み取れない。「あっはっはっ、こんな可憐な
花を見てウキウキしないどころか、悟りを得るなんて、霊雲って奴ぁとんでもないトーヘンボク……あ、い
や、大した漢だったんだなぁ。目玉を取り替えてほしいものだ」と笑って済ませているようだ。
勿論、筆者の思い込みに過ぎぬのだが、道元らの銅睛鉄眼さえ嗤う一休、夾山・船子が命懸けで示した悟り
を厳子陵や孔子より下等と決め付ける一休が、果たして霊雲の悟りを本当に評価しているか、甚だ怪しくな
ってくる。此処で取り上げた一連の詩で一休は、何やら自分の属する禅宗に対し、批判の矛を向けているよ
う感ぜられる。

くま訳
狂おしく頭を悩ます春風、どうしたら良いのだ。
遊里からお誘いがあり、30mくらいの煩悩が引き起こされた。(船子の悟りを伝える弟子に出会いたい欲
は300m)
この風流の喜びが分からないというなら、咲き誇る桃花に聞いて、立ち去れ。
霊雲は桃の花を見て覚醒したと言うのだ。
(´・(ェ)・`)つ

43:鬼和尚 ◆Yj52hBkdLM[sage]:2020/10/17(土) 21:57:46 ID:1d4drIFg0 [21/21]
なにやら勇壮な感じもする詩じゃな。
多情もまた仏道のもとになるというのじゃ。
桃の花を見て悟った僧も居るというからのう。
理趣経でいうところの慾箭淸淨句是菩薩位というところじゃな。

鬼和尚の仏教勉強会 講読ゼミ 6
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/8276/1592867699/

318:避難民のマジレスさん[]:2020/10/17(土) 21:41:45 ID:U9XfzBUM0
最初と最後の自由 第二部質疑応答十三 憎しみについて 2

 私の関心事は動揺させられないことです。そして決して動揺させられない仕方を見つけようとしています。なぜ私は動揺させられるべきでないのでしょうか。見出すには、動揺させられなければならないのではないでしょうか。見出すには、ものすごい激変・変動、騒動、心配を経なければならないのではないでしょうか。私は動揺させられないなら、眠ったままでいるでしょうし、おそらくそれが、私たちのほとんどがたしかに欲しいものです-められ・静められること、眠りにつかされる(安楽死させられる・麻酔をかけられる)こと、どんな動揺からも逃げること、孤立、隔離(隠遁)、安全を見つけることです。私は動揺させられることを気にしないなら-本当に、ただ表面的にだけでなく、動揺させられることを気にかけないなら-なぜなら私は見出したいからです-そのとき憎しみに向かう、恨みに向かう私の態度は、変化を受けるのではないでしょうか。動揺させられることを気にかけないなら、そのとき名前は重要ではないのではないでしょうか。「憎しみ」という言葉は重要ではないのではないでしょうか。また人々に対する「恨み」も重要ではないのではないでしょうか。なぜなら、そのとき私は、その経験を言葉にすることなしに、恨みと呼ぶその状態を、直接に経験しているからです。
 憎しみと恨みがそうであるように、怒りはとても動揺させる性質です。私たちのほとんどは、怒りを言葉にすることなく、直接にそれを経験しないのです。私たちがそれを言葉にしないなら、それを怒りと呼ばないなら、確かに違った経験があるのではないでしょうか。私たちはそれを用語づけるから、新しい経験を縮小・削減したり、それを古いものの用語に固定させるのです。ところが、私たちがそれに名づけないなら、そのとき直接に理解される経験があるのです。この理解が、その経験に変容をもたらすのです。
(´・(ェ)・`)つ

319:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM[sage]:2020/10/17(土) 21:52:48 ID:1d4drIFg0 [107/107]
動揺とは苦とも言い換えられるじゃろう。
苦があるからそれから逃れたいと思うのじゃ。
苦がなければ変容もいらないからのう。
憎しみや怒りや怨みも同じなのじゃ。
それを言葉ではなくありのままに観る時、変容も起こるのじゃ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました